Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

マーケティングにおける活動3つと広告宣伝の種類4つ|基本を学べる本5選

マーケティング戦略の立て方について解説します。一言に「マーケティング」とは言っても実際にはいろいろな細かい意味合いの言葉を含んでいる事があります。この記事ではマーケティングの意味、またマーケティングを行う上での具体的手法についても解説していきます。

マーケティングにおける活動3つと広告宣伝の種類4つ|基本を学べる本5選

マーケティングとは?

マーケティングにおける活動3つと広告宣伝の種類4つ|基本を学べる本5選
まずこれからマーケティング戦略を考える前に、具体的にどのような活動を行うのか、言葉の意味を知っておくようにしましょう。「マーケティング」では、下記で紹介している市場分析、セグメンテーション…といった手法を順番に行います。

この見出しでは、まずマーケティング戦略を計画する際に行う「市場分析」や「セグメンテーション」、「ターゲティング」といった手法の意味などについて順番に説明をしていきます。

市場分析

マーケティング戦略を立てるときに最初に行う事が「市場分析」です。市場分析にはさらに「SWOT、PEST、3C、ファイブフォース」などの分析手法があります。

いずれも会社(や商品など)を取り巻く環境を調べたり、自社の特徴や性格などを調べてる事で、自分の会社の性格や特徴を調べたり、ライバル会社の競合製品を調べるために役立てます。例えばSWOT分析は、商品の広告・宣伝戦略を練る時などに使います。

セグメンテーション

セグメンテーションは、ターゲットとなる市場や消費者について、セグメンテーション(小さい顧客グループ)を分けて作成する、という作業です。

例えばどの市場が優位性を持つことができるのかなどに、わかりやすく分類する事ができます。こうしてセグメンテーションを分けて分析をすると、良質な広告・宣伝を行いやすくなります。また良質なマーケティングは無駄な広告・宣伝費用の投下を抑えコストカットにもなります。

ターゲティング

ターゲティングとは、マーケティング戦略において三番目に行われる作業のことです。市場分析を行い、セグメンテーションに分けて詳しく細分化をしたあと、どの市場を狙うか定める(ターゲティングする)という作業をします。

この段階では、きちんと作業を行えているなら、後の作業もスムーズに行いやすくなります。逆に、マーケティング戦略ではこの作業をきちんとできるか、できないかが成功のカギとなるとも言えるでしょう。

ポジショニング

自社や、販売商品の立ち位置を具体的にするのは「ポジショニング」です。ターゲティングで、市場の中でどの部分を狙って販売を行うかを決めることができたら、ポジショニングでは強みや独自性を調べ、ターゲティングで定めた自社の立ち位置を明確化をさせます。

例えばライバル会社や商品がまだ無い市場へ自社の製品を展開し、有利な販売につなげる、といった方法です。状況を正確に調べて、立ち位置を決める必要があります。

マーケティングミックス

マーケティングミックスは「商品、価格、流通、プロモーション(広告・宣伝」の四種類のポイントを考えて、市場へどのようにアプローチするのかを決めます。

これらは4Pと呼ばれ「Product、Price、Place、Promotion」のそれぞれの頭文字がPであるため「4P」となっています。どんな商品か、価格はいくらか、どんな場所で買えるのか、どんな広告・宣伝をするのか、について具体的に定める部分です。

マーケティングにおける活動3つ

マーケティングにおける活動3つと広告宣伝の種類4つ|基本を学べる本5選
ここから「マーケティングにおける活動」の事例を3種類紹介していきます。そもそもマーケティング活動とは、具体例を挙げると「信仰している宗教の布教活動を行う」という活動に似ています。

理由は、どんな広告・宣伝を行うにしても熱意がなければ成功しないため、身近な活動を例に挙げると布教に近いイメージがあると言えるでしょう。この見出しでは、実際にどのような種類のマーケティング活動があるか紹介していきます。

マーケティングの活動1:マーケティングリサーチ

マーケティングリサーチでは、「企画→調査票作成・実査→分析」という作業を行っていきます。「企画」は、マーケティングを行う上でのテーマとなる要素を考えます。例えば「自社の販売戦略」や、「商品の売り込み方」といった調査項目などがあります。

次の「調査票作成・実査」ですが、調査項目を決めてからアンケート調査などを行い、調査票を作成し、そして三番目の「分析」は、これまで収集したデータを分析していきます。

