Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月10日

年収500万の月収や生活レベルは?|年収500万稼げる職種の特徴4つ

皆様、年収500万を稼ぐのにはどんな条件が必要だと思いますか?今日は年収500万の人がどんな仕事をしているのか。またそこにたどり着く為にはなにが必要なのか、ビジョンについてお話ししたいと思います。就職活動をしている方も是非ご覧ください。

年収500万の月収や生活レベルは?|年収500万稼げる職種の特徴4つ

年収500万稼ぐ人はどれくらいいるの

日本全国で見ると年収500万円以上稼いでいる方はどれぐらいいるのでしょうか。

現時点のデータでは日本全国で見て3割の方が年収500万を超えているようです。中でも何かしらスキルがあったり資格を得ている人が稼いでいるイメージでしょうか。

日本全国の平均年収は420万だといわれていますので、平均よりも高いです。男性と女性を合わせて、全国的にみると、約19%が年収500万円の層です。

年収500万稼ぐ人の年齢は?

日本全国で男性が420万の全国平均年収に達するのが、30歳の終わりから40歳にかけてといわれています。

中には20代でこの金額に達してしまう方もいますが、もちろん一生達成できない方もいらっしゃいます。

こちらの条件プラス高度なスキルを持った方が、年収500万に達成しているというデータでした。

逆に言うとこの約400万円の年収ラインを超える事は、残業時間をで補ったとしてもなかなか簡単にはいかないという事がわかります。

年収500万の給与の実態

年収500万円の給与の実態はどういったものでしょう。

まだ、年収500万円ではない方は実際にイメージを具体的にしたこともないでしょう。特に月単位でどれぐらいの給料を得ているのかなどを解説します。

年収500万の月収

年収500万の方の平均月収は33.9万円でした。

驚くべきことは、あくまでも平均的にも見た結果ですが、残業は少ない傾向にありました。少ない時間で効率的に稼いでいる方が非常に多い印象です。

その時間を投資に使ったり、自身のスキルアップに使ったり、預金もきちんとしていることを考えるとある程度余裕のある生活を送ることができていると予想できます。

年収500万の手取り

基本的に手取り額でいうと、約28万円あたりが多いデータが上がっています。

額面の給料からかなり天引きされている印象ですが、会社によっては投資のシステムがあったり福利厚生でカバーしている部分もありますので、仕事に対しての満足感も高く、モチベーションも高い傾向にあります。

仕事に対するモチベーションがたかいと、さらに自分の能力を向上させようとするので、良いスパイラルが生まれます。

年収500万のボーナス

年収500万円台の方のボーナス平均額は78.3万円でした。やはり平均的に見てもボーナスの額がかなり多い傾向にあります。

それだけではなく、給料明細の例を見ても、基本給にあたる部分が高く設定されている職場も多いように見受けられます。それだけ社員に対する評価も高いということです。

年収500万の生活レベル

年収500万の生活レベルとはどのようなものなんでしょうか。具体的にイメージしづらい方もたくさんいますよね。まだ届いたこともない世界は夢のように感じます。

全国的な平均年収で見ても、年収500万円を超えることは簡単なことではありませんが、1つの階段とも言えるでしょう。

それでは年収500万円の世界はどんなものなのか。事例をもとに、年収500万円の方の生活レベルを地域別で見ていきましょう。

都市部に住む場合の事例

それでは都市部に住む場合の事例を挙げていきます。

こちらを見ていくと、基本的に生活費でかかっている費用がそもそも高い傾向にあることが分かります。

特に家賃に関しては、9万円、10万円かかることもざらにあります。駅前のマンションや家だと値段も上がってきます。

ただ、その分の給料は高い傾向にあります。

地方に住む場合の事例

それでは地方に住む場合の事例を挙げていきます。こちらはいかがでしょうか。基本的な生活費は安いですね。

特に家賃に関しては平均が都内に比べて断然下がりますし、趣味に使うお金も節約できます。

しかし、逆に車社会であるためガソリン代がかかります。そして、ほしいものをすぐに買ってしまう傾向がある人も多い傾向にあります。

都心に比べて、趣味の内容も含めてお金がかかるものがガラッと変わっています。

独身と既婚の人の生活レベルの差

年収500万円とは言っても、独身と既婚者の生活レベルでは大きく違ってきます。独身だと年収500万あれば、優雅な生活を送ることができるとの声も多いですが、既婚者の場合、子供に対してかかる費用や家賃だと平均的に見て9万円、10万円かかる場合も少なくありません。

