Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月27日

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ

経営企画部が花形部署と言われる理由6つと配属される人の共通点5つについてご紹介します。花形部署と言われる経営企画部にはエリート集団が揃っており、幅広い実務経験やスキルを持ち備えています。その理由を知ることで、スキルをつけ移動も夢ではありません。

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ

経営企画とは?

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ
会社のなかで重要なポジションに値する、経営企画についてご紹介します。そもそも経営企画では何をしているのかと言うと、会社の方向性を決めたり、主力なアイテムを探し、それに対する予算を算出したりしています。

大きな金額を扱うことと、会社の将来性を担う部署であるため、とてもたりがいのある仕事です。そのため、花形部署と言われています。

経営企画部の役割

経営企画は会社の母体に関わる役割をしています。経営企画で決定されたことを基に、営業部や製造部など他部署に配信されていく傾向が強いです。

他部署はこの配信に基づき、自部門で具体的な取り組みを作っていきます。体で言うと経営企画は脳の部分に値します。とはいえ、内臓や心臓や手足も、体の大切な部分であることは間違いありません。

経営企画部の仕事内容

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ
経営企画での仕事は、簡単に言えば経営戦略の1つです。経営方針を考えたり、それに付随する予算を出したりしています。そして立案した事項の途中経過を確認することも経営企画の大切なお仕事です。

もしも、途中経過で達成には難しいと判断した場合や、経営不振の恐れがあれば、再度経営戦略を練り直し、会社の道筋を立てていきます。だからこそ、花形部署であると言われれています。

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ
経営企画部は会社の中で、花形部署と言われています。その背景には、数々の能力を身に付けたエリート社員が多数在籍していることがいえます。

経営企画部では、1つだけ飛びぬけたスキルを持っていると言うよりは、全体的に知識を持ち備えている必要があります。経営企画部の方の経歴は素晴らしく、一歩置かれた存在であることが多いです。では、花形部署である経営企画部の理由を見ていきましょう。

経営企画部が花形部署と言われる理由1:経営陣とともに仕事を行う

経営企画部は経営戦略に関わる仕事に携わっているため、経営陣と仕事をすることがあります。経営陣とは役員や幹部職の方を指します。

他部署の場合、あまり接点がなく同じ会社であっても関わることが少ない経営陣と仕事ができることは花形部署とみられがちです。実際に経営企画部から、将来の幹部や役員が排出されることも少なくはありません。

経営企画部が花形部署と言われる理由2:業界知識にたけている人が配属される

花形部署と言われる経営企画部に所属している方は、自部門だけのことではなく、業界の知識がとてもたけています。経営企画部で行われている仕事の一部では、今後の業界の方向性もしっかりとつかんだ上で、戦略を考えていかなくてはなりません。

そのため、同じ業界のライバル社の動向やさまざまな知識や社会の動きをチェックすることも必要とされます。

経営企画部が花形部署と言われる理由3:幅広い知識が求められる

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ
経営企画部が花形部署と言われる理由の1つとして、幅広い知識を持ち備えた社員がそろっていることがいえます。経営企画部では、経理や営業、購買などの知識も持ち備えていなければ、経営戦略を立てて結果を出すことが難しいです。

そのため、経営企画を担う社員は、簿記などの資格を持っている方もいます。資格を持っていなくても、同等レベルの知識を身に付けています。

経営企画部が花形部署と言われる理由4:経歴も重視される

経営企画では、戦略や予算の算出の他にも重要な、直接経営に関わる仕事も行っています。経営に関わる仕事をしていることから、ほとんど経営陣と同じポジションであるとみられ、花形部署であるとも言われています。

経営の仕事とは、会社のモデルを作っており、分析力も素晴らしいです。課題や目標が明確であり、決定権も強く、圧倒的にマネジメント力にもたけています。

経営企画部が花形部署と言われる理由5:コミュニケーション能力

経営企画部が花形部署と言われる理由の1つとして、コミュニケーション能力が優れているからです。経営企画では、企画書のプレゼンテーションを行うことも珍しくはありません。

