Search

検索したいワードを入力してください

パートやアルバイトの仕事の探し方|未経験/経験者/男女/年齢別

初回公開日:2017年02月02日

更新日:2017年02月02日

記載されている内容は2017年02月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

あなたはパート・アルバイト仕事探しをする時、どのようにして探すでしょうか?この記事では、パート・アルバイト仕事探したい場合のパターン別の探し方(未経験/経験者/男女/20代,30代,40代/既婚,未婚などなど…)を紹介していきたいと思います!

パートやアルバイトの仕事の探し方|未経験/経験者/男女/年齢別

パートの仕事探しは状況によって千差万別!

労働人口の4割が、非正規社員!

2016年現在、日本の労働人口の4割近くは非正規労働者と言われています。非正規社員というと、正社員以外の、アルバイト・パート・派遣社員などを総称しており、その中でも主婦のパートスタッフはかなり多いと言われております。

これは女性に限らずですが、あなたが仕事探しをする時、どのようにして探していきますか?人づてに紹介してもらう仕事探しの形態もあるでしょうし、インターネットを利用して仕事探しをする、という場合もあるでしょう。

自分に合う方法を開拓しよう!

様々な方法がありますが、何と言っても「自分にあった方法で」仕事探しを行うのが一番でしょうし、何よりその方が自分が望むアルバイト・パートに出会える確率も高まります。

現代はあまりに情報が溢れかえっており、正しい情報が間違って見えたり、間違った方法が正しく見えたり。情報に振り回され、自分の生活が脅かされる危険さえあります。故に仕事探しにおいても、「自分はこれが合う」という方法を開拓して、まずその方法で探し当てた仕事を体験してみる、という流れが一番なのです。

この記事では、様々な状況別にどんな検索方法や仕事探しの方法があるか見ていきたいと思います。

状況別 アルバイト・パートの仕事探し

パート未経験者の仕事探し

アルバイト・パートを経験したことがない、働いたことがないという人だと、初めての「仕事」に対してすごく高いハードルをイメージしてしまうかもしれません。

その場合、仕事探しもあてずっぽうに短期間にやってしまい、「やればなんとかなるさ!」の精神で飛び込んでみたら、とんでもないブラックアルバイト・パートだった、なんてことは良くある話だと思います。正社員でも「入社してみたらブラック企業で、もう辞めたい…」という話はしばしば耳にしますので、アルバイト・パートにおける仕事探しはより様々な観点から判断しないと、痛い目を見るのは明白です!
・インターネットでパート求人を見て応募する

何と言っても、インターネットのしっかりしたサイトの求人からパートに応募するのは、仕事探しのリスクは低いと言えます。「見た目が良いから。」「ネットに乗ってないけど、面白そうだから。」そのような理由から判断して仕事探しをするのは好ましくありません。インターネットに載っている求人であれば、公的に情報を載せている以上、掲載している情報に嘘はないでしょうし、何より、はたらこネットやマイナビバイトなどの大手サイトはかなりのアルバイト・パートの詳細情報を掲載しています。

インターネットで調べる利点は、まさにその「詳細な福利厚生まで載っている」ことであります。例えば直接アルバイト・パート先に赴いて、短時間で面接をして頂く場合、福利厚生についての聞き漏らしなどもあるでしょうし、「あれを聞いておくべきだった」なんてこともしばしばです。それに比べて、不安であれば書面でコピーして後で確認できるなどの強みがあるので仕事探しにはオススメです。

パート経験者の仕事探し

・「経験者優遇」の仕事探しをする

アルバイト・パートを数年間やっていたなどの「経験者」としてのスキルがあれば、現場は未経験者を一から育てるよりも欲しい人材であることは明確です。そのような条件で求人を出している会社は、もちろん上記で紹介したマイナビネットやタウンワークを始めとした大手サイトで検索することも可能です。

しかし、経験者の難しい所は、「現場に入って、本当にどの程度できるか」という点かと思います。やはりその点は、実地で実際に見てもらうか、信頼できる人のお墨付きが必要です。ここが経験者のスキルを活かしたい場合のネックではありますが、この点を突破できれば仕事探しは成功に近づくでしょう!

