Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

会社で怒られた時の対処法5つ|怒られる人の特徴7つと改善ポイント5つ

会社で怒られたことのある人は多いでしょう。怒られる人は、本当によく怒られることがありますが、たいてい何か理由があります。会社で怒られた時の対処法やよく怒られる人の特徴、怒られた時にどうすべきか改善ポイントについてチェックしてみましょう。

会社で怒られた時の対処法5つ|怒られる人の特徴7つと改善ポイント5つ

会社で怒られたことのある人は多い

何かしら失敗をして、あるいは何もしなくて会社で怒られた、という経験をしたことのある人は多いでしょう。怒られたからには次は怒られないようにしようと改善しようとしているのに、また怒られてしまうこともあります。

会社で怒られた時にどう対処すればよいのか、怒られる人には共通する特徴があるのか、どう改善していけばよいのかを見ていきましょう。

会社で怒られた時の対処法5つ

会社で怒られるのは誰でも嫌なことですが、実際に怒られた時にはどう対処したらよいのか、まずは怒られた時の対処法について解説いたします。

会社で怒られた時、どんな態度をとっているでしょうか。怒られた時の態度によっては、相手をもっと怒らせてしまう可能性もあります。実際に会社で怒られた時にはどういう風な態度でいればよいのか、怒られたことに対処するためにどうすればよいのでしょうか。

会社で怒られた時の対処法1:謝罪する

会社で怒られた時にどう対処するのか、まずすぐにやることは怒られたことに対して「素直に謝罪」をすることです。怒られたことについて反省していることを表すために、きちんと謝ることが必要です。

たとえ怒られた内容に対して言いたいことがあったとしても、ここで反論してしまうと相手には言い訳にしか聞こえません。ましてや他の人のせいにするなどは、NGです。反省していないと受け取られて余計怒られる可能性があります。

会社で怒られた時の対処法2:内容を書き留め改善策を考える

怒られた後、仕事の休憩時間や家に帰って落ち着いた後には、その日のうちに会社で怒られた内容についてメモとして書き留め、何が悪かったのかどうすれば良かったのか改善策を考えましょう。

怒られたからと反省しても、同じことを繰り返してしまってはさらに会社で怒られることになります。1回怒られたことは2回は怒られない気持ちで、どうして怒られたのか原因を考え、怒られないためにすべきことを考えます。

会社で怒られた時の対処法3:家族や同僚に相談する

会社で怒られた時の対処法として、自分だけでなく家族や同僚の意見も参考にするために、身近な人に相談してみることも大事です。自分では気づけていないところで、思わぬ失敗をしていることもあるからです。

仕事上の失敗について相談するなら同僚の方が事情が分かっていますが、同僚に打ち明けにくい場合には家族でも構いません。自身と同じように、会社で怒られたことやその後のことなど経験談を聞くこともできるでしょう。

会社で怒られた時の対処法4:気分転換する

怒られてしまうとたいていの人は意気消沈してしまい、ネガティブな思考になりがちなので、そんな時は気分転換して気分を変えることも大事です。落ち込んだ気分のまま仕事を続けても、ミスをしてしまうことがあります。

お昼に外食に出かけてみたり、飲み物を入れたりして気分転換をして怒られた気持ちを落ち着けます。気分転換から戻ったら、新たな気持ちで同じ失敗をしないように気をつけながら、業務を続けましょう。

会社で怒られた時の対処法5:わからなければ質問してみる

怒られた時の対処法として、分からないことがあったら素直に質問してみることも大事です。ただ、怒られている最中に質問するのはダメです。怒られた後お互いに落ち着いて、改善策を考える状況で質問してみましょう。

怒られた後に少し時間を置いてから質問することで、自分も相手も落ち着いて話をすることができます。また怒られないように、分からなかったことを素直に告げて相手がどうして欲しかったのかを直接聞きましょう。

会社でよく怒られる人の特徴7つ

会社にいるとよく怒られてしまう人がいますがそういう人たちには特徴があります、ここで主な共通する特徴を7つほど紹介します。

会社でよく怒られてしまう人は、たいていの場合何かしら問題があることが多いです。きちんと仕事ができているのかいないのか、周囲の人とコミュニケーションはとれているのか、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

会社でよく怒られる人の特徴1:時間や約束を守らない

会社でよく怒られてしまう人の特徴1つ目は、時間や約束を守らない人、いわゆるだらしない人やルーズな人という特徴があります。仕事の時間や約束の時間を守らない人は、信用されません。

時間や約束を守らない人の場合、仕事の納期に対してもルーズで守らないことがあり、そのせいで会社で怒られたりします。またこういった時間や約束を守らないタイプの人は、仕事だけでなくプライベートでもその傾向があるというのが特徴です。

会社でよく怒られる人の特徴2:態度が悪い

会社で怒られてしまう人によくある特徴が、本人に悪気はないのでしょうが言葉遣いや態度が悪いといった特徴です。本人は意図してやっている訳ではないので、たいてい自覚がないのが問題でしょう。

社会人としての態度が悪い人の場合、会社で怒られたりする機会が多くなってしまいます。本人は気づけていない場合が多いので、自分の態度に問題はないか身近な人に相談してみるとよいでしょう。指摘されても、怒ってはいけません。

会社でよく怒られる人の特徴3:挨拶しない

挨拶をしないという特徴も共通しています、挨拶をしないということは普段から会社の人とコミュニケーションが上手くとれていないことを意味しているためです。挨拶はしないけど他のことはよく話し合っている、という例は稀です。

