Search

検索したいワードを入力してください

2017年01月15日

仕事が嫌だ・辞めたいと思う原因・嫌な仕事でも続けていく方法

仕事が最近嫌になった、元々この仕事が嫌いだった、仕事が嫌な理由は人それぞれあるかと思います。そんな状態では仕事はもちろん、プライベートも楽しくないですよね。今回は仕事が嫌だと思う原因と嫌な仕事でもこれからも続けていく方法を詳しく紹介していきたいと思います。

仕事が嫌だ・辞めたいと思う原因・嫌な仕事でも続けていく方法

仕事が嫌だと思う原因

業務が自分に合っていない可能性がある

仕事が嫌だと思う原因は、人によって様々ですが、その中でも一番の理由として該当してくるのが、業務がそもそも自分に合っていないという事でしょう。仕事をしていく上で、自分がしたくない業務ばかり行っているとその仕事が嫌になってしまいます。
嫌な仕事を継続して続けていてもスキルは身に付きませんし、例え身に付いたとしても微々たる物になってきます。それに、嫌なまま仕事を続けていれば仕事一つ一つに対する熱意が感じられなくなってしまい、ミスを連発してしまう可能性もあります。
しかし、業務が合っていなくても仕事を続ける人も中には存在します。そういった人のほとんどは、給料や福利厚生の面で充実しているから問い得ます。例え仕事が嫌だと思っていても、続けられるという事は、それ以上に何か光る物があるから続けられるという訳です。
とは言え、業務が自分に合っていない状態で仕事を続けたとしても、ポテンシャルを発揮する事が出来ませんし、元々自分のしたい事がある上でその仕事をしているなら嫌と感じて当然と言えます。
そのため、少し業務に違和感を覚えている人がいれば、自分の中で何か決断をしてみるというのも良いでしょう。その決断は人によって変わってきますが、嫌な状態で続けるのではなく、少しでもポテンシャルを発揮出来るような職場を見つける事も一つの方法です。

上司とのコミュニケーションが上手くとれない

仕事を続けていく上で一番重要になってくるのは、上司等と積極的なコミュニケーションを取るという事です。業務に満足していて、自分のしたい事が出来ている環境でも上司とのコミュニケーションが上手くとれていなければ、仕事が嫌だと感じてしまう事があります。
好きな仕事を行っているのに、上司から小言を言われてストレスが溜まる。そういう生活を送っていれば、上司に対して必ず不満が生まれてしまうという訳です。不満が生まれてしまえば、仕事そのものにも不満を感じるようになってしまいますから、嫌と思っても仕方が無い事なのです。
場合によっては、上司からパワハラ等を受けて好きな仕事を泣く泣く辞めざるを得ないという状況に陥ってしまう可能性もあります。そうなってしまった時に、どう対処するかというのはその人個人の問題になってきます。
仕事が嫌だと思い始めたら、当然仕事に対する熱意が欠如していきますから、その分仕事が乱雑になっていきます。乱雑になった末路は、ミスをして上司に怒られるという事でしょう。
そして、上司に怒られれば好きだった仕事がどんどん嫌な仕事に変わっていき、最終的には仕事をしたくなくなってきます。それ以上に守る物があれば無理矢理仕事を継続させる事も出来ますが、前向きに仕事を続けるというのが難しくなってきます。

職場環境があまり良くない

仕事が嫌だと思っている人は、職場環境も大きく関係してきているでしょう。上司とのコミュニケーションが上手くとれないという事も一つの職場環境が悪い証拠ですが、それ以上に働きにくい環境も存在します。
例を挙げるなら、福利厚生の面で充実していないという事でしょう。仕事をしていく上で、給料や福利厚生の面はかなり重要視したい物ですが、それが欠如していれば当然仕事を嫌だと感じてしまいます。

人間は周りと比べたがる生き物であり、自分の給料が同期の給料と比べて低かったら激しく劣等感を感じてしまう事があります。当然働いていく上で給料はかなり重要な物になってきますし、モチベーションを向上させるためのツールにもなってきます。
給料が低ければ、当然仕事に対して不満を覚えるようになってくるでしょう。自分の業務量を把握していて、どれだけ仕事をこなしていたとしても、その頑張りが給料に反映されていなければ仕事が嫌になってしまう事も仕方の無い事言えます。