これだと、むしろ年収500万円ではとてもいい生活ができるとは思えずないです。そのため最近だと共働きの夫婦も増えている傾向にあります。

年収500万の平均貯蓄額

年収300万円~500万円未満の平均貯蓄額は982万円というデータがありました。

これはあくまでも平均ですので、条件によって大きく変わってきます。結婚をしていて子供もいると、年収500万円では一般的に貯金をする余裕もなかなか生まれません。

子供を育てるのにかかる額のことを考えると、生活も苦しい傾向にあることが分かります。こうなると、共働きでやっと貯金ができるようになります。

年収500万以上稼げる職種の特徴4つ

まずは年収500万円を目指したいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。現に20代のうちから、年収500万円を稼いでいる場合もありますので、皆様の頑張り次第で、可能な金額です。

では、年収500万円を達成するためには、どうすれば良いのでしょう。具体的に、年収500万円を稼ぐことができる仕事や特徴を見ていきましょう。

今、自分の仕事でキャリアアップに途方にくれている方も、ひとまずこちらをご覧ください。

年収500万以上稼げる職種の特徴1:資格や免許が必要な職種

まずは、年収500万円を稼ぐには資格や免許が必要であることが多いです。

例えばで上げていくと、歯科医師・パイロット・弁護士など探せばもっとありますが、この系統の仕事はどれも資格が必要で、学校を卒業しないといけないことも多い傾向にあります。

こちらを目指していくことは、中々条件が難しそうです。

年収500万以上稼げる職種の特徴2:専門性の高い職種

年収500万円以上稼げる職種のもう1つの特徴としては、専門性の高い仕事ということです。

具体的にいうと、プログラマー・WEBデザイナーなど、特にこれといった資格必要ないですが、高い専門知識やスキルが必要であることがわかります。

特に学校を卒業しなければならないということはありませんが、長い勉強時間や実践が必要です。しかしながら、誰でも頑張り次第で年収500万円以上稼げる方法です。

年収500万以上稼げる職種の特徴3:大企業

言わずともこちら、大企業に入社することができれば、仕事を辞めさせられることがない限り年収は上がっていく傾向にあります。

さらにインセンティブ形式の会社である場合も、高く還元してくれる場所が多く、こちらも多く稼ぐことができる職種の特徴の1つです。

ただし入社するにあたって、4年大学卒業が条件であったりすることも多いため、誰でも努力をすればというわけにもいかないでしょう。

年収500万以上稼げる職種の特徴4:投資を行っている

そもそもどこかに勤めるという考え方ではなく、そもそも株式やFXを使って投資を行い年収500万を稼いでいるそうもいます。

将来的に年金だけで暮らすことが困難になった今、自分でこういった事を行っている人の割合も増えてきました。

もちろんリスクも隣り合わせであることも多いですが、上手くいけば500万どころではなくもっと稼いでいることも多いです。

むしろこのあたりの層で言うと年収500万というのは稼ぎがない部類に入るという見方もできます。

年収500万あればしっかり貯蓄をしながら人生設計が出来る

年収500万円以上であれば、余裕のある生活ができるかどうかと言うと、意外にも余裕があると答える方が少ないという結果になりました。

しかしながら、会社の福利厚生や資格を持っている場合も多いことから、スキルが高い方の割合も高く自己投資などを行なっている方も多いです。

そういった意味では、しっかりと貯蓄をしながら人生設計を立てられるという見方もできます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related