Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

仕事が割に合わない時の対処法5つ|仕事にストレスを感じる方必見!

「仕事が割に合わない」と今の職場に強い不満を抱いている方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、仕事が割に合わないと感じた時に実践したい対処法を5選ご紹介しています。適切な対処法を講じることで、仕事のストレスを上手にコントロールしましょう。

仕事が割に合わない時の対処法5つ|仕事にストレスを感じる方必見!

仕事が割に合わないと感じる4つの理由

「仕事が割に合わない」「毎日朝から終電がなくなるまで激務をこなしているのに、それに見合った給与がもらえていない」と今の職場に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。

仕事が割に合わないと感じるならば、転職を真剣に検討するようになるのも時間の問題です。ここではまず、仕事が割に合わないと感じる主な理由についてチェックしておきましょう。

仕事が割に合わないと感じる理由1:見合わない給料

仕事が割に合わないと感じる理由としてまず挙げられるのが、労働内容に見合った給料がもらえていないということです。

規定の終業時間を大幅に越えて毎日サービス残業をしているのにもかかわらず、労働実態に見合った給料がもらえないのならば「仕事が割に合わない」と不満を感じるのも当然のことでしょう。

仕事が割に合わないと感じる理由2:仕事量が多い

仕事量が多いというのも、仕事が割に合わないと感じる理由のひとつとして考えられるでしょう。

世間一般の給与水準よりもやや高めのそこそこの給料をもらっていたとしても、あまりにも仕事量が多く毎日激務続きならば、「仕事が割に合わない」と感じるのも致し方ありません。

仕事量が多すぎて規定の終業時間では到底それらを終わらせることができず、毎日終電まで残業を余儀なくされることもあるでしょう。

仕事が割に合わないと感じる理由3:長時間残業が続く

仕事が割に合わないと感じる理由のひとつとして、長時間の残業が続くということも挙げられます。

たまに残業をするくらいならば多くの人は許容範囲だと考えるでしょうが、日常的に長時間の残業をさせられてプライベートな時間を犠牲にしなければならないのならば、「仕事が割に合わない」「こんな職場辞めてしまいたい」と考えるのも致し方ありません。

仕事が割に合わないと感じる理由4:不適正な人事評価

不適切な人事評価が行われているというのも、仕事が割に合わないと感じる理由のひとつに数えられるでしょう。

毎日膨大な仕事の量をこなして縁の下の力持ちとして職場を支えているのにもかかわらず適切な人事評価がなされず、反対に自己アピールと上司へのおべっかだけ得意で仕事は他の人にすぐに押し付ける社員が評価されているならば、強い不満を感じるのも当然です。

仕事が割に合わない時の対処法5つ

社会人として会社で働くということは、さまざまな理不尽なことや割に合わないと感じることに耐えなければならないということでもあります。

もちろん許容範囲を越えてしまったのならば転職をするなりその職場から離れるべきですが、ある程度であれば、割に合わないことでも甘受しなければならないこともあります。

ここからは仕事が割に合わないと感じた時の対処法をご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

仕事が割に合わない時の対処法1:プライベートを充実させる

仕事が割に合わないと感じた時の対処法としてまずおすすめしたいのが、プライベートを充実させるということです。

仕事内容や職場環境に不満を感じていたとしても、プライベートを充実させることができれば割に合わない仕事によって蓄積されたストレスを上手く解消することができます。

仕事一色の生活になってしまうとそのストレスで心が押しつぶされてしまうので、心の逃げ道としてプライベートを大切にすべきです。

仕事が割に合わない時の対処法2:出世する

出世するというのも、仕事が割に合わないと感じた時の対処法のひとつとして挙げられるでしょう。

割に合わない仕事を強要されて理不尽に感じた時には、その怒りを仕事へのモチベーションの変えて出世する努力を重ねることが大切です。

出世をすれば今のような状況から抜け出すことができますし、発言権や自由裁量の余地も増えて、割に合わない仕事を回避できるようになるでしょう。

仕事が割に合わない時の対処法3:転職する

仕事が割に合わない時の対処法のひとつとして、思い切って転職をするというのもありでしょう。

低賃金であるにもかかわらず多すぎる仕事量をこなさなければならなかったり、毎日のように残業を余儀なくされるのならば自力でその状態を改善するのはほぼ不可能ですので、そんな職場を辞めてよりよい環境の職場に転職するのが一番です。

