Search

検索したいワードを入力してください

2017年02月03日

自信がない人の原因・特徴と脱出方法|改善するためにおすすめの本

「仕事で大きな仕事を任されたけど自信がない!」と俯いてる人、あなたの周りにもこんな大げさな自信のない人っていませんか?自信がない事を自覚していて改善したいなら自信を持ちたいですよね?今回はそんな自信がない人の特徴と原因と改善方法について解説していきます。

自信がない人の原因・特徴と脱出方法|改善するためにおすすめの本

自信がない人の内面的な11つの特徴

自分に自信がない人には大きな特徴があります。ただ見た目に分かりやすく現れるものもあれば見た目に見えない内面的な特徴という物もあります。ここでは見た目に現れない自信がない人の内面的な特徴について解説していきます。

①他人の目を気にしすぎる

自信がない人の内面的な特徴1つ目「他人の目を気にしすぎること」です。自信がない人は他人の目を気にする傾向があります。また客観的に見ても能力がないわけではないのですが、失敗して恥をかく事やバカにされてしまうと思ってしまうために何か行動を起こす前に委縮して行動に移す事ができません。

自信がない人はこのような他人の目を極端に気にしすぎると特徴があります。

②批判や非難に過剰反応をする

自信がない人の内面的な特徴2つ目「批判や非難に過剰反応をすること」です。自信がない人は批判される事や非難される事を極端に恐れています。例えば会議で意見を言いたいと思っていても自分の意見を言って批判されたり非難されたりしてしまったら嫌だから意見を言わなかったり、意見を求められても他の人の意見に賛同したような意見しか言えないのです。

批判や非難される事に過剰に反応するためこのような反応をしてしまうんですね。

③自分の長所を過小評価する

自信がない人の内面的な特徴3つ目「自分の長所を過小評価する」です。自信がない人は客観的に見ても劣っているわけではないのですが、自分の優れた能力や長所でさえ過小評価していて人から褒められても「僕なんてそんなにすごくないよ」と「あの人の方がすごいよ」と自分の事を過小評価してしまいます。

もっと自信をもって良いのにと周りは思ってしまいますが、自信がないので言われれば言われるほど自信をなくしていきます。

④短所ばかりに目がいく

自信がない人の内面的な特徴4つ目「短所ばかりに目がいく」です。自信がない人は自分の長所よりも短所ばかりに目がいきます。長所よりも短所が気になって仕方ないのです。

例え短所が少なくてもそれだけでも長所を消してしまうくらいの大きな汚点や欠点なのです。それくらい短所が気になってしまうのです。

⑤自分の意見が言えない

自信がない人の内面的な特徴5つ目「自分の意見が言えない」です。

仕事をしている時に人に意見を求められる場面はよくありますよね。そうしたシーンでうまく自分の言葉で自分の意見が言えません。

これは他人からの批判や非難を受けてしまうかもしれないという恐怖から自分の意見を言いたくても言ってしまったらバカにされたり怒られてしまうかもしれないという考えをしてしまうため自分の意見が言えないんです。

本当は自分の意見を言いたいのに我慢するなんてつらいですよね。人の顔色を伺って自分の意見をいうのを我慢する生き方をしていると疲れますよ。

⑥他人に流されやすい

自信がない人の内面的な特徴6つ目「他人に流されやすい」です。自信がない人は自分の意見が言えず他人に流されやすい傾向があります。このような自信がない人は仕事でも意見を求められた時にも他人に同意するような意見ばかりを述べる事が多いのです。

またプライベートでも食べたい物を聞かれても自分が食べたいと思っている物より他の人の食べたい物を優先してしまう傾向が強いです。自分は本当はこってりしたジューシーなステーキが食べたかったけど、周りの皆はサッパリしたい物が食べたいと言っていたので、言えずに周りに合わせてしまったり他人に流されてしまいます。

このように自信がない人は自分の意見がなかなか言えずに他人に流されやすい傾向が強いのです。

⑦ネガティブ思考

自信がない人の内面的な特徴7つ目「ネガティブ思考」です。自分に自信がない人は物事をマイナスに捉えがちな傾向があります。例えば人から褒められる事があったとしても「どうせぼくはこれしかできないから・・・」とマイナスに捉えてしまいます。

