Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

体験入社とは?体験入社のメリット5つとチェックすべきポイント4つ

入社したけれど、想像していたことと違って転職してしまったケースもあるでしょう。体験入社であれば、ミスマッチを防ぐことが可能です。だからこそ、体験入社ができたらそれがベストです。では、体験入社のメリットや注意するべき点について解説していきます。

体験入社とは?体験入社のメリット5つとチェックすべきポイント4つ

体験入社とは

体験入社とは、本採用される前に仕事内容などを体験してみることを指します。

よく言われている事は面接をして採用されて働いてみたら違ったということもあり、すぐに転職してしまうケースもあります。しかし体験入社ができれば、そのようなミスマッチを防ぐことができることから非常に注目されています。

では体験入社とはどのようなものなのでしょうか。色々な体験入社の特徴について見ていきましょう。

体験入社のメリット5つ

では体験入社にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

体験入社のメリットは主に5個あります。特に正社員として採用されたのであれば、履歴書に書かざるを得ませんし、できれば転職回数は少ないほうが良いです。

企業側も正社員であれば健康保険の加入などの手続きもありますので、手続きも煩雑です。このようなことから体験入社は企業と社員両方にメリットがあります。

体験入社のメリット1:仕事内容や業界の雰囲気を確かめられる

仕事内容や業界の雰囲気などが、想像していたのと違ったという理由での転職もあるので、体験入社で仕事内容や業界の雰囲気が確かめられることは大きなメリットです。

仕事内容や業界の雰囲気は、もうすでに定まっていることですので、仕事内容は配置換えをすることがない限りは変えることはできません。業界の雰囲気自体を変えることは不可能に近いです。

体験入社のメリット2:仕事の適性を確かめられる

人間は想像していても、体験していたことでまた違う感想を持つ事がありますので体験入社によって自分の適性を確かめられることは大きな利点です。

この仕事をやりたいと考えていても、向いていなかったということは往々にしてあることです。具体例を挙げると、看護師になりたかったけど、血液を見て気を失ってしまったので看護師は難しいという結論に至るケースもあります。

体験入社で適性を確かめられるのは良い一面があります。

体験入社のメリット3:ミスマッチを防ぐことができる

転職をしてしまう一番大きな理由としては、色々な事に関するミスマッチがありますが、体験入社はミスマッチを防ぐことが可能です。

具体例を挙げると仕事内容が想像していたことを違ったとか、業界の雰囲気が違ったということです。それは体験してみないと分からないことですので、そのミスマッチを防ぐことができるのが体験入社の大きな利点でもあります。

体験入社のメリット4:抱いているイメージとの相違点を確かめられる

仕事を選ぶ時、イメージが先行する一面がありますが、イメージと現実との相違点を確かめられるのが体験入社の大きなメリットです。

その抱いているイメージと違う事が、自分に耐えられるかを視野に入れましょう。具体例を挙げると保育士の仕事は、子供と触れ合って楽しんでいるイメージがありますが、子どもの命を守る点から憧れではできない仕事です。

このように抱いているイメージと現実の相違点がある仕事は多くあります。

体験入社のメリット5:転職に失敗しないためのチェックポイントを確かめられる

せっかく転職をしても、また合わないことがあって、また転職をするようでは人生においても遠回りをしてしまう一面があります。

確かにそのような失敗も貴重ではあるものの、できれば失敗はない方が良いのは言うまでもありません。体験入社をすることで、自分は何を妥協できるのかや、どの点が妥協できないのかということを確かめ、それを天秤にかけ仕事をするかどうかを決めることができるのが魅力的なところです。

体験入社でチェックすべきポイント4つ

では体験入社でチェックするべきポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

せっかく体験入社ができるのであれば、ぜひともチェックしたいポイントが4つあります。色々なチェックポイントがありますので見ていきましょう。

体験入社でチェックすべきポイント1:仕事内容

まず重要なところとしては、仕事内容が挙げられます。

大企業で色々な部署があるとしたら話は別ですが、そうでない限りは仕事内容を変えることは容易ではありません。もし仕事内容が合わなければ転職をするしかなくなっていく一面があります。

