Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

税理士の仕事がないといわれる原因6つ|仕事を得るための対策5選

税理士とは、どのような職業なのでしょうか。また、仕事がないという噂は真実なのでしょうか。このぺージでは「税理士」をテーマに、現状や将来性、仕事がないと言われる理由などについて、考察・ご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

税理士の仕事がないといわれる原因6つ|仕事を得るための対策5選

税理士とは?

「税理士」という職業名を耳にする機会は、多いと考えられます。しかし、税理士がどのような職業なのかは、よく分からないという方も少なくないと予想できます。

そこで今回は、「税理士」をテーマにして、仕事の内容や仕事がないと言われている原因などについて、考察・ご紹介していきます。

税理士を目指している方や、税理士という職業に興味がある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

税理士の仕事内容

まずは、税理士とはどのような職業なのか、仕事内容について確認していきます。

税理士とは、一言で表現すると、税務のプロです。納税者の依頼を受けて、税金に関する各種手続きや申告の代理、書類の作成などを行っています。

また、企業から依頼された場合は、法人税や住民税などの各種税金の処理や、相続税対策などを行うこともあります。

税理士の現状と将来性は?

税理士は、資格などを取得し、条件を満たした人しかなれない、専門的な職業です。しかし、その将来性は危ういとも言われており、現状も仕事がない税理士は多いとされています。

税理士の人数は増えても、仕事が増えているわけではないため、税理士の現状は仕事がない場合も少なくありません。

また、AIや人工知能が発達していることにより、将来的には税理士の仕事は人工知能などに任せた方が効率的になる危険性もあります。

税理士の仕事がないと言われる原因6つ

上記でも触れましたが、税理士は現在、仕事が人数に対して不足している状態が続いており、仕事がない税理士も多いと言われています。

しかし、なぜ仕事がない税理士が多いのか、気になっている方も多いと予想できます。

そこで続いては、税理士の仕事がない理由やそのような状況に陥っている背景について、考察していきます。

税理士の仕事がないと言われる原因1:過当競争

税理士に仕事がない原因の一例として、過当競争の状態に業界全体が陥っている点が挙げられます。

古くから業界で活躍している税理士が、顧客を独占していたり、新しく資格を取得した税理士が増えていたりするため、1件の仕事を複数の税理士が競って取り合う状況になりがちです。

そのため、実績がない税理士や人脈がない税理士は不利な立場になり、仕事がない状況に陥ってしまう危険性があります。

税理士の仕事がないと言われる原因2:他資格取得者の参入

仕事がない税理士が増えている状態の背景に、他資格取得者の参入が挙げられます。税理士の資格にプラスして他の資格を持っている人や、他の資格を取得し本業としている人で税理士の資格を持っている人が参入してきたため、ますます税理士の人数が増えつつあると考えられます。

また、他資格取得者の方が、幅広い相談や依頼に対応できる可能性があるため、税理士の資格だけで仕事をしている人は、不利になる可能性があります。

税理士の仕事がないと言われる原因3:AIの発達

上記でも触れましたが、AIや人工知能の発達は、税理士の将来性を脅かす事態です。

純粋な計算やデータの処理ならば、AIや人工知能の方が人間よりも速く正確に行うことができます。税理士の仕事も、AIや人工知能などが行える場合もあり、今後はそのような仕事が増加していくと言われています。

上記のような背景から、税理士の仕事は減りつつあり、さらに今後もAIなどに取ってかわられる可能性があると言えそうです。

税理士の仕事がないと言われる原因4:マーケティングの縮小

税理士の仕事がないと言われる原因の1つとして、マーケティングの縮小が挙げられます。上記でも述べたように、各種システムなどを使えば自分でできる処理や計算が増えたため、税理士に仕事を依頼する企業や個人が少なくなっていると言われています。

さらに、税理士の資格を取得している人は増え続けているため、仕事と人数のバランスがアンバランスになりがちです。

税理士の仕事がないと言われる原因5:格差が激しい

全ての税理士に仕事がないわけではありません。仕事をたくさん取っている税理士も大勢います。税理士は、定年退職の概念が存在しないため、長年業界で活躍している税理士や有名な一部の税理士などは依頼をたくさん得ているとも言われています。

