Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ

法人営業職のおすすめできるやりがいや厳しさを項目ごとに説明し、順を追って説明しています。法人営業職は大きなやりがいがあり花形の職種である反面、成績が上がらないと厳しく追及されることもあります。法人営業職を希望する方は参考にしてください。

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ

法人営業職の業務内容

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
法人営業とは、法人を対象に営業活動を行う職種です。

営業にも個人営業や法人営業、IT系のセールスエンジニアなどその職種は多岐に渡りますが、法人営業とは、主に法人や会社を対象に営業活動を行う職種を指します。今回は法人営業職のやりがいとその厳しさについて説明していきます。

法人営業といっても、その規模や売り上げ規模、営業する商材などによってさらに細分化されますが、項目ごとに順を追って説明していきます。

法人営業職の給与

法人営業の給与は、日本の平均年収よりも高い傾向にあります。

法人営業の平均年収は約438万円で、日本の平均年収と比較しても高い傾向にあり、これがおすすめできる理由の一つで、年収の分布は332万から406万のゾーンが比較的多いといえます。

全体の年収としての幅は332万から925万と幅広く、勤務先や経験と個人のスキルや営業成績によって大きく左右される職種といえるでしょう。

法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
法人営業は、やりがいもありますが同時に厳しさもあります。

法人営業は、法人を顧客に営業活動を行い平均年収も比較的高くおすすめであることを前項で説明しましたが、具体的にどのようなやりがいと厳しさがあるのかを項目ごとに順を追って説明していきます。

高い年収を獲得できるため魅力的でおすすめできますが、その分成果や実績を厳しく求められる辛さもあります。それはどのようなことになるのか解説していきます。

法人営業職のおすすめできる仕事のやりがい

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
法人営業は、会社を代表する花形の職種でおすすめします。

法人営業は、扱う金額や会社を代表する窓口として法人や会社に営業を行うため、花形の重要な職種と言え、ここにおすすめできる理由があります。

他にどのようなやりがいやおすすめできるポイントがあるかを、項目ごとに順を追って説明していきますので、法人営業職を希望する人は参考にしてください。

法人営業職のおすすめできる仕事のやりがい1:会社の存続を担う重要なポジションで仕事ができる

法人営業職は、会社の代表という自覚が必要です。

法人営業職は、会社の代表として法人や会社組織に対して自社商材を販売するため、個人ベースではなく、会社ベースでビジネスを進める必要があり、ここがおすすめできるポイントです。

営業成績が会社の業績に直結するため、やりがいはありますが、同時に業績を出さなければならないプレッシャーもつきまといます。この重責を担うポジションで仕事ができることもおすすめです。

法人営業職のおすすめできる仕事のやりがい2:高額商材が多く大きなビジネスに参加できる

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
法人営業の販売する商材の中には、高額の商品もあります。

例えば高額の商材としては、不動産が挙げられ特にオフィスビルの販売などは数億円という大規模な取引となることも珍しくありません。このような大きなビジネスに参加できるということもおすすめするポイントです。

これだけの大きな商材になると、販売するのに数か月や数年を要する可能性もありますが、その分顧客や取引先との信頼関係が重要となります。

法人営業職のおすすめできる仕事のやりがい3:成績を上げれば会社内で有名になれる

法人営業は、営業成績を上げれば会社内で表彰されるなど有名になれます。

営業成績を上げることは簡単ではありませんが、その分優秀な成績を残せば社内表彰などにより社内で有名になることができ、ここもおすすめするポイントとなります。

通常の会社で表彰を受けることはあまりなく、その分有名になる機会も少ないため、やりがいを感じることはあまりありませんが、法人営業は成績を上げればすぐに有名になることができます。

法人営業職のおすすめできる仕事のやりがい4:ビジネスコミュニケーションが身に付く

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
法人営業職は、相手の要望に応えていく必要がある為ビジネスコミュニケーションが身に付きます。

営業職以外で社外の人とコミュニケーションを取る職種は少なく、その意味で法人営業は相手の要望を先回りしての行動や会話が求められるため、ビジネスコミュニケーションが身に付きます。

ここも法人営業職のおすすめできるポイントで、最初は緊張などで失敗もありますが、経験を積むことで克服できるでしょう。

法人営業職のおすすめできる仕事のやりがい5:商材を販売することで社会貢献につながる

法人営業は、販売する商材によって社会貢献につなげることができます。

近年、環境問題が欧米を中心に注目を集めていますが、たとえば排気ガスの少ない環境に優しいトラックなどを販売することで社会に貢献することができ、ここもおすすめするポイントです。

他にもLED照明は省エネルギ―対策として、販売すれば省エネに貢献することができるなど販売する商材によって、社会貢献していると実感できることもおすすめです。

法人営業職の仕事の厳しさ

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
法人営業は、やりがいもありますがその分責任も伴います。

ここまで法人営業職のやりがいについて説明してきましたが、やりがいの分だけ責任が伴うのも法人営業の職種で、ここではおすすめポイントだけではない厳しさについて説明していきます。

いくつかの項目に分けて、順を追って説明していきますのでおすすめポイントだけではない法人営業職の厳しさも含めて、総合的に判断してください。

法人営業職の仕事の厳しさ1:残業が多い

法人営業職は、取引先の時間に合わせたりいくつも案件を抱えると、残業が多くなります。

法人営業のおすすめとして会社を代表する窓口で、顧客に応対することを説明しましたが、顧客の都合に合わせる必要があるため、同時期に複数案件を抱えていると残業時間が多くなることもあります。

