Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月10日

【状況別】面接で緊張しすぎる人の対策方法15選|面接官の評価ポイント

面接は転職活動において必ず通過せねばならない関門です。しかし、「面接時にガチガチに緊張しすぎて自分らしさを発揮できない」とお悩みの方も少なくないことでしょう。この記事では面接で緊張しすぎる時の対処法についてご紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

【状況別】面接で緊張しすぎる人の対策方法15選|面接官の評価ポイント

面接で緊張しない人なんていない

転職にせよ就活にせよ、内定をゲットするためには大きな関門である面接をパスしなければなりません。

自分の将来を大きく左右するだけでなく、複数の面接官に品定めされるように質問を受ける面接に緊張しない人などいないと言っても過言ではないでしょう。

この記事では「緊張しすぎるせいで面接を上手くこなせない」とお悩みの方に対処法をご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

面接で緊張しすぎる人の対策方法15選

「絶対にこの企業に入社したい」「どうしても内定が得たい」という思いが強ければ強いほど、面接で緊張をするものです。

ほどよい緊張は面接時にプラスとなりますが、緊張しすぎるとしどろもどろになってきちんと受け答えができなくなってしまうことでしょう。

緊張しすぎる人の場合、どうすればよいのでしょうか。ここあらは、面接で緊張しすぎる人におすすめしたい対策方法をご紹介していきます。

面接で緊張しすぎる人の対策方法1:自分なりの切り替え方法を決めておく

面接で緊張しすぎる人の対処法としてまず挙げられるのが、自分なりの気持ちの切り替え方を決めておくということです。

手のひらに「人」という字を書くといった古典的なおまじないでもよいので、「これをすれば気持ちを切り替えられる」という儀式のようなルーティンをひとつ持っておくとよいでしょう。

面接で緊張しすぎる人の対策方法2:初対面の人と積極的に話す癖をつけておく

面接で緊張しすぎる人の多くは人見知りです。だからこそ、面接で緊張しすぎるのを改善したいならば、普段から積極的に初対面の人と話すようにしてみてください。

人見知りやあがり症の人であっても、初対面の人と多く話す機会を持つようにすればおのずとコミュニケーション能力が高くなり、対人スキルが向上して面接時にも緊張しすぎることがなくなるはずです。

面接で緊張しすぎる人の対策方法3:面接の練習を徹底して行う

誰しも面接では緊張するものですが、徹底的に練習を重ねておけば「これだけやったのだからきっと大丈夫だ」という自信がつくため、本番時に緊張しすぎることはなくなります。

