Search

検索したいワードを入力してください

会計・経理・財務の違いとは?仕事内容の違い各5つ

初回公開日:2019年05月09日

更新日:2019年05月09日

記載されている内容は2019年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

会計・経理・財務のそれぞれの業務の違いをご存知でしょうか。この記事では、会計・経理・財務の業務内容の違いについて、具体的に解説します。これから企業で、経理職や会計職を考えている方や、個人事業主など人材配置の見直しや検討を考えている方は、参考にしてください。

会計・経理・財務の違いとは?仕事内容の違い各5つ

会計・経理・財務の違いとは?

会計・経理・財務は、いずれもお金を管理するための方法で、大きく3つにわかれています。業務内容はそれぞれ違いますが、会社を経営していく上で、どれもが無くてはならない仕事です。お金の管理を間違えれば事業に失敗することもあります。

これからお金を管理する仕事に就きたいと考えている方や、個人事業主として事業を検討している方、会社経営の見直しをしたい方は、違いをしっかりと把握しておきましょう。

会計とは?

そもそも会計とは、金銭・物品の出入りを管理すること、代金を勘定・支払いすることを意味します。会計は、お金の流れや動きを把握・管理する仕事で、管理会計と財務会計の2つに分けることができます。

管理会計では、現在やこれからのお金の動きや流れを把握・管理し、財務会計は、これまでのお金の動きや流れを報告・管理します。では、管理会計と財務会計の違いを具体的に見ていきましょう。

財務会計

財務会計とは、社外の利害関係者に経営状態を開示するための会計です。利害関係者とは、株主や金融機関などです。決算時に利害関係者に開示する貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書といった財務諸表を作成します。

財務会計は管理会計と違い、法律に基づいて算出・作成する必要があり、過去の経営状態など、これまでの業績を振り返るものになります。企業や会社にとって必要な業務です。

管理会計

管理会計とは、社内のみの会計になります。自社の経営のために作成される点で財務会計とは違います。

管理会計は、売上などの収益を計算・管理するだけでなく、中長期的な人材・物資・資金などの分析、原材費・人件費・設備費などの原価コストなど、今後の経営戦略に必要な情報の分析もします。

管理会計は財務会計と違い任意ですが、作成しておくと現状の把握や定期定な見直しに役立ち、経営判断をする上で重要な役割を担います。

経理とは?

経理とは、金銭出納・財産に関する事務処理という意味を持ちます。経理は、会計と違い毎日のお金の動きを管理し、伝票の発行・整理や帳簿の記帳、財務諸表の作成などが主な業務です。その他にも、給与計算や交通費などの経費の精算や支払いをします。

経理は、個人事業主や経営者、役員が担当する場合もありますが、会社規模によっては専門知識が必要な場合があるため、経理部や経理担当者を設けているのが一般的です。

財務とは?

財務とは、財政に関する事務を行う仕事です。具体的には、金融機関や投資家から融資を受けるために資金調達の計画を立てたり、投資先の決定や他社の買取や合併などM&Aの活用を検討します。

財務には、その時の経営状況に合った資金計画を立てる重要な役割がありますが、会計や経理と違い、財政によって財務の必要性の有無が問われる仕事でもあります。

経理・財務の仕事内容の違い

経理は、日常的なお金の流れや動きを管理するのが仕事で、財務は、経理や会計が作成した報告を基にして今後の資金調達などの計画を経てるのが主な業務です。

いずれもお金を管理するという共通点があるため、業務内容の区分の仕方は企業によって異なります。経理が経理として独立している場合もあれば、会計や財務と兼務といった企業もあります。ここからは、それぞれの仕事内容の違いについて詳しく説明していきます。

経理の仕事内容5つ

経理の主な仕事内容は、売上管理、伝票や請求書の発行、入出金の管理、帳簿の記入、給与計算、経費精算、税金や保険料の計算、決算書の作成などがあります。

業務は日単位(日次業務)、月単位(月次業務)、年単位(年次業務)と大きく3つのサイクルに分かれています。経理は業務の幅が広いだけでなく、経営に関わる重要な役割を担っており、毎日の地道な作業や正確性が必要です。具体的な業務は以下のとおりです。