マーケティングの活動2:広告・宣伝活動

マーケティングにおける活動3つと広告宣伝の種類4つ|基本を学べる本5選
自社が真面目に努力して活動をしていても、誰もその活動を知らないなら収益を得る事ができません。今まで誰も思いつかなかった便利な商品を販売していても、やはりその商品の事を誰も知らないなら売れないでしょう。

ですから色々な種類の広告・宣伝を発表したり、大々的な広告・宣伝を行う活動もマーケティングでの大切な活動です。テレビでCMを放送したり、ネットで商品広告・宣伝を行うなど色々な種類の宣伝があります。

マーケティングの活動3:効果検証

ここまで行ってきた広告・宣伝活動の効果を調べるという段階になります。実際に商品の広告・宣伝を行ってきて、どれだけ認知されたのか、またどれだけ収益に結びつける事ができたのか、といった項目を調べます。併せて広告・宣伝活動でかかった費用も算出します。

売上による収益と、諸費用とを照らし合わせてから「効果対費用」を計算することで、総合的な広告・宣伝効果を検証するという目的も含まれます。

マーケティングにおける広告・宣伝活動の種類4つ

マーケティングにおける活動3つと広告宣伝の種類4つ|基本を学べる本5選
上記の見出しでは、マーケティング活動の二つめの種類に「広告・宣伝活動」という活動を取り上げました。

この見出しでは広告・宣伝活動の具体例について4種類の手法を取り上げて紹介し、商品や自社活動のPRを行うには、どのような種類の広告・宣伝を効果的に行うのがいいのか解説します。

普段の生活では身近に感じるPRですしマーケティングについて調べる機会がはじめてという方でも、共感できる種類のものも多いでしょう。

マーケティングにおける広告・宣伝活動の種類1:マスメディア

マスメディアというのは、「マスコミ」を通してアピールする活動です。マスメディアには「4マスメディア」と呼ばれる種類の媒体があり、これは「テレビ、ラジオ、新聞、雑誌」といった4種類の事で、いずれも商品販売の広告・宣伝が掲載されます。

テレビコマーシャルを見て商品が欲しくなり、実際に商品を購入した事があるという人も少なくはないでしょう。全国の消費者へ情報を届ける事ができる種類の広告・宣伝手法です。

マーケティングにおける広告・宣伝活動の種類2:デジタルマーケティング

マーケティングにおける活動3つと広告宣伝の種類4つ|基本を学べる本5選
デジタルマーケティングというのはインターネットを使った広告・宣伝活動の方法です。検索エンジンを活用したり、あるいは電子メール、ポータルサイトの作成や掲載、SNS、ソーシャルメディアなどの媒体を用いてアピールを行います。

こうしたデジタルマーケティングの手法については「Webマーケティング」とも呼ばれており、比較的手軽にアピールできるほか掲載コストも手頃です。昨今では一番身近な種類の広告・宣伝です。

マーケティングにおける広告・宣伝活動の種類3:SP広告

上記の広告はタイトルを見ただけでもわかりやすいですが、SP広告と呼ばれる種類の手法でマーケティング戦略を考える場合もあります。このSP広告という種類の手法は、屋外に設置されている看板や電光掲示板、サインボード、あるいは交通広告とよばれる種類の広告が含まれます。

交通広告というのは駅の広告・車両広告・屋外広告といった場面で掲載されている種類のもので「OOH(Out Of Home)」とも呼ばれています。

マーケティングにおける広告・宣伝活動の種類4:その他

上記で紹介してきた以外の種類による手法で、市場への広告・宣伝アピールを行う種類の方法です。例として紹介すると、販売促進のためのイベントの開催を行ったり、マスコミから無料で記事として取り上げをしてもらう「PR(パブリシティ)」と呼ばれるの種類の方法などがあります。

この他にも口コミの話題をブログなどへ掲載して、人づてに話題を広める「バズ・マーケティング」といった方法など、色々な広告・宣伝の種類もあります。

マーケティング基本の書籍5選

マーケティングにおける活動3つと広告宣伝の種類4つ|基本を学べる本5選
マーケティングに関する知識を深めたいと考えている方へ、マーケティング基本の書籍5選を紹介していきます。この記事で紹介したマーケティング戦略はほんの一例に過ぎません。

専門書ではマーケティングに関する深い知識を読み解く事ができるようになっているため、これから本格的にマーケティングを知りたいという方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。各見出しでは本の特徴やおすすめポイントも紹介します。

マーケティング入門の書籍1:新版 マーケティングの基本

ロングセラーとして販売されていた「マーケティングの基本」の書籍を、2009年にリニューアルして新しく発刊しなおしたものです。

マーケティングを実戦的に活用する現場でよく用いられている方法についてわかりやすく紹介しており、すぐに販売戦略のために役立てる事ができます。WEBマーケティングの記述のほか、フリーミアム・サブ・スクリプションといった、新しいマーケティング手法についても詳しく解説されています。

