Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

やりたい仕事がわからない人の特徴10個|やりたい仕事の見つけ方5つ

一般成人のほとんどが心に潜めていること、それがやりたい仕事に就くという憧れです。しかし現状ではやりたい仕事がわからないという人も多くいます。仕事にやりがいを見出していない特徴を10個と、本当にやりたい仕事の見つけ方5つを中心にお送りします。

やりたい仕事がわからない人の特徴10個|やりたい仕事の見つけ方5つ

なぜ仕事をするのか

学生時代を終える多くの若者が就職戦線に立ち新たな道を追い求めます。一見、希望や未来を見据えているようですが、現実問題としてやっと決まった内定先で仕事をするという人のほうが多いと聞きます。

なかなか自分の理想とする仕事や職業に就けない人のほうが圧倒的です。生活のために働くのが大きな理由ですが、この現実が果たして本当にいい世の中を形成するとは思えません。やはりやりたい仕事を見つけることは重要課題です。

自分を知ることが大切

改めて、なぜ人は仕事をするのでしょうか。一番明確なのは、仕事で報酬を得なくては生活が営めないという理由が最大値です。だからと言って、質や善し悪し関係なく仕事をすればいいのかというとそうではありません。

不条理な仕事や誰かを騙したり陥れる行為で報酬を得ることは許されません。二番目に大切なことは、良識に沿った仕事かどうかです。そして三番目に考えることは、自分に見合った仕事かどうかを知ることが大切です。

やりたい仕事がわからないの特徴人の10つの特徴

誰しも仕事に就いて普段は働くことをしますが、その仕事が果たして自分のやりたい仕事かどうかは別問題です。本当にやりたい仕事が何かすらわからないという人も多くいます。

ではなぜ彼らはやりたい仕事がわからないまま、時を過ごしてしまうのでしょうか。ここでは、やりたい仕事がわからない人に共通な特徴をご紹介します。

やりたい仕事がわからないの特徴1:自分を理解していない

やりたい仕事がわからないとボヤく人の特徴として、最初にあげられるのは、自分自身、どんな立ち位置で何をどう目指すのか、自分がどんな人生を歩みたいのかを決めていないということです。

ものごとには優先順位があります。その順番がもしかすると間違っている可能性があります。凡庸な人々は、ついお金を得るため、家族を養うために仕事を選ぼうとします。しかし本当に最優先にすべきことは、あなた自身の最適さです。

やりたい仕事がわからないの特徴2:将来が不安

やりたい仕事がわからないという人の特徴で目立つのは、将来に対していつも不安を抱いているという点です。このままやりたくない仕事を続ける不安、何も成し得ることがなく一生を終えてしまうのではという不安と諦めなどに苛まれています。

しかし先の未来など100%確実な保証はどこにもありません。いくら資格や技能を得ていようとも失敗もするし成功もします。こればかりは、実際にやってみて蓋を開けなければ始まりません。

やりたい仕事がわからないの特徴3:働くことが苦手

やりたい仕事がわからないという理由で、そもそも働くこと自体に疑問や抵抗感を抱いているという人も少なくありません。これは建前を取っ払って、人の本音の部分への問いかけになります。誰しも遊んで暮らせるのであれば、それに従って一生過ごすほうが楽です。

そんな気持ちは潜在的に誰しも備わっているはずです。やりたい仕事がわからない以前に、なぜ自分は働く必要性があるのかを、もう一度じっくり考える機会だと言えます。

やりたい仕事がわからないの特徴4:周りを気にしずぎる

やりたい仕事がわからない人の特徴として、周囲の人々の言動を気にし過ぎているという面もあります。いわば世間体に振り回されています。

特に親を中心とした家族から、いい仕事や職に就くことを美徳だと教育されてきた人はこの傾向が強く、本当はやりたくない仕事でも無理をし、周囲と合わせようとします。それは膨大な時間の無駄使いになります。

