Search

検索したいワードを入力してください

2016年12月28日

仕事が忙しいときの対処方法・恋人やプライベートと仕事の両立方法

仕事が忙しいと、体に疲れが溜まったり、パートナーや家族と話す時間を持てなくなったり。時には働き方を変えるなどの対処も必要ですが、忙しいときは心と体をリフレッシュさせることが重要です。仕事のモチベーションを保ったり、忙しい中でもプライベートを充実させましょう!

仕事が忙しいときの対処方法・恋人やプライベートと仕事の両立方法

忙しい仕事が嫌になってしまった・・・

業種によっては忙しい仕事はとことん忙しいですよね。忙しい仕事を毎日続けていると、身体に疲れがたまってしまい、気分も落ち込んでしまってプライベートに影響が出てしまうこともあるかと思います。

今回は、忙しい仕事が嫌になってしまった時の対処法と、プライベートとの両立の仕方を紹介させていただきます。

仕事が忙しい時の具体的な対処法

具体的に、忙しい仕事が嫌になってしまった時の対処法とは、以下の方法があります。即効性のあるものから、長期的に挑まなければいけないものもありますが、ぜひ参考にしてみてください。

メリハリをつけて、休日には思いっきりリフレッシュする

忙しい仕事でも、つかの間の休みや休日は少なからずありますよね。そういった時に、しっかりとメリハリをつけて休日には思いっきりリフレッシュするようにしましょう。

休日にも仕事のことを考えてどんよりしてしまっては、気持ちの重さから、身体もリフレッシュすることが出来なくなってしまいます。趣味に没頭する、恋人や家族に癒してもらう、ジムに行って気持ちの良い汗を流す、思う存分寝るなど自分なりの方法でリフレッシュするようにしましょう。そうすることによって、休み明けに新たな気分で会社に向かうことが出来ます。

さらに、業務中に「もう疲れた…」と感じた時でも、「あと何日すれば休日、その日は○○をするぞ!」と辛い時期を乗り越えるモチベーションにもつながり、良い循環をもたらしてくれます。

気楽に捉える

「忙しい忙しい」と考え込んでしまうと、ついそれら全てを完璧にこなさなければならないとプレッシャーを感じてしまいます。そのプレッシャーがあると、気疲れしてしまい、通常以上の体力を消耗してしまうことにもなりかねません。

まずは、忙しいと思っても、気楽に捉える癖をつけましょう。
「忙しいけれど、なんだかんだで毎日ちゃんと仕事終わらせられている。」と、「なんとかなる」精神を持つことで、精神が無駄に疲れることなく、集中力も続きやすくなります。

逆に追い詰められてしまうと、集中力の半減によるケアレスミス、体調不良なども引き起こす場合がありますので、良いことはないのです。一旦自分に降りかかっているプレッシャーをすべて取り払い、気楽にどんと構えてみましょう。

忙しいこと=自分は仕事が出来るから頼られていると前向きに受け取ること

仕事が出来る人ほど、沢山の仕事を抱えているのに「忙しい」とは言わない傾向にあります。逆に、大して仕事も出来ず、あまり仕事を抱えていない人ほど「私はいつも忙しい!」といいがちです。

これはなぜかというと、仕事が出来る人は、忙しい自分を前向きに捉えているからです。
「やってやろうじゃないか」という精神を持っていて、ある意味、忙しいことを乗り越えるのが快感になっているのです。

その根底には、「仕事が出来る人のところに仕事は集まる」という社会の法則を分かっているからなのです。普段から仕事が出来る人や、要領よくこなせる人というのは、周りからも頼られがちでつい色んな人からヘルプを受けがちです。

さらにそれを断らず、いかに自分の業務の中に組み込めるかをしっかり考え「15時まで時間をくれるなら、出来るよ」という風に前向きに引き受ける傾向にあります。それらの積み重ねが、その人への信頼につながっているわけです。

忙しいということは、それだけ周りがあなたに頼っている、信頼しているという証の場合もあるのです。

繁忙期の場合は、忙しい時期の終わりを見据えて耐えきる

業種によっては、納期間近の時だけはとてつもなく忙しいという場合もありますよね。そのように、「一定の時期だけ」という場合には、繁忙期を終える頃を見据えて、グッと耐えることも必要です。

長いトンネルに例えると、カーブが続ていて、出口の明かりが見えないトンネルはとても長く感じます。でも、一直線でたとえ遠くの方でも出口の明かりが見えているトンネルの通過は気持ちがとても楽なものです。

