Search

検索したいワードを入力してください

好かれる方法と話し方|嫌われる話し方との比較と・参考になる本

初回公開日:2017年02月18日

更新日:2017年02月18日

記載されている内容は2017年02月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

人に好かれる話し方ってどうすればいいの?今の話し方を変える方法なんてないと諦めている、そんな方に読んで欲しい。ビジネスでも恋愛でも相手に好印象を与えることは必ずプラスになるはず。好かれる話し方になりたい方に簡単な改善方法ご紹介していきます。

好かれる方法と話し方|嫌われる話し方との比較と・参考になる本

相手に好かれる話し方を手に入れる方法

相手に好かれる話し方を知っていますか?意外にも話し方は変える方法があります。難しいことなんてひとつもありません。ちょっと意識するだけで、大きく相手の印象は変わります。けれど、『自分は話し下手だから、滑舌が悪くて、話すのが苦手だから、相手には自分の言いたいことは伝わらないだろうな。』とか『自分は喋るのが下手だから、相手に伝えるのが中々難しい。そもそも好かれる話し方になる方法なんて教わったこともない。』などと、後ろ向きに考えていませんか?

相手に好かれる話し方は、努力次第で手に入れられます。好かれる話し方になれる方法はあるんです。難しいことはありません。好かれる話し方になりたいと強く思うことで、大きく話し方は変わってきます。話し方というのは、ポテンシャルではなく、技術です。簡単な努力次第で、好かれる話し方を手に入れられます。

以下に、好かれる話し方を取得する方法を紹介していきます。

好かれる話し方

まず、好かれる話し方とはどんな話し方なのでしょうか。好かれるということは、相手に良い印象を与える話し方のことです。良い印象を与える話し方とは、
・聞き取りやすい
・分かりやすい
この2点に限ります。聞き取りにくい声や話すスピードが速すぎる人とコミュニケーションを取るのはストレスです。また、結論がいつまでたってもわからずダラダラと喋る人もビジネスシーンでは特に不適切です。相手が聞き取りやすく、分かりやすい話し方をするためには、どう改善すれば良いのか以下に紹介します。

好かれる人は準備している

アナウンサーは相手に言葉で正確に伝える職業です。話し方の専門家と言えます。アナウンサーという職業の方は、不特定多数の人間に正確な情報を伝える為に色々な準備をされています。アナウンサーだけに限りません。私達も仕事や恋愛など、伝える方法として話すこということは非常に大事です。その一方で、話し方についてあまり重要視していない方が非常に多いです。


話し方次第で、相手の受ける印象は大きく変化するので、一度自分の喋り方や伝える方法を見直してみましょう。人に好かれる話し方になりたいと思う気持ちがあれば大丈夫です。アナウンサーの方も、生まれた時から聞き取りやすい話し方ができたわけではありません。好かれる話し方やわかりやすく伝える方法を知っているかどうかという違いです。

つまり、まずは『好かれる話し方』を意識することが大事です。

あなたの話し方の悩みは?

声が通らない・声が小さい・滑舌が悪い・・・話し方についての悩みの種は尽きませんよね。好かれる話し方になる為には、まず自分がどんな話し方をしているのか、自己分析をしてみることが大事です。声質や滑舌、そして伝え方など好かれる方法は沢山あります。まずは、改善する点を探しましょう。

好かれる声質って何?変えられる方法なんてあるの?

自分の声、好きですか?

『自分の声ってあんまり聞きたくない。』そう思っている方、結構いると思います。

自分の声について「嫌い=80%、好き=5%、わからない=15%」山崎広子さんの著書にこのような意識調査の結果が書かれていました。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/404731644X?_encoding=UTF8&isI... | 「声を出さない、誰の声も聴かないなどという日は、ほとんどないのではないでしょうか。声は自分を取り巻く生活にあたりま...

自分の声を聴いてみよう

自分の声が相手にどう届いているか、録音して聴いてみましょう。相手に聞こえが良い声で伝えたほうが、同じ言葉でも受け取り方が違ってきたりします。ですので、一度自分の声を客観的に分析してみて下さい。思っていた自分の声と、録音された声ではギャップがある場合が多いです。自分の声は嫌い!と思い込まずに、相手にはどのように聞こえているのか確認しましょう。

話し方のお手本はアナウンサー

声のトーン・滑舌などに関しては専門家であるアナウンサーの喋り方をマネする方法が一番の早道です。自分が好きな喋り方のアナウンサーを真似してみましょう。その際は、必ず声に出して、録音してみて下さい。自分とアナウンサーの声を同時に流してみると、驚くほど違いがわかるはずです。

この方法で注意する点は、しっかり声に出すという点です。想像するだけでは、好かれる話し方に憧れるだけで終わってしまうので、意味がありません。相手に好かれるトーンや話し方を意識して発声してみて下さい。何が違うのかがわかれば、改善方法も見えてくるはずです。