何となくで始めてもいいのですが、結果的に愛着心がない仕事なら考えるべきです。

やりたい仕事がわからないの特徴5:熱意をあまり持っていない

やりたい仕事がわからない人のほとんどは、熱意が普段から足りていません。一過性の衝動だけで動いてしまったり、最初からどうでもいいという浅はかな考えで始めていることが多いからです。

もちろんどんな仕事も初めてだらけからスタートしますし、分からないことのほうが多いわけなので、モヤモヤと途中でし出すことは否めません。そこから先は、自分がその仕事に愛情を込められるか否かで決まっていきます

やりたい仕事がわからないの特徴6:自分の得意とすることがない

やりたい仕事がわからないという人は、自分の特技や専門性に欠けると言えます。何かに夢中になって没頭するという習慣が今までになかったか、若しくは、あってもそれが仕事に直結していないと言えます。

仕事の精度を上げるためには、慣れや感覚、そして経験が重要です。それら全部が欠落しているため得意分野に成長していないからです。好き嫌いは別にしても、今の仕事に対する専門性は磨くように心がけましょう。

やりたい仕事がわからないの特徴7:仕事に満たされていない

やりたい仕事がわからないというその根底には、その仕事が自分を満たさないという不満があるからです。日々こなしている仕事は、果たして本来自分にとって納得できる内容でしょうか。

もちろん仕事は100%そのとおりにはなりません。ミスだってあります。だからと言って、仕事は辛くて大変だというマイナスイメージだけで過ごしていては、思いのままの状態が続いてしまいます。多少なりとも活路を見出す工夫をしましょう。

やりたい仕事がわからないの特徴8:目標や将来のプランの曖昧

やりたい仕事がわからない原因には、将来の目標やキャリアプランがあいまいなケースがほとんどです。毎日仕事に向かうことが苦痛で、とにかく早く時間がすぎることしか考えるません。

もし将来の目標とキャリアプランを描いていれば、どんな仕事に対しても自分らしい意味付けをして取り組めるはずです。目標やキャリアプランが背中を押し、頑張れる拠り所とすることができます。

やりたい仕事がわからないの特徴9:消極的で自分がない

やりたい仕事がわからないと嘆いている人の中には、性格が消極的すぎて自分らしさを表に出せないという人もいます。本当は当人の心の内にやりたい仕事があることも考えられます。

しかし実現しないと勝手に思い込んで断念しているパターンや、大人しくこと無かれ主義のまま過ごすほうが楽だと判断し、やりたい仕事など考えもしないという人である可能性があります。自主的にやらない限りやりたい理想の仕事には到達しないでしょう。

やりたい仕事がわからないの特徴10:努力ができない

やりたい仕事がわからないという以前に、仕事など含めたあらゆることに対して努力をして続けることができない性格の人がいます。コロコロ気移りする人というのは、継続する努力をしません。

その原因のほとんが過去のトラウマで、どうせ努力しても無駄だからその日楽しければいいと楽観主義に走ります。楽観主義そのものは悪くはありませんが、世の中を舐めていることになります。後から大きなしっぺ返しが間違いなくやってきます。

やりたい仕事の見つけ方5つ

やりたい仕事がわからない人は、そのまま一生やりたくもない仕事を続けなくてはならないのでしょうか。そのようなことはありません。やりたくない仕事を辞めるのも続けるのも本人次第です。自分で決着つけるしかありません。

しかし、やりたい仕事を改めて見つけるためには、やはりそれなりな方法もあります。ここではやりたい仕事がわからない方への、やりがいのある仕事の探し方、見つけ方をご紹介します。

やりたい仕事の仕事の見つけ方1:将来をリストアップしてみる

やりたい仕事を見つけるには、わからないなりに簡単にできそうなことや、自分のなりたい将来の姿についてじっくりあぶり出してみるといいでしょう。今からそこを目指すには、どのようなポテンシャルやマインドが必要なのか、この際に自己分析してみることも大切です。