それと同様で、結果的に同じことをするにしても、そこから解放される出口がしっかり見えているかどうかで、感じ方も変わってくるのです。

可能であれば職種変更や部署の変更を願い出る

忙しさ、業務量が原因で体調に支障が出ているなど深刻化している時は、信頼できる上司に相談することも必要です。

どうしてもという場合は、職種を変更し勤務時間の短縮をしてもらったり、部署の変更を願い出たりすることも視野に入れましょう。

特に大企業だと、部署によって忙しい度合いがまったく違いますから、少しゆっくりする
時間も必要かもしれません。あまり時間に追われない部署に変更を願い出てみるのも、決して悪いことではありません。

転職先を探す

企業によっては、部署があまりなく職種変更や部署の変更なども出来ない場合もありますよね。そういった場合は、転職先を探すことも視野に入れましょう。

実際に、2016年の上半期のdodaによる転職理由アンケートで、「残業が多い/休日が少ない」といった項目が4位にランクインしています。さらに、近年は増え続ける傾向にもあります。

実際に忙しさ、プライベートの確保の難しさで転職を考えるのは、立派な理由となるのです。

プライベートとの両立方法

では、実際に忙しい仕事をしながら恋人や家族といったプライベートとの両立をするにはどうすればいいのでしょうか。

具体的な方法をまとめてみました。

事前に、恋人や家族に、今の状況を分かってもらう

男性は比較的自分の仕事のことは寡黙になりがちで、パートナーに対して、「今仕事で辛い」ということを言えない傾向にあります。

限界が来るまで我慢するのではなく、日ごろからあなたがどれだけ忙しいのか、仕事でどれだけのことをしているのかを話しておきましょう。それは決して悪いことではありません。

心の底からあなたを心配している恋人や家族は、むしろそういった話を聞きたいと願っています。外で一人で戦っている姿を見て、心配しないパートナーはいないでしょう。あなたの置かれた状況をしっかりと日ごろから伝えておくことで、パートナーもどうやって接することが一番いいのかということが分かります。

長く付き合っている彼女に、何も状況を説明せずにいると「就職したとたん、全然かまってくれなくなった。たまには昔みたいに思いっきり遊ぼうよ」と思われてしまうこともありますよね。

でも、きちんと説明をしておけば、「今は彼が忙しい時期に入っているから、マッサージに誘ってみたらどうか」「デートは家でゆっくりするのをメインにしたらどうか」などと相手も動きやすくなるのです。

人に話すことで気持ちも楽になりますし、ぜひ、正直に話をするようにしてください。

体力的に無理があるときは、正直に話してリラックスできるデートの仕方を提案する

身体がどうしても疲れているという場合は、パートナーに素直に話しましょう。

とても疲れている状態で長時間のドライブデートなど、危険ですしさらに疲れてしまいます。そういった場合は「最近は疲れているから、出来れば二人でゆっくり過ごしたい」と前もって伝えるようにしましょう。

女性の中には、逆算してプランを立てることが好きな人もいるので、直前に変更を言われると、イラッとされてしまいケンカのもとになりかねません。「最初から家デートって分かっていれば、美味しいもの作るために食材買っておいたのに!」などといった計画が狂うことに怒りを感じる傾向にあるのです。

それを防ぐためにも、前もって伝えておくのがお互い気持ちよく過ごせる秘訣です。

たまにまとめて休みが取れた時は思いっきりサービスする

あなたがとても忙しい仕事をしているとわかっていても、やはりかまってもらえないのは寂しいものです。

それは決して、寂しい思いをさせているあなたが悪いわけではなく、二人で乗り越えていくものです。ですが、まとめて休みが取れた時には、一日は思いっきりゆっくりさせてもらって、もう一日は思う存分家族サービスや彼女の行きたいところに連れて行ってあげましょう。

このメリハリをつけることで、パートナーもあなたへの応援の姿勢をより強く見せてくれるようになることでしょう。

一日1時間、30分だけでも、自分の時間を作る

男性は特に、「自分の時間が欲しい」と感じる傾向にありますよね。

それは彼女が出来ても、結婚しても変わらない場合が多いのではないでしょうか。可能であれば、一日1時間、無理なら30分だけでも、自分一人の時間を作ってください。

それによってリフレッシュすることができ、仕事のストレスを家庭に持ち込んでしまうことを防ぐことが出来ます。例えば、お風呂にゆっくり浸かる30分だけは誰にも邪魔されない時間として確保する、などといった工夫をしてみましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

仕事が忙しいと、つい余裕がなくなってしまって、自分が伝えてもいないのにパートナーに理解を求めてしまうこともあると思います。

仕事とプライベートを両立させるには、お互いを思いやることが大切ですね。

Related