つまり、面接で緊張しすぎる人の対策方法としては、事前に面接練習を重ねるということが不可欠だと言えるでしょう。

練習を重ねれば、想定外の質問を受けた時でも慌てず落ち着いて答えられるようにもなるはずです。

面接で緊張しすぎる人の対策方法4:深呼吸を繰り返す

深呼吸を繰り返すというのも、面接で緊張しすぎる人の対処法として挙げられます。

面接直前に控室で深呼吸を何回か繰り返すことで、体と心の緊張を和らげ、ほどよく緊張してほどよくリラックスした状態に整えることができるでしょう。

緊張しすぎると呼吸が浅くなり、それによって余計に緊張度が増してしまうことがあるので、呼吸を深くしてみるのがおすすめです。

面接で緊張しすぎる人の対策方法5:少し体を動かしてほぐす

面接で緊張しすぎる人におすすめしたい対処法のひとつとしてご紹介したいのが、軽く体を動かすということです。

ガチガチに緊張で固まった状態でいると意識が「緊張している自分」に向けられ、余計に緊張しすぎるので、軽く体を動かして意識を「緊張」から逸らすことが大切でしょう。

控室で体を動かすのはマナー違反ですので、面接会場入りする前におすすめしたい対処法です。

面接で緊張しすぎる人の対策方法6:早めに会場へ到着するよう予定を立てる

早めに会場入りできるよう手はずを整えておくということも、面接で緊張しすぎる人にぜひ試してもらいたい対策方法のひとつです。

ギリギリに面接会場入りしてしまうと「遅刻してしまいそうだ」という焦りと面接との緊張感が相俟って、余計にガチガチに緊張しすぎてしまうからです。

これを防ぎ、心にゆとりを持たせるためにも、時間的な余裕をもって面接会場入りするよう計画的に行動しましょう。

面接で緊張しすぎる人の対策方法7:緊張していることは悪印象ではないと考える

面接で緊張しすぎる人の対策方法のひとつとしてご紹介したいのが、緊張していることは悪印象ではないとプラスに捉えるということです。

緊張していないということは「面接に対して本気でない」ということであり、反対に緊張していることは「面接に対して真剣であり真面目な性格をしている」と好意的に受け止めてくれる面接官も多いことでしょう。

ポジティブに自分を肯定することで、緊張しすぎることを防げるはずです。

面接で緊張しすぎる人の対策方法8:無理に受け答えをしたり話を合わせようとしない

無理に受け答えをしたり面接官の話に合わせようとしないというのも、面接で緊張しすぎる人におすすめしたい対処法でしょう。

面接官によい印象を持ってもらいたいからと言って、話を無理に合わせたり答えられない質問に答えようとすると余計に緊張し、逆に悪い印象を持たれてしまう場合もあるので、自分らしい受け答えをすることが大切です。

面接で緊張しすぎる人の対策方法9:笑顔を意識して話す

面接で緊張しすぎる人の対処法のひとつとして、笑顔を意識しながら受け答えをするということも挙げられます。

緊張しすぎると表情もこわばり、それを見た面接官にも緊張が伝わって面接の雰囲気がぎこちなくなってしまうのを防ぐため、緊張していたとしても笑顔を終始心がけるようにすれば、雰囲気もよくなるはずです。

面接で緊張しすぎる人の対策方法10:本命企業の前にいくつかの面接を受けて場馴れする

ただでさえ緊張しやすい人は、本命企業の面接をぶっつけ本番で受けてしまうと緊張しすぎるせいで上手くいかなくなってしまう可能性が高いでしょう。

だからこそ、本命企業の前にいくつか面接を受けて場馴れをしておくということをおすすめします。

面接を何回か受けることであがり症な人であっても面接の空気に慣れ、本命企業の面接ではほどよい緊張感でもって臨むことができるようになるはずです。

面接で緊張しすぎる人の対策方法11:面接官とのコミュニケーションに集中する

面接で緊張しすぎる人におすすめしたい対策方法として、面接官とのコミュニケーションに集中するということをご紹介します。

面接官と言えども一人の人間ですので、「面接官だ」と特別視せず、その人物とのコミュニケーションを楽しむつもりで面接を受けることができれば、ずいぶん緊張感が和らぐはずです。

面接で緊張しすぎる人の対策方法12:完璧を目指さない

完璧主義に陥らないということも、面接で緊張しすぎる人にぜひ実践してもらいたい対策方法のひとつに数えられるでしょう。

「全てパーフェクトにこなさなければならない」と思うと不必要なプレッシャーで自分を追い込み、余計に緊張しやすくなってしまうからです。

大切なのは自分の人となりと企業への貢献度を面接官に正しく伝えることであり、パーフェクトに面接をこなすことが重要なのではありません。

面接で緊張しすぎる人の対策方法13:自分も面接官をチェックしていると考える

面接で緊張しすぎる人の対策方法として、自分も面接官をチェックいていると視点を変えるのもおすすめです。

面接官に一方的に審査されていると思うからこそ緊張するのであり、自分も複数の企業の中からその企業や面接官を審査し、自分にふさわしいかどうかをチェックしていると考えを変えれば、緊張しやすい状態を改善できることでしょう。

