Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

英語ができる人材になることのメリット10|おすすめの資格8つ

「英語ができる人材」とは、どのような人なのでしょうか。また、どうすればなれるのでしょうか。このぺージでは、「英語ができる人材」をテーマにして、定義やメリット、おすすめの英語系の資格などについて、考察・ご紹介してます。ぜひ参考にしてみて下さい。

英語ができる人材になることのメリット10|おすすめの資格8つ

英語ができる人材とは?

グローバル化が進んでいる現代社会では、英語は必須のスキルになりつつあります。中学校や高校では、英語は重要科目とされており、ビジネスにおいても、英語が話せる人材は評価が高く、社会的にも需要が上がっています。

とはいえ、「英語ができる人材」とは、どのような人なのか、またどうすれば英語ができる人材になれるのか、気になるところです。

そこで今回は「英語ができる人材」について、考察・ご紹介していきます。

帰国子女

英語圏の国で生活をした経験がある帰国子女は、英語ができる人材になる可能性が高く、発音などもネイティブなもので美しいと評価されがちです。

帰国子女の定義については、「コトバンク」にて、以下の引用のように解説されています。引用から、帰国子女とは海外での生活を経験して日本へ帰国した、学齢期の子供を指す言葉だと言えそうです。

外国での生活を経て、日本に帰国した学齢期の子供。帰国児童生徒。

出典: https://kotobank.jp/word/%E5%B8%B0%E5%9B%BD%E5%AD%90%E5%A... |

留学経験者や海外業務経験者

帰国子女は、あくまでも海外生活の経験がある学齢期の子供を意味する言葉です。学齢期の子供以外で、海外生活の経験がある人は、留学経験者や海外業務経験者と見なされ、英語圏の国での生活経験がある場合は、英語ができる人材として評価されがちです。

また、留学や海外業務をする時点で、ある程度の英語力が備わっている人も多く、既に英語ができる人材として評価されている人も少なくありません。

英語系資格を持っている人

海外での生活経験がない人は、日本にはたくさんいます。海外生活の経験がない人で、企業などから英語ができる人材として評価されている人の多くは、英語系の資格を取得している人だと考えられます。

英語系の資格と言っても、さまざまなものが存在していますが、特に英検やTOEICなどがメジャーです。

しかし、業務の分野や職業によっては、他の英語系資格の取得が求められるケースもあります。

英語ができる人材になることのメリット10

上記では、英語ができる人材の定義などについて考察しましたが、そもそも英語ができる人材になることで、どのようなメリットがあるのかも、気になるところです。

そこで続いては、英語ができる人材になるメリットについて、考察していきます。英語を学びたいものの、学ぶことで得られるメリットがよくわからないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

英語ができる人材になることのメリット1:英文資料が読める

英語ができる人材になると、英文資料を読めるようになります。業界や職種にもよりますが、中には海外の資料が必須になったり、海外の文献などを参考にする必要がある業務などもあるため、そのような業務を担当する場合は、英語ができる人材であることが必須条件となる可能性もありそうです。

また、必須でない場合も、英語の資料が読めると、情報量が増えるため、ビジネスなどにおいて有利になると考えられます。

英語ができる人材になることのメリット2:転職に有利

英語ができる人材は、企業からの評価が高くなりがちです。英語を使わない職種や業界の企業だったとしても、できないよりはできる方が評価が高くなるため、転職でも有利になることがありそうです。

また、職業や業界の関係上、英語に関するスキルが必須の場合は、志望の条件としてある程度の英語力が求められるケースもあります。ですから、英語ができる人材になることで、志望先の選択肢が増える点もメリットと言えそうです。

英語ができる人材になることのメリット3:収入が多い

上記でも述べましたが、英語ができる人材は、企業から高い評価を得やすくなります。一般的に、実力がある社員やスキルを持っている人材は、給与が高くなりがちです。そのため、ある程度の英語力を持つ人材は、給与が高くなる可能性があります。

企業によっては、英検やTOEICなどで特定の級に合格したり一定の基準以上のスコアを出したりすると、ボーナスが付与されるシステムを導入しているケースもあると言われています。

