Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

カナダで転職するために知っておきたいこと11選|転職する方法4選

カナダで転職するためにはカナダ本土の企業に就職する必要があります。そのためには語学力を高めておき、現地の風習や文化を理解しておきましょう。また、カナダで転職を探すためには就労ビザを発行したり、労災を申請することも忘れないようにしましょう。

カナダで転職するために知っておきたいこと11選|転職する方法4選

カナダで転職したい人が増えている

カナダで転職したい人が増えています。カナダは自然が多く、環境が良いため気候が安定しているからです。また、カナダ人は多くの種族を受け入れることに抵抗がないので、カナダで転職したい日本人が増えています。

カナダで転職を考えている人は、カナダに住むための風習や生活習慣を理解して、自分の能力を発揮できる企業を見つけるようにしましょう。

英語を身につけたい

英語を身につけたいことも、カナダで転職したい人の目的です。カナダで生活して働ければ、英語力を身につけることができるので仕事での語学力アップを狙えます。また、カナダ本土で語学を学んだということでより実践的な英語を身につけることが可能です。

カナダで英語を身につけたい人は、日本でカナダで生活するために必要な英語力つけておき、カナダ本土で段階的に英語力を高めることが大切です。

自然が多い

カナダに転職することができれば、自然の雄大さを感じることができます。カナダは日本より広い国というだけでなく、森や山がそのまま残っており、自然の雄大さを感じることができます。また、治安が良い場所が多く安心して暮らすことができるでしょう。

カナダでの転職を検討している人は、自然の豊かさを感じられる場所に住むことを考えてみたり、自然に関わる仕事をしたりすることでカナダの風土の良さを満喫しましょう。

比較的治安がいい

比較的治安が良いことも日本人がカナダに転職したい理由になっています。カナダは他民族を受け入れる文化があるだけでなく、カナダ人自体が争いを嫌うので比較的治安が安定しています。

カナダで転職をする人は、治安の良いと言われる場所で生活することになっても、地域の人とコミュニケーションを取り、自分の身を守ることを忘れないようにしましょう。

カナダで転職するために知っておきたいこと11選

カナダで転職するために知っておきたいことが11点あります。国外で転職活動をするので、言葉の壁を乗り越えることだけでなく、カナダで働くための下準備が必要になります。

カナダで転職を考えている人は、カナダ政府からの就労許可証を発行してもらいながら、日本でインターネットを利用して仕事を探したり、カナダと関わりがある企業を探したりすることで転職を成功させましょう。

カナダで転職するために知っておきたいこと1:英語力

カナダで転職するために知っておきたいことに英語力があります。カナダ本土では英語がベースとなっているので、英語力がなければカナダの企業で仕事をしていくことができません。そのため、ある程度の英語力をつけておく必要があります。

カナダで転職を考えている人は、日本で英語の基礎的な語学力を高めておき、カナダでの生活や仕事に困らないようにしておきましょう。

カナダで転職するために知っておきたいこと2:就労ビザ

カナダで転職するために知っておきたことに就労ビザの取得があります。就労ビザがないとカナダで仕事をしていくことができないので、カナダ政府で就労許可証を発行してもらいましょう。就労ビザがないまま就労した場合、違法となるので気をつけるようにします。

カナダで転職を考えてる人は、カナダ政府から受け取った就労許可証をサービスカナダのオフィスに持っていき、SINを発行してもらい就労に必要な環境を整えましょう。

カナダで転職するために知っておきたいこと3:勤務時間は明確か

勤務時間は明確かどうか確かめておくことも、カナダで転職するために知っておくべきことです。カナダでの基本的な労働時間は8時間となっているので、長時間での勤務を推進している企業は労働環境が劣悪な場合があるので避けるようにしましょう。

カナダでの転職を考えている人は、入社を希望している企業の勤務時間を調べておき、面接の際、面接官に詳しい勤務時間を確認しておくようにします。

カナダで転職するために知っておきたいこと4:休日数は明確か

休日数は明確かどうか確かめることも、カナダで転職するために知っておきたいことです。カナダでは1日7時間から8時間の勤務となり、週40時間の勤務を基本としているので、週2日の休みをもらえることになっています。

カナダで転職を考えている人は、面接で週の勤務日数を確認しておき、1年で取得できる有給の日数なども確認しておきましょう。

カナダで転職するために知っておきたいこと5:年収は十分か

年収は十分なのかも、カナダで転職するために知っておきたいことです。日本人がカナダで働く場合、新入社員の月給分しか受け取れないこともあるので、高い語学力を身につけて働く必要があります。まずは、面接の際に基本給や月給を聞いておきましょう。

カナダで転職を考えている人は、日本での職務経験を活かせる職場をカナダで探し、自分の能力を発揮できる会社を見つけることで安定した収入を得ましょう。

カナダで転職するために知っておきたいこと6:周囲に娯楽施設はあるか

周囲に娯楽施設があるかどうかもカナダで転職するために知っておきたいことです。娯楽施設がないと日々の仕事の疲れを癒すことが難しくなるので、日本人が利用しやすい施設があるかどうか探しておく必要があります。

