Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月12日

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット

転職と異動では得られるメリットとデメリットが異なるため、どちらを行うか慎重に選ぶことが大切です。メリットを得られる方を選ぶことで充実したワークライフを送ることができます。ここでは、転職と異動に得られるポイントを詳しく紹介しています。

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット

やりたい仕事ができない

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
現在の仕事でやりたい仕事ができてない人も多くいるのではないでしょうか。入社する前は希望の企業に採用されたことでさまざまな仕事をやりたい気持ちが強く、働く意欲も高まっている場合が多いです。

しかし、実際に働いてみると想像していた仕事内容でなかったり、やりたい仕事をなかなか任されないことも珍しことではありません。やりたい仕事ができない場合は、転職か異動をすることで解決することができます。

異動をすべきか

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
やりたい仕事ができていない現状を解決したい場合は転職する場合と異動する場合がありますが、異動する場合は現在の企業で働き続けることであるため、転職活動などの負担がかかることが少ないです。

異動したい人は違う部署の仕事がしたい人におすすめの方法であり、現在の部署との人間関係がうまくいっていない際にも行うことができます。しかし、異動する場合はそれなりの手続きを行う必要があります。

転職をすべきか

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
転職すべき人は現在働いている職種が自身がやりたい仕事内容ではない人におすすめです。また、現在の企業に不満があり、愛着がない人が行うことが多く、異動を希望する人よりも転職する人の方が圧倒的に多いです。

転職する場合は新たな環境で働くことができるため、気分を一新して働くことができますが、すぐに転職先が決まらないと無職の期間が長引いてしまうリスクもあります。働きながら転職活動をするようにしましょう。

異動する3つのメリット・デメリット

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
異動することでメリットになることとデメリットになることがあります。異動することを考えている人はまず、メリットとデメリットを把握することをおすすめします。メリットだけを把握して異動してしまうとデメリットが目立ってしまい、後悔してしまうこともあります。

次に、異動することで発生するメリットとデメリットを3つずつ紹介します。異動することでどのような環境の変化が発生するのか知りたい人は参考にしてください。

異動するメリット1:転職活動をする必要がない

異動することは現在の会社で働き続けることであり、違う部署に異動することを示しています。そのため、転職活動をしなくても違う環境で仕事を行うことができます。また、同じ勤務先であるため、労働環境の変化が少なく、体や精神的に負荷がかかりにくいメリットもあります。

転職活動をすることはさまざまな手順を行い進ませていく必要があるため、働きながら転職活動をすることは負担になりやすいです。

異動するメリット2:人柄がすでに把握されている

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
異動することはある程度人柄を知ってもらえている可能性が高く、新しい部署で働く場合も人間関係を築きやすくなります。また、キャリアも把握されている場合が多く、やりがいのある仕事内容になることも多いです。

人間関係を築くことがかなり大変なことであり、長い期間を使用して築き上げる必要があります。異動の場合は比較的に人間関係が築きやすくなり、転職よりも負担がかかりにくい特徴があります。

異動するメリット3:嫌な上司や同僚から距離を置ける

異動する理由の中には、人間関係が悪化してしまったことが多いです。異動することによって違う部署で働くことができ、現在の上司や部下と働く必要がなくなり、上司や同僚と距離を置くことができ、ストレスから解放されます。

上司や同僚から距離をおくことは転職を行うことによってもできますが、現在の会社に長年勤めている人や中年の人は転職することが難しく、異動する方が職を失ってしまうリスクを下げることができます。

異動するデメリット1:誰でも異動できるわけではない

異動を自身から企業に提案することは従業員ならできますが、必ず異動してもらうことができるわけではありません。例えば異動する理由が不純であったり、適していない部署への異動は認められることがありません。

そのため、異動する理由を明確にすることはもちろんですが、自身の都合のよい異動を求めないようにしましょう。最悪企業からの評価が低下してしまい、現在よりも悪い待遇になってしまうこともあります。

異動するデメリット2:給与が下がる

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
異動することで給与が下がる可能性もあります。より上位部署へ異動することができれば年収がアップする可能性がありますが、自身の都合で異動することを求めた場合は給与が下がりやすいです。

給与をとるか異動する理由を我慢するかはそれぞれの自由ですが、自身から異動することをお願いすると何かしらを犠牲にする必要があります。そのため、異動する際にはデメリットも発生することをあらかじめ覚悟しておきましょう。

異動するデメリット3:悪いイメージがある

異動することは自身から提案して実施することもできますが、ほとんどの場合は企業側から異動することを命じられることが多いです。

企業側から異動すること提案されると実績が悪かったり、問題を起こした理由と考えられることが多く、異動することで「なにかした」と周りに感じられます。

そのため、異動する部署では白い目で見られてしまう危険性もあり、場合によっては現在の部署よりも働きにくい環境になることもあります。

転職する3つのメリット・デメリット

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
転職と異動では業務内容が変わる共通点がありますが、違う部分も多くあり異動する際のメリットやデメリットには大きな違いがあります。そのため、転職と異動を同じように考えていると後悔してしまうこともあります。

次に、転職する際に発生するメリットとデメリットを3つずつ紹介します。そのため、異動ではなく転職をしようと考えている人は参考にしてください。

転職するメリット1:やりたい仕事ができる

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
転職することは自身で転職先を自由に選ぶことができるため、やりたい仕事ができる可能性が高いです。そのため、転職する前にはどのような仕事がしたいのかを明確に決めておくことをおすすめします。