普通ならば人から褒められたらうれしいものですよね。喜んだり調子に乗っても良いものですが、自信がない人にとって褒められる事はマイナスな見方をしてしまうのです。

⑧完璧主義

自信がない人の内面的な特徴8つ目「完璧主義」です。自信がない人は他人の目を気にしたり他人の評価を気にする傾向があるのはお話ししましたがこの事に関連して常に完璧な状態を目指して頑張ろうとします。

どんな小さな事でも完璧にしないと納得できません。自信がない分誰よりも余計に頑張ろうとして完璧を目指すんですね。そのため他の人よりも無駄な作業が増えてしまい、他の人よりも仕事が遅くなる事もよくあります。時には妥協して手を抜く事も覚えた方が良さそうですが、自信がない人は批判や非難をされたくないので手は抜けないんですね。なので自信がない人は完璧主義な傾向が強いですね。

⑨コミュニケーションが苦手

自信がない人の内面的な特徴9つ目「コミュニケーションが苦手」です。

自信がない人は人とのコミニュケーションがすごく苦手です。自分に自信がないので人と楽しくご飯とたべたり話したりコミニュケーションを取るより一人で居る事を好む傾向があります。

自信がない人は自分の事が好きではないです。それは周りの人も好きではないはずと思い込んでいるところがあります。そのため誰かが話しかけてきても「なんでこんなつまらない僕にはなしかけたんだ」と驚き狼狽えます。

自信がない人はこのようにコミニュケーションが苦手なんですね。

⑩人間関係を作るのが下手

自信がない人の内面的な特徴10つ目「人間関係を作るのが下手」です。自信がない人は人間関係を作るのがものすごく下手です。人間関係とは友達や恋人、職場仲間ですね。生きていく上で最低限、人との関りは必要な物ですよね。例えば普通の人は友達を作る時は作ろうとして作っているわけではなく自然と友達になっていくものですね。

しかし自信がない人はなんとか友達を作りたいと思って無理をしてしまうんです。普通に話しかけて話が合えば仲良くなれるはずなのに、物で釣るような話をしたり言い方や誘い方が変わっているのです。そのため人に避けられたりしてしまいます。そして余計に友達になれないままになってしまうのです。

このように自信がない人は人間関係を作るのが下手なのです。

⑪やる前から悪い結果を想像してしまう

自信がない人の内面的な特徴11つ目「やる前から悪い結果を想像してしまうこと」です。

自信がない人はどんな物毎も先に結果を考えてしまいます。難しい仕事を任された時に普通の人は難しい仕事だけどこれで成功したら出世できるかもしれないと不安はあるけどそれ以上の期待をもって行動します。

自信がない人は行動をする前から「どうせ僕にはできない仕事だよ。難しすぎる。どうせ失敗する」と悪い結果想像してしまって頭を抱えてしまいます。

このように自信がない人はやる前から悪い結果ばかりを想像してしまう傾向があります。

自信がない人の外面的な4つの特徴

自信がない人には分かりにくい内面的な特徴がありますが、ここでは分かりやすい外面の特徴について解説していきます。

①姿勢が悪い

自信がない人の外面的な特徴1つ目「姿勢が悪い」です。自信がない人は自信の無さが見た目にも現れます。その一つが姿勢の悪さです。自信がある様子を表す言葉に胸を張るという言葉がありますよね。自信のあるなしは姿勢に現れるのです。

顔にも気持ちが表れるように体や姿勢にも気持ちと言うのは現れてしまうのです。例えば自信がある人は気持ちも前向きですよね。そんな人の姿勢はすごく良くて背筋も伸びて真っすぐですよね。。逆に自信がない人は猫背の人が多かったり、腰が引けていたりと自信がない気持ちが体に現れてしまいます。

②視線が下向き

自信がない人の外面的な特徴2つ目「視線が下向き」です。自信がない人の視線は俯きがちで常に下を向いている傾向が強いです。これも自信の無さが体に現れてしまっています。

