Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

【役職別】MRの平均年収5選|MRの平均年収は?|年収をあげる方法4つ

この記事では、役職別のMRの年収の平均を知りたい人が役職別のMRの年収の平均を理解するために役職別の平均年収はもちろんですが、補足としてMRの現状・将来性についてや年収を上げるための方法について紹介することでより詳しいところまで紹介しています。

【役職別】MRの平均年収5選|MRの平均年収は?|年収をあげる方法4つ

MRとは?

MRとは、正式名所を医薬情報担当者といいます。

基本的には、MRは製薬会社に所属し、自社の医療用医薬品情報(品質、有効性、安全性など)を医師や看護師などの医療従事者に提供し、実際に使用された医薬品の副作用情報を収集し製薬会社にフィードバックすることを主な業務としています。

注意することとしてはMRは営業職ですが、医薬情報の提供や、集めた副作用情報の収集が主であり、販売促進活動が目的ではないところです。

MR業界の現状

最近までの売上の推移から大手、中堅企業それぞれ横ばいか微増となっています。

製薬会社は次々と新薬を発売していますが、厚生労働省による高齢化社会に対応していくための医療費の削減やジェネリック医薬品のシェアが増加していることから売上が横ばいあるいは微増となっています。

近年では、生活習慣病の薬剤よりも治療の難しいがんや希少疾患の新薬の開発にかなり力を入れることでさらなる売上増加を目指しています。

MR業界の将来性

最近の製薬会社は、国による薬剤費の削減の影響を受けて新しい戦略を展開しています。

戦略としては、海外への進出とより専門性の高い製品への方向転換を図っています。海外での売り上げの増加や海外の製薬会社の買収を行うことで、さらに成長することができます。

また、近年では生活習慣病に関する薬はジェネリック医薬品に取って代わられているので、希少性のある薬を開発、販売することでさらなる利益の確保に努めています。

MRの平均年収は?

MRの平均年収は684万円となっています。

月の給料は、40万円程度となります。日本の平均年収は、432万円となっていますので、それよりもMRの平均年収は高い金額になっており、MRの業界は平均的に年収が高いということがわかります。

【役職別】MRの平均年収5選

ここでは、MRの5つの役職別の平均年収について紹介していきます。

MRがそれぞれの役職でどのような仕事をして、どれくらいの給料がもらえるのかを知り、どの役職で年収がいくらなのかを知りましょう。

【役職別】MRの平均年収1:メンバー(新卒含む)

メンバーの平均年収は、681.7万円となっています。

メンバーとは、特に役職がついていないMRに対する呼称となっています。平均給与額は、42.6万円となっています。日本の平均年収は、432万円となっていますので、それよりもMRは高い年収となっており、MRの業界は平均的に年収が多いということがわかります。

【役職別】MRの平均年収2:主任

主任の平均年収は、586.9万円となっています。

主任の給料の内訳は月額給料の平均が36.7万円となっており、ボーナスの平均が146.7万円となっています。

メンバーよりも下がる原因としては、大手と中小企業とを比べた際に平均年収の開きがあるためこのようになりました。それでも、日本の平均年収は、432万円よりは高いものとなっています。

【役職別】MRの平均年収3:係長

係長の平均年収は、730.5万円となっています。

係長の給料の内訳は月額給料の平均が45.7万円となっており、ボーナスの平均が182.6万円となっています。係長まで行くとMRの平均年収を超えた年収を手にすることができます。

日本の係長での平均年収が702万8,700円なので、MRはより他業種も含んだ平均となる多くの年収をもらえているということがわかります。

【役職別】MRの平均年収4:課長

課長の平均年収は、965.3万円となっています。

課長の給料の内訳は月額給料の平均が、60.3万円となっており、ボーナスの平均が241.3万円となっています。日本の課長での平均年収が884万3,000円なので、MRの課長はより他業種も含んだ平均よりも多くの年収をもらえているということがわかります。

【役職別】MRの平均年収5:部長

部長の平均年収は、1,067.0万円となっています。

部長の給料の内訳は月額給料の平均が、66.7万円となっており、ボーナスの平均が266.8万円となっています。

日本の部長での平均年収が1,073万400円なので、MRの部長はより他業種も含んだ平均よりも少し低くなってしまいます。部長職の場合は、平均年収が日本の部長の平均年収とほとんど同じとなります。

MRで年収をあげる方法4つ

ここからは、MRで年収をあげるための方法について紹介していきます。

上では、MRの平均年収や役職別の年収について紹介していきました。ここからは、MRの方で、現在の年収に満足していない、もっと年収を上げたいという方などどのように年収を上げれば良いのかなどを紹介していきます。興味がある方は参考にしてみてください。

MRで年収をあげる方法1:昇進

MRで年収を上げる方法その1は、昇進です。

昇進は、年収を上げる手段としてとても当たり前のことですが、上で紹介した役職別の平均年収をみてもわかるように日本の各役職の平均年収を上回っている役職が多いので、役職がついたり上がったりすれば確実な年収アップにつながり、十分な年収を手にすることができます。

MRで年収をあげる方法2:担当する薬剤を変える

MRで年収を上げる方法その2は、担当する薬剤の変更です。

MRの世界では担当する薬剤によって、営業成績が大きく異なります。一昔前まで主流だった生活習慣病に対する薬などはこれから勢いを失っていき、売上はジェネリックに取って代わられ、減っていくとされています。

これからは希少疾患、抗がん剤やニューロサイエンスの分野の薬剤の売上が増加すると言われていますので、そちらの担当を目指してみましょう。

MRで年収をあげる方法3:常に新しい情報を手に入れておく

MRで年収を上げる方法その3は、常に新しい情報を手にしておくことです。

MRは医者を始めとした医療従事者に対して薬剤の説明を行う職業となっていますので、より専門的で高度な情報を理解することはもちろんです。

そして、現在の医療界の流れや他の製薬会社がどのようなことを考えているのかを常に捕まえているようにすることでより詳しく、わかりやすい営業を行うことができ、業績の向上も見込め、年収の向上に繋がります。

MRで年収をあげる方法4:転職

MRで年収を上げる方法その4は、同業他社への転職です。

転職を考える際には、大手企業だけでなくベンチャー企業も視野に入れて転職活動を行うことで現在よりも遥かな好条件を引き出せることもありますので、幅広く現在の医療界の流行と合わせて判断しましょう。

役職別のMRの年収の平均がわかりましたか?

役職別のMRの年収について紹介していきました。

その他には、MRの現状・将来性についてや年収を上げるための方法について紹介していきました。興味を持った方はより具体的に調べてみてはいかがでしょうか。

この記事を通じて、役職別のMRの年収について理解しましょう。

Related