Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月17日

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15

デジタルスキルがどのくらい身に付いているかどうかは、就職活動・転職活動において重要視されるだけではなく、人生を通したキャリア形成にも影響します。本記事では、デジタルスキルにはどのようなものがあり、ビジネスで必要とされやすいのはどのようなスキルかをご紹介します。

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15

デジタルスキルとは?

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
ビジネスで必要とされるデジタルツールを使いこなすための能力をデジタルスキルと呼んでいます。デジタルスキルは、デジタル情報の取り扱いがますます重視されていくであろう社会において、必要不可欠なスキルとなっています。

デジタルスキルはさまざまなジャンルに細分化されて、スキルごとに関わりあっています。デジタルスキルのある人材を目指すために、どのようなことを学べばよいのでしょうか。

デジタルスキルのある人材

デジタルスキルは非常に意味の広い言葉なので、スキルの高さの判断基準は各デジタルスキルごとに異なります。デジタルスキルのある人材とは、自分の従事している業務や、これから従事する業務で必要とされるデジタルスキルを使いこなす力がある人のことを指します。

膨大な数のデジタルスキルを一人で網羅することはできませんが、自分の仕事やキャリア形成に役立ちそうなデジタルスキルには、日頃から注目しておきましょう。

デジタルスキルを必要とする職種

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
デジタルスキルは今やほとんどの職種で必要とされるスキルになりつつありますが、どのスキルがどれほど必要とされるかは職種や業務内容によりまちまちです。まずは簡単に習得できるものでもいいので一つ得意なデジタルスキルを持ちましょう。

身に付けたデジタルスキルを足がかりに、時間や資金の許す限り積極的に新しいスキルを身に付けていけば、キャリア形成の心強い味方となるでしょう。

デジタルスキルを身に付けるメリット

デジタルスキルは働き方の多様化した社会において、自分のキャリアを理想に近づけていくことに役立ちます。デジタルスキルを身に付けることで、さまざまな働き方に対応できる人材として活躍することができます。

また、現状存在するデジタルスキルを身に付けることは、これから新たなデジタルスキルが誕生したときに、既存の知識を活用して新しいデジタルスキルの習得に挑戦することにもつながっていきます。

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
就職活動や転職活動、今現在働いている業種でのキャリアアップなど、明確な目的が定まっている場合は、その業種で必要と思われるデジタルスキルを優先的に習得しましょう。

自分が身に付けたいデジタルスキルがはっきりと定まっていない場合は、ここにある15項目のデジタルスキルを参考にしてみてください。各々のデジタルスキルに関連する資格習得を目指すといった、目標を設定して学ぶのが上達の近道です。

デジタルスキル1:メール

メールは、社会人にはどのような業種・働き方を選択するにしても最優先で習得しておいた方よいデジタルスキルの一つです。

デスクワークではもちろんのこと、そうでなくても業務上の連絡でメールをまったく使用しないという職場は珍しいのではないでしょうか。社会人としては、ただメールが打てるというだけではなく、ビジネスメールのマナーも合わせて押さえておきたいところです。

デジタルスキル2:文書作成

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
WordやPagesなどのワープロソフトを使った文書作成も、ビジネスでは優先順位の高いデジタルスキルです。メールと同様、ビジネス文書にも定型的な書き方がありますので、ワープロソフトを使って迷いなく文書の体裁を整えることができるようにしておきましょう。

紙資源を使わないということだけでなく、後述するクラウドサービスを使ったファイルの共有をするためにも、デジタル上で書類を作れるスキルは重要です。

デジタルスキル3:写真加工

写真加工は、業務内容によっては非常に重要なデジタルスキルですが、業務によってどの程度の加工技術が求められるのか幅があります。初心者でも簡単に写真の加工ができるアプリケーションもあるので、まずはやってみて、簡単な加工だけでもできるようにしておくとよいでしょう。

