Search

検索したいワードを入力してください

転職に伴う引っ越しの流れとは?人気の転職サイトオススメ7選

初回公開日:2019年05月09日

更新日:2019年05月09日

記載されている内容は2019年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職のための引っ越しは、普通の引っ越しよりもはるかに忙しいです。引っ越しの流れを知っておくことでテキパキと手続きを済ませて、気分良く新生活をスタートさせましょう。5分もあれば簡単に読める内容になっていますので、ぜひご一読ください。

転職に伴う引っ越しの流れとは?人気の転職サイトオススメ7選

転職市場の現状

今、転職するための絶好のチャンスが目の前に広がっているといっても過言ではありません。景気拡大が戦後最長記録を更新しボーナスの平均支給金額も増えるなど、日本経済は好調です。そのため人材不足に悩む企業も多く、即戦力を確保できる転職市場に注目が集まっています。

特に1月~3月は一年の中で求人数が最も多くなる有数シーズンですので、それに合わせて今のうちから転職準備をしておくのがおすすめです。

転職に引っ越しが伴う場合もある

転職にはいろいろな準備が必要です。履歴書や職務経歴書やカバーレターの文面を考えたり、面接の練習をする必要があります。現在仕事をされている方は、こういったことを仕事をこなしながらしますので、時間がいくらあっても足りないくらいです。

そして見落としがちなのが「引っ越し」です。希望の転職先が自宅から通勤できないような場所にある場合は、転職準備だけでなく引越しも視野に入れなければなりません。

転職に伴う引っ越しの流れは?

では、転職をするために引っ越しをする場合は、どのような流れで手続きを進めていけば良いのでしょうか。一口に引っ越しといっても、ただ身の回りの荷物をまとめて送るだけというわけにはいきません。

子供の頃に親の転勤などで引っ越しをする場合は、いろいろな手続きを親がしてくれたという方もいることでしょう。ですが一人の大人として引越しをする場合は、今度はその手続きを自分自身でする必要があります。

引っ越し日を決める

引っ越し手続きの中で最初にすることは、引っ越し日を決めることです。転職のための引っ越しでは、住居が変わるだけでなく職場も変わります。後任者への仕事の引継ぎなども必要でしょう。そういった事情を考えて最適な引っ越し日を選ぶ必要があります。

引越を一日で終わらせるのは至難のワザです。引っ越し日の翌日に会社に出勤するという猛者もいますが、引っ越しには少なくとも数日間はかかると思っておいた方が良いでしょう。

現職への報告

また今の職場へも、転職をするということと引っ越し先の住所を報告しておいた方がいいでしょう。新しい会社へ転職をすると、前の会社から源泉徴収票などの書類が郵送されてくることもあるからです。

そのときに前の職場で新しい住所を把握していない場合は、住所の確認のために電話がかかってくることもあります。万が一のことを考えて、あらかじめ引っ越し先の住所を教えておく方が無難です。

ライフラインや住民票など各種手続き

引っ越し日を決めて現職への報告を済ませたら、ライフラインや住民票といった手続きもしておきましょう。これをしないことには新居で水道やガスや電気が使えず、電気が点かない暗闇の中で大変さみしい思いをすることになります。

また新しい仕事が始まると、住民票の移転のためだけに休みをとるのは難しいです。住民票の移転などの手続きも引越しのついでに済ませてしまいましょう。

転職に伴う引っ越し前に確認すべきこと

では転職のために引っ越しをする場合、具体的には何を確認しておくべきなのでしょうか。入社日や転居費用の補助、社宅や寮の有無といった会社関係のことや、ライフラインの契約について考えてみましょう。

入社日

新しい会社への転職が決まったらできるだけ早く働きたいところですが、入社日は慎重に決めましょう。焦って入社日を早めに決めてしまうと、引っ越し後の部屋の片づけや住所変更などの手続きも終わっていない状況で、あわただしく仕事をすることになるからです。

転職をして新生活をスタートさせるときは予測不可能なことも起こりますので、余裕をもって入社日を決めましょう。

転居費用の補助

転職を機会に転居する場合は、新しく転職する会社に転居費用の補助制度があるのかどうかということも確認する必要があります。

引っ越しには想定外のお金が必要です。荷物を運搬してもらう引っ越し代金はもちろんのこと、引っ越し前後は荷造りするために自宅のキッチンが使えませんので外食なども増えます。また日用品も購入しなければなりません。出費を抑えるためにも転居費用の補助の有無について事前に確認しましょう。

退去日・入居日

もし今住んでいるのが賃貸住宅でしたら、今の住居の退去日や新しい住居の入居日を決めておく必要があります。

ここで注意したいのは退去日をギリギリに設定してしまわないことです。退去日と入居日を同じ日に設定してしまうと、引っ越した後に前の住居に忘れ物をしたことに気付いて取りに行こうとしても、部屋に入ることができません。何があるか分かりませんので、退去日は入居日の1週間後くらいにしておく方が良いでしょう。

社宅・寮などの有無

新しく入社する会社に社宅制度があるのかどうかも確認しましょう。生活費の中で家賃に占める割合はとても高く、特に都市部の家賃は高額です。

収入と支出のバランスを考えると、家賃は手取り収入額の3分の1までに抑えるのが理想と言われています。なるべく出費を抑えるためには社宅制度を利用するのも一つの方法です。