英語ができる人材になることのメリット4:幅広い業務に携われる

特に海外進出を進めている企業で多いメリットですが、英語ができる人材は、英語圏の企業とのやり取りが可能なため、携わることができる業務やプロジェクトも多くなると考えられます。

海外の企業と提携して進めるプロジェクトや、海外の人材とやり取りすることが多い業務は、英語ができない人だと携わることができないケースもあり、担当できる業務やポジションが限られてしまう可能性もゼロではありません。

英語ができる人材になることのメリット5:海外赴任に抜擢される可能性もある

海外進出を進めている企業では、海外に支社を持っていたり、海外で事業を行ったりしている場合も少なくありません。海外支社や海外での事業の責任者は、現地の社員や協力者とコミュニケーションをスムーズに取ることができる、英語ができる人材が適任だと言えそうです。

上記のような背景から、英語ができる人材になることで、海外赴任や海外での事業の責任者に抜擢される可能性が上がるというメリットも挙げられます。

英語ができる人材になることのメリット6:表現力がアップする

資料などを作成する際、より豊かな表現力を持っている方が、クオリティーの高い資料を作成できます。

日本語の表現力も重要ですが、英語ができる人材になり、英語での表現力も磨くことで、よりわかりやすい資料や情報量が多い資料を作成できる可能性もありそうです。

また、資料などを作成する際の参考文献などに、英語の文献などを使用できるようになる点も、大きなメリットです。

英語ができる人材になることのメリット7:横文字の言葉を理解しやすくなる

近年、ビジネス用語では、英語などを語源にした横文字の単語や言葉が多様されています。「パラダイムシフト」「コミット」などは、よく使われる言葉ながらも、いまいち意味がわからずに困っているという社会人も、少なくありません。

横文字のビジネス用語には、語源が英語のものも数多く存在しています。そのため、英語ができる人材だと、横文字のビジネス用語の意味や使い方も、理解しやすくなります。

英語ができる人材になることのメリット8:職業の選択肢が増える

上記では、転職の際に英語に関する条件が設けられている企業も多く、英語ができる人材の方が志望先の選択肢が増えることをご紹介しました。

しかし、英語ができる人材になることで増えるのは、志望企業だけではありません。転職をする際、英語ができれば通訳や翻訳などの職業を志望することも可能になります。

ですから、英語ができる人材になることで、企業だけでなく、活躍できる業界や職業の幅も広がると言えそうです。

英語ができる人材になることのメリット9:コミュニケーションできる人が増える

グローバル化が進んでいる現代社会では、日本から海外へ行く人の反対に、海外から日本へ来る人も増えています。

ビジネスにおいても、外国人労働者を受け入れている企業は増えており、海外から来た人に教育したり、共に仕事をしたりする機会も増えています。

英語ができる人材になると、海外から来た社員ともコミュニケーションを取ることができるようになり、教育や仕事の相談などもスムーズに行えます。

英語ができる人材になることのメリット10:頼られる存在になれる

社会人として企業で働く上で、自分にしかできないことや何かのスペシャリストになることは、重要なことだと言われています。企業にとってオンリーワンの存在になることで、待遇が良くなったりリストラされにくくなったりするためです。

英語ができる人材になると、英語ができない社員よりも価値が高い社員と見なされやすくなります。企業にとって頼れる存在になり、重要度が高い社員として重宝される可能性もありそうです。

英語ができる人材になるための資格8つ

ここまで、英語ができる人材になることのメリットをご紹介しましたが、メリットを理解したことで、「自分も英語ができる人材になりたい」と感じた方もいらっしゃると予想できます。

そこで続いては、英語ができる人材になる方法の1つである、資格についてご紹介していきます。留学経験などがない方でも、英語に関連する資格を取得することで、英語のスキルや能力を証明でき、英語ができる人材として認められる可能性があります。

