Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月27日

女性のキャリアプランの立て方のポイント6個|女性にお薦め転職サイト5つ

ライフイベントの影響を受けやすい女性にとって、キャリアプランを立てることは大切なことです。ここでは、女性がキャリアプランを立てる際のポイントやお勧めの転職サイトなどをご紹介しています。自分に合ったキャリアプランを立てたい女性の方は、ぜひご覧ください。

女性のキャリアプランの立て方のポイント6個|女性にお薦め転職サイト5つ

キャリアプランとは

「キャリアプラン」とは、今までの経験やスキルから、自分の将来の仕事や歩みたい人生の道を考え、実現に向けて具体的に計画を立てることです。

その際は、どんな職種を選ぶかだけでなく、どんな働き方をしたいのかも含めて考えます。例えば、「収入はどのくらい欲しいか」「管理職に昇進したいのか」「正社員にこだわるのか」などです。

キャリアプランをきちんと立てることで、就職や転職の際の大切な指標が見えて来ます。

女性がキャリアプランを考えるタイミング

それでは、女性がキャリアプランを考えるのは、どのようなタイミングなのでしょうか。

一般的に、男性は定年まで働き続けることが多いため、キャリアプランを立てやすいと言えます。一方、、女性はライフイベントがキャリアプランに影響しやすいのが特徴です。

たとえば出産や結婚を意識するタイミングであったり、学生時代などが挙げられますが、すべてのタイミングが女性にとっては節目と言えるでしょう。

出産を意識したタイミング

女性にとっての大きなターニングポイントは「出産」です。

妊娠から出産までは1年掛かりの大仕事であり、その後の育児のことも考えると、「出産をする・しない」の選択は女性のキャリアプランに大きく影響します。

出産には年齢も関係するため、「いつ頃、何人欲しいのか」などを、配偶者とよく話し合っておきましょう。ただし、子どもは授かりものなので、欲しいと考えた時期にできるとは限らないことも考慮して下さい。

結婚を意識したタイミング

結婚を意識したタイミングも、キャリアプランを考えるきっかけになります。

今の会社で働き続けるのか退職して専業主婦になるのか、転職あるいは時短勤務に変更するなど、さまざまな働き方が考えられます。

近年は、結婚で退職する女性は減ってきましたが、結婚相手の中には「結婚後は家事に専念して欲しい」と考える人もいるでしょう。

結婚を前提にお付き合いしている場合は、早めに相手と結婚後のことを話しておきましょう。

学生時代

「学生時代」は女性にとってキャリアプランを考えやすい時期です。

将来どんな仕事がしたいのか、結婚や出産はいつ頃がいいのかなどを考えておくと、具体的に行動することができます。

実際に仕事をしたことがない場合は、具体的なキャリアプランが思いつかない人もいるでしょう。その場合は、まず20代~30代前半までにしたいことを書き出してみるのも手です。

目指している職業の先輩を見つけて、参考にしてもいいでしょう。

女性のキャリアプランの立て方のポイント6個

では、どのようにしてキャリアプランを立てるのが良いのでしょうか。

女性がキャリアプランを立てる際に大切なのは、「具体的に考える」ことです。具体的に考えることで、仕事やプライベートに関わらず、目標までの道のりが定まりやすくなります。

続いて、女性のキャリアプランの立て方のポイントをご紹介します。すべての項目が実践できなくても構わないので、まずは自分に合ったキャリアプランの立て方を見つけましょう。

女性のキャリアプランの立て方1:どんな人生を歩みたいかいくつかの軸で考えてみる

まずは「自分がどんな人生を歩みたいのか」を、いくつかの軸で考えてみます。

例えば、仕事を軸に考えるのであれば「○○に昇進したい」、ライフイベントを軸に考えるのであれば「第一子は△△歳くらいで産みたい」、お金を軸に考えるのであれば「□□にマンションを購入したい」という具合です。

そして、必ず「目標を実現させるための方法」とセットで考えます。目標に向けて逆算することは、キャリアプランを立てる上で大切です。

女性のキャリアプランの立て方2:「未来の自分」に向かって具体的なアクションを考え実行する

キャリアプランは、絵空事を並べるだけではいけません。「〇〇歳までに△△がしたい」と考えたなら、目標に辿り着くために、具体的な行動を考えて実行する必要があります。

直近の目標として3年後までの「未来の自分」をイメージしてみましょう。思い描いた「未来の自分」になるために、どのような行動を起こす必要があるかを具体的に考えます。

例えば「30歳までに昇進したい」なら、昇進試験の勉強を毎日1時間行うなどです。

女性のキャリアプランの立て方3:地道に実行しながら試行錯誤する

具体的なキャリアプランを立てたら、あとは目標達成に向け、地道に努力していきます。

キャリアプランを実行する中で、目標となる「未来の自分」と「今の自分」を定期的に比較しましょう。「今のままでは目標に辿り着けない」と感じたら、キャリアプランを練り直し、試行錯誤することが大切です。

すべて計画的に行かないのが人生です。予期せぬできごとの中でキャリアプランを見直しつつ、理想の自分に近づけるようにしましょう。

女性のキャリアプランの立て方4:今の自分にはどんな働き方がいいのかを考える

キャリアプランを立てる上で大切なのは、今の自分が置かれた状況や気持ちを考慮して「今の自分にはどんな働き方が合うのか」をよく考えることです。

例えば、フルタイム勤務で子育て中の人が「帰宅すると家事に追われ、子どもとの時間が取れない」と悩んでいるとします。

その解決法の一つとして、「今は子どもとの時間を最優先に考えたい」と感じているのであれば、時短勤務や在宅ワークに切り替えて働くことも視野に入れましょう。

女性のキャリアプランの立て方5:その働き方がかなう会社が実際にあるのか探してみる

いざ計画を立てても、キャリアプランとして考えた働き方が実現できなければ意味はありません。自分のプランに合う働き方ができる会社が本当にあるのかどうか、実際に探してみることもお勧めします。

