Search

検索したいワードを入力してください

最近よく聞くHR領域とは?HR領域でオススメの情報サイト11選

初回公開日:2019年06月11日

更新日:2019年06月11日

記載されている内容は2019年06月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

HR領域とは、近年よく聞かれるようになった用語で、会社が将来的な経営を考え、人材を単純な労働力ととらえるのではなく、大切な経営資源、資産と考え人材の育成を行い、効率的に活用する領域の事をいいます。HRとはHumanResourcesの略で、人材の事を指します。

最近よく聞くHR領域とは?HR領域でオススメの情報サイト11選

HR領域で注目されているHRテックとは

少子高齢化からくる労働人口不足が原因で、長時間労働による過労死やメンタル疾患が増加し、大きな問題となっています。

HRとはHuman Resourcesすなわち人材資源の事をいいます。HRテックとは採用や評価や人の配置など、人事労務業務をIT技術を使って行うことを言います。HRテックは、必要な人材の整備や育成をし、適材適所となるよう人を効率的に活用しようとするHR領域のためのテクノロジーの一つです。

HRテックが注目されている理由

今まで、人の採用や評価や異動などの際、面接官の印象や、上司の経験や勘などに左右されがちで、人に合った配置にならないことが問題でした。

HRテックは大量のデータ分析や情報などをIT技術を駆使し、採用から異動、給与計算や労務管理、社会保険業務の処理などを行います。ITのテクノロジーで、人事労務業務の短縮化、大量のデータ情報から的確な人事評価、人の育成を行え、人材の効果的に活用できるという利点があります。

日本で普及している理由

HRテックが日本で普及し出したのは、2015年頃からと考えられ、ベンチャー企業を中心に広がりを見せはじめました。

HRテックが日本で普及し始めた大きな理由は、労働力の不足です。少子高齢化で労働人口が減少し、労働力不足が叫ばれるようになりました。

労働人口減少に伴い、個人が持つ能力を発揮できるよう、適材適所での人事配置、企業と社員双方にマッチした採用など、HRテックの活用で効率化を図るようになりました。

HR領域とは?

HR領域とは、企業の発展のため、未来ある経営のために必要な人材を採用および育成し、大切な経営資源として効率的に活用とする領域のことをいいます。

人材を資源の一つととらえ、適切管理や育成方法により、一人一人の能力が大きく広がり、組織や会社全体に大きな可能性を持つことができます。

サイトで見かけるHRの意味とは?

近年いろいろなサイトでHRという文字を見かけることがあります。特によく見かけるのが、求人サイトでしょう。求人サイトや転職サイトなどでみかけるHRとは、人事労務全般や採用業務、教育など人材の育成や人事労務業務の事を指します。

例えば、HR業務3年以上経験の方、などといった内容であれば、過去に人事労務業務や人材開発など、人に関する業務を少なくとも3年以上経験のある方を募集しているということになります。

HR領域にマーケティング思考が必要なのはなぜか

人事の作業には、採用からはじまり、入社、育成を経て退職まで一連の流れがあります。人事業務に関する一連の流れにマーケティングで使われる考え方や分析などの方法を取り入れることをHRマーケティングといいます。

HRマーケティングは、市場でのフレームワークと呼ばれる共通する考え方、分析や戦略などを考える枠組みを人事領域でも応用させようという考え方です。

他社に惑わされずに戦略や施策を考えられる

マーケティングの考え方をHR領域に応用すると、まずは企業の将来を見据えた時に本当に必要なものを何かという戦略を立てることから始まります。

採用した人材が自社に合わない、評価がされないなどといった問題があれば、早期退職や社員のモチベーションの低下など、企業にとってもマイナスとなります。

他社でやっているから流行っているから行うのではなく、自社なり問題を見つけて、施策を考えることが大切になります。

時代に合わせた取り組みができる

マーケティングで大切なことは、「現状を知ること」「課題を多角的にみて解決方法を探し実行すること」「問題が発生した時に改善策を出し市場の流れを読むこと」です。

HR領域でも同じことが言え、例えば人を採用では企業と人とのマッチングが重要であり、優秀な人材でも双方が合わなければ、従業員の能力が十分に発揮できず、モチベーションの低下や低い人事評価となり早期離職となり、企業とってもダメージとなります。

そのままのフレームワークで活用可能

HR領域におけるマーケティングでは、フレームワークの考え方をそのまま活用できるということがあります。フレームワークでは使われるファネル分析や3C分析などがありますが、HR領域でも応用し、使うことができます。

採用からはじまり入社、教育、配置の適合性など、従業員の考え方や能力など、フレームワークを活用した考え方で効率的に人材を活用できるようにします。

HR領域でオススメの情報サイト11選

あちこちで見られるようになったHR領域ですが、ネットを見ると、HRテックを使用したサービスや情報サイトが数多くあります。

ここでは、たくさんあるHR領域サイトの中から、おすすめのHR領域サイトを11選ほどご紹介いたします。必要なHR領域サイトを知りたい、HR領域サービスを利用したいと感じている方は、ぜひご利用ください。

HR領域でオススメの情報サイト1:SR 人事メディア

SR人事メディアとは、株式会社アウトソーシングSRが運営している人事担当者や経営者を対象とした人事サポートサイトです。

Excelでの出勤簿や雇用契約書などの人事データーベースや送付状などの各種便利ツールなど無料配信しています。労務問題に関するQ&Aや書籍、改善ノウハウなど人事全般において役立つ情報を発信しています。

