Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月06日

【有料・無料】名刺管理アプリ比較・eightの使い方

社会人なら名刺交換をする機会はありますよね。頂いた名刺の名刺管理は大切ですが結構大変。その時間をもっと有意義に使いたいと思う人も多いはず。今回はそんな名刺整理の手間をさくっとなくす、名刺管理アプリのご紹介です。有名なアプリの使い方もご説明します。

【有料・無料】名刺管理アプリ比較・eightの使い方

おすすめの名刺管理アプリランキング!

この記事では、ビジネスマンの間でどのような名刺管理アプリがよく使われているのか、「有料アプリ」と「無料アプリ」に分けてランキング形式で紹介します。

それぞれどのような特徴があるのかの比較ポイントもまとめましたので、ぜひ参考にして名刺管理アプリを選んでみましょう。

有料名刺管理アプリ、ベスト3は?

3位「Biz.Cards」 240円

まず、有料名刺管理アプリの3位は「Biz.Cards」。このアプリのポイントはiPhoneの連絡先との連携です。iPhoneの連絡先のデータがこのアプリ上に自動で入力されます。また、見た目を追求しており「クールにカッコよく!」カメラで撮影した名刺をみることができます。

残念ながら画像から自動で文字を読みとってデータ化してくれる機能がないので、情報は手入力になりますが、名刺交換の件数が少なく、それよりも連絡先との連携をしたい方には使いやすいアプリです。値段も有料の名刺管理アプリの中では安く、気軽に買えます。

2位「CamCard:名刺管理·日本語他16言語対応」 960円

有料名刺管理アプリの第2位「CamCard:名刺管理·日本語他16言語対応」です。世界中に利用者がいるアプリで、利用者数は1億人以上とも言われています。交換した名刺を撮影すると自動でデータ化してくれます。

データ化する際に多言語に対応しているので、外国語の名刺交換をする方などにはとても便利なアプリです。速度や精度にも定評があり、海外のメディアでも取り上げられたことがあります。「商談リマインダー」や「人脈地図」など、様々な工夫を凝らした機能がついているところも面白いアプリです。

1位 「WorldCard Mobile - 名刺認識管理」 840円

有料名刺管理アプリの第1位は「WorldCard Mobile - 名刺認識管理」です。このアプリのポイントは撮影した名刺のデータをスマホの連絡先アプリに取り込めることです。連絡先アプリ以外にもiCloud,Dropboxとも連携できます。

パソコンでの操作も利用しやすいように工夫されているので、パソコンの方がよく利用するという方も一度見てみてはいかがでしょうか?

さらに、名前やメールアドレスからFacebook、Twitter、LinkedIn のSNS検索もボタン一つでできるため、SNSでもつながりたい人にとっては、効率的です。このアプリも多言語に対応しているため、外国語の名刺交換をする方などには便利です。

無料名刺管理アプリ、ベスト3は?

3位「Evernote Scannable」

無料名刺管理アプリの3位は「Evernote Scannable」です。名刺管理専用のアプリではなく、「Evernote」にデータを写真で撮影して保存するアプリです。名刺に限らず、様々な書類をスマホのカメラで撮影して取り込みます。自動で文章を読み取ってくれるので、撮影した書類の中の文字や文章も検索できます。

名刺を撮影し、名刺管理アプリとして利用することができます。名刺管理専用ではないので、メモをつけるなど、使い方が自由なのが魅力です。撮影の際も他の名刺管理アプリと違い、名刺の四隅を合わせるような作業が必要なく、自動で四隅の場所を感知してくれます。

2位「Wantedly People 名刺管理&一括スキャンの無料連絡先アプリ」

無料名刺管理アプリの第2位は「Wantedly People 名刺管理&一括スキャンの無料連絡先アプリ」です。何よりも名刺をデータ化する速度がずば抜けているアプリです。

同時に10枚撮影し、3秒でデータ化できます。100万人の人が使う、利用者の多いアプリの一つです。LINEやSNS、メール等で名刺のデータを共有することができるので、上司や同僚とのやり取りもスムーズにできそうですね。

電話やメールは直接アプリ上からすることができるので、連絡先としても利用可能です。

1位 「Eight - 100万人が使う名刺アプリ」

無料アプリの第1位は「Eight - 100万人が使う名刺アプリ」です。他の名刺管理アプリとの一番の違いが、名刺データを手作業で入力してくれるところです。

データ入力の正確さもそうですが、機械では読み取りにくい文字でも入力してくれます。直接名刺交換できなくても、お互いがこのアプリを利用していた場合にはアプリ上で名刺交換ができるのも魅力です。

2位の「Wantedly People 名刺管理&一括スキャンの無料連絡先アプリ」と同じく、電話やメールを直接アプリ上からすることができるので、連絡先としても利用可能です。

名刺管理アプリの安全性は?