今の会社や職種ではキャリアプランに合った働き方が難しい場合、転職エージェントなどに登録して、プロに相談してみるのもいいでしょう。

多様化する働き方の中で、自分のキャリアプランに合った働き方ができる会社を見つけましょう。

女性のキャリアプランの立て方6:結婚や出産などライフイベントを想像する

結婚・妊娠・出産・育児・親の介護など、女性には大きなライフイベントがいくつもあります。20代前半までに就職した人は、仕事に慣れてきた頃に、結婚・出産などのライフイベントがあることが多いでしょう。

これから起こり得るライフイベントについて、いつ頃、どのようなことがあるのかを想像してみましょう。

漠然と考えていたライフイベントも、キャリアプランに含めて考えることによって、行動に踏み出せることがあります。

女性にとってキャリアプランが大切な理由

キャリアプランを立てることは、人生においてとても有意義なことです。そして、女性にとってキャリアプランを立てることが特に大切な理由は、2つあります。

1つ目は「ライフイベントによるキャリアの影響が大きいこと」、そして2つ目は「企業や社会の制度が、現代の女性の生き方に追いついていないこと」です。

以下に、詳しく見て行きましょう。

ライフイベントによるキャリアへの影響が大きいから

女性にとってキャリアプランが大切な理由の1つ目に、女性のライフイベントがキャリアに大きな影響を及ぼすことが挙げられます。

女性が経験する、結婚・妊娠・出産・育児といったライフイベントの過程で、継続してキャリアを積み上げていくことが困難になる場合があります。

例えば、妊娠・出産に伴って長期間仕事を休まなければならない場合や、育児をするために通常勤務が難しい場合などです。

企業や社会の制度が追いついていない

女性にとってキャリアプランが大切な理由の2つ目に、企業や社会の制度がニーズに追いついていないことが挙げられます。

「女性が家事・育児を主に行う」という考え方がまだ根強く残っており、社会の制度が変化に追いついていないのが現状です。

男女共同参画社会が叫ばれるようになって久しく、率先して女性が働きやすい環境を整えている企業もありますが、社会全体ではまだまだ多くの課題が残っていると言えます。

女性にお薦め転職エージェント5つ

働いている女性の中には、今の仕事内容や職場環境に満足していない人も多いでしょう。

「激務に追われ、プライベートの時間がない」「仕事を続けたくても、子どもができたら辞めざるを得ない」といった職場環境の場合、転職もキャリアプランに含めて考えておきましょう。

ここからは、女性にお薦めの転職エージェントをご紹介します。転職について知識のない人も、いざという時のために各エージェントの特徴を知っておきましょう。

女性にお薦め転職エージェント1:パスキャリ

パスキャリは、20代~30代の女性向けの転職エージェントです。未経験者でもOKな案件を多く扱っており、フリーター・既卒・第二新卒でも正社員を目指すことが可能です。

社会人経験がないために、正社員を目指すのを諦めてしまっている人には、特にお薦めのエージェントです。

相談から就職後までのサービスを、すべて無料で個人に合わせた丁寧な面接対策を行っているのも特徴の1つです。

女性にお薦め転職エージェント2:JAIC

JAIC(ジェイック)は、フリーター・既卒・前職を短期間で退職した人にお勧めの転職エージェントです。

目的に応じてコースが選べるので「女子カレッジ」など、女性に特化したコースを選択すると、積極的に女性を採用したい企業との面接を設けてくれます。

二週間に及ぶ無料研修などで、経験がなくても約8割の人が就職に成功しています。営業職の求人も豊富なので、営業職を目指している人にもお勧めのエージェントです。

女性にお薦め転職エージェント3:type 女性の転職エージェント

Type女性の転職エージェントは、女性に特化した支援サービスを行っている転職エージェントです。

求人情報も、化粧品・販売職・事務職など、女性に人気の職種を多く扱っており、ほとんどのコンサルタントが女性で、年齢層も幅広いのが特徴です。

さらに、男性には気軽に相談できない「結婚・出産・育児」などに関わる働き方についても、気兼ねなく相談できます。「育児をしながら働きたい」女性にもお勧めのエージェントです。

女性にお薦め転職エージェント4:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1を謳う老舗のリクルートグループの転職エージェントです。他社と比べて優秀なキャリアアドバイザーが多いと言われています。

面接対策へのサポートが充実している点、求人の質や量が圧倒的に多い点、内定率が高い点などが人気の理由です。大手にキャリアアップしたいと考えている女性には、お勧めのエージェントです。

女性にお薦め転職エージェント5:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、中小規模の企業への求人数が多い転職エージェントです。

20代や第二新卒の求人に力を入れているので、20代で中小企業などに転職を考えている方にはお勧めのエージェントです。

リクルートやdodaのような大手と比べると求人数は少なめですが、その分キャリアアドバイザーが丁寧にアドバイスをしてくれます。求人を無理に押し付けてくることもないので、安心して相談することができるのも特徴です

女性のキャリアプランを立てる際の参考にしよう!

女性のキャリアプランは、仕事でバリバリ働いてキャリアを積みたい人だけの話ではありません。どんな年齢であろうと「今後どのような人生を歩みたいのか」を考えることは、とても大切なことです。

日々をだらだらと過ごすのではなく、目標を持って行動し、「今」を積み上げていくことで、将来も変わる可能性があります。

今回ご紹介したキャリアプランの立て方を参考に、ぜひ具体的なキャリアプランを立ててみて下さい。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related