Search

検索したいワードを入力してください

ワークアズライフとは?落合陽一の生き方の7つのメリット

初回公開日:2019年04月22日

更新日:2019年04月22日

記載されている内容は2019年04月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ワークアズライフとは、仕事も趣味も寝ている時間以外はすべて一緒という考え方です。ワークアズライフは筑波大学学長補佐・助教授である落合陽一氏が提唱している説で、話題となっている題材です。今回は、ワークアズライフの特徴とメリットについてご紹介していきます。

ワークアズライフとは?落合陽一の生き方の7つのメリット

ワークアズライフとは

筑波大学学長補佐・助教授・落合陽一氏が提唱するワークアズライフとは、仕事と私生活のどちらも一緒くたに考えた生き方です。

ワークアズライフは新しい時代の考え方です。在宅で仕事をする人が増えている中で、寝ているとき以外は仕事も趣味も同じだという説です。

ワークアズライフは、パソコンやスマホ・ネットという雑多な情報が飛び交う環境で仕事をする人々が増えている現代を象徴する、新しい言葉です。

ワークライフバンスとは

ワークライフバランスとは、働き方改革により話題となった言葉で、私生活と仕事を調和させるという意味があります。

仕事をスムーズに行うことができれば私生活も充実するという考え方で、仕事と生活の相乗効果のことです。どちらか一方が良くない状態に陥っているときは、ワークライフバランスが崩れていると定義付けられます。

その人にとってワークライフバランスが充実していることが大事なので、特別な決まりはありません。

ワークライフバランスとワークアズライフの違い

ワークライフバランスとワークアズライフの違いは、ワークライフバランスには仕事と私生活の明確な区切りがあるのに、ワークアズライフには仕事と私生活の境がないことです。

ワークライフバランスとワークアズライフの違いは仕事のやり方です。ワークライフバランスは仕事に私生活は持ち込みません。私生活にも仕事を持ち込みません。

ワークアズライフは仕事と私生活が混同されていて、仕事をしながら趣味を行うことが可能です。

タイムマネジメントからストレスマネジメントへ

ワークライフバランスのタイムマネジメントからワークアズライフのストレスマネジメントへと、人々の関心が移り始めています。

ワークライフバランスは仕事と私生活を明確にするため、タイムマネジメントが重要となってきます。

反対にワークアズライフは仕事と私生活の境が無いので、タイムマネジメントは必要ありません。ワークアズライフは常に仕事をしているため、いかにストレスのない時間を作るかが重要となってきます。

ワークアズライフの特徴とメリット

ワークアズライフの特徴とメリットについてご紹介していきます。

ワークアズライフには、現代社会の問題を解決するためのソースがたくさん隠されています。少子高齢化による生産性の低下や人手不足解消、コスト削減なども、ワークアズライフによって解決する可能性があります。

ワークアズライフは現時点では、在宅の専門職向けの生き方ですが、人工知能AIが台頭するこれからの世の中にはしっくりくる理論です。

メリット1:生産的に使える時間が増える

ワークアズライフの特徴とメリットは、生産的に使える時間が増えるということです。

ワークアズライフという生き方は、仕事と遊びの境を無くすことが目的です。遊びの延長線上に仕事があり、仕事は趣味の一環のように楽しいものとしてとらえられています。

そのため仕事をするよろこびが、遊びによるストレス発散と同じ意味を成しているため、生産的な時間を過ごすことができるというメリットがあります。

メリット2:仕事が楽しくなる

ワークアズライフの特徴とメリットは、仕事が楽しくなるということです。

ワークアズライフは、人工知能AIなどで仕事の面倒で退屈な部分を取り除き、楽しい部分だけを抜き出して業務としていく生き方です。仕事自体が楽しくなるはずなので、仕事が遊びや趣味のように興味深く意義のあるものへと変化していくメリットがあります。

メリット3:ストレスがなくなる

ワークアズライフの特徴とメリットは、ストレスがなくなることです。

ワークアズライフは仕事からその人のストレスを抜き出してしまう生き方です。たとえば人間関係がストレスであったならば、在宅や個室での作業へ変えていきます。報告や分析が苦手な人は、人工知能AIを導入して一元管理にすれば、自動で報告書の提出が可能になります。