その他にも、残業が多かったり休日が少なかったりという物が挙げられます。これらは、自分のプライベートの時間がどんどん削られていくので、仕事においてストレスが溜まっていくランキングでもかなり上位にランクインしてくるでしょう。

残業が多ければ肉体的にも精神的にも疲れてしまいますし、休日が少なければ仕事とのメリハリを付ける事が出来なくなってしまって、結果仕事が嫌になってしまうという訳です。
その時点で、負のサイクルが出来上がってしまっているので、自分自身で何かアクションを起こさない限りは仕事を継続していくのが厳しくなっていく訳です。

嫌な仕事でも続けていく方法

とにかく仕事をこなすようにする

仕事が嫌だと思っていても、状況が辞めざるを得ない状況になっているとしたら、仕事を無理矢理継続しなければなりません。様々な理由で仕事を嫌だと感じているなら、その一つ一つの原因を解決していく事が重要になってきます。

一つの改善方法として挙げられるのは、とにかく仕事をこなすようにするという事でしょう。嫌な仕事でもこなしていけば、どこか仕事の面白みを感じていく事があります。
営業職をしているなら、毎日営業をかけなければなりません。様々な営業の方法がありますが、精神的に辛くないような営業も中には存在します。ルート営業等、営業する相手が最初から決まっている場合なら、少しは楽になってくる事でしょう。
例え仕事が嫌だとしても、対人関係が好きなら営業職でも好きになる事が出来ます。そして、好きになれば仕事をどんどんこなせるようになりますし、嫌だと思っていた仕事が楽しさに変わり積極的に行いたいという状況も作れます。

事務職等のデスクワークが嫌だと思っている人は、周りの人に負けないような何かを見つけてみると良いでしょう。パソコンのタイピングの早さでも良いですし、計算の処理能力の早さでも良いので、何か勝る部分を見つけてみます。

自分の中で同期や上司等をライバル視して、いつかはその人を抜いてやるという気持ちで仕事に打ち込んで行けば、自然と仕事をこなしている状況が作り出されてしまいます。
仕事をこなすことが、嫌だと思う理由を改善する直結な方法とは言えませんが、仕事をこなしていくうちにその仕事の楽しさを感じられる可能性も大いにあるので、物は試しにやってみる事でしょう。

ミスをしないように心がける!

仕事をこなせるようになってきたら、次のステップに進む事が重要になってきます。仕事をこなせるようになったというだけで満足していては、意味がありません。
どんどん仕事をこなせるようになったら、業務量も当然増えてくるでしょう。業務量が増えてくるという事は、ある程度会社の中で信頼されているという位置づけになりつつあるという事です。その時点で、仕事を嫌だと思う事はなくなってきそうですが、そう思うにはまだ早いです。
ただ仕事をこなしているだけでは、あまり意味がありません。次は、ミスをしないように心がけるという事が重要になってきます。仕事をしている上で、ミスをしてしまう事は仕方の無い事ですが、そのミスをどれだけ少なく出来るかというのが、仕事をしていく上で重要になってくる訳です。
ミスをしなければ、上司に怒られる事も無くなってきますし、仕事そのもののクオリティが上がってきますから、仕事に対する熱意も変わってくるでしょう。
恐らく、仕事をこなせるようになってきたら、例え嫌いな仕事だったとしても、好きになっていく状況が作り上げられている事でしょう。

むしろ、嫌だと言っている暇がないほど忙しくなっている可能性もあります。
嫌だと思うようになるのは、仕事をミスする自分になってくるでしょう。仕事をミスすれば、上司に怒られてしまいますし、怒られてしまえば、モチベーションもその分下がってしまいます。
モチベーションが下がったまま仕事を継続していれば、また最初の方に戻ってしまうので、次々に自分をステップアップさせていく事が重要になってくるという訳です。