だからこそ体験入社ができ、部署は多くない企業だったとしたら、仕事内容のチェックは欠かせません。部署替えも簡単ではないケースも多いですので、仕事内容については注意してみましょう。

体験入社でチェックすべきポイント2:社風

企業によって社風などもありますので、それはチェックしておくべきポイントの1つです。

具体例を挙げると、大きな機械を販売している営業職だとしたら、必然的に力の強い男性が集まることは多く、体育会系になりやすい傾向にあります。お弁当の配達などでしたら女性の方が増える傾向があります。

このように企業によって集まる人のカラーが違う一面があります。どのような人が集まるかによって社風が違う一面があります。

体験入社でチェックすべきポイント3:人間関係

ただ一度面接しただけだと、人間関係について詳しく見ることはできませんが、体験入社で人間関係を見ることもできます。

もちろんその時はある程度猫をかぶる状態でしょう。しかし些細なことで、その人間性が垣間見えることがあります。

例えばある人が声をかけたにも関わらず、反応が薄いなど、人間関係は良くない一面があるように人間関係については顕著に表に出す人はいないでしょうけど、些細な反応は確認しておくべきでしょう。

体験入社でチェックすべきポイント4:残業時間

転職の理由として残業などの多さもあげられることから、体験入社を通して残業時間について確認をしましょう。

まれに残業のことについて聞いたら「残業はない」と答えていたにも関わらず、結果的に残業が多くあったケースもあります。体験入社を通して残業時間を見ていきましょう。

残業時間も自分に許容できる範囲なのかどうかをチェックすることも必要です。

体験入社を行っている企業の探し方3つ

過去に体験入社という制度は、あまりなかったことから体験入社を行っている企業の探し方について迷うこともあるでしょう。

体験入社をしている企業の探し方は主に3つあります。では企業の体験入社を扱っているところを見つける方法について見ていきましょう。

体験入社を行っている企業の探し方1:企業の採用情報を見る

昨今は色々な企業においても、ホームページなどを設置していることも多く、その中で企業の採用状況についてホームページに載っていることがあります。

もしお考えの企業があれば、企業のホームページを見てみましょう。そこで採用情報があるとしたら、書いてある可能性があります。名だたる大企業も体験入社を扱っています。

もしかしたら皆さんがお探しの企業でも体験入社がある可能性もあります。

体験入社を行っている企業の探し方2:体験入社の情報を紹介しているサービスを使う

仕事旅行社という企業は主に体験入社のことについて扱っているので、情報をチェックしてみることによって体験入社の体験ができるケースがあります。

注意点としては、常日頃体験入社のイベントをしているというわけではありません。募集をかけて定員がいっぱいになると締め切ってしまうこともありますので、なかなか見つけられない可能性があります。

だからこそ細やかにチェックして、気になる企業があれば応募をするという細やかさが必要です。

体験入社を行っている企業の探し方3:体験入社をリクエストできるサービスを使う

体験入社事務局という団体が、本来体験入社をしていなかったような企業にもリクエストをすることによって実現させることができるケースもあります。

色々な考え方があるので一概には言えませんが、企業としてもミスマッチを防ぎたいところですので、もしこのリクエストを受け付けてもらえたとしたら皆さんが気になる企業でも体験入社が実現する可能性があります。

体験入社で企業や業務への理解を深め入社後のミスマッチを防ごう

仕事は基本的には長く続けていくものであることから、企業の体質や業務内容などをしっかりと理解する必要があり、体験入社では理解を深めることは可能です。

過去は面接だけで決めなくてはならなかったので、入ってみて「こんなはずではなかった」と感じることも多かったです。だから、せっかく入社した企業もすぐに退職してしまうケースもありました。

もし気になる企業があったら、体験入社を検討してみませんか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related