Search

検索したいワードを入力してください

2017年05月03日

仕事がつまらないと感じる理由・対処法・転職すべきか

仕事がつまらないと感じるのは、自らの願望と、実際の業務にズレがあり、モチベーションが下がることで感じ始めることがあります。では仕事がつまらない時、どのように対処するべきなのでしょうか?また、転職も視野にいれるべきなのでしょうか?対処法について見ていきましょう。

仕事がつまらないと感じる理由・対処法・転職すべきか

仕事がつまらないと感じる理由

仕事は楽しくないのが当たり前なのでしょうか?
最初はあんなにやる気も根気もあったはずなのに、今はすっかりどこかへ行ってしまったような…。
そのように思い始めたら、仕事に対して「つまらない」という気持ちになっている証拠です。
では、どのような理由でつまらないと感じるのでしょうか?

理由1:価値を感じない

一言で価値といっても、自分の将来のキャリアプランを考えた上での価値を考える場合、プラスにならなそうな仕事であればモチベーションは下がります。または、仕事をするにあたってやりがいという意味での価値を感じない場合、会社の為に奉仕・貢献することができないということにもなります。

理由2:とりあえず始めただけだった

”周りが就職活動をしているし、現実問題としても働かないといけないし、とりあえず就職してみた”
”転職する為に会社を辞めたのに、なかなか仕事が見つからず、生活が危うくなったので、とりあえず就職した”
というように「とりあえず」で仕事をしている人は、目的も目標も持ち合わせてないことが多いので、つまらないと感じることも多くなります。

理由3:やりたいことと違う

そもそも希望した部署に配属されなければ、それ自体が不満に思うのは間違いないでしょう。
または、希望していた部署ではあっても、仕事の内容に関して、当初のイメージとかけ離れるような業務であれば、それもまた不満を抱かずにはいれらないでしょう。

その場合どうすればいいでしょうか。
やりたいことをする前に、まずはできることを増やしていくことが重要になります。
自分の仕事の領域を広げ、長い目で見た時、自分のキャリアは豊かになるはずです。
最初は自分のしたい仕事ではなくても、与えられた仕事で成果を出すことによって、望んでいた仕事に近づくことができる場合もあります。

理由4:人間関係が築けない

職場の人間関係は、どの業種においても悩ましい事項のトップクラスに属します。
仕事がつまらなくなる理由の大元は、人間関係だといっても過言ではありません。
人間関係が崩壊し始めると、そこから負の連鎖が始まり、どんどんモチベーションが低下するという事態が発生します。

職場であれ、学校であれ、人が多数いる環境下において、トラブルはつきものですし、性格が合わないと感じる人も多かれ少なかれいることでしょう。

同期や友達等の人間関係であればさほど問題にはなりませんが、それが上司と部下が合わないことが一番最悪な問題になります。

的確な指示もなしに業務を押し付けられる、成果をあげたことに対しての評価がないのにミスをした時だけは怒られる、など理不尽なことが多発するとストレスの起因となり、会社に行くこと自体が億劫になります。

ひどい場合は、パワハラや嫌がらせなどにも発展する可能性があるので、軽視はできない問題であるとも言えます。

理由5:単純作業、仕事のルーチン化・マンネリ化

新しい仕事をする際に、始めの3ヶ月くらいは必死に覚えようと努力し、新鮮か気持ちで仕事に取り組むことができます。それが、慣れてくるとだんだん単純作業になってきたり、ルーチン化したり、刺激を感じないため、マンネリ化したりと、不満がでてきます。そうなると、何をしても楽しくないと感じてしまいます。

つまらない仕事でもしなければならないのが現実・・・

いくら仕事がつまらないと感じていたとしても、仕事は仕事です。
見てみぬふりをしていては、やらなければいけないことが山積みになるのに、モチベーションは下降していくばかり。

気持ちを切り替えるのにもどうしたらいいのか?転職も考えているけど、それで改善することなの?といった疑問ばかりが浮かんできます。

対処法1:上司に相談する

単純な話ですが、直接上司に話してみることをオススメします。
「仕事がつまらない」と思っている人のほとんどが、自分勝手に諦めているだけで、相談や交渉をしっかり行っていないのです。