採用や助成金、法改正に関する情報提供や、社会保険労務士による無料相談も行っています。

HR領域でオススメの情報サイト2:労政時報

労政時報とは、株式会社労務行政が運営している人事労務や労政に関する情報サイトです。経団連などの実地調査や弁護士による書籍など、最新情報をWEBサイト記事にて紹介しています。閲覧するには会員登録が必要となっています。

運営会社である株式会社労務行政は、人事労務に関する書籍の出版販売やセミナーやeラーニングなどを行っています。社員教育などのコンサルティングも行っており、HR領域サービスを提供しています。

HR領域でオススメの情報サイト3:日本の人事部

株式会社アイ・キューが運営する日本の人事部は、HR領域におけるさまざまなサービスを行っているサイトです。サイト上には全国のHRに関するサービスやソリューションを提供する企業をつなぎ、有用な情報を提供しているHR領域ネットワークです。

HRに関する情報や各種無料でダウンロード可能な、人事労務に関するフォーマットを提供しています。また匿名で専門家に相談ができるQ&Aコーナーもあります。

HR領域でオススメの情報サイト4:経営ハッカー

HR領域でオススメするサイト経営ハッカーは、freee株式会社が運営するオウンドメディアです。freee株式会社は会社規模や業種を問わず、成長段階にある企業に向けて、財政管理、給与や社会保険などのHR領域をサポートするソリューションを提供している会社です。

ツイッターやフェイスブックなどのSNSを使った年末調整や労務管理などのHR領域でび情報提供やユーザーとのやり取りを展開している会社です。

HR領域でオススメの情報サイト5:新卒採用成功ナビ

新卒採用成功ナビは、人事採用をサポートしていくれるWEBサイトです。リクルートグループが運営しているサイトで、HR領域の中でも採用に特化したサイトと言えるでしょう。

採用担当者の面談の仕方や採用計画情報などの情報や、専門家による採用のノウハウ、法律にまつわるQ&Aなども掲載もしています。

その他、適性審査や面接者トレーニングなどの商品や会社説明会の案内書や採用通知書のテンプレートなども提供しています。

HR領域でオススメの情報サイト6:@人事

@人事は、株式会社イーディアスが運営している会社で、人事総務の担当者がおさえておきたい用語の解説や情報発信、就業規則管理表などの資料のダウンロードサービスを提供しているサイトです。

また、採用代行サービスも行っており、その他に中途採用人材紹介を行っている企業の情報提供など、HR領域に関するサービスを提供して企業の情報提供および人材マネジメント講座などの講習会も行っています。

HR領域でオススメの情報サイト7:HR review

HR reviewは中小企業および中堅企業の経営者や人事担当者向けに、採用のノウハウや採用事例を提供しているサイトです。

HR領域の中でも、採用に関する情報を扱っています。中途採用や新卒採用、人材育成に関する著書を出版しています。採用成功例の紹介人事制度やマネジメントの成功例の紹介しています。株式会社ビズリーチが運営を行っています。

HR領域でオススメの情報サイト8:マイナビ採用サポネット

マイナビ採用サポネットは、株式会社マイナビが運営している、HR領域の中でも採用に関する情報を提供しているサイトです。新卒採用者向けと中途採用向けのサイトがあります。

新卒採用サポネットでは、学生の意識調査や採用の進め方、スケジュールなどの情報をはじめ、新卒採用に関する書類の雛形一覧や関連資料の提供を展開しています。中途採用サポネットでは、転職状況調査など中途採用担当者向けの支援を行っています。

HR領域でオススメの情報サイト9:an report

an reportはHR領域の中で、アルバイトやパートなどの情報提供を行っているサイトです。
アルバイトやパートなどの非正規雇用社員は、年々増加しており、アルバイトやパートなどに関する法改正がめまぐるしく変わり、人事担当者や経営者の頭を悩ませる問題と言えます。

一見すると分かりにくい、アルバイトへの有給休暇の付与や社会保険に関する悩みなどに対して、社会保険労務士からのアドバイス情報もあります。

HR領域でオススメの情報サイト10:美人事

美人事は人事で働く女性にフォーカスし、情報発信を行っているサイトです。人事で働く女性に焦点をあて、取材をし紹介すると共に、企業の様子も同時に紹介し、求職者や学生が企業に興味を持ってももらえるようにブランディングするという方法をとっています。

掲載企業は株式会社テンプスタッフやWOWOW、クラウドワークで有名なランサーズなどがあります。美人事をみて、求職者にその企業に興味を持ってもらうのが目的です。

HR領域でオススメの情報サイト11:HRpro

HRproは採用や労務管理、教育など人事に関する内容を総括的に紹介しているポータルサイトです。

給与計算や就業規則の整備といった労務管理をはじめ、メンタルヘルスに関するストレスチェックを行っている会社の情報提供などを展開しています。

その他、人事に関するニュースや各種セミナーの案内を行っています。

最近よく聞くHR領域について理解しよう

いかがでしたでしょうか。HRに関するサービスはあちこちで盛んに行われるようになってきました。

HR領域は、募集からはじまり、採用し教育や管理を経て退職するまで長いスパンで考える必要があります。HR領域を効率化し、人材を有用な財産とみて適材適所で活用できるような社会になるいうことは、企業にとっても日本経済にとっても大きなメリットがあると言えるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related