Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

残業代ゼロ法案とは?適用条件とメリット4つ|適用による問題点5つ

残業代ゼロ法案を、聞いたことがない人もいるはずです。これからの専門的な知識を活かして活躍したいと考えている人には、ぜひ知っておいてほしいです。残業代ゼロ法案は、労働者と企業や会社にとってベストな仕事を目指すために提案されています。

残業代ゼロ法案とは?適用条件とメリット4つ|適用による問題点5つ

残業代ゼロ法案とは

残業代ゼロ法案とは、高年収で専門知識のある労働者に対して残業代手当を支払わない仕組みです。残業代ゼロ法案の正式名称は、高度プロフェッショナル制度です。

つま残業代ゼロ法案とは、労働時間と成果の関連性が少ない労働者に対して、時間よりも成果を重視して評価を決める方法です。ではここから、残業代ゼロ法案について、詳しく解説します。

主な目的

残業代ゼロ法案は、すべての労働者が残業代ゼロになる事ではありません。専門的な仕事に優れ、成果をこう評価される高年収の労働者に対してだけ残業代ゼロになる提案です。

技術や専門的な知識を使い仕事の効率が上がる人に、残業代を支払わずに良い成果を出す仕事をしてもらいたいという考え方です。

それは、労働者にとって厳しい条件になるケースも考えられますが、労働者にとって有益となるケースもあるでしょう。

残業代ゼロに認知性

残業代ゼロ法案を聞いたこともない人もいるでしょう。自分自身が残業代ゼロ法案を提案されている人なら、残業代ゼロ法案を受け入れることになる可能性はあります。

専門職や技術者には、残業代ゼロ法案が認知されつつあるでしょう。また、日常でニュースを見て、残業代ゼロ法案を知る人も多いはずです。

残業代ゼロ法案を会社から指示された人は、よく残業代ゼロ法案について知っておくべきでしょう。

残業代ゼロ法案の適用条件

残業ゼロ法案の適用条件は、特定高度専門業務の従事者と年収1075万円以上の人という2条件です。

残業代ゼロになっても、メリットがあり生活が苦しくならない労働者に向けての法案でしょう。時間をかけて働くよりも、専門的に成果をアップさせながら高年収を手に入れられる労働者に対してだけ、残業代ゼロ法案が適応されます。

残業代ゼロ法案には、いくつか疑問を持つことは普通な気持ちでしょう。

特定高度専門業務の従事者

特定高度専門業務とは、高度な労働力を活かし職業能力が高い高年収の労働者に休日手当や時間外労働手当などを支払わない決まりです。

一定の高年収を受けている専門職の労働やに対して、残業代を支払わない仕組みです。

年収1075万円以上ある人

代表取締役やアナリスト業務、コンサルタントなどの仕事をしている人が対象なのが、残業代ゼロ法案です。年収が1075万円以上だと定められている専門業務をこなしている人に、残業代が支払われません。

高年収が約束され、仕事も効率が良く成果を順調に伸ばしている労働者が残業代ゼロ法案に適応されます。

残業代ゼロ法案のメリット4つ

残業代ゼロ法案のメリットは、仕事が遅い人が残業代をもらうという労働力の矛盾が解消される事でしょう。

また、労働者の時間が自由に調節できることもメリットです。そして、労働時間よりも成果が高く評価されるから生産率がアップして会社にとって利益が上がるという事になります。

労働者のやる気をあげられるくらいの高年収が、約束されることも魅力でしょう。

残業代ゼロ法案のメリット1:目指している理想郷が高い

会社は専門知識のある労働者に、時間に関係なしに効率の良い仕事を求めています。ですから、労働時間を重視しないで仕事の能率や成果を高く買うつもりでしょう。

専門的な業務は難しく、時間をかける仕事というイメージがありますが、そのイメージを覆し効率の高い仕事をして大きな成果を出してこそ高年収が約束されるという理想が考えられています。

長時間労働よりも仕事の能率や効率が高年収を決める要になります。

残業代ゼロ法案のメリット2:成果への評価

残業代が支払われるから時間をかけて仕事を安心してできるという考え方を認めないで、よりよい成果を高く評価する狙いが残業代ゼロ法案にあります。

一人で専門知識を活かし、効率にいい仕事をこなして仕事で高い成果をあげる事を会社が求めているから残業代ゼロ法案が確立しているのでしょう。

確実な仕事を求めているのが残業代ゼロ法案だから、会社や企業に好まれるでしょう。

残業代ゼロ法案のメリット3:残業時間の削減

残業代ゼロ法案は、効率のいい仕事を求めているのであって、労働時間が長いことを評価しないという事です。

企業や会社は、専門業務労働者に大きな成果を求めているだけで長時間労働を求めていないから残業代を払わない仕組みに合意するでしょう。大きな成果をあげれる環境を作るためにも、残業代ゼロ法案は役立っています。