写真加工は人気のデジタルスキルの一つで、専門的に学ぶことができるセミナーや研修も充実しており、とりかかりやすいデジタルスキルの一つです。

デジタルスキル4:タイピング

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
デジタルスキルとして定番のタイピングは、パソコンを利用するさまざまな仕事において役に立ちます。パソコンを打つ機会の多い人でも、意外と自己流の打ち方の人が多いのではないでしょうか。

ブラインドタッチタイピングは、コツを掴むためにタイピングの練習の時間を取らないと、なかなかできるようになりません。打ち方をしっかりと練習したことがあるとタイピングスピードに差が出ますので、ぜひ挑戦してみてください。

デジタルスキル5:ファイル変換

ビジネスにおいてデジタルファイルを共有することは日常的にあります。ファイルを人に送る際や、アップロードする際は、ファイルの互換性を保つことが非常に重要です。

例えば文章ファイルで、同じアプリケーションを使っていても、バージョンが違っていて文字化けが起こるということはよくあります。文書ファイルをPDFに変換する方法、画像のフォーマットを変換する方法などは、最低限押さえておきましょう。

デジタルスキル6:クラウドサービス

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
クラウド技術はデータのバックアップや共有、メーラーなど多岐にわたるサービスで利用されています。日常的にビジネスで使われており、使いこなせるようになると、社内のデータを他の社員と共有し、いつでもどこでもクラウド上のデータにアクセスすることができます。

使い慣れていないと、誤って共有する予定のないファイルを公開してしまうといったリスクもあります。サービスの説明をよく読んで使い慣れておきましょう。

デジタルスキル7:表計算ソフト

マイクロソフトのExcelやGoogleスプレッドシートなど、表計算ソフトを使いこなせることは特に事務職において重要です。社内の金銭管理データをはじめとする、ありとあらゆる集計データを管理・活用するためには、表計算アプリケーションが欠かせません。

人と差がつくスキルアップを目指したい人は、資格習得を目指したり、マクロの学習をすることもおすすめです。

デジタルスキル8:プレゼン資料作成

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
ビジネスにおいて何かを発表する際は、作成したプレゼン資料をプロジェクターで投影するという形式が一般的です。プレゼン能力が重要視される企業は多く、入社試験に作成したプレゼン資料をもとに発表をするという企業もあります。

学生のうちは自分から積極的に機会を作っていかないと、プレゼン資料を作成する機会が少ない学校も多いので、発表の機会があるときはプレゼン作成アプリケーションを利用して使い慣れておきましょう。

デジタルスキル9:SNS

SNSは企業の宣伝広告に使われることも多く、勤め先の情報発信を任される人もいるでしょう。SNSは大きな効果をもたらすこともある一方、不用意な発言で企業のイメージをかえって下げてしまうことにつながることもあり、取り扱いが難しいです。

SNS個々の特徴を把握して使い慣れておくことで、リスクを下げ効果的なマーケティングにつなげることができます。

デジタルスキル10:ネットバンキング

ネットバンキングはWeb上で利用できる銀行で、利用すると窓口やATMに行く必要がなく、パソコンやスマホがあればキー操作だけで残高照会や送金が可能です。

ネットバンキングを利用した詐欺なども横行しており、企業が標的になることもあります。ただ使えるだけではなく、なるべく安全とされるパスワードを設定する、パスワードは定期的に変えるなど適切な管理スキルも求められます。

デジタルスキル11:Webデザイン

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
HTML/CSS知識があればWebサイトの作成自体は簡単にをすることができますが、Webサイトを作るだけでなく、ユーザビリティと注目度の高いサイトを目指すためにはWebデザインスキルが欠かせません。

Webデザインのデジタルスキルがあると、多様な働き方の求人に対応できますので、フリーで働きたい人や、在宅・リモートワークをキャリアに取り入れたい人におすすめのデジタルスキルです。

デジタルスキル12:動画編集

動画編集は、編集ソフトが充実しているので個人でも趣味で触れたことがある人も多いのではないでしょうか。動画は、写真では伝わりきらない製品の魅力をPRするといった使い方ができるので、企業の規模を問わず活用されています。

