Search

検索したいワードを入力してください

文章力向上のコツとは?文章力の改善方法・身につく本

初回公開日:2017年03月08日

更新日:2017年03月08日

記載されている内容は2017年03月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

『文章力』という単語、皆さんも良く耳にするでしょう。一口に『文章力』といっても実は様々な能力を指している訳で、一般化した表現では曖昧だったり分かりにくかったりするのです。今回は『一般的な文章力』について調べた結果をわかりやすくまとめて紹介しています。

文章力向上のコツとは?文章力の改善方法・身につく本

文章力とは

皆さんは、ご自身を『文章力がある』と考えていますか?それとも『文章力がない』と考えていますか?

『文章力がある』と自信を持ってお答えいただける方には、この記事は少々時間の無駄になるかも知れません。しかし、『文章力がない』あるいは『文章力に自信がない』という方には、上達のヒントがあるかも知れません。

私自身、あまり文章が得意な方ではないのですが、皆さんに少しでも有益な情報として、この記事が役に立てばと考えています。

それでは先ず、『文章力』とは具体的にどのようなものを指すのか調べてみていくことにしましょう。

そこで、先ず手っ取り早く広辞苑で『文章力』を引いてみると、「文章を書く能力」ということしか載っていないんですね。

これでは『文章力』を向上したくてもなかなか難しいですよね。人は中身の理解出来ないものに対しては億劫(おっくう)になる動物です。
当然このまま引き下がるわけにもいかない訳ですから、次の手段を考えましょう。『一般的に』文章が上手い人と思われる人にはどんな特徴があるでしょうか。


『文章を読んでその情景が思い起こされるような文章が書ける』
『文章を読んで内容がすぐに理解できるような文章が書ける』
『文章を読む側が興味を引かれるような文章を書ける』
『文章の表現が豊かで、多様な書き方が出来る』

・・・etc

色々出てきたと思います。
どれも『文章力』と関連してきそうですね。

もう少し噛み砕いてみましょう。

皆さんは『文章を構成する6つの要素』をご存知でしょうか。文章を構成する上で重要な要素のことです。
どうやら、ここに『文章力』の答えがありそうなので列挙していきます。

語彙力

言葉の使い方・選び方が適切に行える力を指します。
言葉の微妙なニュアンスの違いを理解しているか、言葉遊びを出来るか等。
効果的な言葉を選び出せる能力です。

表現力

言葉の組み合わせ方や文の作り方が適切に行える力を指します。
同じ意味の文でも語順が変われば受け手のイメージも変わります。
必要に応じて華美にしたり、質素にしたり、テンポを持たせたりといった装飾力も指します。
文をしっかりと形成できる能力です。

構成力

文章全体のバランスを整える力、過不足無く説明する力を指します。
文の順番や、筋道を立てて説明できるかです。
それぞれの文・センテンス・章の関係を把握できるかということです。
文章全体にわたって必要な能力です。

説得力

創作系ならば、リアリティとも言い換えられるでしょう。
文章の論旨が納得・理解できるものとして伝える力です。
文章により論旨を伝え納得させる能力です。

魅力

文章の内容に新規性・創造性を持たせる力です。
読みたくなるような文章、読者をひきつける文章であるかということですね。
カリスマ性の様なモノで著者の個性ともいえる能力です。

生産力

執筆力とも言い換えられます。
テーマに沿った、他者から欲求された文章を書くことができるかどうかを言います。
文章を生み出す能力のことです。
以上です。

『6つの要素があるということ』=『文章力があるということ』
とも言えますし、
『6つの内のいずれかの要素があること』=『文章力があること』
とも言えますね。

『文章力』という概念は広くも狭くも捉えられるので、捉える領域によっても変わってくるとは思いますが、
基本的にはこの6つの要素が重要なのではないでしょうか。

文章が上手くない人ってどんな人?

文章が上手くない人はどんな人でしょうか。

『変なジョークが入っている』
『オリジナルな言葉が入っている』
『難しい言葉を使いたがる』
『結論が遅い』
『漢字が多い』
『句読点が不自然』
『上から目線な文章を書く』

等々、沢山あると思います。

皆さん、上に挙げた幾つかの例を見て、今一度ゆっくり考えてみてください。
『文章力』のない人、文章が上手くない人と認識される人の特徴が見えてきませんか?

これはすごくシンプルです。
結論を言うと先ほど挙げた6つの要素の欠如なんですよね。文章の基本的な要素を抑えずに
書いた文は総じて読みづらく、読み手は文章が上手くないと感じるわけです。


文章は読み手が存在して、読み手が理解して初めて成立するモノです。その読み手が理解し難い
文章こそ下手な文章で、『文章力がない』ということになるのです。

ここまで書きながら、私が以前、参加した企業研修で講師の方がお話されていたとあるお話を思い出しました。

『形無し』と『型破り』の違いについてのお話だったのですが、皆さんはこの二つの違いが分かりますか?

