Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月27日

人材育成を成功させるポイント8つ|人材育成のさまざまな手法とは?

人材育成は、多くの企業が抱える共通の経営課題です。優秀な人材を育成できるかどうかか、企業の将来を左右するといっても過言ではありません。では、どのようにすれば人材育成を成功させることができるのでしょうか。人材育成を成功させるポイントを確認してみましょう。

人材育成を成功させるポイント8つ|人材育成のさまざまな手法とは?

人材育成とは?

人材育成とは、社員の仕事の効率を上げ、企業の業績向上および顧客満足に貢献できる人材に育てることです。

また、人材育成を通して、仕事上起こりうる問題に対する自主判断力、行動力を鍛えるという企業の骨組み強化策ともいえます。

人材育成の目的

人材育成の目的は、企業の発展に貢献する人材を育て、企業の骨組みを強化するためです。

人材育成をすることで、各社員が仕事に必要な知識やスキルを習得し、仕事の質が向上することで、結果として企業の業績をアップさせることにつながります。つまり、人材育成の目的は、ビジネスチャンスや収益など企業の利益を最大限にもたらすためともいえます。

現在の主な人材育成手法

人材育成を行う際、用いられる主な手法には、OJT(On the Job Trainingの略で、「仕事の実践における教育」の意)、Off-JT(Off the Job Trainingの略で「仕事の実践以外の教育」の意)、SD(Self Developmentの略で、「自己啓発」の意)の3つがあります。

人材育成で良い成果を出すには、教育する相手や育成の目的に適した手法を用いることも重要なポイントです。

人材育成を成功させるポイント8つ

多くの企業が抱える課題のひとつである人材育成を成功させるには、いくつかのポイントがあります。

では、人材育成を成功させるには、具体的にどのようにしたらよいのでしょうか。次に人材育成を成功させるポイントについて、いくつかの例を通してご紹介しますので、あなたもぜひ参考にしてみてください。

人材育成を成功させるポイント1:人材育成が上手くいく原因を知る

まず、人材育成が上手くいく原因を知ることが、人材育成を成功させる上で最も重要なポイントです。

人材育成は、社員の立場や役割によりニーズが異なります。人材育成を成功させるためには、それぞれの仕事に必要なスキルや課題を把握し、適切な教育を施さなければなりません。

人材育成が上手くいく原因が何なのか、随時現場の人間と情報を共有しながら正しく判断していくように心がけましょう。

人材育成を成功させるポイント2:スキルマップを作成する

人材育成の効率よくを行うために有効な方法のひとつが、スキルマップを作成することです。スキルマップを作成することで、社員のスキルや能力、業務内容を可視化できます。

スキルマップを人材育成に用いることで、社員の目標が明確になり、仕事に対する意欲が向上するなどの社員の意識革命にもつながります。あなたの会社でも、ぜひスキルマップを導入してみてください。

人材育成を成功させるポイント3:最も合う育成手法を選択する

社員の立場や役職に応じて、最も合う育成方法を用いて人材育成を行うことで、より効率よく結果を出すことができます。

社員のスキルや役職に合った育成手法は、研修を受ける社員自身が成長の必要性を感じやすく、結果として自主的な向上を促すことにつながります。

さらに適切な人材育成を受けた社員は、効率よく自身の仕事を遂行できるようになるため、会社により良い利益をもたらすことができるといえます。

人材育成を成功させるポイント4:コストに見合った内容にする

人材育成には、さまざまなコストがかかるため、コストに見合った内容で人材育成をする必要があります。

あまり予算がない場合は、人材育成を実施する前に、具体的なコストを計算したり、しっかりと役割分担を決めるなど教育コストを抑える対策をしましょう。状況に応じて、eラーニングなどを活用するなど、低コストで人材育成が行える環境を整えるとよいでしょう。

人材育成を成功させるポイント5:人材育成の目的を明確化する

人材育成の目的を明確化することで、社員が意欲的に仕事に取り組むことができます。

特に現場における社員教育では、リーダー候補の育成など人材育成の目的を明確化することで、目的の達成を実現するためにどのようなことをすればよいのか、だれを起用すべきかという部分が明確になります。