さまざまな業界でマーケティングに動画を利用することが一般的になっていますので、今後ますます動画編集スキルの需要は高まると予想されます。

デジタルスキル13:プログラミング

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
プログラミングは、2020年には小学校で必修化されるほど重要視されているデジタルスキルです。プログラミングを学ぶことで効率よく問題解決する思考力を鍛えることができるとして注目されています。

一口にプログラミングといっても言語数が膨大で、自分がプログラミングで何をしてみたいのかを考えておかないと挫折してしまいがちです。やってみたいことから学習する言語をある程度絞ることが学習を続けられるポイントです。

デジタルスキル14:デジタルマーケティング

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
あらゆるデジタルデータの蓄積とメディアを活用したマーケティングを総称してデジタルマーケティングと呼んでいます。マーケティングにビックデータを利用したり、SEO対策をしたりすることがデジタルマーケティングに当たります。

マーケティングに活用できる理論もデジタルスキルの一つといえるほど体系化されており、これからの時代で特に活躍の場が増えていくであろうデジタルスキルといえるでしょう。

デジタルスキル15:DTP

DTPとはデスクトップパブリッシングの略称です。デジタル上で印刷物のレイアウトをするスキルのことをいいます。DTPはWebデザインと異なり、最終的には紙の出版物として出力されるデータの編集を担います。

印刷して製本することを想定した編集技術が求められ、DTP用のアプリケーションもあります。未経験から現場で経験を積んでいくこともできますが、専門的なスキルを学べる専門学校も充実しています。

デジタルスキルを身に付ける方法4つ

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
デジタルスキルはどのように身につければよいでしょうか。専門性の高いデジタルスキルを身につけるほど、キャリア形成の心強い味方になりますが、その分難易度も高くなります。

セミナーや社内研修を利用すると、基礎から応用まで体系的に学習することができるので、有効に利用しましょう。

デジタルスキルを身に付ける方法1:外部セミナーや研修

デジタルスキル関連の書籍の出版社や、セミナー専門の会社による外部セミナーや研修があります。外部セミナーや研修には受講料がかかることがほとんどですが、社内研修や独学では得られない視点でデジタルスキルを学べることもあり、非常にためになります。

デジタルスキルを身に付ける方法2:社内研修

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
社内研修のメリットは、研修で学べる内容が現在の仕事に直結しているため、自分が現状優先して取得するべきデジタルスキルが判断しやすいことです。社内の一員として育成するためにおこなわれているので、実践的なデジタルスキルを学ぶことができます。

企業では仕事に必要な資格を得たり、セミナーを受けたりするのに補助が得られるケースもあります。利用できる機会があれば積極的に活用して将来のキャリアの幅を広げましょう。

デジタルスキルを身に付ける方法3:専門学校へ通う

プログラミングや画像・動画編集などを体系的に学びたい場合は、専門学校に通うのが近道です。学ぶ内容によっては、実際に校舎に通わずに在宅で学習できるコースもあります。

専門学校の受講には教材や講習費がかかり、ある程度まとまった時間を確保することが必要ですが、学習を継続しやすい工夫もされています。カリキュラムに沿って学習していくことで確実にスキルアップすることができます。

デジタルスキルを身に付ける方法4:関連本を読む

本を読んで独学することでもデジタルスキルを高めることができます。有名なアプリケーションやクラウドサービスにはハウツー本が発売されていることがほとんどなので、本を読んで実際に自分で使ってみることがデジタルスキル向上への第一歩です。

専門的になればなるほど独学での習得が難しくなるので、上記のセミナーや研修、専門学校での学びと上手く併用していきましょう。

デジタルスキルを身に付けよう

デジタルスキルを身に付けよう!必要とされるデジタルスキル15
まずは自分の仕事に役立つデジタルスキルの技術を優先して高めるのがおすすめです。今の仕事では必要としないデジタルスキルでも、習得しておけば意外なタイミングで役に立つことがあります。

日頃から新しいデジタルツールの情報を収集することを意識しておくと、新しいデジタルスキルに挑戦するときのハードルを下げることができます。デジタルスキルは身に付けて損はないので、新しいスキルを積極的に習得してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related