経理の仕事内容1:伝票の作成

伝票の作成は、伝票を用いて毎日のお金の流れを仕訳する業務です。伝票には「入金伝票」「出金伝票」「振替伝票」「売上伝票」「仕入伝票」の5種類があります。

入金伝票は現金が入金されるときに使用し、出金伝票は現金を出金するときに使います。振替伝票は、入出金以外の取引を行った時に使用する伝票です。また、売上伝票と仕入伝票はお金の出入りが未定の場合に使用される伝票で、製造業などで使用されています。

経理の仕事内容2:帳簿の記帳

帳簿とは、仕訳帳もしくは伝票と仕訳されたすべての取引をまとめた総勘定元帳のことを指します。作成した帳簿は、税法で7年間の保存が義務付けられており、決算書の作成時にも使用されます。

ちなみに、仕訳帳と伝票は同じもので作業方法に違いがあります。仕訳帳は一行ずつ記入しますが、伝票は一枚用紙で作業を分担することができます。最近は伝票が主流です。また、総勘定元帳は伝票をもとに会計ソフトなどを使用し作成します。

経理の仕事内容3:買い手に対する請求

買い手に対する請求とは、お金を受け取るために発行する請求書のことで、相手に「お金を払ってください」という意思表示の証拠です。締め日の確認をし、取引した内容や金額、指定先振込口座、振込手数料などを記載して請求書を発行します。

請求書を発行することで、取引先の未払いを防ぐだけでなく、債券を回収する際の証拠にもなりますので、必ず発行しましょう。

経理の仕事内容4:売り手に対する支払い

売り手に対する支払いとは、相手から発行された請求書を受け取り、支払う業務です。相手から受け取った請求額と自社で認識している金額や内容に違いがないかや、支払期限をチェックして、すべての確認が整ったら、請求書の記載どおりに支払いに応じます。

支払明細書は、相手に支払う意思を伝えるだけでなく、自社の支払い漏れの予防にも繋がりますので、支払い時には支払明細書を発行しましょう。

経理の仕事内容5:税金関係の申告

経理の仕事には、お金の出入りだけではなく税金関係の仕事もあります。仕事内容は、法人税や消費税などの会社の税金に関する計算・申告や、年末調整や従業員の社会保険料や労働保険料の計算や申告です。

特に専門的な知識は必要なく、計算方法などの基本的なことを覚えてしまえばできる仕事です。会計ソフトや勤怠管理ソフトなどが導入されている企業もあるので、昔と違い、効率よく業務を進めることができます。

財務の仕事内容5つ

財務の主な仕事内容は、資金調達や財務計画の立案、企業全体のお金の管理です。経理との大きな違いは、経理は現在のお金の動きや流れを管理することですが、財務はこれまでの経営状況を正しく理解・把握した上で、これからの経営について考えていく仕事です。

財務の仕事は企業にとって必要な業務ですが、財政や経営状況によって役割が違います。具体的な財務の仕事内容をご紹介します。

財務の仕事内容1:金融機関からの資金調達

財務の仕事の代表的な業務内容が資金調達です。財務は、資金不足の解消や会社を立て直すために、融資や出資を受けるための手段として、金融機関などに交渉を行います。

資金調達の方法や調達までのスケジュールを考案するだけでなく、必要なお金を貸してもらえる状態にすることが業務になります。また、お金を借りることだけでなく、返済方法についてもシミュレーションするなど、中長期的に考えておくことが必要です。

