Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

経理に向いている人とは?適性やスキル15選|スキルを磨く方法とは

経理に向いている人の適性をご存知でしょうか。経理の適性と聞いてイメージするのは一般的に数字や計算などになるでしょう。経理に向いている人が持っているべき適性やスキルはどのような事なのか、スキルを磨く方法もあわせてご紹介しますので参考にしてみて下さい。

経理に向いている人とは?適性やスキル15選|スキルを磨く方法とは

経理業務とは?

経理業務とは企業にとって経営に直接関係する業務であり、「利益」屋「資産」を生み出すために必要なお金を管理する仕事です。経理業務がなければ企業活動に必要なお金の流れが管理できませんし、経営判断をする上でも経理業務は必要不可欠な業務といえるでしょう。

企業経営の要である経理業務にはどのような適性を持った人材を活用するのが良いのか、経理業務に向いている人の適性やスキルなどをご紹介します。

経理業務には適性がある

経理業務に興味があっても、向いている人と向いていない人が存在します。未経験でも経理業務に適性のある人材であれば経理職で自身のスキルを磨いてキャリアアップする事も夢ではありません。

経理業務の適正屋スキルはいろいろありますが、すべての適性に当てはまらなくても、該当する適性が多い場合は経理業務に向いている可能性があります。経理業務の適性をチェックして挑戦してみてはいかがでしょうか。

経理業務に向いている人とは?適性やスキル15選

経理業務に向いている人にはどのような適性があり、スキルを持っているのかご紹介します。適性やスキルはいろいろありますので、すべての項目で当てはまっているという方は少ないのではないでしょうか。

経理の仕事は事務職の中でもお金を扱うため、企業にとっても大切なポジションの業務であると言えます。企業の発展に貢献したい、自分の適性スキルを磨いてよりキャリアアップを目指したいという方にオススメです。

経理業務に向いている人の適性やスキル1:計算が得意

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「計算が得意」な方が良いでしょう。計算が好きではなくとも、計算する事は得意であったり、電卓を叩いたりする事が苦ではない方は経理業務に向いていると言えます。

パソコン上のエクセルなどに数値を打ち込む場合、電卓を直接使う機会は少ない場合もありますが、小さい頃から計算が得意だったという方は、経理に必要な適性を持っていると言えるのではないでしょうか。

経理業務に向いている人の適性やスキル2:集中力がある

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「集中力がある」事が大切です。経理はデスクワークが多くたくさんの数字を入力したり、電卓を叩いたりとする事がたくさんありますが、どれも間違いのないように集中しておこなわなければいけない作業です。

小さなミスが取り返しのつかない問題に発展してしまう事もありますので、経理の仕事には集中力が欠かせません。集中力散漫な方の場合は向いていないという事になります。

経理業務に向いている人の適性やスキル3:表計算ソフトを使いこなせる

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「表計算ソフトを使いこなせる」事も考えられるでしょう。経理業務を毎日おこなっていく中で、必須道具といえば「パソコン」と「電卓」です。パソコンでは表計算ソフトを活用して数値を入力していく事になるでしょう。

デーナ入力だけではなく、数字のチェックや書類管理、仕訳なども経理業務の中に含まれています。マイクロソフトエクセルは特に使う事の多いソフトです。

経理業務に向いている人の適性やスキル4:一人での作業が好き

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「一人での作業が好き」という事も考えられるでしょう。

間違いがあっては大きなトラブルに繋がってしまうため、経理業務は集中しておこなう必要があります。そのため多くの人の手を介さずに一人で淡々とこなしていく作業がほとんどになるのではないでしょうか。

1人で作業をしているのが苦手な方や、グループでの作業の方が好きという方は経理業務に向いていない可能性があります。

経理業務に向いている人の適性やスキル5:説明する事が得意

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「説明する事が得意」だと、スムーズに仕事を進めていく事ができます。

経理業務はデスクワークや一人だけでおこなう作業ばかりではありません。数値を見せてどうしてこのような値になるのか、わからない部分に関して数値の意味を聞かれる事もあります。

資料を一目見ただけで数値の意味や理由を説明できれば、自身の評価やキャリアアップへも繋がっていくのではないでしょうか。

経理業務に向いている人の適性やスキル6:簿記の知識がある

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「簿記の知識がある」と優遇される場合があります。企業にもよりますが、経理職に簿記の知識を求める事もありますので、知識として身に着けておいて損はしないでしょう。

最低限の基礎知識を身につける事もできますので、経理の仕事をこなしながら簿記試験を受けて資格手当をもらう事も可能になるでしょう。転職などを考えている場合にも簿記の知識はアピールポイントになります。

経理業務に向いている人の適性やスキル7:パソコンスキル

経理業務に向いている人の適性やスキルとして必要な事は「パソコンスキル」です。パソコンスキルは経理業務をおこなう上で欠かす事のできないスキルであると言えるでしょう。

ただ単にネットサーフィンや文字が打てるというレベルのパソコンスキルではなく、エクセルをはじめとするパソコンスキルです。経理として書類を作成する事もありますし、文書ないに表やグラフを記入する事、書式を変える事などもスキルとして求められます。

経理業務に向いている人の適性やスキル8:コミュニケーションスキル

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「コミュニケーションスキル」がある事も重要となってくるでしょう。一人で毎日コツコツとデスクでパソコンに数値を入力していくだけでは経理業務は務まりません。

経理の仕事には全体の部門で協力し合って管理していく業務もあります。そのため人とのコミュニケーション能力がある人材は経理に向いていると言えるでしょう。コミュニケーションはどの職場でも必要なスキルでもあります。