空いた時間を自分がやりたい仕事に当てれば、趣味や遊びのように楽しく業務を実行できます。

メリット4:疲れない

ワークアズライフの特徴とメリットは疲れないことです。

ワークアズライフは自分にストレスを与える仕事をなるべく無くして、好きな仕事を趣味や遊びのように興味を持って行う生き方です。ストレスは人間に緊張と疲労感を与えます。ひどいときには病気などの悪い結果をもたらし、皆に迷惑をかけてしまいます。

ストレスを感じる仕事を人工知能AIなどに任せて、好きな仕事を行っていくことができるのが、ワークアズライフです。

メリット5:趣味に没頭できる

ワークアズライフの特徴とメリットは、趣味などに費やせる時間が増えるということです。

ワークアズライフを行うことで仕事の合間に趣味を行うこともできるので、生活や心に余裕が出て生活そのものが豊かになります。

ワークアズライフで芸術などに触れて、自分が癒される時間を多く持てるようになります。仕事が楽しければストレスを仕事で発散できるので、家庭サービスなどを充実させていくことができます。

メリット6:マイペースで仕事ができる

ワークアズライフの特徴とメリットは、自分のペースで仕事を進められるということです。

ワークアズライフは他人を気にせず仕事ができます。ライバルに競争心を燃やしたり、時間に追われることなく仕事そのものを楽しんで行うことができます。仕事に対する集中心が磨かれるので、業務のパフォーマンス自体が上がっていく可能性が高いです。

ワークアズライフを取り入れることで、仕事対して能動的・発展的に取り組むことができます。

メリット7:自己実現ができる

ワークアズライフの特徴とメリットは、自己実現ができるということです。

ワークアズライフとは、アイデンティティを守ることができる画期的な働き方です。ワークアズライフにはストレスが少ししかありません。自分が望む、自分が欲する仕事を選びながら働いていくことができる生き方が可能です。

人生は日々、選択です。自分らしい自分だけの生き方が選択できるワークアズライフで、確固たる自己実現が可能になります。

ワークアズライフは無理?実現するためのポイント

ワークアズライフの特徴やメリットがわかったところで、実現するためのポイントを検証していきましょう。

ワークアズライフとは、自分の中に確固たるスキルと仕事や生活に対するスタイルを確立してから実行に移すことで、成功へと導かせることができる仕事のやり方です。

いい加減な気持ちでワークアズライフを始めると挫折する可能性が高いので、気をつけましょう。ある程度のスキルを積んでからの方が、実行しやすいです。

ポイント1:戦略を立てて自分だけのスキルを磨く

ワークアズライフを実現するためのポイントは、戦略を立てて自分だけのスキルを磨くことです。

どのようなときでも、生活を変えるときは戦略と覚悟が必要です。生半可な気持ちでワークアズライフを始めると、仕事をやり続けてストレスも溜まり続けたり、遊びが過ぎて仕事ができなくなる可能性があります。

しっかりと自分独自のスキルを磨き上げて、計画立ててワークアズライフを始めてください。

ポイント2:遊びにできることを仕事に

ワークアズライフを実現するためのポイントは、遊びにできることを仕事にすることです。

遊びにできることを仕事にしている人は現在の世の中には、ほんのわずかにしか存在していません。そのためのスキルを磨いて、ワークアズライフのために新たな仕事に就く方法があります。

もしくは現在の仕事を人工知能AIで簡略化して遊びの時間を多く作り、それをまた仕事に結びつけていくやり方があります。

ポイント3:複数の収入源を確保しておく

ワークアズライフを実現するためのポイントは、複数の収入源を確保しておくことです。

ワークアズライフは多彩な仕事をすることが前提とみなされています。もしもどれかひとつの仕事が過大なストレスなどで頓挫したときなどのために、他の仕事を増やせば生活が持続できるように複数の収入源を確保しておくことが必須です。

ワークアズライフを実現するためには、柔軟で多様な働き方や考え方が必要です。

ワークアズライフはブラック?

