Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

転職活動を始めるべきか迷いがあるときに考えること9つ|転職のデメリット

皆さんこんにちは、今回は「転職活動を始めるべきか迷いがあるときに考えること9つ|転職のデメリット」と題し、「転職活動を始めるべきか迷いがあるときに考えること」をピックアップし、その際のメリット・デメリット、注意点を具体的にご紹介します。ぜひご参考にして下さい。

転職活動を始めるべきか迷いがあるときに考えること9つ|転職のデメリット

転職に迷うのはどんなとき?

転職活動に迷ってしまう時期は大きく分けて2パターンあるでしょう。1つ目は「今の仕事にどうしても満足できない場合」で、2つ目は「別に本当にやりたい仕事が見付かった時期」です。

この2つの時期に差し掛かった場合、たいてい人は「次の転職先を考えるための情報ツールの確保」に励み、少しでもスムーズに転職するためのステップ・環境設定をしていきます。この場合に、転職エージェントの効率の良い利用の仕方が役立ちます。

転職活動を始めるとき

転職活動を始める際は、必ずその活動を成功させるための方法が必要です。

特に転職に迷った場合にはまず「自分の能力に見合った転職先」を必ず見付けられることが重要で、そのためのスケジューリング・転職ツールの活用の選択となるでしょう。

転職サイトを活用する際には一般的な就活となり、転職エージェントというのはその名のとおりに「代理人」が就活の斡旋をしてくれます。上手い転職の始め方を覚えましょう。

内定が出た後

転職活動を始めるべきか迷いがあるときに考えること9つ|転職のデメリット
次に「内定が出た後」から始める転職活動ですが、この場合も転職することへの迷いがあるうちはまだ本格的な転職活動ができません。そのため、転職する決意をしっかり持ち、「なぜ転職するのか」といった確固たる信念・想定が必要になるでしょう。

内定が出た後から転職を始める場合には、「せっかく内定をもらえたのに」と未練が残る場合もありますが、次の転職先からの内定なら迷いが吹っ切れる場合があります。

転職活動を始めるべきか迷いがあるときに考えること9つ

さてここからは「転職活動を始めるべきか迷いがあるときに考えること9つ」と題して、実際に転職をしようと考えた場合に「どうしようか迷う」といった心をどのようにプラスに置き換えていくかについてご紹介していきます。

まず転職を始める場合は先述のように、「なぜ転職するのか」についてじっくり考えておく必要があります。それによって転職への迷いを吹っ切ることができ、スムーズに転職活動へ踏み込むことができます。

転職活動に迷いがあるときに考えること1:本当に転職する必要があるか?

よく転職活動を始める際に、単純に「今の職場が嫌だから・飽きたから」などと、その職場の悪い点ばかりを見付けて独断的に評価してしまう場合があります。

このクセをまず取っ払っておき、「本当に今の職場から転職する必要があるのか」をじっくり考えることが必要です。今の職場に自己ニーズを何割かでも満たせるものがあれば検討し直してみて、実際に転職への迷いがあればそれを断ち切っておくことが大切です。

転職活動に迷いがあるときに考えること2:どうして転職したいのか

次に「どうして転職したいのか」についてじっくり考えてみましょう。これは自分がそのとき置かれている立場・状況をはじめ、請け負っている仕事内容や人間関係に関する内容・理由が多くなるでしょう。

その際、主に人間関係にまつわる転職理由が多く見られるもので、その点で実際に転職することへの迷いをずっとくすぶる形で持っていることが多いです。この場合も「なぜ転職したいのか」について自己ニーズの再確認が重要です。

転職活動に迷いがあるときに考えること3:転職後にどうなりたいのか

転職への迷いがある場合、また「どうしても転職したい」と息巻いている場合には、転職そのものについてしか考えておらず、転職後のことを何も考えていない場合が多く見られます。

これではいけません。転職後から将来ビジョンをしっかり想定しておくことにより「転職の必要性」をしっかり吟味することができ、転職への迷いがある場合はその迷いそのものを払拭することができるようになります。その点についてじっくり考えましょう。

転職活動に迷いがあるときに考えること4:自分の市場価値

転職する場合は当然のことになりますが、「自分の実力・スキル・実務キャリア」が現在の転職市場において、どれくらいの価値があるかをじっくり考えておく必要があります。

この「市場価値」というのは、主に企業側から必要とされるニーズのことを指し、その際に転職活動を始めたとして、一体どれくらいの企業に自己スキル・キャリアが求められるかの想定になります。転職への迷いがある場合、この点をクリアにしておきましょう。

転職活動に迷いがあるときに考えること5:転職で叶えたい条件の優先順位

これも「なぜ転職したいのか」という本当の理由をはじめ、「転職後の将来ビジョンの想定」につながる考え方・準備になります。この点も非常に重要になります。

その転職によって、自分は実際にどのような職場環境・メリットが得られるのかについて想定しておき、その転職が現状を具体的にどのように変えることができるかを、冷静に考える将来ビジョンの設計につながります。転職への迷いがある場合は特に重要です。

転職活動に迷いがあるときに考えること6:家族からの理解が得られるか

これについては場合によって状況・条件が変わりますが、家族からの理解を確実に得てから転職を始める場合と、その理解を得ないままで転職を始める場合とでは、その後の活動において迷いを吹っ切るための重要な選択肢の分かれ目が見られます。