その能力などが身につきそうな仕事が他にないかなど調べてみることです。まずは自由な発想で、将来のやりたいことをリストアップしてみましょう。

やりたい仕事の仕事の見つけ方2:体験した感動を振り返る

やりたい仕事がわからずにみつけたいという場合、自分の過去にあった成功体験に注目してみましょう。将来など何が起こるか分かりません。だから起こるかどうかわからないことに不安や疑問を持つのではなく、やりたい仕事の源泉探しという意味で過去を一度振り返ることです。

バイトや勉強、部活など何でもいいでしょう。昔熱中しチャレンジしたら良い成果が得られたできごとを想い出し、そのモチベーションが高さを確認しましょう。

モチベーションを上げる

最低8時間としても、毎日モチベーションが全くない仕事を一生続けることは、とても辛いのではありませんか。過去にあった体験を振り返りながら、その時になぜモチベーションが高まったのかを考えてみると良いでしょう。

その時のことについて詳細をなるべく思い返し、ノートなどにまとめながら将来の仕事と照らし合わせる作業をします。本当に自分がやりたい仕事なら、必ずモチベーションがあります。

やりたい仕事の仕事の見つけ方3:自分を客観的に見つめる

やりたい仕事を見つけるには、第三者的な見解が必要です。できるだけ客観的な判断をして自分の本当の姿を想像するということです。思い込みが激しすぎて一度こうだと決めたことを突き詰めるあまり、他者からのアドバイスに耳を貸さなくなってしまう人がいます。

それは主観的過ぎて失敗しているにもかかわらず、そのまま押しとおしてしまい結局わからなくなっています。冷静な判断をすることも重要です。

やってみたいことを全部書き出す

自分がやりたいことを紙にすべて書いてみましょう。やってみたいことを書くルールは、できるだけ50個から100個くらいまで多く書き出し、途中で止めないこと、一度書いたやりたいことは消さない、書き終わったら仕事に関係ありそうな個所を抜粋するという3点です。

できるかできないかを考えないで、あくまでも自分の欲望に従うこともポイントです。それに、漠然とした内容ではなく直接的でストレートな欲を書きます。

やりたい仕事の仕事の見つけ方4:知らない仕事の内容も調べる

やりたい仕事がわからないというのは、言い換えれば、やりたい仕事についての正確な情報を得ていないということです。つまり、本来あなたが就くべき理想の仕事について、今現在のところ何も理解していないからです。そのデメリットを逆に捉えてみることです。

自分の興味とは別な分野にも注目してみましょう。今まで知らなかった仕事の中に、もしかしたらあなたがピンとくるヒントがある可能性も考えられます。

キャリアアドバイザーにカウンセリングしてもらう

世の中にはたくさんの職業が存在します。意外とそのすべては分かっているようでいてわからないことのほうが多いと言えます。そこでキャリアアドバイザーにカウンセリングをお願いすることも方法の一つです。

世の中にどのような仕事があるかのか知らない限り、何をやりたいかも決められないです。情報不足だからわからないのですから、とにかく情報を仕入れて自分の選択肢を増やす努力をしてみましょう。

やりたい仕事の仕事の見つけ方5:自分の可能性を狭めない

具体的なことが頭にあっても、仕事にするのは現実的ではないと最初から除外してしまう人がいます。しかし世の中のほとんどの職業は初めからあったものとは限りません。誰かがリスクを覚悟で始めたことで、いつしか定着した業種のほうが圧倒的に多いはずです。

例えば、今から半世紀前までは、携帯電話のショップで働くという選択肢は皆無でした。しかし今は街中に溢れています。やりもしないことで選択肢を狭めていませんか。

やりたい仕事がわからない人はまずは行動をしてみよう

以上、やりたい仕事がわからない人の考え方の特徴、そしてやりたい仕事を見つけるためのコツをご紹介しました。やりたいことがわからないというのは、自分の将来としっかり向き合わないまま現実を受け入れていることが原因です。

今を生きることは大切ですが、やりたいことや叶えたいことに向かうのであれば、別問題として取り組まなければなりません。いつまでも今の楽な自分に甘んじていると、必ず後悔することになります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related