慣れてきたら仕事の効率化を

仕事をこなせるようになって、仕事のミスも少なくなってきたら仕事の効率化を自分なりに行ってみるというのも良いでしょう。
こなせるというだけでかなりステップアップしていますが、将来自分がなりたいと思っている位置によってはよりクオリティを上げなければなりません。
クオリティを上げるためには、仕事そのものの質を挙げる事が重要になってくる訳ですが、この時点でもう仕事が嫌だと思っている事は無いでしょう。
仕事に慣れてきて、自分なりにしたい事が見つかっているでしょうから、余計そう感じていないはずです。
そうなると、仕事を効率化して、より会社に貢献するという事が一番の意思表明になってくる事でしょうから、効率化を図ると良いです。
仕事の効率化を図るというのは、簡単な様で意外と難しい事です。自己啓発本等を読んでみて、自分自身の意識を高めるという事も方法の一つですし、セミナーに参加して知識をより身につけるというのも方法の一つです。

結論を言えば、周りと差をつける為にする事は、仕事を効率化するための重要なポイントになってくるという事です。仕事が嫌だと感じている人には、それなりの理由があり、自分の中でもそれは何となく分かっている事でしょう。
しかし、仕事に対して真剣に向き合うようになれば、そう感じる事も少なくなってくるはずです。そして、効率化をしようと思って様々な事を行っていく訳ですが、効率化をするために試行錯誤していく事が、最も重要なステップになっていく訳です。
試行錯誤すれば、どのように仕事に対して向き合えば良いのかという事が分かってきますし、例え状況が仕事を嫌だと感じさせていたとしても、嫌だと言う状況を感じさせない程のステップに自分が来ている事を実感出来る事でしょう。

仕事が嫌なら転職する事も一つの方法

仕事が嫌だと感じたら転職も視野に

どのような試行錯誤をしても、結果仕事が嫌だと思うようになれば、対処の方法が見つからないので、転職も視野に入れてみると良いでしょう。
本当に自分がしたい事をその職場で出来ていないとすれば、無理矢理仕事を継続していたとしても、結果不満が生まれてしまうだけになります。
ましてや、嫌いな物を好きになろうと思うと、至難の業であり、職場に対して幾分かの不満があるとすればそれは尚更になってきます。
それならいっそ、転職をして自分のしたい事を出来るような職場に転職した方が、自分自身の能力も発揮出来る事でしょう。
また、そういった職場なら多少職場に対して不満を持っていたとしても、仕事自体が自分のしたい事なので続けられます。

転職する前に自分のポテンシャルを見直す!

仕事が嫌だからといって、すぐに転職活動を始めるというのはあまり良くない方法です。まずは、自分のポテンシャルを見直してから転職をする事が重要になってきます。
仕事に対して熱意がある人なら、その職場に転職したとしても一つ一つの仕事に誠意を持って打ち込む事で切るでしょう。
しかし、その熱意が現在やっている仕事に対してだけの熱意なら、他の職場に転職したとしたらその熱意は消えてしまうことでしょう。
本当に転職をしたいのかどうかという事を見つめ直す事も重要です。職場環境が劣悪だったとしても、ある程度給料はもらっていてそれなりに仕事もこなせているという状況があるなら、少し名残惜しいと感じてしまう人も多いです。
そういう状態で転職をしてしまうと、仮に転職先が見つかったとしても後悔してしまう事になるので、注意が必要となります。
思い立ったらすぐ行動という言葉がありますが、転職においては冷静に自分を見つめ直して行動に移す事が重要になってきます。

転職先は慎重に

転職で一番重要になってくるのは、慎重に行うという事です。
転職サイト等で、自分のしたい事が出来るような職場を見つけたとしても、それは文面にすぎません。
面接等を繰り返していく事によって、その職場の魅力を感じていく事でしょう。
淡々と採用が進んで、内定をもらったとしても、冷静になって考えれば自分の意向と違うような部分が見つかる事も少なくないでしょう。
そのため、採用が進んでいく中で少し疑問があるなら、積極的に質問して自分の中の不安を払拭する事が重要になります。
そして、慎重に転職活動を進めていけば、多少仕事に対して嫌と思う事はなくなることでしょう。

あなたに合った対処法を!

「仕事が嫌」と必要以上に悩む必要はありません。気持ちが爆発する前に、あなただけの、あなたなりのできることを是非見つけ出してくださいね。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related