Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月30日

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介

本記事では、「管理職のあるべき姿」項目10と、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。管理職になったもののどうしていけばいいか戸惑っている方、管理職のあるべき姿とは何だろう、管理職のこれからを悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介

管理職とは

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
管理職とは労働現場において、労働者を指揮し、組織の運営に当たる立場の役職者のことを指します。

企業は多くの従業員の集まりです。効率的に事業を回していくためには、会社の機能を従業員を振りかけることが必要になります。振り分けられ組織化した部署の従業員を管理する立場が管理職です。

本記事では、「管理職のあるべき姿」項目10、おすすめの転職エージェントについて紹介について紹介していきます。

管理職の心得

管理職は一つの組織を人間を束ねる存在なので、それなりの心得が必要になるでしょう。管理職の心得としてまず必要なことは、自分が管理する立場という意識と部下となった人のことをよく知るということでしょう。

仕事のベースとして、基本的に人間関係で成り立ちます。管理職は部下を育てていくことも必要になっていくので、部下として関係していく人の技術や能力、性格や癖などをしっかりと見抜く部分が大切になっていくでしょう。

管理職のあるべき姿の項目10

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
管理職は組織のリーダーです。個人ではなく組織として成果を出すことができる人材が管理職のあるべき姿といえるでしょう。では具体的にはどのようなことができている必要があるのでしょうか。

次は管理職のあるべき姿の項目10について紹介してきます。これから管理職になる可能性がある人、現在管理職になってあるべき姿について悩んでいる人は参考にしてみてください。

管理職のあるべき姿の項目1:会社全体の把握ができている

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
管理職のあるべき姿の項目1は、会社全体の把握ができていることです。自分が管轄している部門だけが優れていても、会社全体として良くなっていくとは限りません。一部のみが最適化する構想だけではなく、会社全体の動きに目を配る必要があります。

その部署、部門を管轄することを任されていても常に会社全体の成長や成果、利益に繋げる働きを考えていくことが、管理職のあるべき姿です。

管理職のあるべき姿の項目2:的確な部下のマネジメント

管理職のあるべき姿の項目2は的確な部下のマネジメントです。管理職という、人の上に立つ立場になったとき、大事になるのが部下を管理しながら、育成していくことでしょう。

部下によって個性もあるので、指示を出しても理解度は異なったり、成長具合も違ってきます。また、部下の精神状態、健康状態を把握しながらモべーションを保てるよう気を付けなくてはいけません。

管理職のあるべき姿の項目3:リーダーシップがある

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
管理職のあるべき姿の項目3はリーダーシップがあることです。リーダーシップとは統率力です。部署には様々な人間がいるので考えていることも異なり、進みたい方向もばらけてしまうことがあります。

リーダーシップがある管理職であれば、部下の気持ちを鼓舞し、まとめて引っ張っていくことができるでしょう。管理職のリーダーシップは部署を目標に向かって進める役割、全体のパフォーマンスを向上させる力として必要です。

管理職のあるべき姿の項目4:行動規範の象徴である

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
管理職のあるべき姿の項目4は、管理職は組織の長して部署の行動規範の象徴であるということです。人を管理する存在なので、行動規範の象徴として組織内のメンバーに「社会人とはこうあるべきだ」という姿を見せなければなりません。

行動規範の象徴であるからこそ、遅刻や勤務態度の悪さなどがある人は、管理職には不向きでしょう。

管理職のあるべき姿の項目5:プロフェショナル技術を保有している

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
管理職のあるべき姿の項目5は、管理職はプロフェショナル技術を保有しているということです。部署によっては、管理職が必ずしもプロフェショナルな技術を持っていないこともあります。

しかし、社内のプロフェショナルな人材を育成、評価していくには、管理職自信もプロフェショナル技術をそれなりに保有していることが、管理職としてのあるべき姿でしょう。

管理職のあるべき姿の項目6:適正な業績評価

管理職のあるべき姿の項目6は、適正な業績評価です。会社の売上や利益などの業績にどれほど貢献したかを図る業績評価は管理職の仕事のひとつです。

公平な目を持って適正な業務評価を下せることが、管理職のあるべき姿です。人の好き嫌いなどで偏った見方をしてしまう人もいますが、このような人は管理職には相応しくありません。

管理職のあるべき姿の項目7:平等なコミュニケーションがとれている

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
管理職のあるべき姿の項目7は、平等なコミュニケーションがとれていることです。上司と部下の間では一定の距離を保つ立ち位置が重要ですが、ここに関わってくるのが平等なコミュニケーションです。

