Search

検索したいワードを入力してください

2017年01月01日

仕事をだるいと感じる心理・対処法・モチベーションの具体的な上げ方

仕事がだるいと感じる事ありますか?仕事をするのがだるいと感じるのにはいくつかの理由があります。ここでは、仕事がだるいと感じる時の対処法やモチベーションの上手な上げ方を紹介して行きます。

仕事をだるいと感じる心理・対処法・モチベーションの具体的な上げ方

仕事がだるいと感じる心理

なんとなく仕事がしたくない、仕事をするのがだるい…という気持ちは多くの人が感じたことがあるかもしれません。仕事をするのがだるくなる理由を考えてみましょう。
仕事をするのをだるく感じている理由が分かるだけでも気持ちが前向きになるかもしれませんよ。

精神的 な悩みがある

仕事がだるいという場合は、何か精神的な悩みで気持ちが一杯になっていることが原因かもしれません。
プライベートな問題がある。仕事に対してストレスを感じている。など心配事がないか、振り返ってみましょう。

対人関係が良くない

職場の人たちやお客さんとの人間関係は良好ですか?
パワハラやセクハラなどの嫌がらせはありませんか? まわりの同僚とはうまくいっているでしょうか?
周りの人たちとの人間関係がうまくいっていないと、肝心の仕事をするモチベーションもダウンしてしまうでしょう。

仕事内容が合わない

やっている仕事が自分と合わない、本当はしたくないなどという事の場合は、仕事をするのがだるいという気持ちになるのかもしれません。
例えば人前に立つのが苦手な人がプレゼンの担当であったり、パソコンが得意でない人が資料作りの担当であった場合などもそうでしょう。

待遇や評価に不満がある

仕事の報酬を得るためのものです。もらえる給与や休日や福利福利厚生など、 仕事をする上での条件が自分の希望と合っていない場合、仕事へのモチベーションが下がります。
あなたの仕事に対しての評価や昇進などが低い場合もモチベーションが下がる原因になります

肉体的にきつい仕事である

肉体的にきつい、疲れるなどの仕事の場合は、体の疲れが気持ちの疲れにも影響することがあります。
例えば、外回りの営業マンが会社内の配置転換で現場の肉体労働などに廻されてしまった場合は、最初はやる気である程度カバーができますが、肉体の疲れが溜まってくると、体の疲れが影響をして仕事へのやる気もダウンしてしまいます。

仕事がだるいと感じる時の対処法

仕事がだるいと感じた場合は、実際どのように対処したら良いのでしょうか。
まずは初めて見るという様に仕事に向き合うことから、気持ちや体に休息を与えることまでいくつか挙げてみます。会社や仕事の事情に合わせてできることから実行していってください。

まずは5分間、始めてみる

仕事をするのががだるい、という時はなんとなくという中途半端な気分の場合が多いものです。
そんな時は仕事を始めてみると始めてみると、意外とそうでもないと気づくことも多いものです。5分の間、メールなど、気の散る物をすべてシャットアウトして始めてみてください。5分後には仕事の波に乗っているかもしれませんよ。

やりやすい作業から始めてみる

いつくかやらなければいけない仕事がある場合などは、取り掛かりやすい仕事から始めてみると良いでしょう。やりやすいというのは人によって違うと思います。例えばパソコンへの入力業務やりやすい人もいれば、外回りで人に会うのがやりやすいという人もいるでしょう。
毎日の業務の中に複数の自分がやりやすいと思う仕事を用意しておき、仕事がだるいと感じた時には、その業務に切り替えると自分で仕事の波をコントロールできると思います。

時間を決めてやってみる

人の集中力が続く時間は20分程度だと言われます。そこで、今からこの仕事を20分の時間を区切って行うと決めてしまいます。 だるい仕事であっても、20分の間と思えば集中力も続くものです。
スマホなどのタイマーを活用して、自分で時間と 仕事をコントロールしながら進めることができます。

場所を変える

仕事が乗らない気持ちがだるいという場合は、可能であれば仕事環境を変えてみるのも良いでしょう。
…と言っても転職をするということではなく、会社内での仕事をする場所を変えるということです。
外回りが多い人であれば、会社の資料作りを会社の外のレンタルルームなどで言って行うこともできますね。 内勤の人であれば一時的に会議室のスペースを借りて行なっても良いでしょうし、 同僚と座る場所を交換するのもいいですね。

仕事内容や待遇などの改善

仕事をするのがだるい理由が、仕事の内容や待遇に不満があるという場合は、可能であれば会社や上司と話し合って改善をすることで仕事のやる気を取り戻ることができます。
たとえ100%の改善でなくても、状況が以前よりも良い方向に向かうことで仕事に対する気持ちが前向きになるでしょう。

休む

仕事がだるい場合は、少しの間休憩を取ってリフレッシュすることも大切です。
また、仕事を始める前には十分な休息をとってから臨むようにすることが必要です。
20分仕事の後に5分休憩をする、などという様に自分なりのサイクルを決めて急速を入れたと仕事を進めていくと、体も心も良いリズムができることでしょう。

仕事がだるいと感じる時のモチベーションの上げ方

物事へのモチベーションが上がる方法は人それぞれです。人の数だけあると言っても過言ではありません。
いくつかの方法を書いてみますので、ご自分の好みや状況に応じて、実行してみると良いでしょう。

人と話す

人と話すということで、仕事へのやる気が上がることも多いです。
ただ単に雑談をすることでも良いですし、心配事の相談をするのでも良いですね。
また、好意をもっている人と話すとモチベーションが特に上がり易いです。
職場に好きな人がいると、仕事に行くのが楽しくなる、と言う話はよくありますね。
だるいと感じる仕事を行う前に、職場の人と話をしてやる気をアップさせましょう。

音楽を聴く

音楽を聴くということは人の心のテンションをあげるのに役立ちます。
心理療法で音楽療法と言う方法があるぐらいです。
もし、あなたが仕事中に音楽を聴くことが可能であればぜひ取り入れたいですね。
例えば外回りの営業マンであれば営業車の中で音楽を聴くことができるでしょう。
会社で聞くのは無理であれば、出勤途中にイヤホンなどを使って聞く方法もあります

仕事の後に何か楽しみを作る

嫌なことでもそれが終わった後に何かご褒美があれば前向きに取り組むことができます。
美味しいスイーツや食事を食べる。好きな買い物をする。お酒を飲みに行く。旅行に行く。
…などといった 好きなことを仕事が終わった後にご褒美として自分に用意してあげましょう。
職場の人と一緒に飲みに行くということご褒美にすると、職場全体のモチベーションアップにも繋がるかもしれませんね。

将来の目標について考えてみる

人は明るい将来があれば 楽しく過ごすことができます。
仕事で昇進をする。独立をして自分の会社を設立する。結婚をする。海外の支店や本社に栄転する。 …など将来の目標を頭に思い描いて見ると仕事にも張りが出てくると思います。
目標を立てる場合は、短期目標・中期目標・長期目標という風に達成したい時間ごとに分けていくつか設定すると良いでしょう。

仕事をだるいと感じる心理や対処法のまとめ

いかがでしたか、仕事をだるいと感じる心理や対処法について書いてみました。
あなただけでなく周りの人も仕事をするのがだるいと感じたことがあるかもしれませんね。
「仕事がだるいという状態」が「仕事が嫌」であるとか、「仕事に行きたくない」などと言う状態になってしまう前に、周りの状況や仕事の進め方を、うまくコントロールをして楽しく仕事を続けられるようになるといいですね。

Related