面接で緊張しすぎる人の対策方法14:「失敗しても大丈夫」と自分に言い聞かせる

「失敗しても大丈夫」とプラスに考えるというのも、面接で緊張しすぎる人にぜひ実践してもらいたい対処法のひとつです。

「面接で失敗してはいけない」と考えれば考えるほどプレッシャーによって押しつぶされそうになり、ガチガチに緊張してしまいやすいので、「伝えたい点をアピールさえできれば多少失敗しても問題ない」とポジティブかつおおらかに考えてみてください。

面接で緊張しすぎる人の対策方法15:どうしても緊張しすぎる時にはカウンセラーに相談する

以上でご紹介したようなさまざまな対策方法を試してみたものの、それでもどうしても緊張しすぎるのならば、転職カウンセラーに相談してみてはいかがでしょうか。

転職カウンセラーは多くの転職希望者の悩みを聞き取り相談に乗ってきた実績があるため、緊張によって面接で十分に力を発揮できない人に適切なアドバイスをくれるはずです。

面接官が評価している5つのポイント

そもそも、面接官は応募者のどのような点を見定め、チェックしようとしているのでしょうか。

面接官の視点に立ち、どのような点をチェックしているのかを把握することで面接をより上手に受けることができるようになるはずです。

そこでここからは、面接官が評価しているポイントについて解説していきますので、これから面接に臨まれる方はぜひ参考になさってみてください。

面接官が評価しているポイント1:スキルや能力

面接官が評価しているポイントとしてまず挙げられるのが、応募者のスキルや能力です。

応募者にはどのようなスキルや能力があり、それはどの程度のレベルのものであるのか、自社で採用した場合にそれらを通じてどれほど貢献をしてくれるのかという点について面接官は特に重視しています。

そのため、応募先企業の求める人物像をよくリサーチしたうえで、その人物像に求められるスキル・能力を適切にアピールすることが大切でしょう。

面接官が評価しているポイント2:社会人としてのマナー

社会人としてのマナーが備わっているかどうかという点も、面接官が評価しているポイントのひとつです。

基本的なビジネスマナーを心得ているか、言葉づかいが丁寧で身だしなみに清潔感があるか、他人に不快感を与えない礼儀正しい振る舞いができるかといった点が総合的に評価されます。

当然ではありますが、ビジネスマナーに欠けている応募者は面接で落とされる可能性が大でしょう。

面接官が評価しているポイント3:人柄・人間性

面接官が評価しているポイントのひとつとして、応募者の人柄や人間性も挙げられます。

たとえ応募者に優れたスキルや能力が備わっていたとしても、人間性や人柄が悪ければ職場や取引先で人間関係のトラブルを起こし、自社に損害を与えかねないからです。

人柄や人間性の点でアピールをするためには、面接官とのコミュニケーションに集中して笑顔で爽やかに受け答えを行うことが大切でしょう。

面接官が評価しているポイント4:コミュニケーション能力

コミュニケーション能力の高さも、面接官が評価しているポイントのひとつに数えられます。

多くの職種では業務を遂行する上でコミュニケーション能力が欠かせませんので、面接官は応募者に高い対人スキルがあるかどうか、人と良好な関係が築けそうかどうかをチェックしようとするでしょう。

面接官が評価しているポイント5:質問に対する的確な回答力

面接官が評価しているポイントのひとつとして知っておきたいのが、質問に対して的確に回答できるかどうかということです。

質問の内容をきちんと把握し、それに的確に回答できる応募者は総じて理解力が高く地頭がよいため、ビジネスパーソンとしての基礎力が高い傾向があると言えるでしょう。

必ずしも緊張しすぎることが評価に影響するわけではない

今回は面接で緊張しすぎる人の対策方法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

緊張しすぎる人は自分のことを否定的に評価してしまいがちですが、面接で緊張することは悪いことではなく、それが必ずしも面接官の心証を損ねるわけではありません。

緊張しすぎな自分を肯定的に受け止めてあげることも、面接を上手にこなすために必要な心構えと言えるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related