名刺管理アプリを使う時に一番気になるのが、安全性ではないでしょうか?いくら名刺として配布されているとはいえ、自分だけではなく大切な取引先や重要な方の個人情報を、名刺管理会社に預けることになります。アプリを使う際には、その会社でどのような個人情報体制がとられているかを事前に確認するべきです。

例えば、無料名刺管理ランキング1位のEightは、プライバシーマークというマークを取得しているという点で安心できます。これは個人情報の保護に関する厳重な審査基準をクリアした会社に与えられるマークです。

名刺管理アプリEightの使い方

【有料・無料】名刺管理アプリ比較・eightの使い方
「Eight」の実際の使い方を、名刺のデータを取り込み、整理して、活用する、の3段階にわけてご説明いたします。無料アプリなので手軽に取り組めますから、ぜひ使ってみてくださいね。

1:名刺をデータとして取り込む

撮影して取り込む方法

まずはもらった名刺のデータを取り込みます。方法は簡単。ただスマホのカメラで撮影するだけ。eightが手入力でデータ化してくれます。

どこでもスキャンで取り込む方法

名刺のデータの取り込み方法はもう一つ。専用のスキャナーにいれて読み込みます。これからeightを使いたいけれど、すでに手元に何百枚と名刺がある…という方は、あっという間に読み込むことができます。

お近くの専用スキャナーのある場所を検索してみてはいかがでしょうか。専用の無料アプリをダウンロードし、説明に従って操作するだけの簡単取込みです。

2:データを整理する

並び替えて整理する

すぐに名刺を探すために、左上のボタン一つで並び替えができます。選択肢は3つ。交換月順、会社名順、名前順。お好みでいつでも変えられます。

ラベルをつけて整理する

名刺交換をした人それぞれに、ラベルをつけることができます。出会って名刺交換をした場所や、その人との関係性など自分がわかりやすいように自由に分けることができます。

メモを書いて整理する

また、メモをする機能もついています。顔と名前を覚えるために、初めてお会いした時の印象をメモしておいたり、何月何日にこんな話をした、なんてことも記録に残したりできます。

検索で連絡したい人を探そう

連絡したい人を探すときに、サクッと検索することができます。検索可能な項目は、名前、会社名、部署名、役職名、emailアドレス、になります。また、iPhoneアプリに限りますが、メモからも検索することが可能なので、会話をメモしておけば、この前この話をしたのは誰だっけ?ということも検索して思い出すことができます。

3:連絡先を活用しよう

個人の情報から連絡をとろう

名刺の個人の情報確認できるところで、電話番号をタップすると、直接その番号へ電話をかけることができます。

また、メールアドレスをタップすると、メールアプリかGmailアプリを選択してメールを作成することができるようになっています。他にも住所をタップするとGoogle mapが立ち上がって地図を確認できますし、ホームページアドレスをタップすると、Safariが立ち上がってホームページを見ることができます。

すべて、必要なところをタップすると利用できる、感覚で操作できる部分です。

情報は自動で更新されることもあります

Eightは最初に、自分の名刺情報を登録することになっていますが、その内容は更新することができます。役職が変わった、住所が変更になった、転職をしたなどEightを利用している人が名刺を更新すると、同じくEightを使っている人の名刺データも自動的に更新されます。連絡先が変わっても、連絡を取り合い続けることができるようになっています。

Eight上で名刺交換をしてみよう

その他にもEightを利用している人同士であれば、実際に会って名刺交換をしなくても、Eight上で名刺交換をすることが可能です。

勝手に個人情報が見えるわけではなく、名刺交換リクエストを送り、許可されたら交換になります。遠方の知り合いと名刺交換したい時や、仲がいいけれど名刺の交換はしていない時、手持ちの名刺が足りない!なんて時にも使える機能です。

Eightの使いやすさ、評判や口コミをご紹介

何より一番好評なのが、無料なのに精度が高いところです。手作業で入力してくれているので、実際には人為的ミスもあるのですが、自動で読み取る機能よりはレベルが高いのは確かです。

また、取り込み方法も使い方も、悩むことなく感覚で簡単に操作できるところも好評です。使い方を一言でいうなら「名刺を撮影するだけ」。

後はご自分の使い方にあわせて、そのまま使うこともできるし、ラベルやメモなどを細かくつけることもできます。管理枚数が少ない時も、多くなってからも、ストレスなく使いやすいアプリということですね。

名刺管理の可能性は幅広い

名刺管理のアプリや方法をご紹介しましたが、仕事の効率化にはつながりそうでしょうか?大切なのは、名刺を管理するだけに終わらず、1つ1つのご縁をどう大切にしていくかです。管理の時間を短縮して、ご縁を大切にする時間を増やしてみてはいかがでしょうか?

オススメの名刺スキャナはこれ!

大量の名刺管理をするなら名刺スキャナを用意するべきでしょう。

Eightも推奨している「ScanSnap」は、スマートフォン/タブレット、パソコンいずれでも、ストレスを感じることなく名刺や書類を電子化できますよ。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related