Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

管理職の試験内容4つと合格する人の特徴5つ|昇進や昇格を目指そう!

ここでは、管理職の試験についてみていきます。管理職になるためには、試験をうけて合格しなければなりません。試験内容の詳細や、どんな人が昇進試験にごうかくするのか、など詳しく見ていきます。これから管理職試験に挑戦する方にご覧いただけたら幸いです。

管理職の試験内容4つと合格する人の特徴5つ|昇進や昇格を目指そう!

管理職の昇進や昇格に必要な試験とは?

ここでは、管理職の昇進や昇格についてみていきます。管理職に昇進するためには、通常試験を受けることが多いです。試験は、その人を管理職にふさわしいかどうか、多角的にみるために行われています。

管理職の昇進試験に確実に合格するために、昇進試験に関していろいろな角度から掘り下げていきます。ぜひご覧ください。

試験を行う目的

仕事ができる人が必ずしも管理職になれるとは限りません。管理職になれる人材とは、やはりマネジメント能力がある人です。

管理職への昇進試験を行う目的の一つとして、マネジメント能力を見極めるためということが挙げられます。


また、試験を受ける本人に対して、キャリアアップのチャンスを与えるという意味合いもあります。そして、昇進に関して、公平性、透明性を保つ意味でも試験は必ず必要になってきます。

管理職の主な試験内容4つ

ここからは、管理職への昇進試験の試験内容について具体的に見ていきます。試験内容は、専門知識や一般常識などの定着を確認する試験に加えて、それとは別に、管理職としての適性を見極めるための適正検査があります。

以下で具体的に試験内容をみていきます。管理職への昇進を希望する方はぜひ試験対策の参考にしてください。

管理職の主な試験内容1:適性検査

適性検査は、言うまでもなくマネジメント能力があるかどうか、管理職としての適性があるかどうかの試験になります。通常、外部の専門機関によるテストを実施します。

その人が本来持っているコミュニケーション能力、ストレスに対する耐性、リーダーシップ力、マネージメント能力などを総合的にみていきます。

管理職の主な試験内容2:面接

面接は、その人の持っている能力以上に、人柄やパーソナリティを確認する場になっています。

管理職になっても今まで以上に力を発揮することができるのか、部下をうまくまとめていくことができるのか、を話をしながら見極めていきます。

その際、本人のキャリアアップへの希望や意欲などもみられますので、事前に十分に対策することが大切です。

管理職の主な試験内容3:小論文

小論文では、テーマに沿って文章を書く能力をテストします。小論文をみることによって、問題を解決する能力があるかどうか、また論理的な思考がどの程度できるかなどを見極めることができます。

テーマに沿った的確な文章を書くことができるかどうかは、ビジネスシーンにおいても相手の意図をくみ取りながら問題解決を行えるかどうかにつながる重要なポイントです。

普段からテーマに沿った文章を書く練習をしておきましょう。

管理職の主な試験内容4:語学試験

昇進試験に語学能力をみるという企業が近年増えています。社内のグローバル化を図ろうという意図で、昇進試験の際に語学試験を加えています。語学試験がネックになって、昇進試験がうまくいかないという人が多く見られます。

具体的にTOEICのスコアで基準点を設けて、ポジションにより昇進の目安としているところが多いです。普段から語学力を磨く努力をしましょう。

管理職の昇進や昇格における判断基準例4つ

ここからは、管理職への昇進における判断基準がどのようになっているのか、についてみていきます。管理職へ昇進させるかどうかは、とても重要な問題です。

通常、管理職への昇進は、人事部において昇進の判断基準が設けられているのが一般的で、基準に従って、昇進の可否を決めています。この基準は、きわめて客観的で、透明性が高いので公平性を保つことができます。

管理職の昇進や昇格における判断基準例1:勤続年数や滞留年数

管理職への昇進や昇格における判断基準の1つ目として、勤続年数が挙げられます。年功序列制度が崩れてきてているものの、管理職への昇進の判断基準として勤続年数を採用している企業は少なくありません。