経理業務に向いている人の適性やスキル9:整理整頓が得意

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「整理整頓が得意」という事も考えられるでしょう。経理業務ではまだまだ書類ベースで作業をおこなっていますので、書類のファイリングや帳簿管理なども業務に含まれます。

整理整頓が得意な方であれば、膨大な量の書類管理も苦ではなく、後からでも見やすくファイリングする事ができるのではないでしょうか。デスクの上もキレイにしておけば作業効率もアップします。

経理業務に向いている人の適性やスキル10:確認する事が苦ではない

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「確認する事が苦ではない」という事もあげられます。経理業務には細かな数字の確認などが多くありますが、ミスをなくすためにその都度確認する事が大切です。

こまめに確認できる人や、確認作業が苦ではない方は結果的にミスをなくす事ができるようになり、仕事もスムーズにはかどるでしょう。取り返しのつかないミスがなくなるようにチェックしながら業務をすすめる必要があります。

経理業務に向いている人の適性やスキル11:勉強意欲がある

経理業務に向いている人の適性やスキルには「勉強意欲がある」事も含まれます。基本的には同じ作業の繰り返しでもある業務内容に対し、自身でも他の部署についての業務内容を勉強して協力し合うなど、新しい事に挑戦してみたくなるような勉強意欲が経理業務には必要です。

やっていられないと感じる様な作業でも勉強だと考えて、進んでこなしていく事ができる方は経理業務に向いているでしょう。

経理業務に向いている人の適性やスキル12:長時間のデスク作業が苦ではない

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「長時間のデスク作業が苦ではない」事もポイントのひとつです。経理業務は主にデスクワークになりますし、腰に痛みを抱えている方やじっと座って作業を続ける事ができない方は経理業務には向いていない可能性があります。

経理業務にチャレンジしてみたいと感じていても、デスクワークにストレスを感じたままでは前向きに仕事をおこなう事ができなくなってしまうのではないでしょうか。

経理業務に向いている人の適性やスキル13:口が堅い

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「口が堅い」事も大切なポイントです。

会社内部の経理状況を知っていても、情報漏洩は社会人としてもやってはいけない事であり、会社同士の取引などにも影響がでたりもするでしょう。秘密を守る事ができる様な口の堅さが経理には必要です。

経理業務に向いている人の適性やスキル14:ルーティンワークが好き

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「ルーティンワークが好き」な事もポイントです。

経理業務は基本的に毎日決められた作業をコツコツ地道にこなしていく事がほとんどで、一日の中で決められた業務をこなし、一か月単位、一年単位で同じような作業が何度か巡ってこなさなければいけません。

経理の仕事はルーティンワークである事も含め、同じことの繰り返し作業でもあまり苦ではない方が向いていると言えるでしょう。

経理業務に向いている人の適性やスキル15:記憶力が良い

経理業務に向いている人の適性やスキルとして「記憶力や良い」事も必要な事柄といえるでしょう。年に一度しか行わない業務などがある場合、過去にどのような作業をおこなったか覚えていないとスムーズに業務をこなすことができなくなってしまいます。

経理業務担当者が適性やスキルを磨く方法

経理業務担当者として適性やスキルを磨く方法をご紹介しますので、経理業務を担当するという方や、経理業務に興味を持っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

経理業務には適性がある事が分かっていますが、自身の長所として適性やスキルを磨いてキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

専門性の高い経理スキルや適性は、手に職をつける事と同じくらい今後の仕事に役立ちますので、転職などにもおすすめです。

経理業務の適性を磨く方法1:コツコツと作業をする趣味を持つ

経理業務の適性を磨く方法として「コツコツと作業をする趣味を持つ」という事が考えられるでしょう。経理の仕事はコツコツとした地道な作業が必要になる仕事であり、人材に対しても「コツコツと作業をする事が苦ではない」という適性が求められます。

「コツコツと作業をする趣味」にはさまざまな種類がありますが、細かい作業の多いプラモデルやパズル、塗り絵などといった集中力も必要とする趣味がオススメです。

経理業務の適性を磨く方法2:資格を取る

経理の適性を磨く方法として「資格を取得する」事もオススメです。経理業務で活用できる資格はいろいろありますが、「MOS」「日商簿記」「PASS」などといった資格を取得しておく事は将来的にも自身の強みや武器になりますし、アピールポイントにもつながります。

キャリアアップを目指している方にとって、有効な手段です。毎日の業務をこなしながら資格取得を目指す事は簡単ではありませんが挑戦する価値はあるでしょう。

MOS

経理に関係する資格として「MOS」はあると良いでしょう。「MOS」とはマイクロソフトオフィススペシャリストの事で、経理だけではなく一般事務も持っていると有利になる資格です。

日商簿記

経理には「日商簿記」もおすすめです。経理としてのスキルアップを目指すのであれば「日商簿記」は2級以上を目指しておくと有利になります。日商簿記2級は決して簡単ではありませんので、しっかりと勉強してから挑戦しましょう。

PASS

「PASS」資格も経理に必要な資格といえるでしょう。「PASS」はPASS経理事務パスポート検定に合格すると得る事ができます。どのような業界であっても対応可能な経理知識を身につける事ができますので挑戦してみて下さい。

経理業務の適性を知ろう

経理に向いている人の適性やスキルについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。経理業務の適性を知る事でどのような経理担当者になりたいのか、経理に活かす事ができる適性やスキルをどのように磨いていけば良いのかを考えてキャリアアップを目指しましょう。

経理業務における適性やスキルを磨けば、将来的な独立を考えている方や転職を希望している方にとって、大きな強みであり武器になる事は間違いないでしょう。

Related