次は声質の改善方法と滑舌の改善方法を紹介していきます。

好かれる声を手に入れる方法

相手に好かれる声を手に入れるおすすめの方法は以下です。

好かれる声を作る方法はプロに教わろう

この言語聴覚士の村上由美さんの著書「声と話し方のトレーニング」は色々な方法論が載っていて非常に参考になります。『言語聴覚士』というのは馴染みがないかもしれません。言語聴覚士とは、言葉が喋れない、耳が聴こえないなどの障がいを持つ方々をサポートしたりアドバイスする資格です。

村上由美さんは一般の方向けに声の訓練(ボイスマネージ)も行っていて、呼吸・発声・構音(いわゆる発音)をメインに訓練の方法を教えています。テレビなどにも出演しているので、知っている方も多いかもしれません。いわゆる『声の専門家』ですので、好かれる話し方の参考になります。
村上さんのブログも参考になるので、ぜひチェックしてみて下さい。

好かれる話し方になる為の発声方法

『よく腹から声を出すと良い』と言いますが、「肺」から声を出すことを心がけましょう。ボイストレーニングというと、歌手になりたい人のトレーニングという印象がありますが、近年ではボイスマネージという概念が浸透してきています。

ボイスマネージとは、あくまでも話すことのトレーニング、マネジメントであり、歌の発声とは異なります。肺から声を出す為には、ストレッチやエクササイズなど体幹を鍛える必要があります。好かれる話し方を手に入れるためには、発声方法にも気をつけましょう。

声量も大事

発声と言っても、ただ大きな声を出せば良いと思っていませんか?今回は好かれる話し方に注目しているので、あんまりに大きな声だと嫌がられるでしょう。相手が聞き取りやすい声量で話すことが大事です。好かれる話し方というよりは、相手が聞き取りやすい声量を心がけましょう。

滑舌の悪さの原因と改善方法

嫌われてしまう話し方というのは、声質や声量だけでなく、滑舌の悪さが原因の場合もあります。好かれる話し方をするためには、まず嫌われない嫌がられない話し方をする必要があります。次は、滑舌の悪い原因とその改善方法を紹介します。

原因とその改善方法①嚙み合わせ

滑舌が悪い要因は、顎の大きさ、舌の大きさ、長さ、厚さなどです。顎が小さいと歯並びが悪くなり、舌の大きさとも比率が合わなくなって、発音をする時の邪魔になります。舌が長いと前歯に当たってしまいやすくなり、出っ歯になるなどによってきれいな発音がしにくくなります。「舌の位置や使い方、唇の動かし方」を正しく実践すれば、歯並びに関係なく滑舌は改善するとされています。

また、歯並びが悪い故、舌や唇の動かし方に変な癖がついている場合もあります。訓練で滑舌をある程度まで改善することは可能ですが、出しにくい音がある事も確かです。どうしても滑舌が気になる。なんとかしたいという方は、「歯の矯正」を考えても良いかも知れません。歯や舌は、噛み合わせ治療などを行っている歯医者さんで相談してみましょう。

ただ、気を付けて頂きたいのは「矯正したからと言って、必ず滑舌が良くなる訳ではない」という事です。変な癖がついている事が多いため、矯正後の滑舌訓練が必要です。言語聴覚士や、滑舌訓練のエキスパートの力を借りて、美しい滑舌を手に入れましょう。

原因と改善方法②声帯

声帯(声を発するための器官)に問題がある場合は、耳鼻科の音声外科という声の専門外科がありますので、一度受診してみるのもいいかもしれません。基本的には耳鼻咽喉科を専攻する医師が診療します。教師やアナウンサー、歌手など、声をよく使う方や声を職業的に使う方の診察をすることが多いですが、もちろん一般の患者もいます。

突然声がかすれたり、出なくなったりした場合は音声外科や音声外来を受診してみることをお勧めします。音声外科なんてどこにあるの?と思われるかもしれませんが、東京をはじめ、神奈川、大阪、京都、福岡など主要都市にはあります。医学の専門分野としてはあまりメジャーでなかった音声外科ですが、徐々にその認知度は高まりつつあるのです。ガラガラ声で悩んでいた方が音声外科で診てもらい、ヒアルロン酸注入を勧められ実践した結果、発声が改善したという例もあるので、声質であまりに悩んでいる場合は受診してみるのも方法です。

滑舌改善の練習方法

早口言葉などで滑舌は改善されていきます。

「あいうえお」「いうえおあ」「うえおあい」「えおあいう」「おあいうえ」

これを連続して一気に言ってみましょう。ひとつひとつは言えても連続して早く言うと中々難しいですよ。最初はゆっくりで、段々と早く言ってみましょう。5秒で3回通して言えたら完璧です。

自分の思いを伝える方法

声質が良くて滑舌も大丈夫なのに、嫌われてしまう場合があります。それは伝える方法です。好かれるためには、表情や見た目も大事です。

話している時、どんな顔していますか?