ある程度の勤続年数があることで、初めて昇進試験をうける資格が与えられるという仕組みになっています。きわめて公平性の高い判断基準といえるでしょう。

管理職の昇進や昇格における判断基準例2:人事評価

管理職の昇進や昇格における判断基準の2つ目として、人事評価が挙げられます。人事評価は、その人自身の能力をはかる上でとても重要な判断材料です。通常人事評価は、4段階~5段階くらいでつけられています。

昇進への判断基準として、直近の人事評価が上から2つ目以上であること、など会社によって具体的で細かい基準が設けらています。

管理職の昇進や昇格における判断基準例3:知識テストや論文作成

管理職の昇進や昇格における判断基準の3つ目として、知識テストや論文作成があります。知識テストは、管理職としての最低限の知識や教養をチェックします。

この知識テストは、外部の専門機関が作成したテストを採用する会社もあれば、自社で独自に作成したテストを行う会社もあります。

また論文は、その人の考え方やパーソナリティを見極めるために行われます。テーマに沿った文章を書くことで、問題解決能力などをみていきます。

管理職の昇進や昇格における判断基準例4:経営者や役員との面接

管理職の昇進や昇格における判断基準の4つ目として、経営者や役員との面接が挙げられます。この面接は、一連の昇進試験の最後に行われることが多いでしょう。経緯者や役員は、試験の結果を把握したうえで、候補者に対して面接を行います。

役員面接では、一連の試験結果を踏まえ、リーダーシップ度や人柄など管理職にふさわしいかどうかの判断を下します。

管理職の試験に合格する人の特徴5つ

ここからは、管理職の試験に合格する人の特徴をみていきます。管理職の試験に合格する人は共通した特徴を持っています。

これから試験に挑戦する方は、ご自身がこの共通点にあてはまるかどうか、判断してみて下さい。ぜひ、合格する人の特徴をつかんで、試験に臨んでください。

管理職の試験に合格する人の特徴1:昇進や昇格したい明確な理由がある

管理職の試験に合格する人の特徴の1つ目として、昇進や昇格したい明確な理由があるということです。合格するためのしっかりとした理由があれば、試験対策もぬかりなく行うことができます。

まずは、なぜ昇進したいのかを考えましょう。

管理職の試験に合格する人の特徴2:昇進や昇格後のビジョンがある

管理職の試験に合格する人の特徴の2つ目として、昇進や昇格後のビジョンがあるということです。

昇進試験に合格したら、どんな仕事をしたいのかというしっかりとした展望がある方は、試験に合格する確率が高いと言ってよいでしょう。

昇進後のビジョンはより具体的に考えておくようにしましょう。

管理職の試験に合格する人の特徴3:経済や政治への関心を常に持っている

管理職の試験に合格する人の特徴の3つ目として、経済や政治への関心を常に持っているということです。仕事ができる人は世の中の動きにもとても敏感です。

常に世の中の動きと自分の仕事をリンクさせて動いていますので、成果も出しやすいといえるでしょう。

管理職の試験に合格する人の特徴4:強い精神力を持っている

管理職の試験に合格する人の特徴の4つ目として、強い精神力を持っているということです。人の上に立つ人は、強さと優しさを兼ね備えていなければなりません。

逆境にも負けず、平常心で乗り切るくらいのタフさがなければ務まりません。

理不尽なことにも、毅然とした態度で立ち向かえる強い精神力が必要です。

管理職の試験に合格する人の特徴5:良い人柄

管理職の試験に合格する人の特徴の5つ目として、人柄が良いということが挙げられます。良い人柄とは、思いやりがあるということです。

部下を信頼して、仕事を任せ、うまくいかなければフォローする、という一連の作業が自然とできる人が人の上に立つ資質があるといえるでしょう。

管理職の試験内容について知り昇進や昇格を目指そう

こまで、管理職への昇進試験についてみていきました。管理職になるためには、試験をうけて合格しなければなりません。試験対策は抜かりなく行いましょう。

また、試験のでき栄えはもちろんですが、それ以上にその人のパーソナリティが合格できるかどうかのカギを握っています。普段から人には思いやりの気持ちを持ち、敬意を払って接するようにしましょう。

昇進試験の内容をよく理解し、万全な対策をとって本番に臨みましょう。

Related