Search

検索したいワードを入力してください

結婚のために転職を安易に考えてはいけない理由5つ

初回公開日:2019年04月24日

更新日:2019年04月24日

記載されている内容は2019年04月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

結婚のために転職を検討する人もいます。それは家族と豊かに暮らすための年収アップのためであったり、仕事と家庭を両立させるためであったり、目的はさまざまです。どんな点に注意して転職先を探したらいいのか、結婚のための転職における注意点をご紹介します。

結婚のために転職を安易に考えてはいけない理由5つ

転職市場の現状と将来性

現在、求人が増加している転職市場ですが、これはしばらくの間は拡大を続けるだろうと予想されています。人手不足が叫ばれるように、多くの企業が人材を求めているため、今なら転職もそんなに難しくはありません。

とはいえ日本は人口減少を迎えていますし、東京オリンピック開催後には雲行きが怪しくなる可能性もあるので、結婚のために転職するつもりであればなるべく早めのほうが有利でしょう。

結婚のために転職する人は多い?

男女問わず、多くの人が結婚をきっかけとして転職する道を選んでいます。ただし、結婚のための転職で目指すものは男女で少々異なっています。

男性の場合は、主に家族と共に豊かに生活するための収入増や、家族と過ごす時間を増やすことを目指した転職です。女性の場合は、仕事と家庭の両立を考えてキャリアプランの見直しを検討した転職となることが多いです。

結婚のために転職を安易に考えてはいけない理由5つ

結婚のための転職を安易に考えるのは禁物とされる理由が5つあります。転職市場は活況なのに、どうして安易に考えてはいけないと言われるのでしょうか。次からその理由を説明します。

これらをご覧いただければ、転職を安易に考えてはいけない理由がきっと理解できるでしょう。

1:給与・キャリアを維持する転職はむずかしい

結婚のために給与やキャリアを前職同様に維持する転職は簡単ではありません。厚生労働省のデータによれば転職によって賃金が増加した転職者は、全体の40.4%にすぎません。

それに対し、賃金がなかった転職者は全体の22.1%、むしろ賃金が減少してしまった転職者は36.1%もいます。さらに転職によって地位や役職が下がったり、大企業から中小企業へ転職したりといったキャリアダウン転職も、実は珍しくありません。

2:転職後すぐに産休・育休はとりずらい

結婚のために転職したとしても、すぐに産休・育休は取りづらいです。企業の側からしてみたら、転職後すぐに産休や育休を取られてしまった場合、結局人手不足が解消されずに、再度人材募集をかけなくてはならない可能性すらあるからです。

また、結婚のための転職後すぐで社内に人間関係を構築できないまま、その後も数年間、時短勤務を続けるようでは、転職先の上司や同僚に悪く思われかねません。ですから転職後すぐに産休や育休は取りづらいと考えましょう。

3:今の会社で別の働き方はないのか

結婚のための転職を考える前に、今の会社で別な働き方がないのか一度検討してみましょう。現在の会社に入社して数年経過していれば、入社当時はなかったさまざまな制度がいつの間にか新設している可能性もあります。

本当に今の会社ではダメなのか、結婚のための転職を選ぶ前にもう一度検討してみましょう。そのためには、現在どのような制度があるのかを総務部などに問い合わせてみるとよいでしょう。

4:結婚に伴う転居などで余裕がなくなる

結婚のために転居する場合、転職に必要な余裕がなくなります。転職の際はじっくりと転職先を選んだり、面接に行ったり、転職前には前職の引継ぎが必要ですし、転職後は新しい職場になれなくてはいけません。

ところが転職と結婚に伴う転居がかぶってしまうと、引っ越しやら関係各所への手続きやら、膨大な雑務がついてまわり、平日も休日も一気に多忙になってしまいます。これでは結婚のための転職の成功もままなりません。

5:キャリア形成と人生設計を同時に行うのは難しい

キャリア形成と人生設計を同時に行うのは困難です。結婚のための転職を行う際には、自分が重視するのはキャリア形成なのか、人生設計なのかをよく見据えなくてはいけません。

もちろん双方充実した形の転職が可能なら理想的ですが、キャリアアップを目指せば私生活の犠牲、プライベートを充実させた人生設計を目指すなら収入減を、それぞれ覚悟せざるをえなくなる可能性が高いです。何を重視するのか考えて、次の項目に移ってください。

今後の働き方別!転職のコツ

転職のコツは自分が転職の際に何を重視した働き方を選ぶかによって違ってきます。結婚のための転職であれば、結婚後に目指したい働き方によって変わる転職のコツも変わってきます。

また、結婚に伴う出産や、引っ越し、妊活など、それぞれ皆さんの状況は異なるでしょうから、きっちり見極めて転職をお考えください。

結婚後も正社員として働き続けたい場合

結婚後も正社員として働き続けるのを希望する場合、人生設計として子どもをどうするかを考える必要があります。昔は女性のみの問題でしたが、共働きの家庭が多くを占める現代において、これは結婚のための転職において性別を問わない問題になっています。

産休・育休を取得したい場合

産休・育休を取得したいのであれば、結婚前に転職するとよいでしょう。結婚間際には式の準備で忙しくなったり、引っ越しや新婚旅行も控えていたりであれば、結婚1年以上前の転職が理想です。

転職直後に結婚に伴うさまざまな雑事で会社を休むのは難しいからです。結婚のために転職して十分職場に慣れてから結婚・出産すれば、余裕を持った状態で対処できます。

子どもは考えていない場合

子どもはいらない、もしくは今のところ考えていないのであれば、結婚後の転職がよいでしょう。今の職場で結婚を迎え、生活に慣れてきたところでゆっくりと転職を検討したほうが良い職場を選べます。