その際に重要になるのが、言葉を選んで伝えるということです。
しっかりとした理由を話さず、「仕事がつまらない」とだけ伝えるのでは、「やる気がないんだな」や「仕事が辞めたいんだろうな」という誤解を招いてしまいます。

そうすることで、余計につまらない仕事がまわってくるようになり、悪循環になります。
具体的に、何が面白みを感じないのか、どのような仕事なら楽しいと思えるのか、という詳細までを伝えるようにしましょう。

基本的に組織というものは、社員のモチベーションを上げるように人事を行っており、あなたが思っているより柔軟なものです。
ちゃんと話すことによって、まともな会社であれば改善に向かうことが可能になります。

逆にNGなのは部下や同僚に相談すること

上司に話すのに比べ、部下や同僚へは愚痴も含め色々な話がしやすいものです。「つまらない」や「やりがいを感じない」などの話題で盛り上がることもあるかと思います。
しかし、その場で部下や同僚にあなたが「仕事がつまらない」という話をするのは厳禁です。
残念ながら、そのことを話したところで、決定権を有さない部下や同僚はあなたの人事を変えることも、面白くすることもできません。
「上司に話しても何も変わらない」と諦めて、部下や同僚に愚痴をこぼすことは最悪な選択肢だといえます。

対処法2:「楽しい仕事」と「つまらない仕事」に分けてみる

仕事がつまらないと感じたときから、無理やり「目標を立てる」ことや、「仕事の意義を見出す」などで、自分なりに「楽しめる工夫」をする人がいます。そうやってセルフで洗脳してつまらない仕事を楽しくすることができた人もいるかもしれません。ですが、それは殆どの人はできないでしょう。

人間は心で感じているものと、実際の業務での自分の姿がズレていると非常にストレスを感じます。心から「つまらない仕事」を、楽しい!と思えるようになるのであれば問題はないですが、そうでない場合は、「つまらない仕事」を「楽しい仕事」と偽って過ごすということになります。これは非常にストレスの溜まる状態といえます。
心の声に嘘をついて仕事をすることはあまりいい結果にはなりません。そこで、思い切って「楽しい仕事」と「つまらない仕事」に分けてみることはできるはずです。

例えば、営業なら「お客様との会話」は楽しいけど、「事前準備や営業会議などの社内業務」はつまらないとか。「頭で考える仕事」は楽しいけど、「何も考えないでできる仕事」はつまらないとか。

自分は「何がつまらないか」、「何が楽しいか」をしっかり考え、明確にすることで今後の仕事に活かすことができます。

転職をするべきか?

いろいろ試してみたものの、つまらない気持ちが上回って、どうしようもない時には、転職を考える人が多いかと思います。

ですが、「仕事がつまらない」というネガティブな状態の時に、良い転職活動をするのは難しいでしょう。ネガティブな理由で転職しようとすると、良い志望動機は出てきません。転職のために、あれやこれやと嘘の自分を作り上げて履歴書を練り直す必要も出てきます。そのような転職を繰り返していては、あなたの市場価値はどんどん下がっていきます。

よほどブラック企業で、手の施しようのない環境下なら、すぐにでも転職をしたほうがいいですが、「仕事がつまらない」程度の理由しかない転職であれば、得るものは多くはないでしょう。

じゃあ、どうすればいいの?

仕事がつまらないと感じながらも、自分なりに考え方も変えてみた、それでもダメだったのに、転職もしないほうがいいかもしれない、となったらどうすればいいの!?と途方にくれることかと思います。転職をするのは、キャリアアップを図って行う以外は正直意味をなしません。そんな転職活動をするのならば、副業をしてみたほうがよっぽど良いです。

副業をしてみる?

副業といっても数多くありますが、できるだけ自分の興味があることや、好きなことに関連することにトライするのをオススメします。

転職活動は、本気で面接などをしていくと、かなり本業に支障がでますので自分でコントロールするのは難しくなります。副業であれば、土日のみ、平日夜のみ、など自分で空き時間をうまくコントロールしてやることができます。

興味があることや、好きなことに関連していることもあって、リフレッシュにもなりますし、その副業を通して得たスキルやマインドは、必ず本業にも活きてきます。そのように前向きな気持になり、自己理解を踏まえた上での転職活動は、良い転職ができる可能性を高めることにもなります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related