人材育成を成功させるポイント6:社員の自発性を引き出す環境作り

社員の自発性を引き出す環境作りは、人材育成においてとても重要なポイントといえます。

社員の自主性を引き出すには、不要な社内ルールをなくしたり、社員が納得できる評価基準を設けるなど、再度社内の環境を見直すことも必要です。また、失敗を恐れず、挑戦することが評価されるような社内環境も社員の自主性を引き出すことにつながります。

人材育成を成功させるポイント7:実践機会を設ける

人材育成において、研修で学んだ内容を身をもって覚えることができるという点で、実践機会を設けることは欠かせません。

社員自ら行動計画を立て、教わった内容を実務に生かせるよう仕事を任せたりするなど、実践機会を設けましょう。また、定期的に上司からフィードバックを行い、その内容を仕事に反映できるような場を設けることで、より良い実践行動につなげていくことができます。

人材育成を成功させるポイント8:綿密にコミュニケーションを取る

人材育成をする際、社員と綿密にコミュニケーションを取ることを忘れてはいけません。

コミュニケーションでは、報連相(報告、連絡、相談)は非常に重要です。しっかり報連相を定着させることで、上司としても状況把握が的確にできるため、適切なタイミングで助言をすることが可能となります。

コミュニケーションを綿密に取ることは、企業の目指すべき方向に社員の成長を導くことにもつながります。

人材育成のさまざまな手法やメリットは?

人材育成には、講師による研修や現場での実践、自己啓発など、さまざまな手法があり、その手法を使うことで、各社員の可能性や力を引き出し、企業の業績向上や発展につなげていくというメリットがあります。

ここからそれぞれの手法とメリットについて紹介していきます。

外部講師の全体研修

業務外の教育であるOff-JTですが、外部講師による全体研修がそのひとつです。

外部講師による全体研修は、社内の人材では教えることのできない専門性の高い内容を教わることができたり、通常の業務・職場では得られないような気付きをもたらす効果が期待できます。

外部講師もさまざまな講師がいますので、研修の目的や社員の状況、予算に応じて、適した内容やレベルを提供してくれる講師を選択するようにしてください。

内部講師の全体研修

社内に講師としての適任者がいる場合は、内部講師の全体研修でOff-JTを行う場合もあります。

内部講師による研修は、実際に社内の業務に精通していることもあり、その業務特有の専門知識やスキルが習得できたり、実務経験を通して得たノウハウが習得できるなど、外部講師にはないメリットがあります。

部内・課内研修

規模が小さい部内・課内研修では、少人数で主体的な活動をしやすいという点で実施しやすく、社内でもっともよく行われるOff-JTの例です。

部内・課内研修では、通常の業務を行うのと同じ環境で研修を行え、交通費などコストがかかからず、同時に現場の声も聞けるため、実務に即生かしていけるというメリットがあります。

さらに少人数で直に受講者の反応を感じることができるため、教える側のスキルアップにもつながります。

自己啓発

自己啓発(SD=Self Development)には、企業にとって有益なスキルや資格の習得、社員自らの能力向上を目指して学び、より良き人材へ成長していけるというメリットがあります。

人材育成という観点から見れば、社員自ら業務につながるような知識をセミナーや本を通して学んだり、仕事に関連する資格取得やスキル習得をサポートする環境を与えることが自己啓発の取り組みといえます。

OJTなどの現場教育

人材育成の最も効果的な手法が、OJTなどの現場教育です。

メリットとしては、仕事を実践することで、実践的に仕事のやり方やスキルを身につけ、各社員の成長に応じた目標を設定できるということです。

また、講師を招いたりする必要がないため、低コストで実施することができます。OJTでは、想定外のことも起こるため、マニュアルどおりにいかない分、習熟度に個人差は出やすい反面、社員の判断力や応用力も鍛えられます。

人材育成は企業組織の屋台骨

人材育成は、企業組織の屋台骨であり、企業の発展には必要不可欠な課題です。

組織の屋台骨を強化していくには、社員自ら考え成長するという自主性だけでなく、会社が組織的に会社に貢献できる人材に成長できるようサポートする体制を整えていく必要があります。

人材育成を成功させるには、社員の仕事の充実度が、企業の利益向上につながるような育成制度が整っているかどうかが重要な点だといえるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related