全国展開していたり社員の転勤が多い会社でしたら、社宅制度がある場合もありますので、確認しておきましょう。

ライフラインの契約

そして忘れてならないのが電気、水道、ガスといったライフラインの契約です。遅くとも引っ越し当日までにライフラインの契約を済ませておかないと、新居に引っ越しをした後に電気やガスや水道が使えずにとても不便な思いをします。

転職してせっかく新生活をスタートさせても、ライフラインが使えないとあっては台無しですので、事前に契約を済ませておきましょう。

異動や引っ越しをしてでも転職したい人は意外と多い

転職活動をするときには、履歴書や職務経歴書の作成など、会社へ提出する書類の準備にばかり気を取られがちになります。

ところがいざ希望の会社が見つかっても、勤務先が自宅から通えない場所にあるというのはよくある話です。そして希望する会社へ転職できるとなれば「引っ越しをしてでも入社したい」と考える方も多いのではないでしょうか。憧れの会社へ転職するためにも、引っ越しのことも調べておいて損はありません。

人気の転職サイトオススメ7選

ここからは転職サイトについてご紹介します。周りの人があっと驚くような良い会社へ転職している人は、転職サイトの活用の仕方も上手です。とはいえ転職サイトは星の数ほどありますので、どのサイトを選んだら良いのか迷うという方も多いのではないでしょうか。

転職を考えている方に人気のあるサイトを7個ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

人気の転職サイトオススメ選1:ビズリーチ

ビズリーチは35歳以上のミドル転職に高い実績を持つサイトで、数ある転職サイトの中でも有数クラスの人気を誇っています。特に年収600万円以上の方に人気が高く、ヘッドハンター型の転職サイトとして有名です。

サイトの使い方もシンプルで、今まで仕事で培ってきたスキルや経歴を入力しておけば、ヘッドハンターが直接スカウトしてくれるという仕組みになっています。

人気の転職サイトオススメ選2:リクルートエージェント

転職サイトで忘れてならないのが「リクルートエージェント」です。リクルートは転職人材紹介サービスでは超老舗といえる会社ですので、いろいろな企業からの信頼も厚く豊富な求人案件を保有しています。そのため企業への交渉力が高く転職の内定率が高いのが特徴です。

求人数が多いので転職希望者にもおすすめで、営業職はもちろん技術系、事務系、工場系など、あらゆる職種の中から自分に合った仕事を見つけることができます。

人気の転職サイトオススメ選3:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、年収600万円以上の方に利用されることが多いハイクラス転職サイトで、日本で29年以上に渡って活動してきた実績があります。ミドル転職をお考えの方に人気が高く、課長や部長といった役職を持つ方や技術系のエンジニアからも厚い支持を集めている転職サイトです。

企業に詳しいコンサルタントが適切なアドバイスをしてくれますので、忙しい方でも効率的に転職活動をすることができます。

人気の転職サイトオススメ選4:マイナビエージェント

今、波に乗っている転職サイトといえば、マイナビエージェントです。転職に関心がないという方でも、「マイナビ」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

より良い転職をするためには、自分の今までのキャリアと企業が求めるニーズをマッチングさせることが重要ですが、マイナビはこのマッチング力が高いと評判も上々です。特に若い世代の転職希望者に人気が高く、20代の若い方から熱い支持があります。

人気の転職サイトオススメ選5:doda

dodaは10万件以上の豊富な求人案件がありますので、「残業をしたくない」「学歴不問のところがいい」「未経験でも入れるところがいい」といった転職者のニーズに答えることができます。

また実際に転職した人の意見を聞くこともできますので、初めての転職で不安を抱える方にもおすすめです。スカウトサービスを利用すれば直接スカウトを受けることができ、時間がないという方でも効率の良い転職活動をすることができます。

人気の転職サイトオススメ選6:キュージェント

キュージェントは比較的新しい転職支援サイトで、「キュージェント」という名前を初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。さまざまな専門領域に詳しい優秀な転職エージェントから、丁寧なサポートを受けることができるのが特徴です。

サービスの利用がすべて無料というのも嬉しいポイントで、サポートを受けたり転職エージェントを指名したりするときにもお金がかかりません。

人気の転職サイトオススメ選7:type転職エージェント

type転職エージェントは、年収をアップさせる転職に高い実績を持っています。キャリアアドバイザーが転職希望者のスキルを正しく評価して、職務経歴書の書き方や面接を突破するために必要なノウハウを教えてくれるのが特徴です。

また年収をアップさせるためには企業との条件交渉が重要になってきますが、年収や入社日といった難しい交渉を代行してもらうことも可能ですので、安心して転職活動に取り組めます。

転職で引っ越しが伴う場合の確認ポイントをしっかり押さえよう

引っ越しといえばただでさえ大変なことですが、転職で引っ越しをする場合は新しい会社への入社準備と引っ越しをしなければならず、普通の引っ越しよりもはるかに忙しいです。

新生活を気分良くスタートさせるためにも、転職で引っ越しが必要な場合はどのようなポイントを押さえておけば良いのかを確認しておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related