Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

仕事が遅い12の原因|仕事が遅いことのデメリットと対応策を紹介!

仕事が遅い場合にはそれなりの原因があります。優先順位を間違っていたり、仕事に創意工夫が足りないと作業が遅くなることがあります。仕事が遅い原因が見つからない場合は同僚の意見を求めたり、上司からのフィードバックをもらうようにしましょう。

仕事が遅い12の原因|仕事が遅いことのデメリットと対応策を紹介!

仕事が遅いことによる生じるデメリット

仕事自体が遅いとさまざまなデメリットが生じてしまいます。ある程度職場に慣れていて仕事が遅いと上司や会社に信頼されないだけでなく、同僚からの信用も無くしてしまうことがあります。そのようにならないためにもスピード感を持って仕事をする必要があります。

仕事が遅くて困っている人は、仕事が遅いことのデメリットを考えながら、自分でできる対応策を見つけて仕事自体のスピードを上げていきましょう。

評価されない

評価されないことも、仕事が遅いことによる生じるデメリットです。仕事自体が遅いと上司や責任者は多くの仕事を任せてくれなくなり、自身の評価を上げにくくなります。また、それだけでなく自身のキャリアを育てにくくなります。

仕事が遅くて困っている人は、自分が得意にしている作業で実績を上げて評価を上げることにつなげましょう。また、得意な作業がない場合は誠意を持って仕事に取り組むようにします。

信用されなくなる

信用されなくなることも仕事が遅いことによる生じるデメリットです。仕事自体が遅い場合、上司や責任者にあてにされなくなるので信用して仕事を任せてもらえなくなります。そのようなことにならないためにも、早く正確に仕事をしていくことで信用を得るようにしましょう。

仕事が遅くて困っている人は、作業のスピードが遅くても正確に確実にこなすことで信用を得るようにしましょう。

仕事が遅い12の原因

仕事が遅い12の原因|仕事が遅いことのデメリットと対応策を紹介!
仕事が遅い人にはそれなりの原因があります。自分一人の考えで作業に取り組んでいたり、集中力がなく時間の使い方が下手な場合は仕事が遅くなることがあります。そうならないためには自分自身で仕事が遅くなる原因を探して改善していくようにしましょう。

自分の仕事が遅いと感じている人は、他人の作業の良い部分を取り入れたり、職場全体のことを考えながら仕事を進めていくようにしましょう。

仕事が遅い原因1:マルチタスクができない

仕事が遅い原因にマルチタスクができないことが挙げられます。色々な作業をこなしながら仕事を進めていかないと時間が多くかかってしまうので、その職場に必要なスキルや経験を積んでおく必要があります。

マルチタスクができない人は、余計な仕事を引き受けないことで作業効率を上げ、複数の仕事がこなせる環境を作るようにしましょう。また、慣れている仕事を早く終わらせることで複数の作業をする基盤を作りましょう。

仕事が遅い原因2:人に聞こうとしない

人に聞こうとしないことも仕事が遅い原因と言えます。人に聞いて仕事をすることができないと間違いが多くなったり、作業のコツを掴むことが難しくなるので結果的に時間がかかることになります。

他人に作業のことを聞きにくい人は、出勤前や出勤後の挨拶を積極的に交わし、休憩時間に会話の輪に入ることで話しやすい雰囲気を作るようにしましょう。また、他人に確認を取らないとミスや思い違いが多くなることを覚えておきましょう。

仕事が遅い原因3:仕事に工夫がない

仕事に工夫がないことも仕事が遅い原因になります。仕事を工夫してやらないと時間が多くかかるばかりでなく効率を考えながら作業ができないので、仕事自体が遅くなり上司や同僚から信頼を得ることができません。

工夫して仕事をしたいと考えている人は、同じ職場の人とコミュニケーションを取ることで仕事の情報を取り入れ、作業で工夫できる箇所がないか探すようにしましょう。また、他人の作業を部分的に取り入れてみましょう。

仕事が遅い原因4:単純なミスが多い

単純なミスが多いことも仕事を遅くしている原因になります。単純なミスが多いとミス自体を補うための時間を費やすことになるので、結果的に全体の作業が遅くなってしまいます。そのようなことにならないためにも単純なミスをなくしていく努力が必要です。

単純なミスが多く困っている人は、作業で間違えた原因を突き止めることで、同じミスを繰り返さないようにしましょう。また、ミスをしたら仕事仲間に素直に謝っておきましょう。

仕事が遅い原因5:時間に余裕がない

時間に余裕がないことも仕事を遅くしている原因になります。仕事自体がオーバーワークになっていることで時間が足りなくなっていることもありますが、作業全体を考えて仕事しなければ時間に余裕を持つことが難しくなります。

時間に余裕がなく仕事をしている人は、普段の作業を振り返る機会を持ち、作業自体を細かく把握することで効率化を考えた仕事をしましょう。また、慣れている仕事を先に終わらせて時間を作りましょう。

仕事が遅い原因6:完璧な仕事を目指している

仕事が遅い原因に完璧な仕事を目指していることが挙げられます。仕事自体にこだわりや思い入れがあると完璧にこなそうと考え始めるので、作業工程が多くなり時間がかかるようになってしまいます。

会社で仕事をしていく人は、こだわりを持って完璧な仕事をするのではなく、職場や組織全体のことを考えて仕事をしていくようにしましょう。そのためには、職業ごとに求められていることを理解しながら仕事をしていくことが大切です。