財務の仕事内容2:株式を新たに発行し資金を調達する

企業が投資家から資金を調達する方法の1つとして、株式を発行して資金の調達を行う方法があります。株式の発行による資金調達は、企業のリスクが最も少ない方法です。

投資家が払い込んだ資金は、自己資本に組み込まれます。そのため、企業は返済の必要がなく自由に使用することができます。そして、投資家は株主としての権利を得ることができるため、リスクは伴いますが、株を売却することができます。

財務の仕事内容3:投資やM&Aなどで会社の資産を運用する

企業が投資家から資金を調達するもう1つの方法として、社債を発行するという方法もあります。社債は投資家から借金をすることで、長期資金が必要な場合に用いられます。元利金の返済を約束して債券を発行します。

基本的には銀行からの借り入れと同じですが、投資家のニーズによって起債条件を決めることができるため、有利な調達が可能になります。投資やM&Aを含めた事業戦略の提案も業務内容になります。

財務の仕事内容4:会社の予算を管理する

経営状況はいつどのように方向転換するかわかりません。普段から経営状況を正確に把握して、早めに対策しておくのも財務の仕事です。何にどれだけ費用がかかるのかなど、いつまでにどれくらいの資金が必要なのかを、短期・長期的な視点で考えておく必要があります。

経理と違い、経営状況を先読みするだけでなく、経営戦略を考え、いつでも実行できる体制を整えておくことも業務になります。

財務の仕事内容5:連結パッケージの親会社への報

財務の仕事には、連結決算をするための連結パッケージの準備や回収があります。連結パッケージとは、連結決算をするための資料のことです。

資料は、連結会計用のシステムでデータ収集する方法や、子会社がデータを入力し親会社へ提出する方法などがあり、企業規模により違います。

連結決算は、親会社と子会社間の不正なやりとりを防ぐことができるため、投資家から見ても大きなメリットがあり、資金調達にも繋がります。

会社にとって「会計・経理・財務」は必要なのか?

会計・経理・財務の業務はそれぞれに違い、全てが経営する上での重要な役割を担い、どの業務もなくてはならない仕事です。ここからは、会計・経理・財務の必要性と違いや、会計・経理・財務に必要なスキルなどについてお伝えします。

人事の方や、これから会計・経理・財務の仕事に就こうと考えている方などは参考にしてみてください。

会計が必要になる理由

会計とは、金銭・物品の出入りを管理し、代金を勘定・支払いする仕事です。企業の経営にあたり、金銭のやり取りやお金の管理を正確に扱える人がいなければ、事業は成り立たちません。

また、会計は、経理と業務内容は違いますが、どちらも業務範囲が広いため、多くの企業が経理部を設け、経理と分担して業務を行っています。会計士へキャリアアップするなど、専門知識を身につけて、さらに必要不可欠な人材となりましょう。

経理が必要になる理由

経理も会計と同じく、会社にとっては必要不可欠な存在です。経理は会計と違い、日々のお金の流れや動きを管理・把握し、決算書を作成するための業務を行います。経理がいなければ、請求書の発行や支払いなどのお金に関する手続きがスムーズに進みません。

また、経理は、自社を分析するための財務諸表を作成したり、保険の計算をするなど、経営者だけでなく従業員にとっても必要な人材であり、重要な役割を担っています。

財務が必要になる理由

財務は、経理や会計とはまったく業務が違い、常に財務状況を把握しておく必要があります。財務は、その時の経営状況に応じて、最適な資金調達の提案や計画を立てなくてはなりません。

また、資金調達は必要に応じてすぐに実行できる体制にしておく必要があります。企業の将来を担っている立場であり、必要不可欠な存在と言えます。

会計・経理・財務の仕事内容の違いを把握しよう

会計・経理・財務の違いと必要性からもわかるように、それぞれの業務があって、企業のお金に関する業務が成り立ちます。いずれかの業務がひとつでも欠けてしまったら、会社はうまく機能しません。

企業によっては、「会計・経理・財務」を一括りとして、業務を兼務する場合もありますが、すべての業務が必要だということに変わりありません。会計・経理・財務の違いを把握した上で、業務を行っていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related