現在の仕事内容に意欲がわかなかったり、やりたい仕事ではない場合は転職することをおすすめします。転職するのはさまざまな職種から選ぶことができ、転職したい職種のことを把握しておきましょう。

転職するメリット2:キャリアを活かすことができる

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
転職することで身についている知識やスキルを活かすことができます。そのため、よりやりがいを見出すことができるようになり、充実したワークライフを送ることができるようになります。さまざまな経験を積んでいる人は転職することをおすすめします。

また、一般的に経験者であったり、さまざまな資格を取得していれば転職も有利になるため、転職先が早期に決まりやすいメリットもあります。

転職するメリット3:環境を一新できる

転職することで労働環境や人間関係を一新することができ、新しい気持ちで仕事をすることができます。異動でもある程度仕事内容や人間関係に変化があらわれますが、同じ企業で働いているため、不意に以前の上司や同僚にあってしまうこともあります。

転職するデメリット1:転職活動をする必要がある

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
転職する場合は、自身で適した仕事を見つける必要があるため、さまざまな負担がかかりやすいです。転職することは決して簡単ではなく、さまざまな手続きを踏んで転職することが求められます。

早期に転職先が見つかれば転職活動にかかる負担が少なくてすみますが、長引いてしまうと負担が大きくなりやすいです。履歴書の作成や面接対策、希望の転職先などを自身が決める必要があるため、働きながら転職活動をすることは大変です。

転職するデメリット2:誰でも転職できるわけではない

転職することは誰でも簡単にできるわけではないため、転職する前に転職先が決まるかどうかをある程度把握しておくことをおすすめします。一般的に若い年齢であれば転職先も早期に決まりやすいですが、40代を超えてしまうと一気に転職することが難しくなる傾向があります。

そのため、40代以降の人が転職することはかなりのリスクがあり、最悪転職先が見つからず、無職になってしまう危険性もあります。

転職するデメリット3:ブラック企業に転職してしまう

理想の雇用条件であり、理想の業務内容と感じて転職したものの、転職した企業がブラック企業な場合もあります。ブラック企業に転職してしまうと以前の企業で働いていた時よりも労働環境が悪化してしまい、転職したことが失敗になる場合もあります。

ブラック企業に転職しないためにはさまざまな知識を身につけることも大切ですが、ブラック企業かどうかをしっかり把握することをおすすめします。

転職するか?異動するか?で迷ったときに相談できる転職エージェント5つ

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
自身が異動する方がよいのか転職したほうがよいのか判断がつかない場合も多いのではないでしょうか。異動する場合と転職する場合では上記で紹介したように得られるメリットやデメリットが異なるため、メリットが受けられやすい方法を選ぶことをおすすめします。

次に、転職するか異動するかを悩んでしまっている人におすすめの転職エージェント5つを紹介します。転職エージェントでは相談できるサービスも行っています。

転職するか?異動するか?で迷ったとき1:JACリクルートメント

JACリクルートメントは管理職やミドル層、ハイキャリアの求人を多く紹介している転職エージェントであるため、中年層やハイキャリアの人におすすめです。

中年の人に対する相談を受けることが多く、スタッフにもそれらの知識が備わっているため、中年層の悩みを解決することができます。

悩みを解決するとともに、転職することが理想であると判断されれば即座におすすめの転職先も提案してくれるため、安心できます。

転職するか?異動するか?で迷ったとき2:マイナビエージェント

マイナビエージェントは転職エージェントの中でも有名であり、さまざまな職種の求人を取り扱っている特徴があります。そのため、幅広い相談にも対応することができ、転職か異動の相談にも適切に対応してくれます。

また、多くの職種を紹介しているため、理想の職種を見つけることも可能です。大手転職エージェントであるため、安心して利用することができます。

転職するか?異動するか?で迷ったとき3:リクルートエージェント

リクルートエージェントは専門のキャリアアドバイザーが常駐しているため、いつでも手軽に相談を受けることができます。また、転職か異動に対する質問はもちろんですが、自身に適している職種への質問や相談も受けてくれます。

専門のキャリアアドバイザーに質問することでより適した回答を得ることができ、満足する利用者が多いです。

転職するか?異動するか?で迷ったとき4:ビズリーチ

ビズリーチはハイクラスの求人情報に特化した転職エージェントであるため、ハイクラスで働いている人の相談を聞いてくれるサービスも行っています。

ハイクラスの求人を多く紹介している特徴があり、ハイクラスの職業状況も把握しており、転職と異動の判断も的確に行ってくれます。

最近人気と利用者が急上昇している転職エージェントでもあります。

転職するか?異動するか?で迷ったとき5:ロバートウォルターズ"

ロバートウォルターズは外資系の求人に特化した転職エージェントであるため、外資系に対する質問も的確に応えてくれる可能性が高いです。そのため、現在外資系の職種で働いている人は利用することをおすすめします。

外資系の求人も多く紹介されているため、海外で活躍したいと考えている人は登録してみてはいかがでしょうか。

「転職するか?異動するか?」で迷ったときは自分が何を大切にするかを考えよう!

異動する3つのメリット・デメリット|転職する3つのメリット・デメリット
転職するか異動するかで悩んでしまった経験がある人も多くいるのではないでしょうか。異動か転職で悩んだ場合はまず、自分が何を大切にするかを明確に決めることをおすすめします。

大切なものが給与面であったり労働環境であったりさまざま違うため、転職の方がよい人もいれば、異動する方が適している人もいます。

Related