人は人と会話する時は相手の視線を合わせるアイコンタクトをして相手の感情を感じ取ったりします。目は口ほどにものを言うと言いますし、それだけ目線とは大事なのです。

目線の向きや動きだけで嘘がバレてしまう事もあるほどです。自信がない感情や気持ちも目線に現れてしまいます。自信がない人にはこのような特徴もあります。

③目が泳いでいる

自信がない人の外面的な特徴3つ目「目が泳いでいる」です。目線で自信のあるなしや嘘をついているかなども分かると先ほどもお話ししましたね。この目が泳ぐというのも自信がない様子が伝わる目線の動きです。

自信がない人は自分の自信がない事を周りに知られたくないと思っているのに、自らの視線の動きでばらしてしまっています。

④目が合わない

自信がない人の外面的な特徴4つ目「目が合わない」です。またしても目線の話ですが、自信がない人は目線を合わそうとしません。目は口ほどにものを言うという言葉があるように目で感情や気持ちが伝わる事があります。

目を合わすことができないというのは自分に嘘をついていたり、自分に自信が持てない時にこのような視線を逸らす事があります。

自信がない人の5つの原因

自信がない人には原因があります。その原因が分かればどうしたら自信がない人が改善する事ができるのかが分かるかもしれません。それでは自信がない人の原因を解説していきます。

①経験が無い

自信がない人の原因1つ目「経験が無いこと」です。自信がない人は今まで様々な事に挑戦して失敗したり成功したりと言った経験や体験が全くない事で自分の行動に自信が持てないでいるのです。

そうした挑戦した経験や体験をしてないのに色々な情報や知識は持ってしまっているので、やる前から聞いた情報から判断してしまい何かに挑もうとするたびに尻込みしてしまうのです。それが積み重なっていきますます自分に自信が持てなくなってしまうのです。

②周りの目を気にしすぎる

自信がない人の原因2つ目「周りの目を気にしすぎる」です。自信がない人は周りの目を気にしすぎるため自信が持てません。自分が失敗したり、他人と違い意見を言う事で他人がどのような反応をするのか分からないし、もしかしたらバカにされたり嫌われたりするかもしれないと考えてしまって自分の行動に自信がないのです。

他人の評価より自己評価の方が時には大事な事もあります。もっと自分の行動に自信を持つべきです。

③他人と比較してしまう

自信がない人の原因3つ目「他人と比較してしまう」です。自信がない人は人の目を気にします。他人と自分を勝手に比較してしまうのです。そして落ち込みますます自分に自信が持てなくなってしまうのです。

④物事を大げさに捉えてしまう

自信がない人の原因4つ目「物事を大げさに捉えてしまう」です。自信がない人は失敗してしまうと世界の終わりの時が来た時の様に落ち込む人がいます。自信がない人にとっては失敗は自分の人生の終わりと同じくらい大げさな事件なんです。

普通の人なら「まぁいっかぁ」で済ませれる失敗が自信がない人には大げさな出来事になってしまうわけです。

⑤幼い頃の環境が影響している

自信がない人の原因「幼い頃の環境が影響している」です。子供の頃に過保護な両親に育てられてしまってた事が原因で自信がない人になってしまう事もあります。

例えば子供の頃に転んでしまった時に自分で立ち上がる事を覚えれば、転んでも立ち上がればいいんだと考える事ができます。しかし過保護な親の元で育つと転んだら親が、誰かが助けてくれる、これが当たり前なんだと考えてしまうようになるのです。そうなってしまうと自分が転んだときに誰かが助けてくれると思うため、他人に甘えてしまうんですね。

そのため一人では何もできない自信のない大人になってしまうんです。

仕事が不安で自信がない人の5つの改善方法

仕事がどうしようもなく不安で自信がない人はどのように改善していくべきでしょうか。ここではそんな自信がない人を改善していくための方法を解説していきます。

①小さな目標を一つ一つ達成していく

仕事が不安で自信がない人の改善方法1つ目「小さな目標を1つ1つ達成していく」です。自信がない人はまずは小さな目標を決めてその目標を一つ一つ達成していくように意識していきましょう。