男性のアルバイト・パート仕事探し

平成24年時点でパートタイマーの男女比はおよそ1:9となっていることからも、女性が多い傾向にあります。しかし、企業からすると、男女を問わずパートタイマーに対する期待は高まっており、採用に関して不思議がられることは少なくなりました。

・正社員登用制度を条件にして探す

体力的・精神的に正社員を続けることが難しいという男性もおられるかもしれませんが、割合から言えば男性の就業者は正社員の割合が圧倒的に言えば多いと言えるでしょう。
故に、男性がパートの条件で仕事探しをする場合、「正社員登用制度」があるという条件で探すと良いでしょう。
これは、「今とりあえず働ければ良い」という人は重く見ていないかもしれませんが、後々のモチベーションにかなり影響してくると思います。半年間、1年ほど経てばアルバイト・パートのスタッフに任される仕事のレベルでは、だいたいの場合「楽勝」になってくるのが大半でしょう。その時に、「周りより早く正確に仕事を行っているのに、給料は同じか…」という点が気になってくるのが、人の心というものです。後々にモチベーションが低下していき、最悪の場合退職しないためにも、正社員登用制度の条件を絡めて、仕事探しをしていきましょう!

女性のアルバイト・パート仕事探し

・男女比をしっかり検索・ヒアリングしよう!

これは好みにもよるでしょうが、職場の男女比はほとんどの場合気になる部分かと思います。男性社員であれば、「男性がたくさんいた方が仕事しやすい」という人もいれば、「女性社員がいた方がやる気に燃えて仕事に臨める!」という現金な人もいるでしょう。女性社員も、「男女比が5:5くらいがいいなぁ」「女性だけの職場が以前合わなかったなぁ」など様々な要望があると思うので、しっかり検索してみましょう!

年代別の仕事探し

年代ごとに綺麗な区分けは勿論存在しませんが、現代の若者の方が明らかにインターネットでの検索に慣れていると思うので、20代の方はガンガンインターネットでの求人集めをしていきましょう。

対照的に、何歳であってもインターネットでの検索が苦手・あまり使いたくないという人は、人づての情報や、ハローワークでの対人での紹介を頼ってみましょう!どちらも一長一短であり、情報の偏りなどもそれぞれありますので、使い分けが重要です。

既婚者・未婚者の仕事探し

既婚者か未婚者か、という括りは不自然かと思いますが、やはり家族の存在はパートで働く条件を変化させるものだと思います。例えば、あなたが未婚者でかつ仕事の時間を長く取れる場合、やはりフルタイムでの職場が望ましいですし、長期雇用で腕に職をつけていきたいなどの要望もあることでしょう。

対照的に、あなたが既婚者でかつ幼い子供がいる場合、週5日で8時間勤務などは現実的に厳しいでしょうし、子供以外の家族とのふれあいの時間も必要となってくるかもしれません。このように、既婚者・未婚者の仕事探しの条件は大きく異なってくるのは現実ですし、パートタイマーとして受け入れる会社もそれを考慮している場合が大半でしょう。

ですので、あなたがパートで求職する際、条件をしっかりと採用者に伝えて、問題なく働けるか、両者ですり合わせをすることを忘れないでください。

パートタイマーでも、仕事探しは「強欲」に!

パートタイマーで働く際に、避けたい事は「自分は所詮パートタイマーだから」という理由で、自分が本来望んでいた条件を下方修正してしまうことです。どんな社員であっても、会社や組織にとっては人財であり、仲間です。なので、後手に出て引っ込み思案になるよりも、「私はこの条件を希望します!条件に合えば全力で働きます!」という「ポジティブな姿勢」が求められているのです。

この点を忘れず、是非自分の条件に対して「強欲」であってください。それが、きっと仕事探しを成功させる秘訣です。

Related