勤務する会社によってその時間はまちまちですが、どうしても自分の都合で早く仕事を切り上げることが難しく、ここに厳しさがあると言えます。

法人営業職の仕事の厳しさ2:常に数字に追われる

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
法人営業は、会社の業績を左右するため、常に数字に追われます。

法人営業職のおすすめとして、営業成績を上げれば会社で有名になれると説明しましたが、同時に常に数字に追われ、結果が伴わないと厳しく追及を受けます。ここに法人営業の厳しさがあります。

会社を代表する花形の職種でありながら、その裏では常にこのような圧力がかかるため成績が良いときは問題ありませんが、一度不調に陥ると辛い経験をする可能性があります。

法人営業職の仕事の厳しさ3:アポイントを取るのが難しい

法人営業は、アポイントが取れないと仕事ができません。

会社の規模によっては、アポイント部隊と営業部隊など分業が進んでいる場合もありますが、中小規模の場合、アポイントから訪問、商談から販売しクロージングと一通り一人で行う会社もあります。

その場合、まずアポイントを取る必要がありますがどこでも歓迎してくれる訳ではありませんので、なかなか取れずに苦しむ可能性があり、ここに厳しさがあります。

法人営業職の仕事の厳しさ4:上司や同僚からのプレッシャーがかかる

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
法人営業は、結果が伴わない苦しい時期も耐える忍耐力が必要です。

法人営業は、高額商材を販売することで大きなビジネスに参加できておすすめと説明しましたが、その分、上司や同僚はあなたをライバルと思い常にその行動は注目されています。

営業成績が上がってトップ争いをしている時は充実感もありますが、逆に全く成績が伸びず苦しい時期は、上司や同僚から厳しい追及を受けるため、これを克服できる忍耐力が必要となります。

法人営業職の仕事の厳しさ5:人間関係でストレスが溜まる

法人営業は、社内だけでなく取引先にも気を遣い、人間関係でストレスが溜まります。

法人営業はビジネスコミュニケーションが身に付いておすすめと説明しましたが、その分多くの人間関係を築く必要があるため、ストレスが溜まり辛い経験をし、ここが厳しいと言えます。

例えば顧客の要望を全て聞いては、会社側の要望を満たせず、反対に会社側の要望を通してばかりでは、営業成績が上がらなかったりと厳しい環境があります。

法人営業職のおすすめ企業が豊富なエージェント5選!

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
転職エージェントは、転職に関する情報が豊富な心強い味方です。

ここまで、法人営業のやりがいやおすすめポイント、厳しさを順を追って説明してきましたが、良いことばかりではない厳しい一面があることも事実です。そんな中、法人営業職を希望する人に頼れる転職エージェントを紹介していきます。

これまでの経験やキャリアを生かし、どのような法人営業職に就くかを考えたら、転職エージェントに相談してみましょう。

法人営業職のおすすめ企業が豊富なエージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、日本最大級の総合転職エージェントです。

リクルートエージェントは、日本で屈指の情報会社リクルートが運営する総合転職エージェント会社で、魅力はその豊富な非公開求人数にあり、一番のおすすめです。非公開求人とは一般に公開されていない特殊な求人のことです。

転職支援実績ナンバーワンとホームページで謳っており、その情報量と優秀なアドバイザーの支援で転職成功者の実績を伸ばしています。

法人営業職のおすすめ企業が豊富なエージェント2:doda

dodaはリクルートエージェントと並ぶ総合転職エージェントです。

dodaは、業界大手のパーソルグループが運営する総合転職エージェント会社で、その情報量は企業の規模を問わずかなりのものとなっており、おすすめの転職エージェント会社です。

転職サイトを確認すると、法人営業はもちろんその他の業種もたくさん掲載されておりその情報量の多さはリクルートエージェントと比較しても大差ありません。

法人営業職のおすすめ企業が豊富なエージェント3:マイナビエージェント

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
マイナビエージェントは、若者向けの転職エージェントです。

マイナビエージェントは、毎日コミュニケーショングループが運営する総合転職エージェント会社で、特徴として若者に強い転職エージェントということができます。

それは、ホームページ上で20代に信頼されている転職エージェントナンバーワンと謳っている通り、特に若者向けの転職情報が多くこの方面を得意とする転職エージェントと分類することができます。

法人営業職のおすすめ企業が豊富なエージェント4:パソナキャリア

パソナキャリアは、転職者の希望に沿ったアドバイスをしてくれる転職エージェントです。

パソナキャリアは、情報量においてはリクルートエージェントやdodaに及びませんが、その分、その人にあった細かいアドバイスをしてくれる転職エージェントです。

2019年オリコン顧客満足度調査で1位を獲得したと謳っている通り、その人の希望にあった紹介を展開した結果、1位を獲得できたと言えそうです。

法人営業職のおすすめ企業が豊富なエージェント5:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系やハイクラス向けの転職エージェントです。

JACリクルートメントは、特にハイクラスや外資系の求人に強い転職エージェント会社で、特
に年収の高い人や外資系を志望する転職者に最適と言えるでしょう。

外資系以外にも国内大手企業と太いパイプがあり、そのため所属するコンサルタントも優秀で顧客満足度も高い会社ということができます。その分それ以外の方には不向きと言える会社でしょう。

法人営業職として活躍してみませんか

法人営業職の業務内容|法人営業職のおすすめできる5つのやりがいと厳しさ
法人営業は、厳しさもありますがその分大きなやりがいもあります。

ここまで、法人営業職のやりがいや、厳しさ、おすすめの転職エージェントについて説明してきましたが、大事なことは厳しさがある分、やりがい大きい職種だということです。

何事もそうですが、最初から上手くいく人はいません。失敗を繰り返すなかで反省し次に生かすことが成功への近道と言えます。

Related