転職時にはたいてい誰かの協力が必要になるもので、いわゆる内助の功といったサポートが期待できる場合は、その助力をしっかり踏まえておくことが大切になるでしょう。

転職活動に迷いがあるときに考えること7:経済的に無理がないか

転職活動を始める場合には、多少なりとも転職そのものに掛かる諸費用が必要になります。書類手続きに必要な経費をはじめ、移動費・生活費など、たとえば収入口を失った後で転職活動を続ける場合にはこの点についてじっくり想定しておく必要があります。

転職を実際に始める際には、得てしてこの「経済的状況」に疎くなってしまう傾向も多く見られるため、転職への迷いがある内はこの点も十分把握しておきましょう。

転職活動に迷いがあるときに考えること8:今の会社で改善できないか

これについては先でも少し触れましたが、「現在働いている会社で(転職するかどうか迷った)問題点課題を解消することができないか」について考えることは、将来ビジョンの設計においても非常に重要な項目となるでしょう。

一般に見て転職を考える時期というのは、あるていど元の会社で働いた後の事になるため、そこで積み上げたキャリアがムダになる可能性が高まります。その損失を免れる方法の模索も大切です。

転職活動に迷いがあるときに考えること9:会社を辞める前に転職求人を見ておく

これは転職を始める場合の鉄則になりますが、次の転職先を決める際には必ず「自己ニーズを満たしてくれる職先を見付けてから始める」ということを踏まえておきましょう。

ただ「今の会社が嫌だから」という理由で転職を始める場合、本当に自分が落ち着ける職先を見付けるのは至難になります。転職への迷いがある場合はなおさらで、着実に現在のステータスを向上させられる・満足できる職先を事前に確保しておきましょう。

転職に迷いがある人が知っておくべき転職のデメリット6つ

さてここからは「転職に迷いがある人が知っておくべき転職のデメリット6つ」と題し、実際に転職活動を始める場合にまだ迷いがある場合、特に注意しておきたいデメリットについてご紹介していきます。

この場合のデメリットというのは、特に「次の職先へ転職しても現状があまり変わらない」や「現在のステータスよりも下がってしまう」といった、後退してしまう現状への移り変わりを指しています。この点にも十分配慮しましょう。

転職に迷いがある人の転職デメリット1:希望の職種に転職できない可能性がある

これは先述しました「会社を辞める前に転職求人を見ておくこと」につながるデメリットになりますが、現在の会社を辞めて転職しても、結局次の職場でも同じような現状(さらに状況が降格してしまう現状)に陥ってしまう場合になります。

転職というのは本来「現状のステータス・ニーズを引き上げる事」を目的にした活動であり、これでは転職そのものに何の意味もありません。転職に迷いがある場合は、この点に特に留意しましょう。

転職に迷いがある人の転職デメリット2:給料が下がる可能性がある

仕事をする目的は主に「給料をもらうこと・やりがいを見付けること」にあるため、その内の1つ「満足な給料をもらうこと」ができなくなってしまった場合、働く事そのものへの理想が半減してしまう可能性があります。

それまで働いていた職場では高額の給料をもらえていたのに、それが微妙な額でも減給してしまっては、一体何のために転職するのかがわからなくなり、さらに転職活動に迷いが生じるきっかけとなるでしょう。

転職に迷いがある人の転職デメリット3:上司が年下になる可能性がある

新しい職場へ転職する場合、当然、その職先では1からのスタートになります。職場環境がガラリと変わってしまい、その延長で「年下の人間が自分の上司になる」ということは十分想定されます。

このような変化がそのまま人間関係のしがらみにつながってしまう事もあるため、転職に迷いがある場合は特に「次の職場で任される仕事への満足度」についても十分想定し、そのハンデをカバーできる土台を得ておきましょう。

転職に迷いがある人の転職デメリット4:職場の人間関係は働いてみないとわからない

これも転職前には誰でも気になる点ですが、次の職先へ転職する場合、その職場での人間関係がどんなものか、まったくわからない状況からのスタートになります。

さらに自分はまったくの新人として扱われるため、初めは手荒く扱われる・人当たりが強い場合も出て来るでしょう。

このような状況も常に想定しておき、転職への迷いを吹っ切ると同時に「どんな環境でもやっていける土台」を確保しておきましょう。

転職に迷いがある人の転職デメリット5:転職先の社風は働いてみないとわからない

これについても先述の「職場の人間関係は働いてみないとわからない」というデメリットと同じことで、実際にその職場で働いてみなければ、その職場の社風・富貴・雰囲気というのはまったくわからない状況になります。

このように、転職を考える際には「実際に何年かその職先で働かないとわからない課題点・問題点」がたくさんあるため、転職への迷いを払拭できる程の確実なメリットが必要になります。

転職に迷いがある人の転職デメリット6:ローン審査が不利になる場合がある

いわゆる「ローン審査」というのは「住宅ローン」にまつわる審査・金融機関からの対応や優遇などになりますが、これが転職することによって契約が切れてしまい、転職先の職場で新たにローン審査を受けなければならない状況となります。

この際に、それまで優遇・配慮してもらえていた審査基準がすべて失われ、住宅ローン・マイホーム購入時の実費に大きく影響が出てしまう場合があります。この点にも十分留意しておきましょう。

転職の迷いを解決しよう

いかがでしたか。今回は「転職活動を始めるべきか迷いがあるときに考えること9つ|転職のデメリット」と題し、「転職活動を始めるべきか迷いがあるときに考えること」をはじめ、その際のメリット・デメリットを具体的にご紹介しました。

転職とは「現状のステータスの向上」を目的とし、そのために必要な情報収集を十分しておくことが大切です。転職に迷いがある場合は特に留意し、着実なメリットがある転職を心掛けましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related