伝えることに一生懸命で、しかめっ面をしていませんか?コミュニケーションを取る上で、視覚的な印象は管理大事です。笑顔を保ち続ける必要はありませんが、挨拶する際は微笑むとか、相手の目を見ながら話すというのは重要です。

頭の中を整理しよう

よく、「えーっと」から話しはじめる人って多いですよね。混乱して焦っていたり、自信がなかったりすると、大抵の人が口走ってしまいます。あらかじめわかっている場合は、どれくらいの時間で何を相手に伝えたいのか整理しておきましょう。頭の中でしっかり整理してから話せば、フィラーを多用し、印象を悪くしてしまうこともありません。
伝えたいことをまず頭で考えて、そこから言葉にしていくというのは難しいかもしれませんが、頭で整理してから話せばロジカルに話せるので、必要以上に話が長くなることもありません。ビジネスシーンでは特に、言いたいことを簡潔に分かりやすく伝える必要があるので、ロジカルに話す必要があります。「結論を先に述べる」ということを意識しましょう。

戦略的に好かれる話し方を考える!その方法とは

オバマ大統領の演説は戦略的な話し方の方法を学べます。
NLPプレゼンテーションとは、Neuro(神経) Lingyistic(言語) Programming(プログラミング)という3つのアプローチから行動を分析していくものです。


神経・・・まず目で見て耳で聞きます。そこで感情が生まれます。

言語・・・その人の話し方や態度によって印象が左右されます。

プログラミング・・・神経と言語で感じた印象を脳内で認知。


人はこのように物事を認知しています。つまりこの3つを意識的に行えば相手に好印象を与えることが出来る、ということなんです。また、この本に書いてある「感謝」という事も重要な要素です。相手に聞いてくれてありがとうという気持ちを出すだけで、相手の受け取り方は大きく変わってきます。

上からモノを言ったり、自分のことだけを相手に伝えたりという話し方は好かれるとは思えません。相手が何を考えているのか、視線や表情も確認しながらしっかり相手を見て話すことや、相手が聞こうという気持ちでいてくれるような話し方を意識しましょう。

嫌われる話し方、していませんか?

話し上手、聞き上手との言葉がありますが、相手が聞きたくない・不愉快になるような話し方をすれば嫌われてしまうのも当然です。好かれる話し方をする方法は、嫌われるような話し方をしないというのが最低条件です。嫌われないために気をつけるべき項目は以下です。

話し方の癖

まず、話し方とあるわけですから、当然相手がいます。恋人や家族の場合もあれば職場の部下や上司、または会議で複数の人に向けて発言することもあるでしょう。「えーっと・・・」など会話の冒頭によく発する言葉などありませんか?もうクセになってしまって自分では気づかない場合も結構あります。

「いや、・・・」「でも・・・」「逆に・・・」など否定から入る癖のある方は気をつけましょう。誤りを正すというのは大事ですが、相手にとってみると良い気はしないでしょう。相手を否定する時は細心の注意を払いましょう。

"あの人の話し方、一度気になったらイライラしてたまらない。"そんな経験、1度はあると思います。もしかしたらあなたも無意識に嫌われる話し方をしてしまっているかもしれません。しかし自分のクセにはなかなか気づかないものです。まず家族や友人など身近な人に聞いてみましょう。

大人の意思表示

生まれたての赤ちゃんは、泣くことで意思表示を行います。そして、お母さんやお父さんは泣く声色で赤ちゃんが何を求めているのかを判断します。聞く側である大人が、相手である赤ちゃんの要求を真剣に聞き取ろうという気持ちがあるのでこれでも成り立ちます。

しかし、大人同士ではそんな風に真剣に聞いてはくれません。赤ちゃんのように泣き叫ばれても迷惑なだけです。相手に伝わるように、そして相手に聞いてもらえるように、声のトーンや喋るスピードなどを相手の耳に届くように、そして心に届くように話す必要があります。

改善方法を見つけ好かれる話し方を身につけよう!

自分に合った方法でより好かれる話し方を見につけましょう。滑舌や癖をすぐに改善するのは難しいですが、地道に努力していくことで必ず良くなっていくはずです。話すと言うコミュニケーション方法は、瞬発力を問われます。相手の返答に合わせて上手に対応する必要があります。話し方の具体例として、NLPプレゼンテーションを紹介しましたが、他にも好かれる話し方への方法論は沢山あります。

自分にあったやり方や自分の理想の話し方を見つけて、好かれる話し方を身につけましょう。最終的に、伝いたい!という思いがあれば、気づかないうちにスキルはついていきます。相手にしっかりと話を聞いてもらうためにも、好かれる話し方を身につけましょう!相手が聞き取りやすい話し方・声のトーン・声量などなど、些細なことでも心がけ次第で、相手の受ける印象は大きく変わってくるはずです。

Related