マーケティング入門の書籍2:いまさら聞けないマーケティングの基本のはなし

一橋大学教授が解説する、マーケティング感覚を磨くための専門書です。この専門書ではマーケティングで重要な「ことば」について、特に重点を置いて考えられているのが特徴となっています。

他にもマーケティングで大切となる「ありがとう」「おかね」の両方を手に入れるためのポイントについてわかりやすく紹介しているのが特徴です。たくさんの見出しを設けてマーケティング手法を紹介しており、即戦力につなげる事ができます。

マーケティングって、人間理解こそ本質。その面白さを、ことばを通して伝えてくれる。マーケティング入門者にも、経験者の復習にもおすすめできる。次回の研修は、これを課題図書にしようと思う。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%95%E3%8... |

マーケティング入門の書籍3:マーケティングリサーチとデータ分析の基本

こちらはマーケティングでITを活用したいと考えている人へおすすめの専門書です。国内ネットリサーチ最大手の実業家が解説しており、データ分析や、マーケティングリサーチを行うための基本をきちんと押さえて解説している良書です。

「ITのマーケティングは、顧客の表情がわからず不安」「たくさんのテータをどう扱っていいのかわからない」といった具体的な悩みを挙げ、問題の解決を目標とする方法も併せて紹介しています。

マーケットリサーチをアクションに結びつけるポイントがわかりやすく解説されている。精度の高い仮定の導き方から、その仮定から効果的かつ効率的にリサーチ、データ収集、分析を行う手順が時系列でまとめられており、読者に優しい印象を覚えた。これから本格的にマーケティングリサーチに関わる人、今関わっている人でも基本に立ち返るバイブルとなるといっても過言ではない。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%8... |

マーケティング入門の書籍4:課題解決! マーケティング・リサーチ入門

マーケティング戦略で集められたデータから、リサーチする方法を解説した本です。「新しい商品を販売しているものの、どれぐらい売れそうか?」といった、マーケティング戦略で生まれがちな悩みを取り上げて、解決方法を紹介しています。

マーケティングを行う現場での即戦力として役に立つ、リサーチの基本・使いこなし方について、きちんと習得したいと考えているかたにおすすめできる、わかりやすく解説された専門書です。

マーケターなら誰もが直面するビジネス・クエッション。本来ならばマーケティング・リサーチ(MR)はその質問に答えるために存在するのだが、数多ある質問に対して正しい解決手法(MR手法)を導き出すのには、一定のマーケティング実務の経験とMRに対する見識があったとしてもなかなか容易なことではない。また、いままで存在するMR本はその多くが単に「手法の説明」にフォーカスしており、言い方を変えれば説明書に過ぎなかったのに対し、本書が本当の意味での「解決策」を提案している点はMRコンサルテーション本として高く評価ができる。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B... |

マーケティング入門の書籍5:究極のセールスレター

米国では、初版から15年間もの間読み継がれている「超」定番のマーケティング解説書です。マーケティングでセールスレターを活用する方のための解説書で、顧客の心を的確に捉えたマーケティングを行うための手法が丁寧に紹介されているのが特徴です。

顧客を理解する、売り物を理解する、という基本的なマーケティングの部分から、封筒のデザインや文章レイアウトといった、具体的な解説までがきちんと紹介されている本です。

まだ、読んでいる途中ですが、すごく実践的で内容が深いです。すごく参考になります。
著者は人の心理を巧みに利用されるという事なので、もしかすると内容が深いと思わせられているだけなのかもしれませんが、そういう観点からみてもやはり参考になるのではないでしょうか。著者は高卒なんだそうです。それでも何百万ドルと稼いでいると言います。そう言われても全く疑いはないです。それだけ凄いです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E3%81%AE%E3%8... |

マーケティングの広告・宣伝について詳しくなろう

マーケティングにおける活動3つと広告宣伝の種類4つ|基本を学べる本5選
マーケティングの種類について解説してきましたが、どんなマーケティングを行うにしてもまずは「商品を売りたい」「アピールして知ってもらいたい」という熱意や根気が必要です。

たくさんの人へ周知させるためには度胸も必要となるほか、多くの人の目に止まるようにするためには、単純に奇をてらうだけでは不十分となる事もあります。効果的にマーケティングを行うためにも、事前に色々な方法を知っておきましょう。

Related