自分が好む人間だけ仲良くするという行動は管理職としてあるべき姿とはいいがたいでしょう。評価を行う立場にある管理職は、全ての部下に対して平等な接し方をすることが求められます。

管理職のあるべき姿の項目8:常に現状の課題認識を怠らない

管理職のあるべき姿の項目8は、常に現状の課題認識を怠らないことです。自分たちが変わらず頑張っていても、時代によって景気は動き、流行なども変わっていくので、今までのやり方が通用しなくなることもあります。

常に現状の課題認識を怠らず、時代の変化についていく頭でいる姿勢は管理職には大切になります。時代によって起きる周囲の変化を敏感に感じながら、問題が発生しそうなことを予想、察知する能力が必要です。

管理職のあるべき姿の項目9:コストコントロールを図れる

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
管理職のあるべき姿の項目9は、コストコントロールを図れることです。コストコントロールを図れるとは、プロジェクト予算の変更をコントロールすることができるということです。

組織では予算が作成され、予算に基づいてお金が使われます。コストコントロールは、会社のプロジェクトを予算内に収めるために必要不可欠なので、管理職が持っていなければいけない能力でしょう。

管理職のあるべき姿の項目10:高い倫理観がある

管理職のあるべき姿の項目10は、高い倫理観があることです。管理職は、部下の示しとなる存在でもあるので、高い倫理観に基づき、社会的良識に従って行動する必要があります。

仕事において、やっていいこと、やってはいけないことをきちんと認識して、仕事に当たる人こそ管理職のあるべき姿です。

管理職におすすめの転職エージェント5つ

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
現在管理職についている人で、転職を考えているという人もいるのではないでしょうか。

ある程度、自分の経歴やスキルなどに自信がある人は、転職を成功させるためには優れた転職エージェントに相談するのが一番の近道です。管理職クラスになっている方は転職エージェントを利用して効率的に転職を行いましょう。

最後に管理職におすすめの転職エージェント5つについて紹介していきます。

管理職におすすめの転職エージェント1:JACリクルートメント

JACリクルートメントはロンドンが発祥の外資系転職エージェントです。そのためグローバルでハイキャリアな転職におすすめです。

30代から40代、ミドル世代と呼ばれる転職者のサポートに強く、実績としても、ハイキャリア・高収入の転職ではNo.1といわれています。ただ、

転職市場が低いと案件を紹介されにくい部分がありますが、転職市場がが高い人は効率的な転職活動ができるでしょう。

管理職におすすめの転職エージェント2:マイナビエージェント

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが行う転職エージェントです。マイナビブランドの認知度、信頼感から20代、30代からは高い評価を得ています。

中小企業を中心として求人量が多い特徴があるので、大手よりも中小企業で管理職の転職を考える方は利用を考えてみてはいかがでしょうか。

管理職におすすめの転職エージェント3:リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材業界大手のリクルートが運営する転職エージェントです。就職・転職というとまずはリクルートが浮かぶ人は多いのではないでしょうか。

転職支援実績No.1というだけあり、国内最大の幅広い求人案件があります。他社エージェントをメインに、求人数をカバーする目的で利用する、という使い方をしても良いでしょう。

管理職におすすめの転職エージェント4:ビズリーチ

ビズリーチは、ヘッドハンティング型の転職エージェントです。ヘッドハンティング型とは、ヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができる転職サービスです。

年収600万円以上のハイクラス転職を取り扱っています。管理職を経験している人や専門性の高いスキルを身につけている人など、今までのキャリアに自信がある方は自分の市場価値を試す意味でも挑戦してみてはいかがでしょうか。

管理職におすすめの転職エージェント5:ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは世界28カ国で人材紹介ビジネスを展開している転職エージェントです。グローバル人材に特化しているのでビジネスレベルの高い英語力は必須です。

選考では、外資系ならではのスピード感があり、選考もサクサク進むので、転職活動を早期に決めたいという方に良いでしょう。

管理職のあるべき姿を知ろう

「管理職のあるべき姿」項目10|おすすめの転職エージェントを紹介
「管理職のあるべき姿」項目10と、おすすめの転職エージェントを紹介していきましたが、いかがでしょうか。管理職のあるべき姿について頭を悩ませている方は不足している部分など気付くことができたでしょうか。

今は不足している部分があっても、まずは管理職のあるべき姿について知り、できることから実践していきましょう。

Related