プレゼンテーションをする際には、相手に自分の意見だけでなく、現状と将来のビジョンを間違いのないように伝えなければなりません。コミュニケーション能力とは披露する場でも大いに活かされています。

経営企画部が花形部署と言われる理由6:行動力がある

花形部署と言われる経営企画では、目標の策定だけでなくそれに対する計画的思考、つまりはビジョンをはっきりと作ることができます。これは1つの才能であり、他部門で持ちそなえていないであろうポイントがたくんさんあるために花形部署とみられています。

会社のウィークポイントなどをピックアップして、他部門の状況も把握した上で強化するポイントを見出し、行動に移して結果を出していきます。

経営企画部に配属される人の共通点5つ

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ
花形部署と言われる、エリートコースの経営企画部に向いているポイントをご紹介します。経営企画部に所属する人材には、それなりの特徴があります。どのような方が経営企画部に向いているか、自分と当てはめてみることもよいでしょう。

職種を変更したいとお考えの方や、転職を検討中の方は、経営企画部に挑戦してみることもよいでしょう。将来のキャリアアップにつながる変化になる可能性が高まります。

経営企画部に配属される人の共通点1:高学歴である

花形部署である経営企画部に向いている方は、高学歴であることです。経営企画部に所属する方は日本を代表する大学を卒業していたり、中には海外の大学を出ている方が多いです。

専攻は法学部や理系などさまざまな学部で成り立っています。周囲も高学歴であるため、お互いに仕事へのモチベーションを高める作用もあります。中には大学院までも卒業している方も珍しくはありません。

経営企画部に配属される人の共通点2:外資系出身者が多い

外資系企業の経験がある方も、経営企画部に向いています。最近では、日本の企業も外資系企業の経営を参考にしたり、今までにない発想を持ち備える人材を欲しいと考えるようになってきています。

そのため、海外でエコノミックのマスターを取っている方や、海外での職務経歴がある方なども即戦力になると考えられています。外資系で経営企画部でなく、営業職の経験しかない方でも本領を発揮できるチャンスはあります。

経営企画部に配属される人の共通点3:幅広い実務経験を持っている

経営企画部で活躍できる方は、幅広いジャンルで実務経験がある方です。実務経験が豊富であると言うことは、成功体験もたくさんありますが、失敗談もあって当然です。失敗をすることでさらにスキルアップさせることができます。

また、自分の仕事と言う仕組みにとらわれず、あらゆる方向から仕事に取り組む力を身に付けています。実務の経験は無駄なものなどありませんので、経営企画部で活かせることがたくさんあります。

経営企画部に配属される人の共通点4:語学が堪能

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ
英語や外国語が堪能な方も、経営企画部に向いているといえます。特に海外との取引が多い企業では、経営戦略を外国の企業と商談する事もあります。今後海外に進出予定がある企業にも、語学力はあればよいでしょう。

語学が堪能な方は海外在住経験があったりと、海外の文化も身についてる事もあります。多文化や風習を理解している事は、厳しい社会を勝ち抜くためにも固定概念に捕われない思考が生み出される可能性は高いです。

経営企画部に配属される人の共通点5:広い人脈を持っている

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ
経営企画部では、これまでのキャリアで培った幅広い人脈が活かせます。税理士など専門職である方との人脈がある場合、資金に関して相談することもできます。

人脈は専門知識のように勉強して作れるものではないため、とても価値のある財産ととらえられます。同じ業界と関わらず、幅広くお付き合いをすることで、自分の仕事のなかでも何かヒントになることもあります。

経営企画部が花形部署と言われる理由を知ろう

経営企画部が花形部署と言われる理由6つ|配属される人の共通点5つ
経営企画部が花形部署と言われる理由6つと配属される人の共通点5つについてのご紹介はいかがでしたか。経営企画部は花形部署と言われている理由は、あらゆるスキルを持ち備えている、人材である事だからでしょう。

エリート集団とも言われており、社内でも花形部署と言われる経営企画部に憧れる方も少なくはありません。しかし、花形部署である経営企画部の理由を知ることで、自分自身もスキルをつけて異動することも可能です。

Related