ワークアズライフはブラック企業経営者マインドではないかという意見があります。

ブラック企業経営者マインドとは、社員をマインドコントロールしてぼろぼろになるまで働かせることを指して使われる言葉です。社員は過剰労働や激務に耐えながら、仕事を辞めようとはしません。

ワークアズライフは仕事漬けで社会との断絶が起きる可能性があるため、ブラック企業経営者マインドではないかと議論の対象になることがよくあります。

ワークアズライフを知るためにお勧めの本

ワークアズライフを知るためにお勧めの本をご紹介していきます。

ワークアズライフは落合陽一が提唱している理論です。人工知能AIが発展していくなかでわたしたちの働き方に警鐘を鳴らすとともに、新しい生き方を提示してくれています。

ワークアズライフはたいへん理想的な生活方法です。実践方法をよく勉強してから始めてください。

ワークアズライフについて詳しく知りたい人は、その理論と利用方法を本から学んでいきましょう。

本1:超AI時代の生存戦略

ワークアズライフを知るためにお勧めの本に「超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト」があります。

現代の魔法使いと呼ばれるワークアズライフの提唱者、落合陽一の著書です。

人工知能AIの時代に備えて、若者に新しい生き方を提唱する1冊です。面倒なことは人工知能AIにやらせて、好きな仕事をしていこうとワークアズライフについて述べています。ストレスを少なくする生き方が語られています。

これからの時代を教えてくれる落合さんの良書。
ただ、落合さん賢いので、落合さんに慣れていないと理解するのは大変かもです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1IOGYAMUQ4Z... |

本2:10年後の仕事図鑑

ワークアズライフを知るためにお勧めの本「10年後の仕事図鑑」は、落合陽一と堀江貴文のベストセラー本です。

人工知能AIによってなくなる仕事、作られる仕事を特集しています。目で見てわかるイラスト入りで、未来の職業が細かく分析されています。

現在、仕事に危機感を持っている人、漠然と人工知能AI時代に恐怖している方に、画期的な戦略のひとつとしてこちらの本をおすすめします。

僕たちがいま本当に学ぶべきことは、実は聞いてしまえばごく簡単で当たり前のこと。でも、その簡単で当たり前なことを、即実行するためには、実はちょっとした勇気が必要。そんな勇気を持てるような新しい視点を与えてくれました。なにかと不安をあおる風潮の中で、未来に展望が開ける本です。ありがとうございました^ ^

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1L1Q7BB4Y7T... |

本3:日本再興戦略

ワークアズライフを知るためにお勧めの本「日本再興戦略」は、少子高齢化の日本に鋭く切り込む落合陽一のおすすめ本です。

現代社会で問題になっている人手不足や生活の格差、ビットコインや政治について綴られています。その解決策として最後に、ワークアズライフによる日本の未来が提示されています。

ワークアズライフの生みの親、落合陽一の考え方がよくわかる1冊です。

同世代で未来を描いてどんどん進んでいく落合さん。その頭の中を覗かせてもらえるようでワクワクしました。バブル後に育ち未来は無いかのように言われた世代ですが、それは植え付けられた思考停止だったんだなと。ほんとにこうやって再興してほしい。感覚が幕末の偉人のよう。
数ヶ月前に読んだんですが、書いてある内容が既にそんなことあったなー!と過去になってるものもあり、出たの今年?!っていう速度感。最高。地方で自分がやるべき事をどんどんやってかなきゃなと思えました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1V2LA1LLR6N... |

ワークアズライフは次世代の生き方?

ワークアズライフは次世代の生き方は、人工知能AIやアウトソーシングを上手に活用して仕事と私生活を調和させることです。

ワークアズライフは未来を担う生き方だとされています。少子高齢化、人手不足、人工知能AIによる職業の狭まりという問題と、うまく共存するための得策です。

現代社会を生き抜くために、いかにストレスを無くすかが大きな課題となっています。ワークアズライフがその疑問に、答えを出してくれています。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related