Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月27日

営業職から転職してキャリアアップする方法6選|キャリアに有利な資格4つ

キャリアアップを考えている方に向けたオススメの資格紹介の記事です。営業職の現状を元に必要な資格を取得してこれからの仕事に役立てられるようにするための記事で今だけでなく将来的に自分の一生に役に立つ資格だけを紹介しています。

営業職から転職してキャリアアップする方法6選|キャリアに有利な資格4つ

営業職の現状

近年営業職からの転職や、起業される方が増えています。

その背景にあるの、がインターネットで買い物や、保険や車の見積もりといったことが自宅で誰でもできるようなったため、今までのように顧客が掴めなくなってしまったことです。

スキルを上げてキャリアアップすることは仕事をしていく上での目標であり仕事をする生きがいに繋がります。そこで、今回営業職で身についたスキルを活かせるスキルアップ方を紹介します。

営業職の将来性

インターネットの普及により、インターネット上での営業活動や広告による集客ができる時代になり、営業職の人件費削減が可能になりました。

そのため、優秀な人材以外は他のスキルを持っていないと生き残れない時代になってきました。今のキャリアを捨ててでも転職する人も多くいます。

営業職の平均給与

営業職の平均年収は、約420万円で年齢が上がるにつれて上がる傾向があります。

営業職は自分の実力で収入を上げることができます。そのため最初のうちは手取りは20〜30万円程ですが、経験を積み成績が優秀であれば周りの職員よりも収入を多く得ることができるでしょう。

キャリアアップするために営業職は最初に努めるには最高の仕事です。中には年収1,000万円を超える人もいます。キャリアアップのためには自分のスキルアップが必須条件になります。

営業職から転職してキャリアアップする方法6選

営業職で働いている人は、もともとスキルが高く仕事の上で大切なコミュニケーション能力やスケジューリング能力が高いので、転職しても良い成果を出す人が多くいます。

そのため、営業職で働く人は転職して今以上にキャリアアップするケースもあります。そこで、営業職から転職してキャリアアップするオススメの方法を紹介しますので、参考にして見てください。

営業職から転職してキャリアアップする方法1:営業マネジメント職や管理職を目指します

営業職として経験を積むと、まず最初に考えられるキャリアアップが営業マネジメントや管理職です。

出世するためには、これまでの成績や経験年数が必要になります。さらに、人としての信頼や高いコミュニケーション能力が必要になります。そのため、今すぐにキャリアアップできる方法ではなく、コツコツと積み重ねることが必要になります。

営業職から転職してキャリアアップする方法2:営業の経験を活かして他部署に異動

他部署に移動する時の注意点は、年収が下がってしまわないかをきちんと確認してからにしましょう。

営業職での経験を生かして他部署に移動するのはそれほど難しくありませんが、営業職の時のようなインセンティブ制度がなくなってしまうことがあるので、慎重に行わないと年営業職の時より収が下がってしまう恐れがあるので注意が必要です。

年収が下がらないようにするには、資格や経験などのスキルを身につける必要があります。

営業職から転職してキャリアアップする方法3:転職してより大きい会社にいく

転職して大きな会社に転職すれば、素早くキャリアアップすることができます。

しかし競争率が高くなかなか簡単にできることではありません。そのためには転職を考えているライバルよりも高いスキルを身につけて転職する必要があります。

必要な資格の取得と現在働いている会社での実績が重要視されます。しかし転職できればキャリアアップ間違いなしです。

営業職から転職してキャリアアップする方法4:他業種・他業界にキャリアチェンジ

他業種・他業界にキャリアチェンジして今の収入を保つことができるかが重要です。

営業職から他業種や他業界にキャリアチェンジするには年収をあげるには資格や実績が重視されます。営業職はどの業界にいても活躍できるケースが多くありますが、年収を上げるのはなかなか難しいです。他業種や他業界で年収アップするほとんどの人はヘッドハンティングです。

営業職から転職してキャリアアップする方法5:独立・起業

独立・起業が一番の近道で、今はその準備が大切です。

営業の多くの人が独立、起業を考えて日頃スキルを磨いています。しかし独立できる会社も限られていますし、起業するのもなかなか忙しくて行動に移すことができない方も多くいます。

しかし、キャリアアップを望んでいる人にとって独立と起業が一番効率のいい方法です。将来的に独立、起業を目標にして日頃からキャリア、スキルを磨くようにしましょう。

営業職から転職してキャリアアップする方法6:人脈を使って紹介してもらう

今より良い条件があれば人脈を使ってでも転職するべきです。

営業職をしていて一番自分のためになるのは人脈です。多くの企業の社長や重役の方を相手にする機会も多くあります。大手企業や自分の実績によって良い人脈に巡り会う機会が増えます。

それをきっかけにヘッドハンティングを受けたり、キャリアアップ転職に繋がることも少なくはありません。

転職時に営業が持っていると有利な資格4つ

資格を持って転職するのが当たり前の時代になっています。

周りのライバルもあなたと同じようにキャリアアップにつながる資格の勉強を日々しています。何も勉強しないのは遅れをとることになってしまいます。

そこで今回は、キャリアアップのための転職時に営業が持っていると有利な資格を紹介します。

転職時に営業が持っていると有利な資格1:TOEIC

一生役に立つ資格がTOEICです。

近年海外の方と仕事をするのが当たり前の時代になり、英語をでコミュニケーションを取れなければ大きな仕事を任せてもらえない会社も増えてきています。

そこで、TOEICのの成績が高ければ高いほどキャリアアップに繋がります。英語は急に身につくものではないので、コツコツと英語を勉強するようにしましょう。コミュニケーション以外にも読んだり、書いたりできるとさらに有利になります。

転職時に営業が持っていると有利な資格2:ファイナンシャルプランナー

営業職の必須資格がファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーは顧客の生活をよくするためにアドバイスをし、そのアドバイスを元に今の暮らし以上の提案を提供できる資格で、営業職にとっては必須になっています。

ファイナンシャルプランナーを取得しているだけで、商品の説明に説得力が増し転職するときに重要視される資格の一つです。営業職や今後の仕事に必ず役に立つので優先して取得するようにしましょう。

転職時に営業が持っていると有利な資格3:販売士資格

販売士資格は自社の商品を販売するスペシャリストに必須スキルです。

販売士資格は物を売るスペシャリストで1級から3級まであり販売員としての技術や接客マナーを身につけることができます。アパレルや家電量販店などに転職を考えている方にオススメです。

さらに1級を取得するとマーケティングの知識や商品計画予算などを任せてもらえるようになり経営者としてのスキルを身につけることができる資格です。まずは3級からの取得をオススメします。

転職時に営業が持っていると有利な資格4:中小企業診断士

中小企業診断士は営業先と対等に仕事をするためのスキルです。

中小企業診断士は中小企業の経営を診断して助言をおこなう国家資格です。コンサルティング営業や金融機関の営業で役に立ちます。この資格をオススメする理由は会社のほとんどが中小企業なので仕事が無くなる心配はありません。

さらに営業先で相手のためになる情報や知識を提供することで取引先との信頼関係がアップすること間違いなしです。

営業職から転職してキャリアアップしよう

これからの時代は自分をいかにブランディングするかが勝負になります。

近年商品や会社が優秀だから物が売れる時代ではなくなっています。消費者は何を買うかより、誰から何を買うかを重要視して物を選んでいるので、まずは自分の価値を上げる必要があります。

自分の価値が上がると自然と扱っている商品の価値も上がり営業で成績アップ間違いなしです。普段からのスキルアップを怠らず積極的に資格の取得に努めるようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related