簡単に説明しますと

『形無し』は基本を抑えず、ただ自分のやりたいようにやることを言います。

『型破り』は基本を抑えた上で、自分の色を出していくことを言うのです。

「皆さんには是非『型破り』になって頂きたいと思います」

その講師の方の名言をこの場を借りて引用させて頂きました。

文章力を上達させるトレーニング方法

では、具体的にどんな文章を書けば良いのでしょうか。ある程度素養がある人ならいざ知らず、
そもそもの『文章力』がそれほどない人がある程度のレベルまで到達するためにはどの様にしたら良いのでしょう。

『読みやすい文章』
『わかりやすい文章』
『丁寧な表現の文章』
『一貫性のある文章』
『きれいな言葉の文章』

等々、色々『良い文章』として思うモノはあると思いますが、シンプルにしましょう。

冒頭でお伝えしていた『6つの要素』を先ず確実に抑えた文章を書きましょう。
正直、全く文章力がない人が最初に通る道はここだけだと思います。
文章力がない人の理由は非常にシンプルです。

『面倒なことが嫌い』
『努力が嫌い』
『基本を学ぶことが嫌い』
『考えることが嫌い』

他にも理由は沢山ありますが、細かいルールや基本を学ぶことを怠って来た結果が『文章力』
となっているだけのことなのです。

文章が下手な人がある程度のレベルまで上達するのに特別なことはなく

『決められたルールに沿って、決められた方法で表現する方法を学び実行する』

だけです。

さて、実際に文章力を上げていく方法ですが、これはもう日々の繰り返しです。
とにかくルールを覚えて、基本を抑えて、自分で文章を書いてみることをお勧めします。


以下に私自身が実行していることと、良く教材に書かれていることなどをまとめていますので
ご参考にしてみてください。
・良い文章を読む

これは文字通りです。きっちり丁寧に書いてある文書を読んでみてください。一般的な方の語彙であれば
後は表現力の問題であると思うので、きれいな表現でわかりやすい文章を読むことで、表現力が養えます。
書籍や新聞等の文章はきれいで分かりやすく、表現としての間違いもほぼ無いといえるので、参考にしてみてください。
また、有名なブロガーや小説家の作品を読んで語彙や表現を養うのもお勧めです。

・簡単な表現の文章を書く

個人でブログを始めるのでも良いですし、PCが苦手な方は日記などを書くのも良いでしょう。最初は億劫ではあると思いますが
誰かに読まれる、あるいは自分で読み返すという意識が“丁寧な文章を書こう”という意識にさせてくれるので、普段よりも文を作ることに意識が深く根を張ります。また、ブログや日記は繰り返し毎日書くことで鍛錬にもなりますし、様々な表現を自ら探していくため、語彙の習得や表現の多様化にも一役買います。

・論理的なつながりを意識する

これはかなり重要です。文章を書きなれていない人は勿論、かなり書きなれている人でも長く文を書いていると、言いたいことがまとまっていなかったり、論点が途中で変わってしまったりするものです。論理的なつながりが途中で途切れていると読み手は理解が不能になります。それでは良い文章にはならず、『文章力のない文章』になります。私が良くやるのは、文を書きだす前に『起承転結』や『序破急』などに分けてそれぞれに分けて構成したり、話にストーリーを持たせたりしています。
以上です。この様な点に注意しながら、日々の空いている時間や自ら作った時間で、少しずつで良いので文章力の改善に取り組んでみてください。普通にこなしていけば、すぐにある程度の文章力は身に付いていきます。

文章力を自分のモノにして人生の幅を広げよう!

如何でしたでしょうか。皆さまの文章力を向上するヒントは見つかったでしょうか。

文章力を鍛えると良いことが沢山あります。語彙が豊富になるので普段の対話などでも会話が弾みますし、人に対して適切な表現を使うことが出来るようになるので、不必要に傷つけたり、あるいは誤解を生んだりすることがなくなります。また、言葉がきれいになるので、好印象を与えることが多くなり、様々な部分で優遇されたり得をすることも増えていきます。これは文章力のある人に共通の認識です。文章力のある人は文章力のある人を好みます。自分に文章力がつくと文章力のある人との交流が増えるので非常に素晴らしいです。文章力のある人は総じて思いやりがあり優しく前向きな思考に長けていて、物事を建設的に考えることが出来るので、そういう方々との交流が増えることは非常にプラスになるでしょう。

皆さんも是非文章力を手に入れて人生の幅を広げ素敵な巡り合いを楽しんでください。

Related