Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

【役職別】ファイナンシャルプランナーの平均年収5選|年収をあげる方法

お金の専門家であるファイナンシャルプランナーについてご存知でしょうか。人の生活においてお金が関わる場面は多く、ファイナンシャルプランナーは今後も必要となる職業です。ここではファイナンシャルプランナーの役職別の平均年収や年収を上げるポイントなどをご紹介します。

【役職別】ファイナンシャルプランナーの平均年収5選|年収をあげる方法

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンジャルプランナーとは、お金の面での顧客のさまざまな悩みをサポートし、アドバイスをする専門家です。

主な顧客は個人となります。ファイナンシャルプランナーは収支や負債、家族構成、資産状況などの情報提供を受け、それをもとに顧客の将来のライフプランニングに最適な資金計画や具体的なアドバイスをする役目を担います。

ファイナンシャルプランナー業界の現状

ファイナンシャルプランナーが活躍できる場面は多岐にわたります。

人生のうちで資産が関係する場面は多いため、ファイナンシャルプランナーは金融業界や不動産会社などさまざまな業界で働けます。

また、経験を積むと独立も選択のひとつとなりますので、専門知識を活かしてさまざまな働き方ができる可能性があるといえます。

ファイナンシャルプランナー業界の将来性

FP技能士は経済分野の国家資格という強みがあります。

ファイナンシャルプランナーの需要は大きく、今後も引き続き有資格者が優遇される傾向は続くでしょう。

ただし、金融の仕組みは複雑となるため、詳しい知識に加えて実務経験や新しい情報が必要になります。

そのため、専門以外の分野以外の知識も積極的に学び、常にスキルアップしていくことが必要になります。

ファイナンシャルプランナーの平均年収は?

ファイナンシャルプランナーの平均年収は300万円~400万円です。

平成29年度の「賃金構造基本統計調査」が発表した全職種の平均年収は491万円となっていました。そのため、ファイナンシャルプランナーの平均年収は100万円~200万円前後下回っていることがわかります。

ただし、業界ごとに平均年収は変わります。不動産業界は平均年収650万円とも言われていますので、一概にこの年収水準とは言えません。

【役職別】ファイナンシャルプランナーの平均年収5選

ファイナンシャルプランナーの役職ごとの平均年収はどうなっているのでしょうか。

平均年収は業界ごと、役職ごとに異なります。また、ファイナンシャルプランナーはさまざまな場所で働いており、そういった違いによりどうしても格差が生じてしまいます。

日本では現在、ファイナンシャルプランナーの約9割が企業で働いているといわれています。そのため、ここでは企業で働いている場合の役職別の平均年収についてご紹介します。

【役職別】ファイナンシャルプランナーの平均年収1:メンバー(新卒含む)

新卒を含む20代のファイナンシャルプランナーの平均年収は256万円となっています。

平均月額給与は16万円、ボーナスは64万円程度の水準となっています。ファイナンシャルプランナーは経験や実績が重要視される職業ですので、若い世代のファイナンシャルプランナーの収入は低めだといえます。

【役職別】ファイナンシャルプランナーの平均年収2:主任

主任クラスのファイナンシャルプランナーの平均年収は343.2万円となっています。

平均月額給与は21.5万円、ボーナスは85.8万円程度の水準となっています。

また、FP技能士2級以上を持っていると資格手当が付くことが多いため、有資格者は基本給に加えて月に1〜2万円程度給料が上乗せされます。

【役職別】ファイナンシャルプランナーの平均年収3:係長

係長クラスのファイナンシャルプランナーの平均年収は427.2万円となっています。

平均月額給与は26.7万円、ボーナスは106.8万円程度の水準となっています。係長クラスではまだ全職種の平均年収の水準に達していないことがわかります。

【役職別】ファイナンシャルプランナーの平均年収4:課長

課長クラスのファイナンシャルプランナーの平均年収は564.5万円となっています。

平均月額給与は35.3万円、ボーナスは141.1万円程度の水準となっています。役職者でもダブルライセンスを取得している場合、さらに高い年収水準となる場合があります。

【役職別】ファイナンシャルプランナーの平均年収5:部長

部長クラスのファイナンシャルプランナーの平均年収は624.0万円となっています。

平均月額給与は39.0万円、ボーナスは156.0万円程度の水準となっています。企業に勤めるファイナンシャルプランナーは会社の給与体系に従うことになるため、独立して成功している場合に比べて年収は低い水準となります。

ファイナンシャルプランナーで年収をあげる方法4つ

ファイナンシャルプランナーで年収を上げるにはどのような方法があるのでしょうか。

業界や役職ごとに年収の異なるファイナンシャルプランナーですが、現在の状況からでも年収を上げる方法があります。

ここではファイナンシャルプランナーで年収を上げる方法4つをご紹介します。

ファイナンシャルプランナーで年収をあげる方法1:副業として収入を得る

ファイナンシャルプランナーの資格があると、副業として収入を得ることも可能です。

ファイナンシャルプランナーの副業としては、保険や不動産のコンサルティング事業、金融商品の販売代行、お金に関する書籍の執筆やメディア運営、資産運用の相談業務などが挙げられます。

副収入としては平均50万円前後の場合が多いでしょう。ただし、副業が禁止されている会社で働いている場合は職務規定違反になるため注意が必要です。

ファイナンシャルプランナーで年収をあげる方法2:積極的に営業をかける

ファイナンシャルプランナーで年収を上げる方法で、標準的な方法が積極的に営業をかけることです。

お金に関する相談ごとが主な仕事内容ですが、資格を持っているだけでは顧客は増えません。

ファイナンシャルプランナー自身が積極的に営業をかけて、新規顧客を獲得することで収入が上がっていくといえます。

また、積極的に情報発信を行うことで、雑誌のコラム執筆の依頼など新しい仕事を得るのチャンスも増えます。

ファイナンシャルプランナーで年収をあげる方法3:独立する

ファイナンシャルプランナーとして独立すれば年収を上げることが可能です。

独立すると成功報酬が収入に直結します。そのため年収を上げることも可能ですが、収入が安定しない面もあります。

まずは経験を積んで実績を上げ、顧客から信頼される条件をクリアしましょう。信頼があれば営業もかけやすくなり、顧客からの紹介も増えます。

そのため、経験が豊富な人ほど、独立をすれば年収を上げることができるといえます。

ファイナンシャルプランナーで年収をあげる方法4:ダブルライセンスを目指す

ファイナンシャルプランナーだけでなく税理士や公認会計士、宅建などダブルライセンスを目指すことでさらに年収を上げることが可能です。

知識が増えることで専門性が高くなり、仕事の幅を広げることができます。

しかしどの資格も簡単に取得できるわけではないため、取得後のビジョンをできるだけ具体的に持ち、自分がどの分野に専門特化するか検討してから取得する資格を決めましょう。

役職別のファイナンシャルプランナーの年収の平均を知ろう

ファイナンシャルプランナーは今後も重要視される職業です。

近年はインターネットでさまざまな知識が手に入りますが、お金の仕組みや制度はわかりにくい面があります。

また、金融系の商品やサービスが多様化しているため、どれが自分に合っているのか判断できない場合も多くあるでしょう。

今後も重要な仕事になるといえるファイナンシャルプランナーの収入や年収なども知り、さらに理解を深めていきましょう。

Related