Search

検索したいワードを入力してください

【中国語の勉強方法】独学・勉強時間・映画やドラマでの勉強法

初回公開日:2017年02月07日

更新日:2017年02月07日

記載されている内容は2017年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

様々な言語を取得しようとされる方が多い昨今、中国語を覚えたいという方も多いのではないでしょうか?今回は、初心者からはじめられる中国語の勉強方法+独学での勉強方法+勉強時間+映画やドラマでの勉強法+中国語の勉強ができるアプリを紹介していきます。

【中国語の勉強方法】独学・勉強時間・映画やドラマでの勉強法

【初心者からはじめられる中国語の勉強方法】

<日本語に作りが似ている!>

中国語を勉強したい人は、日本語に作りが似ていると言うことを知っておくと良いでしょう。日本では、漢字を使用することがありますが、中国語は日本で使用しているような漢字が多くでてきます。多少、文法などを理解していなくても、最初の段階から中国語を読めると言うことが普通にあります。このように、日本語に作りが似ているので、1から勉強するとなったときに理解しやすいのが中国語です。勉強法として、テキストで勉強する方法のほかに、中国語を実際に聞いて勉強すると言う方法もあります。
基本的な文法を理解していれば、後は漢字の意味を理解するだけなので、簡単に勉強することが可能です。

<テキストや参考書での勉強が可能>

中国を勉強する際に、非常に効果的なのが、テキストや参考書で勉強する方法です。中国語を勉強するためには、様々な手段がありますが、その近道として文法を理解することが最も重要です。
最近では、大学の授業でも中国語を勉強することがあり、中国語の重要性が非常に高まってきています。大学で教えられて中国語の勉強法は、テキスト形式でものが多いです。
中学校などで、英語の勉強をする際に、専用のテキストや教科書を使用して勉強することがありますが、感覚で言うとそのような感じです。日常的に使用するような、中国を勉強することもありますし、資格取得のために勉強することもあります。自分の目的に応じて、勉強法を変えると言うのは重要ですが、中国で最も重要になってくるのがテキストでの勉強です。基礎中の基礎になるので、ある程度中国語が理解できるようになっても、テキストでの勉強は欠かすことができません。

【独学での勉強方法】

<声に出して勉強してみる>

中国語を勉強するとなると、大学で中国を専攻していない限りは独学で勉強することになります。
日本語ではない、他の言語を勉強するときは、内容を理解するまでに時間がかかってしまいます。しかし中国語に関しては、日本語に似ている部分があるので、短時間で内容を理解することも可能です。ここで重要になってくるのは、中国語を声に出して勉強すると言うことです。
中学校や高校なので、英語の勉強をすることがありますが、その際を発音を重要視することがあります。
これは、単に英語の読み方を勉強すると言うわけではなく、口に出して勉強することによってより深く理解することができるからです。
中国語に関しても、内容を理解すると言う以前に、中国語そのものを理解する必要があります。そこでネックになってくるのが、発音であり発音に関してはテキストで勉強することができません。声に出して勉強することで初めて、発音を理解することができるのです。
中国語は、意外に発音が難しい出されているので、念入りに勉強することが必要です。

<通信講座を利用する>

独学で勉強する際に利用しておくと良いのが、通信講座です。通信講座では、資格取得を目的とした人に対してテキストを販売しています。月々に、必要な勉強量のテキストを送ってくれるので、自分のペースに合わせて勉強することが可能です。また、3ヶ月に1回中国語を理解しているかどうかの、模擬テストをすることもあります。
要点を抑えた勉強する事で、中国語そのものを勉強することができるので非常に効果的です。何よりも、筆記で勉強することもそうですが、リスニング教材なども付いていることが多いので、中国語を聴きながら勉強することも可能です。やはり、中国語を耳にして勉強するとしないとでは大きく変わってくるので、積極的に利用しておきたいものです。

【勉強時間】

<目的に応じて変わってくる>

中国を勉強する勉強時間は、目的に応じて変わってきます。
中でも、単に中国語を理解したいと言う人がいれば、資格取得をしたいと言う人もいます。
単純に、中国語を理解したいと言う人であれば、自分のペースに合わせて勉強すれば良いので時間は関係ありません。最低でも中国語を、理解できるようになるには30時間ほどは必要になるでしょう。資格取得をする場合は、30時間では全く足りません。
中国語の資格は、文法を理解していること当たり前で、内容を理解することが当たり前になってきます。全てを理解するまでに、30時間では足りず最低でも50時間以上は勉強することになるでしょう。

<資格を取得したいなら50時間以上は必須>

資格を取得したいときは、50時間以上勉強することが必須になってきます。
時間配分としては、最初の30時間ほどで中国語の基本的な文法を理解します。これは短ければ短いほど、理想であり残りの時間を応用に使うことができるため、早めに基礎を理解することが重要です。
効率よく文法勉強したいなら、リスニングを中心とした勉強してみると良いでしょう。
中国語を聴きながら勉強することによって、内容を理解しつつ文法も理解することができます。人によって変わってきますが、常に中国語が耳に入っている環境作ることによって、意識から変えることが可能なわけです。

【映画やドラマでの勉強法】

<字幕を見て勉強する方法>

中国語を勉強する上で、映画やドラマを見て勉強する方法もあります。その方法として、字幕を見て勉強すると言う方法があります。
この勉強法は、自分の興味のある映画を見ながら勉強することができるので非常に効果的です。中国語を聞きながら、字幕では日本語を見ることによって、どのようなシーンで中国語が使用されているかがわかります。
最も良いのは、学園モノや日常生活を描いたヒューマンストーリーなどが良いでしょう。
格闘モノも良いですが、日常的に使用できるような中国語が少ないので、あまりためになりません。字幕を見て勉強するのであれば、日常生活で使用することが出来るような映画やドラマを見ることが適切です。

<最後は中国語のみで閲覧してみる>

ある程度、中国語の内容を理解することができ、聞くだけでわかるようになってきたら、字幕なしで閲覧してみると良いでしょう。これは1番最後のステップであり、中国語を完全に理解した人のみ行うと良いです。日本語も何もない状況で、中国語を理解することができれば、かなり内容を理解していると言えます。1つの映画だけではなく、様々な映画を字幕なしで閲覧することによって、より知識の幅を増やすことができます。

【中国語の勉強ができるアプリ】

<究極中国語>

中国語が勉強できるアプリは非常に存在しますが、中でも基礎的な勉強することができるのはこのアプリです。単語帳として使用することがメインですが、発音や意味を理解することができるので非常に効果的です。
復習に重点を置いているので、繰り返し勉強する際に役に立つと言えます。

<教科書ではない実際の会話>

中国語を勉強する上で、日常的な会話を中心に勉強すると内容を理解することができます。
このアプリでは、教科書では勉強することができない、日常で使用されている中国語を勉強することができます。使用するシーンによって、中国語を選ぶことができるので、勉強しやすいです。
中国語が難しいと思っている人や、内容が理解できない人にとっては、気軽に勉強することができるこのアプリが非常にオススメと言えます。
もちろん人によって使い方は様々であり、場合によっては辞書としての使い方もあるので、汎用性があります。

いかがでしょうか?

中国語を取得するためには、どのような勉強をすれば良いのかわかりましたか?理解することが早い人には、英語や他の言語と比較して、中国語はある程度覚えやすい言語ともいえるでしょう。日本では、現在中国語という言語はあまり普及していなく、英語が圧倒的に第二言語として使用されています。逆の意味を取れば、まだあまり普及していない中国語を覚えることは、チャンスが広がる、ということでもありそうですね。

Related