上記のような背景から、仕事がない税理士と依頼をたくさん受けている税理士では、仕事の量や稼ぎの差が激しく、税理士業界は大きな格差がある業界だと考えられそうです。

税理士の仕事がないと言われる原因6:コネや人間関係に左右される

上記でも述べたように、税理士業界は仕事がある人と仕事がない人の差が激しいと言われており、仕事がない税理士はとことん依頼を取ることができないと言われています。

独立した税理士の場合は、コネや人間関係のパイプがないと、なかなか仕事を受注することができないケースもあります。そのため、人脈がある税理士はあちこちから依頼を受けることができ、そうでない税理士は仕事がない状態になってしまうケースもあります。

税理士が仕事を得るための対策5選

苦労して資格を取り、せっかくなることができた税理士なのだから、税理士として仕事を得て働きたいとお考えの方も多いと考えられます。

そこで続いては、税理士として仕事を得るには、どうすれば良いのか考察していきます。

現在仕事がない税理士の方や、今後税理士として働きたいとお考えの方は、ぜひ参考にして考えてみて下さい。

税理士が仕事を得るための対策1:情報を不明瞭にしない

税理士はお金を扱う仕事です。そのため、情報が不明瞭だったりクリアでなかったりすると、ユーザーは不信感を抱きやすくなり、依頼をするか躊躇ってしまいがちです。

ですから、依頼人が信頼できるような税理士を目指せば、仕事を得やすくなると考えられます。情報を不明瞭にせず、オープンでクリアな運営を心掛けることで、信頼できる税理士だと認識されやすくなり、仕事をより多く得やすくなります。

税理士が仕事を得るための対策2:価格競争をしない

一見すると、価格競争をして安く依頼を引き受けた方が、仕事を得られると考えがちです。しかし、安易に価格を下げると、利益に繋がらない上に、かえって依頼人も不審に感じる可能性があります。そのため、価格競争をしない方が、仕事を得やすくなる可能性がありそうです。

とはいえ、市場や平均的な価格を知った上で価格設定をすることは大切です。価格や料金設定については、こまめにリサーチをしたり検討したりしましょう。

税理士が仕事を得るための対策3:コミュニケーション能力を磨く

税理士は、接客業でもあります。税理士としての優秀さだけでなく、相談しやすい雰囲気づくりや、親しみやすい対応をすることも、重要だとされています。

ですから、コミュニケーション能力を磨くことも、税理士が仕事を得るためには重要な要素の1つだと考えられます。親しみやすく話しやすい税理士になることで、税理士同士の競合に勝ちやすくなる可能性があります。

税理士が仕事を得るための対策4:営業の手数を増やす

税理士の仕事は、待っているだけで舞い込んでくるものではありません。やはり、営業などをして、積極的に仕事を得るのが確実です。

中には、営業もこなしているのに、仕事がない税理士もいらっしゃると考えられます。しかし、営業をすればする程、仕事を得るチャンスは増えるので、積極的に営業の手数を増やすことが大切です。

税理士が仕事を得るための対策5:仕事を増やす工夫をする

ただやみくもに営業の手数を増やしたり、仕事を増やそうとしたりしても、実際にはなかなか仕事が増えない場合もあります。

仕事を増やすには、やはり工夫をする必要があります。仕事をたくさん得ている税理士の行動や営業方法を参考にしてみたり、人脈を増やしてみたりするなど、仕事を得るためには営業方法なども工夫してみることが大切です。

税理士が仕事がないと言われる現状について知ろう

いかがでしたでしょうか?今回は、「税理士」をテーマにして、税理士の仕事の内容や将来性、仕事がない理由や税理士が仕事を得る方法などについて、考察・ご紹介しました。

税理士は、重要な職業の1つではあるものの、AIや人工知能の発達や資格取得者の増加により、仕事が少なくなりつつある状態です。仕事を得るためには、現状を理解し、どうすればより多くの仕事を得られるのか、考えて工夫することが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related