カナダでの転職を検討している人は、娯楽施設がある場所や自然の豊かさ感じられる場所に住むことで気分転換を図るようにしまう。

また、車の免許を取っておき、レジャーを楽しむ方法もあります。

カナダで転職するために知っておきたいこと7:日本人は多いか

日本人が多いかどうかもカナダで転職するために知っておきたいことです。何か困ったことがあった場合や、カナダで生活していく上で必要になることは、現地の日本人に聞いた方が理解しやすいことがあるからです。

日本人が多い地域はバンクーバーやトロントなので、それらの地域で転職をしましょう。

カナダで仕事を探す人は、あらかじめ日本人が多い場所に住むようにし、勤める企業も日本人が多く働いている職場を選ぶようにしましょう。

カナダで転職するために知っておきたいこと8:社会保障

どのような社会保障を備えている会社なのか知っておくことも、カナダで転職するために確認しておくべきことです。カナダは日本との年金での協定を結んでおり、日本の年金制度の適用調整をしてもらうことができます。

カナダで転職を考えている人は、カナダ年金制度の仕組みを理解して日本の年金の適用調整をしましょう。また、しっかりした待遇や社会保障が備わっている職場を選ぶようにします。

カナダで転職するために知っておきたいこと9:年末調整は可能か

年末調整は可能かどうかも、カナダで転職するために知っておきたいことです。カナダでも年末調整は可能ですが、自身で手続きを行う必要があります。

カナダで年末調整をする人は、公的機関や郵便局に備え付けてある用紙で提出したり、オンラインで申請をしたりしましょう。また、詳しいことが分からない場合は税理士に依頼するようにします。

カナダで転職するために知っておきたいこと10:労災はあるか

労災があるかどうかもカナダで転職するために知っておくべきことです。カナダでも日本のように仕事中の怪我などを保証する労災があるので、カナダで転職先を見つけたら労災保健事務所で労災の申請をしましょう。

カナダで仕事をする人はカナダでの労災の申請をしておき、担当医に業務上での怪我だということをはっきり伝えることが大切です。

カナダで転職するために知っておきたいこと11:長期雇用か

長期雇用かどうかもカナダで転職先を見つけるために知っておくべきことです。カナダは労動環境が整っている印象がありますが、中には曖昧な労働契約をして違法に働かせる職場もあるので、待遇や社会保障、長期雇用かどうか知っておく必要があります。

カナダで転職先を探す人は長期雇用での仕事を見つけるようにして、法律に詳しい人のアドバイスを受けながら、労働契約を結ぶようにしましょう。

カナダで転職するための方法4選

カナダで転職するための方法が4つあります。インターネットを活用して、外国専門のエージェントを利用する方法や、日本企業とつながりがある会社から転勤する方法があります。また、カナダの知り合いや友人のツテを辿って仕事を探すことも可能です。

カナダで転職先を見つけたい人は、インターネットや外国専門の転職エージェントなどの良い情報ばかりに注目せず、求人全体のメリットとデメリットを考えることが大切になります。

カナダで転職するための方法1:インターネット

カナダで転職するための方法として、インターネットで探すことができます。カナダの企業の求人にインターネットで応募して、カナダ本国で面接を受け合格し、採用してもらえばカナダで働くことができます。

インターネットでカナダでの仕事探しを考えている人は、メールの文章の意味を理解するためにも英語力を高めておき、自分でできる範囲で転職先を見つけるようにします。また、就労ビザや旅費の都合を考えておくことも大切です。

カナダで転職するための方法2:外国専門の転職エージェント

カナダで転職を見つける方法に外国専門の転職エージェントを利用して探すこともできます。外国専門の転職エージェントを利用すれば、国ごとに注意すべきことが分かりやすくなるので、日本人が働きやすい職場を見つけることができます。

外国専門のエージェントを利用する人は、spring転職エージェント(アデコ)やリクルートエージェントで自分に合った職場を探しましょう。

カナダで転職するための方法3:ワーキング・ホリデー

ワーキングホリデーを利用してカナダで転職先を探すことができます。ワーキングホリデーはカナダと日本の協定の中で異文化を学びながら、一定の期間働くことができる制度です。そのため、ワーキングホリデーで仕事を広げながら正規での社員を目指すことも可能です。

ワーキングホリデーを利用して働く人は、ワーキングホリデー協会に登録を済ませておき、ビザの申請や航空機の費用を用意してカナダで働くための条件を揃えましょう。

カナダで転職するための方法4:カナダに営業所がある日本企業に転職

カナダに営業所がある日本企業に転職するのも、カナダでの転職先を見つける一つの方法です。カナダに営業所がある日本企業に就職して、成果を残せるように仕事をして認めてもらえば、カナダの営業所で仕事をするチャンスが生まれます。

カナダで転職先を探したい人は、英語だけでなく他の言語も堪能にしておき、会社で国際的に仕事をする部署に就くことでカナダ営業所の転勤を目指しましょう。

カナダで転職するときは十分に準備しよう

カナダで転職するときは十分に準備しておくことが大切です。異国での仕事探しになるので、言葉の壁や文化の違いで、思うように職探しが上手くいないことがあるからです。また、カナダで働きたい日本人が多いため、多くの経験やスキルを積んでおく必要があります。

カナダで仕事を探す人は英語以外の語学を学んでおき、カナダ人の風習や文化を理解することで、カナダで仕事をしていくために必要なことを心得ておきましょう。

Related