残業代ゼロ法案のメリット4:モチベーションアップに繋がる

残業代ゼロ法案は、労働時間に関係なく高年収が約束されるから、労働者ももっといい仕事をするべきだとやる気が出るでしょう。

労働者の気持ちを仕事に向けて、無駄なことをしないという気持ちにさせられるから残業代ゼロ法案が役立つでしょう。仕事に集中させられるという結果が期待できます。

長々仕事をすると疲れてやる気をなくすので、仕事に集中させながら素早く能率を上げる事を期待している法案とも言えます。

残業代ゼロ法案の問題点5つ

残業代ゼロ法案にもデメリットがあります。ブラック企業などでノルマをこなすために仕事を懸命にしても、ノルマが大きいほど時間もかかるでしょう。

そんな仕事が多い状況で、残業代がもらえないことは労働者にとって大きな損害です。残業代ゼロ法案が、労働者を苦しい環境に追いやることも想定されるでしょう。

残業代ゼロ法案の問題点1:労働時間規制の撤廃

残業代ゼロ法案が決められた労働者は、どんなに長時間労働を強いられても残業代はありません。一日8時間の労働時間規制が必要なくなるのが、残業代ゼロ法案です。

残業代ゼロ法案を定めると、過酷な労働も予想されるだろう。時間外労働手当が無くなるから、専門職の労働者にとって厳しい環境になりかねません。

真面目に働いても長時間労働になる可能性もあるから、残業代が全くなくなることはとても過酷だと言えます。

残業時間ゼロ法案の問題点2:休憩時間の減少

より高い成果を求められる労働者にとって、休憩時間が無くなる事も心配されるのが残業代ゼロ法案です。

仕事に没頭させて、頭や体を休ませることをしなくなる可能性が高くなるでしょう。成果をアップさせるだけでなく、仕事の能率が悪くなるまで労働者が休憩なしで働かされることも考えられます。

仕事の合間に休憩をとることがどんなに大事か、考え直すべきだろう。仕事に打ち込みすぎると、健康被害が起きると考えられます。

残業代ゼロ法案の問題点3:休日の減少

残業代ゼロ法案は、仕事の成果をアップさせるために都合のいい提案です。しかし、労働者が休日返上で働くことを考えると労働者は過剰労働をさせられることになります。

休日を減らしてまで、高い成果を求められプレッシャーを強く感じることになるから、労働者の心身の健康が心配される。休日を取る余裕がなくなるのが、残業代ゼロ法案の問題点でしょう。

休日を取れないことは疲労や過労に繋がるはずですから、休日を決める事が大事です。

残業代ゼロ法案の問題点4:残業代が支払われない

残業代ゼロ法案は、毎日残業する人にも残業代が支払われないからとても大きなリスクになります。働き過ぎて、余裕もなく仕事に追われることを想定すると残業代がない事は凄く悪い思いになるでしょう。

残業代が支払われないことは、労働者にとって大きな打撃になります。高年収を受けとる場合でも、仕事が多すぎて年中休みがない場合などのケースを考えると厳しい状況に追いやられるでしょう。

残業代ゼロ法案の問題点5:評価基準

能率の良い仕事を求めるために提案されているのが残業代ゼロ法案ですが、よりよい成果を出すことは簡単でないでしょう。

もし、仕事で実績を上げらない時や成果をアップさせれない場合は年収も減らされると言える。評価基準で給与を決定することは、大きなノルマを果たすような厳しい環境が予測されるだろう。

高い成果をあげるために労働時間が短縮されることはあり得ないことだと考えると、評価基準は厳しい決まりです。

残業代ゼロ法案について知ろう

残業代ゼロ法案が適応されている人もいるはずです。残業代ゼロ法案のメリットもデメリットも知られているでしょうが、これから自分が残業代ゼロ法案を適応されると考えてみるとどう思われますか。

残業代ゼロ法案を受け入れられるか嫌だと感じるかは人それぞれですが、残業代ゼロ法案について詳しく知っておくと今後のためになるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related