仕事が遅い原因7:仕事を安請け合いしている

仕事を安請け合いすることも仕事を遅くする原因になります。他人から頼まれた仕事を全部こなそうとしたり、安易に引き受けてしまうと作業全体が遅れるので仕事を早く済ませていくことができません。

会社で仕事をしていく人は、自分の許容範囲を知っておき、仕事を選ぶようにしましょう。また、仕事を引き受ける際は他の作業のことを考慮して決めることが大切です。

仕事が遅い原因8:目標がわからなくなっている

仕事が遅い原因に目標がわからなくなっていることが挙げられます。仕事自体の目標を理解していなかったり、作業している途中で目標を見失うと他のことが気になり始めるので仕事を遅くする原因になることがあります。

仕事で目標を見失いがちな人は、必ず守らなくてはいけないことを把握して仕事に取り組むようにしましょう。また、目標を見失うことで失うものがあることを覚えておくことも大切です。

仕事が遅い原因9:集中力がない

仕事が遅い原因に集中力が湧かないことが挙げられます。集中力を発揮して作業をしないと作業が遅くなりスピードを考えて仕事ができなくなり、仕事自体に多くの時間がかかってしまいます。そのため、高い集中力がないと仕事のスピードを上げられません。

集中力が湧かない人は、休憩時間にしっかり心身を休めておき、仕事に向かう気持ちを作るようにしましょう。また、作業を時間ごとに区切ることで集中力を高める工夫をしましょう。

仕事が遅い原因10:整理整頓ができていない

仕事が遅い原因に整理整頓ができていないことが挙げられます。仕事場のデスクなどが整理整頓されていないと物を探す時間が多くなり、作業に支障が出るようになるからです。また、デスクが散らかっていると気が散るため仕事に集中することができません。

整理整頓ができず困っている人は、使った物を元の場所に戻す癖をつけておき、書類やファイルを整理して取りやすくしましょう。また、定期的にゴミを捨てるようにします。

仕事が遅い原因11:余計な仕事をしている

余計な仕事をしていることも仕事を遅くする原因になります。責任者や上司の確認を取らないで余計な仕事をしていると作業工程が増えることがあるので、その職場のセオリーに従って仕事をしていく必要があります。

仕事が遅いと感じている人は、職場の上司などに正式な作業方法を確かめておき、作業を進めるようにしましょう。また、責任者などに作業工程を正しく聞いておくことで余計なトラブルを避けることができます。

仕事が遅い原因12:上司に言われたことしかしていない

上司に言われたことしかしていない場合も、仕事を遅くする原因になります。上司から言われたことだけでは効率よく仕事を進めていくことができないので、上司に言われたことを守りつつ工夫して仕事に取り組む必要があります。

上司に言われたことしかしてないと指摘された人は、上司に言われたことを守りながら仕事に創意工夫を盛り込んでいきましょう。そのためには、仕事の本質を理解して毎日の作業に取り組むことが大切です。

仕事が遅い時の対応策3つ

仕事が遅い場合には対応策を探すようにしましょう。作業が遅くなっている原因を突き止めることができれば、どのように対応していけば良いか分かってきます。そのためには、仕事自体を主観的に捉えていくことが大切です。

仕事が遅い人は、自分の仕事が遅くなっていることを受け入れ、上司や同僚の意見やアドバイスをもらうことで対応策を考えていきましょう。また、仕事が早い人をお手本にして対応策のヒントにしましょう。

仕事が遅い時の対応策1:仕事に優先順位をつける

仕事が遅い時の対応策に、仕事に優先順位をつけることが挙げられます。仕事の優先順位を間違っていると仕事全体が遅くなることがあるので、納期が決められているものや急がなくてはならない仕事を優先して済ませるようにしましょう。

仕事が遅くなる原因が見つからない人は、受け持っている仕事に必要な人員と時間を書き出すことで、優先すべき仕事を選んでいきましょう。

仕事が遅い時の対応策2:上司からフィードバックをもらう

仕事が遅い時の対応策に上司からフィードバックをもらう方法があります。上司から自分の仕事に対する評価や意見を聞くことができれば、どのように作業していけば良いのか理解できるので、仕事が遅くなっている原因を見つけることができます。

上司からフィードバックをもらった人は、一喜一憂せず指摘された欠点を補いながら、良い部分を伸ばせるような対応策を考えるようにしましょう。

仕事が遅い時の対応策3:進行状況を確認する

仕事が遅い時の対応策に進行状況を確認することが挙げられます。仕事の進行状況をこまめに確認することができれば、状況に合わせて進行のスピードを上げたり、作業自体の問題を発見しやすくなるので大幅に遅れることがなくなります。

仕事が遅く悩んでいる人は、問題を早期発見するためにも、進行状況をこまめに確認しておくようにしましょう。また、過去の進行状況を知っておき作業進行に役立てるようにしましょう。

仕事が遅い原因を見つけて効率化をすすめよう

仕事が遅い場合には原因を突き止め対応することで効率化を進めるようにしましょう。仕事が遅くなっている原因を突き止めることができれば、そのことに対する対応をしていくことで作業の効率化を進めることができます。

仕事が遅く悩んでいる人は、職場のチームメンバーや同僚の意見を取り入れることで、仕事を客観的に捉え、効率化へのヒントを得るようにしましょう。また、信頼できる人や友人などの意見も参考にしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related