例えば3日かかる量の仕事を1日で終わらせようと考えるのは良くありません。どう考えても無理ですよね。これはどんなに効率が良い仕事が出来る人が頑張っても難しいでしょう。

たくさんの仕事を依頼された場合は小さな目標を決めて行動していくと効率よく仕事ができます。ここまで終わったら休憩しようと決めて仕事をするのです。そうするとあとどれくらいで終わるのか、自分はどれくらい仕事ができたかがすぐに分かります。

そんな自分の作業量を見ていると最初は作業量の多さに無理かもしれないとおもうかもしれません。しかし少しずつ作業を達成していくうちに自信が湧いてくるはずです。あとはそれを別の事でも小さな目標を作り達成していけば自分に自信が持てる様になるはずです。小さな目標を持って一つ一つを達成していきましょう。

②自分の短所を全て書き出し長所に書き換える

仕事が不安で自信がない人の改善方法2つ目「自分の短所を全て書きだして長所に書き換える」です。自分に自信がない人は短所ばかりが気になってしまいます。実は短所と言うのは見方によっては長所なんですね。

そんな短所をまずはメモ帳などに書き出し、その短所を長所に書き換えていきましょう。そうするとあなたの短所は実は隠れた長所だったという事に気付けるはずです。短所だと思うから自分に自信が持てないのです。短所だと思っていた事を長所だったと気付ければ自分に自信が持てるようになるはずです。自分の短所を長所に書き換えていきましょう。

③人に嫌われる覚悟を持つ

仕事が不安で自信がない人の改善方法3つ目「人に嫌われる覚悟を持つ」です。自分に自信が持てない人は自分の意見を言いたくても言えません。それは他人の目を気にしているから自分の意見を言うのが怖いのです。

自分の意見を言うと人から嫌われてしまうかもしれない、バカにされるかもしれないと考えてしまうと自分の意見が言えなくなってしまうのです。そこで対策として人に嫌われる覚悟を持ちましょう。人に嫌われる覚悟とは言葉の通り、人に嫌われても良いと決意する事ですね。

なぜわざわざ人に嫌われても良いと決意するかというと、自信がない人は他人主体の生き方になっているためです。他人の目や評価を気にしている生き方をしています。そこで嫌われても良いと覚悟する事で誰にでも自分の意見を言う勇気を持つ事ができます。そしてそれは自分への自信につながります。人に嫌われても良い覚悟を持ちましょう。

④何事もポジティブに考える

仕事が不安で自信がない人の改善方法4つ目「何事もポジティブに考える」です。自分に自信がない人はネガティブ思考が強い傾向があります。そこで対策としてネガティブな事を考えてしまったらポジティブな事を考えるようにするのです。そうする事でネガティブな思考で落ち込んだりする事も無くなります。

どんな事でもポジティブに考えていきましょう。

⑤決めつけない

仕事が不安で自信がない人の改善方法5つ目「決めつけない」です。自分に自信がない人は決めつけてしまう傾向が強いです。例えば悪い結果をやる前から想像してしまったりするのは決めつけですよね。

このような決めつけをしてしまうとどんな事もやる前から怖くなってしまい行動ができなくなってしまうでしょう。そこで対策として決めつける癖をやめてみましょう。人生先の事はわからないのですから、先の事が分かったら面白くないですよね。先が分からない事を楽しみましょう。

人生を決めつけずもっと自由に生きましょう。

自信がない人は成長できる!もっと自信を持って生きよう

自信がない人は外面的にも内面的にも自信がない事が現れてしまいます。視線が泳ぎやすい人は自信がなさそうに見えますし、背筋がしゃんとしてない人は自信がない様にも見えてしまいます。あまりかっこよく見えないですよね。自信が持てない原因は経験の無さや他人の目を気にする事が挙げられます。改善方法としてはもっと自分の事を知り、欠点だと思ってたことが実は自分の長所だったんだと思い込む事、自分にはこんなすごい長所があるんだと自信を持つ事が近道です。

自信がない人は自分の本当の実力に気付いてないだけかもしれません。成長できる伸びしろがあるのにそれに気付いてないのです。今からでも遅くありません。自分の長所に気付いてもっと自信を持って生きていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related