Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

志望動機が書けない時の原因3つと対策5つ|悩ましい履歴書の必須項目!

今回は、多くの人が苦手とする志望動機について、書けない原因とその対策方法についてご紹介します。この記事を参考にして、志望動機に対する苦手意識を克服しましょう。上手な志望動機を書くためのコツもご紹介しているので参考にしてください。

志望動機が書けない時の原因3つと対策5つ|悩ましい履歴書の必須項目!

志望動機の重要性

志望動機は、企業の採用担当者が応募してきた人の入社したいという気持ちの強さや意思を読み取って、その企業にとって良い人材かを判断する重要な役目を担っています。

しかし、志望動機を考えるのが苦手だという人も多く存在します。

今回は、そんな志望動機が書けない原因やその対策についてご紹介します。この記事を参考にして、志望動機に対する苦手意識を克服して就職活動の参考にしましょう。

志望動機が書けない原因3つ

志望動機が書けない、苦手だと思う人の中には、なぜ苦手意識があるのかがわからないという人も多くいます。書けない理由がわからなければ対策をすることも克服することもできません。

ここでは、志望動機が書けない原因を3つご紹介します。自分がなぜ志望動機を書けないのか、苦手に思っているのかを探るための参考にし、志望動機を書くための対策をしていきましょう。

志望動機が書けない原因1:自分のやりたいことやできることが明確でない

志望動機を書くうえで、自分のやりたいことや入社後にどういった目標を持っているかを明確にすることが大切になります。自分の目標になる部分が不明確な状態は、志望動機が書けない原因になってしまいます。

自分が企業の仕事を通して、やりたいことを明確にし具体的な目標にすることで志望動機を書けないという状況を打破する一歩とすることができます。

まずは、自分のしたいことを見つけましょう。

志望動機が書けない原因2:企業研究が不十分

志望動機が書けない原因として、企業に対する理解が足りない場合があります。企業研究が不十分な場合、企業が求めている人材や企業を通して得られるものや目標を考えることができないため志望動機が書けなくなります。

志望動機が書けない時は、応募する企業のホームページや採用情報を見たり、企業の開く説明会やインターンシップなどを参考に企業に対しての理解を深め、志望動機へと繋げていきましょう。

志望動機が書けない原因3:消費者視点ばかりで企業視点に立てていない

志望動機が書けない原因として、消費者の視点から抜け切れていない場合があります。

企業に応募する際に、その企業の商品が好きだからなどの理由が前に出てきすぎてしまうと企業にとって魅力のある志望動機が書けない原因になります。

企業に対する熱意を伝えるだけでなく、自分がその企業でどういった仕事がしたいか、どういったことを消費者に提供して利益を生むのかを考えてビジネスに対する意見などを加えるとよいでしょう。

志望動機が書けない時の対策5選

ここまで、志望動機が書けない原因についてご紹介しました。

次に、志望動機が書けない時にどういった対策をとればいいのかを5つご紹介します。ここでご紹介する対策を参考にして、志望動機が書けない状況を打破し、より良い志望動機を書いて就職活動を成功させるための武器にしましょう。

志望動機が書けない時の対策1:自己分析をよく行い企業との接点を探す

志望動機の書けない時は、まず自分と企業の両方をよく分析して、その接点を見つけましょう。自分のやりたいことと、企業の目的などの接点を見つけることで、志望動機としてアピールすることができます。

そのためにも、しっかりと自己分析をして自分の目的を明確にすることが大切になります。

志望動機が書けない時の対策2:その企業についてもっと知ってみる

志望動機が書けない時、さらに深く企業について知るために企業研究を重ねていきましょう。

企業のホームページや採用情報などから企業理念や取り扱っている商品、企業目標などを良く調べ、インターンシップや企業説明会などで、人事の方に質問をしてより深く企業について理解を深めましょう。

そうして理解を深めることで、より良い志望動機を書くための情報源を得ることができます。

志望動機が書けない時の対策3:消費者と企業の両視点を意識する

志望動機が書けない時は、その企業に対して消費者としての視点と企業としての視点を合わせて持つことが大切になります。

消費者としての視点を持つことで、その企業の商品などに対する好意や熱意を伝えることができ、企業としての視点を持つことで企業をより良い方向へ導く方法や、その企業で自分がどういった利をもたらせるかを伝えることができます。

それぞれの視点から自己アピールができるようにしっかりと考えましょう。

志望動機が書けない時の対策4:自分のスキルや長所を活かそう

志望動機が書けない時の対策として、自分の長所やスキルを増やしたり、すでに持っているスキルを志望動機に組み込むことでアピールしましょう。

自分がどんなスキルを持っているのかを理解し、そのスキルが企業にとってどういった利益を生み出せるのかを考えて、より自分をアピールすることができる志望動機を書きましょう。

志望動機が書けない時の対策5:応募するに至った経緯を書こう

志望動機が書けない時には、自分がどういった経緯で企業に応募したのかをストーリーとして志望動機に組み込むことで解決することができます。

どうやって企業を知り、どういったところに魅力を感じたから応募したのかといった流れを作って志望動機を書くことで、より読みやすい志望動機にすることもできます。

自分を振り返り自己分析をするのにも役に立つオススメの方法です。

上手な志望動機を書くコツ3つ

ここまで、志望動機が書けない時の原因と対策についてご紹介しました。

ここからは、さらにより良い志望動機を書くためのコツを3つご紹介します。ここでご紹介するコツを参考にして、より良い志望動機を書き上げて企業に最大限アピールできるものへと昇華させていきましょう。

上手な志望動機を書くコツ1:1行目に端的に動機を書く

志望動機を書く時のコツとして、動機を1行目に書くのが大切になります。

志望動機の1行目に動機を書くことで、自分が企業に対して魅力に感じたことを1番に伝えることができるので、採用担当者に志望動機を上手く伝えるための手助けになります。

なので、志望動機の頭の一文は動機を明確にかつ端的に記載しましょう。

上手な志望動機を書くコツ2:過去の体験を交えて理由を説明する

企業に応募しようとした動機には、必ず動機を持つようになった理由となる体験があります。その体験を交えて志望動機を書くことでより良い志望動機を完成させることができます。

過去の体験を交えることで動機に明確な説得力を生むことができるので、採用担当者に自分の気持ちや熱意がどれだけ信憑性のあるものかを伝えるために大切になります。

上手な志望動機を書くコツ3:入社後の目標で話をまとめる

上手な志望動機を書くコツとして、入社後の目標で話をまとめることで志望動機をきれいに締めることができます。

動機から始まり、自分が企業で成し遂げたい目標で話をまとめることで文章として綺麗で読みやすいものにすることができます。

充実した志望動機は徹底した自己分析と企業研究から生まれる

いかがでしたか。今回は志望動機が書けない場合について、原因と対策の方法、上手な志望動機の書き方のコツについてご紹介しました。

この記事を参考にして、志望動機に対する苦手意識を克服し、より良い志望動機を書けるようになりましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related