英語ができる人材になるための資格1:TOEIC

社会人が自分の英語の能力を証明するには、TOEICで高得点を取るのが手っ取り早いと言われています。TOEICは、英語の資格の中でもメジャーな資格です。求人募集で、「TOEIC○点以上」といった基準を設けている企業もあります。

TOEICには、スコアが存在します。一般的に、TOEICのスコアが600点を越えると、履歴書などに記入できるレベルとされているため、600点以上を目指すことが重要です。

英語ができる人材になるための資格2:TOEFL

「TOEFL」は、英語で大学・大学院レベルの授業を受けることができるレベルかどうかを測定する試験です。TOEICと同様に、スコアが出され、ある程度のスコア以上だと、英語のスキルや知識が高いと評価されます。

TOEICと比較すると、日本ではやや知名度が低い資格ですが、海外での知名度は高いと言われています。

そのため、特に外資系企業などへの就職・転職を検討している方に、おすすめの資格と言えそうです。

英語ができる人材になるための資格3:IELTS

知名度はやや低いものの、国際的な基準で英語力を測定することができる「IELTS」も、英語ができる人材を目指す方にはおすすめの資格です。

IELTSは、海外留学や海外生活が可能なレベルの英語力かどうかを測定する試験で、スコアで結果が出されます。スコアは、1.0~9.0までとなっており、5.0以上くらいから履歴書に記入できるレベルだとされています。

英語ができる人材になるための資格4:英検

「英検」は、日本で最も知名度が高い英語関連の資格の1つで、正式名称は「実用英語技能検定」です。

英検は、英語でのコミュニケーション能力を測定する検定試験で、さまざまな分野やシチュエーションでテストされるため、取得することで幅広い英語力があることを証明できます。

一般的に、2級以上からは履歴書に記入することが可能なレベルとなっているため、転職などに活かしたい場合は、2級以上を目指すことが大切です。

英語ができる人材になるための資格5:日商ビジネス英語検定

「日商ビジネス英語検定」は、ビジネス英語の能力を測定する試験です。

特に、ライティングに関する能力を測定する試験で、取得することで、ビジネスメールや資料を英語で作成・執筆する能力の高さを証明できる可能性があります。

一般的に、実績として評価されるのは、2級以上からのため、こちらもまずは2級以上を目標にする人が多いと言われています。

英語ができる人材になるための資格6:国際連合公用語英語検定試験

「国際連合公用語英語検定試験」は、「国連英検」などの略称で呼ばれる検定試験で、英語力だけでなく、国際問題や世界の時事問題などに対する知識・理解力なども検定されます。

知名度はあまり高くありませんが、問題のレベルは非常に高いと言るため、取得することで英語力と国際問題に関する知識の高さを証明できます。

特にB級以上を取得すると、履歴書などでもアピール材料として記入することが可能になります。

英語ができる人材になるための資格7:ビジネス通訳検定(TOBIS)

「ビジネス通訳検定(TOBIS)」は、名前のとおり英語の通訳をする能力を検定するものです。

通訳の仕事に就きたい方や、通訳する機会が多そうな職場で働きたい方にはおすすめの資格で、英語力だけでなく、通訳のセンスや技術についても試されます。また、ビジネス用語などの語彙力も必要となる検定試験です。

英語ができる人材になるための資格8:ビジネス翻訳能力検定試験

「ビジネス翻訳能力検定試験」は、名称どおり英語の翻訳に関する能力を検定するための試験です。

単なる英語力の検定ではなく、ビジネス英語を翻訳する能力を試されるため、取得することでビジネス英語の知識や翻訳のセンスなども証明できる可能性があります。

外資系企業や海外との取引が多い企業への就職・転職において、特におすすめの資格です。

英語ができる人材について知ろう!

今回は、「英語ができる人材」をテーマにして、英語ができる人材の定義や、英語ができる人材になるメリット、おすすめの英語系の資格などについて、考察・ご紹介しました。

一言で英語ができると言っても、会話力や理解力、通訳・翻訳のセンスやライティング・ヒアリングの能力など、さまざまな分野や項目があります。英語ができる人材を目指す場合は、どのような分野で英語ができる人材になりたいのか、考えることが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related