仕事が割に合わない時の対処法4:アフターファイブに楽しい予定を作る

アフターファイブに楽しい予定を作るというのも、仕事が割に合わないと感じた時にぜひおすすめしたい対処法のひとつです。

仕事が割に合わないと感じて不満を抱いていても、仕事が終わった後に美味しいレストランでディナーをしたりショッピングをするなど楽しい予定が待っていると思えば、気持ちを切り替えて仕事に取り組むことができるでしょう。

仕事が割に合わない時の対処法5:異動願いを出す

仕事が割に合わない時の対処法のひとつとしてご紹介したいのが、異動願いを出すということです。

転職をするほどではないけれど、今の職場の労働環境に不満をもっていて割に合わないと強く感じているのならば、異動願いを出して部署を変えてもらうことで問題が解決することもあります。

激務の部署に在籍している場合には、思い切って上司に異動について相談してみてはいかがでしょうか。

「仕事が割に合わない」のを転職理由にする時の注意点3つ

「仕事が割に合わない」「自分が提供している労働力に見合った正当な給与をもらうことができていない」と感じることが多ければ多いほど、転職を真剣に検討しはじめることでしょう。

しかし、仕事が割に合わないからと言って早まって転職をしてしまうと、失敗してしまうことも少なくありません。

ここからは「仕事が割に合わない」のを転職理由にする時の注意点についてご紹介してきますので、ぜひチェックしてみてください。

「仕事が割に合わない」のを転職理由にする時の注意点1:在職中の不遇や不満は会社批判と思われる

まず注意したいのが、在職中の不遇や不満を転職理由として伝えてしまうと会社批判をしていると採用担当者に思われてしまうということです。

前職の不満を転職理由にする人を採用したとしても、同じようにまた職場に不満を抱き早々に退職をしてしまうのではないかと採用担当者に判断されてしまいかねません。

そうなると、内定をもらうのは難しくなることでしょう。

「仕事が割に合わない」のを転職理由にする時の注意点2:転職するためには正直な気持ちを隠すことも必要

転職するためには正直な気持ちを隠して転職活動に臨むことも必要です。

転職の理由を面接官に尋ねられた際に、馬鹿正直に「前職での仕事が割に合わないと感じたからです」と伝えてしまっては面接官の心証を悪くし、受かる面接も受からなくなってしまうでしょう。

もちろん嘘はいけませんが、だからといって言わなくてもよいことを馬鹿正直に言う必要もありません。

「仕事が割に合わない」のを転職理由にする時の注意点3:前向きな転職であることをアピールする

前向きな理由で転職に踏み切ったことをアピールするというのも、転職活動をする際に注意したいポイントのひとつでしょう。

ネガティブな理由での転職希望者は採用担当者に必ずと言っていいほど敬遠されるため、「キャリアアップのため」「やりたいことが見つかったから」などとポジティブに転職理由を語ることが必要です。

仕事でストレスを感じる原因3選

仕事が割に合わないと感じることが多いと、心にも体にもじわじわとストレスが蓄積されて悪影響が出てしまうことでしょう。

ここからは、仕事でストレスを感じる主な原因についてご紹介していきます。

仕事でストレスを感じる原因1:給与が仕事量・仕事内容に見合わない

仕事でストレスを感じる大きな原因のひとつが、給与が仕事の量や内容に見合わないということです。

激務続きなのに、それに見合った額の給与をもらうことができなければ、「こんなに頑張って仕事をしているのに」と強いストレスを感じることでしょう。

仕事でストレスを感じる原因2:上司との人間関係

上司との人間関係も、仕事でストレスを感じる原因のひとつに数えられます。

パワハラ体質の上司を持つと理不尽な思いをすることも多く、反論したり異議申し立てをしたくとも上司の権力の前にくじかれてしまうため、強いストレスを感じるのも無理はありません。

仕事でストレスを感じる原因3:同僚・後輩との人間関係

仕事でストレスを感じる原因のひとつとして挙げられるのが、同僚や後輩との人間関係です。

同僚や後輩との関係が上手くいっていないことで悩んでいると、毎日朝が来るたびに「会社に行きたくない」とストレスを感じてしまうことでしょう。

割に合わないと仕事に不満を抱える人は大勢いる

今回は仕事が割に合わない原因やその対処法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

仕事が割に合わないと不満を抱いている人は大勢います。あまりにも理不尽だと感じたならば、異動願いを出すなり転職を検討するなりして、今の状況から抜け出す努力をすることが必要でしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related