一般的に会社で挨拶をしない人は普段のコミュニケーションもあまりとろうとせず、同僚や上司との報告や連絡・相談に支障をきたしていることがあります。仕事の失敗も、そういった環境で起こります。

会社でよく怒られる人の特徴4:自分のミスを認めない

会社でよく怒られる人の中には、自分のミスを決して認めず他人のせいにするといった特徴がある人もいます。怒られたとしても、自分ではなく悪いのは〇〇です、と人のせいにしてミスを認めようとはしません。

実際に他の人にミスの原因がある場合もあるでしょう。しかし会社で怒られた時に他の人のせいにして自分のミスを一切認めないならば、反省していると見てもらえません。いつも言い訳ばかりする、と怒られてしまいます。

会社でよく怒られる人の特徴5:同じミスを何度もする

1度怒られたミスを何度も繰り返してしまう、そんな特徴の人も会社でよく怒られる人の特徴になっています。すでに怒られたことなのに繰り返し同じミスをしてしまうと、改善する気がないと見られてしまいます。

1度ミスをしたとしても、改善して2度と繰り返さなければ信用してもらえます。しかし、同じミスを何度も繰り返す人は会社でも信用を得られにくいです。反省も改善もしていないと見られてしまうため、よく怒られがちです。

会社でよく怒られる人の特徴6:仕事に集中していない

会社でよく怒られる人の中には、仕事にあまり集中できておらず集中が途切れやすい、といった共通する特徴もあります。

仕事に集中できない人は適切に仕事を終えていくことができないため、いつでも多くの仕事を抱えがちです。また仕事に集中できていないため、ミスも発生しやすく、同じようなミスを繰り返し起こしやすいという特徴も共に持っていることがあります。

会社でよく怒られる人の特徴7:言われたことだけしかしない

会社で言われたことだけしないという人もいますが、そういった人は言われていないことはやらなくてもいいと考える傾向にあり、会社でよく怒られる原因となっていることがあります。

言われたことだけしかしない人は、言われていないことは何もしない人です。会社で怒られたとしても、たいていの人は「言われていないので」と言い訳してしまいがちです。そういった態度や言い訳のために、会社でもよく怒られることがあるでしょう。

会社で怒られたことのある人が改善すべきポイント5つ

それでは実際に会社で怒られたことのある人は、どういった風に改善していけばよいのか改善のポイントを5つほど見ていきましょう。

まず大切なことは、なぜ会社で怒られたのかを理解しておくことです。なぜ怒られたのか、理由を理解していなければ再び同じことを繰り返す可能性があります。怒られた内容を正確に知り、それを改善していくようにしましょう。

会社で怒られたことのある人が改善すべきポイント1:勤務態度を見直す

会社で怒られないように改善すべきポイントの1つ目、その人の勤務態度を見直すことですが、たいていの場合で本人に勤務態度が悪いという自覚はないので、他の人から改善点をアドバイスしてもらうとよいでしょう。

本人は気づいていなくても、周囲の同僚や家族は勤務態度に問題があることを把握しています。相手の言うことを素直に受け入れる態度で相談すれば、適切なアドバイスをもらえるでしょう。

会社で怒られたことのある人が改善すべきポイント2:報告・連絡・相談はすばやく

自分の考えでやることは必ずしも悪いことではありませんが、その際にも報告・連絡・相談のいわゆる「ホウレンソウ」は素早く適切に行っておくべきです。

疑問に感じたり、迷ったりした時は素直に相談してみましょう。何も相談も報告も連絡もせずに仕事を進めていると、上司や同僚も大丈夫なのかと不安に感じますし、万が一失敗したときは連絡の不備を責められることになります。「ホウレンソウ」を欠かしてはいけません。

会社で怒られたことのある人が改善すべきポイント3:仕事に打ち込む

会社で同じミスを繰り返す、集中力がないなどの問題点がある場合には、仕事にしっかり打ち込む姿勢を見せることも重要です。

少なくとも就業期間中は仕事にしっかり打ち込む、きちんと段取りを立てて仕事を終えていくという姿を見せれば、怒られたけれども改善している、成長している姿を見せることができます。同じミスを繰り返す原因、集中力を欠いてしまう原因を取り除きましょう。

会社で怒られたことのある人が改善すべきポイント4:コミュニケーションをとる

会社で怒られたことがあると、怒った人とコミュニケーションをとりにくいと感じる場合もあるでしょうが、ここはむしろコミュニケーションをとって仲良くしていくべきでしょう。

上司や同僚と上手くコミュニケーションをとることができれば、怒られる前に注意が入ったり、適切なアドバイスをもらうことで怒られる機会を減らすこともできるようになります。怒られたらむしろ、コミュニケーションをとる機会にしてしまいましょう。

会社で怒られたことのある人が改善すべきポイント5:業務効率化の方法を考える

仕事を貯め込んでしまって期日を守れないなどが原因で怒られる人、仕事のやり方などで怒られたことがある人は、自分の仕事の業務効率化の方法を考えてみましょう。

自分が抱えている仕事を書きだして、まず何が最優先なのか、次いで何が優先なのかと優先順位をつけていきます。その日の最優先事項を確認し実行することで業務効率化を行い、仕事の期日や時間を守ることを身に着けていきましょう。

会社で怒られた際の対処法について考えよう

会社で怒られた際にもっともやってはいけないのは、落ち込みすぎてしまうことです。怒られたことは反省し改善すべきですが、マイナス思考に陥っては先に進めなくなります。

怒られたことは怒られたことで仕方ないので気分展開して、怒られないようにどうしていくべきか、何を改善していくべきか対処法を考えて実践していきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related