式の準備や新婚旅行などで休みを取る上でも、勤続年数がある程度以上ある会社のほうが休みの申請がしやすくなります。

出産後は育児中心・その後仕事復帰したい場合

出産後、育児中心で考えている人は、結婚のための転職先として既婚者採用の多い派遣社員を選ぶ場合が多いです。現在の仕事で産休・育休を取得し、両立可能か試してみてからの選択になるでしょう。

ただ、会社側もポストを空にしておくわけにいかないので、産休育休後に同一ポストに復帰するのは難しいと覚悟してください。派遣社員を選んだ場合も正、社員に負けない専門性を身に着けるよう心がけるのがキャリアアップのコツです。

パートナーの転勤を機に結婚を決めた場合

現在の会社で転勤が可能か会社に相談したうえで、無理な場合は転居し結婚した後に転職しましょう。現在の会社への相談は転居先の地域に支社などがない場合、あきらめてしまいがちです。

しんきん再就職支援ネットワークなど一部の金融機関などでは、結婚のために退職する従業員を対象に転居先にある他の金融機関への再就職支援を行う制度があるので、一度確認してみましょう。

おすすめの転職エージェント12社

いざ結婚のために転職となった場合に役立つおすすめの転職エージェント12社を紹介します。それぞれの転職エージェントには、年齢や得意な業界や業種、職種などがあります。

それらの特徴を理解して、自分にピッタリの転職エージェントを選びましょう。転職エージェント探しが転職がうまくいくかどうかを大きく左右しますので気をつけてください。

1:doda

dodaは全国に対応した20~40代向けの大手転職エージェントです。リクルートにつぐ業界2位で、転職者ごとにキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人のプついてサポートしてくれます。

正社員と派遣社員の雇用形態を選択でき、非公開求人が豊富なのでサイトで希望通りの求人を見つけられなくても登録してみる価値があります。全国対応なので、結婚のために転居先で仕事を探す人の心強い味方になるでしょう。

2:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、関東関西を中心に全国に対応した20~40代向け最大手の転職エージェントです。一般職から経営幹部まで、あらゆるクラスの求人を扱っています。老舗の大手の転職エージェントなので対企業への交渉力が高く、そのため内定率も高いです。

面接対策のサポートにも定評があります。同時利用できるリクナビNEXTのスカウトサービスでは、企業から直接オファーを受けられます。

3:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、世界最大の総合人材サービス企業であるアデコによる全国に対応した転職エージェントです。世界60ヵ国に拠点を持ち、グローバルに磨いてきた人材派遣のノウハウを生かしつつ、正社員と派遣社員を中心に転職支援を行っています。

外資系の高レベルな求人が多いため、キャリアに自信がないと二の足を踏んでしまいがちですが、面接希望者を断らないというスタンスなので物は試しで登録を試みてもよいです。

4:ビズリーチ

CMでおなじみのビズリーチは、年収600万円以上の人に支持されている転職エージェントです。日本最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスとして知られるビズリーチには有料プランがあり、ハイクラス会員の場合は求人も年収1000万円以上のものばかりとなります。

キャリアに自信があれば、結婚のための年収アップを目指して登録したい転職エージェントです。

5:キャリアカーバー

キャリアカーバーは、ハイクラス転職ではビズリーチに並んで有数クラスの転職エージェントです。運営はリクルートキャリアが行っています。自身のレジュメを公開し、スカウトしてきたヘッドハンター(コンサルタント)を通じて高収入求人が見つけられます。

年収が500万円以上で転職する必要はないけれどいい話があればといった人には最適です。反面、元々年収の低い人や、結婚のためにすぐ転職したい人には不向きです。

6:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20~30代に強く全国全業種全職種に対応した転職エージェントです。人材大手のマイナビが運営しており、特に強いのは関東エリアです。

どの業種にも職種にもそれぞれ精通したキャリアアドバイザーがいるので、慣れない結婚のための転職活動にも安心して挑めます。中小企業の求人に強く、第二新卒のための求人も多い転職エージェントで、20代からの圧倒的な支持を集めています。

7:リクナビNEXT

リクナビNEXTは転職エージェントではありませんが、400社以上の転職エージェントと提携しているため、転職エージェント向けの窓口として利用できる転職サイトです。

あまりにたくさんの転職エージェントから声がかかるので、相性の悪い転職エージェントからスカウトメールが届く場合もありますが、特定の転職エージェントをブロックすることも可能です。年齢制限がないため40代でも安心して利用できます。

8:パソナキャリア

パソナキャリアは、20代後半から40代に強く関東関西を中心に全国に対応した転職エージェントです。求人数は少なめですが、手厚いサポートやフォローに定評があり、結婚のために初めての転職する人も安心できます。

電話やメールのレスポンスも早いので連絡待ちでやきもきすることも少ないですし、女性の気持ちをわかってくれると評判なので、結婚のための転職であることを話して相談しながらの転職活動にもおすすめです。

9:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイキャリア・高収入の転職に実績がある、海外転職に強い転職エージェントです。特にアジアでは最大級のネットワークを持っており、アジア各国で高い知名度を誇っているので、結婚のため海外に転居する人の転職にもってこいです。

案件の質が高く担当者も優秀で年収500万円以上であれば、ぜひ登録したいエージェントと評判ですが、反面キャリアが低い人は求人を紹介されにくいという欠点があります。

10:type転職エージェント

type転職エージェントは、東京・神奈川・千葉・埼玉という関東一都三県を中心に正社員に対応した転職エージェントです。反面、一都三県以外の求人には弱く、求人内容には偏りがあるといえるでしょう。

とはいえ、25年以上の歴史がある老舗転職エージェントですので、求人数は少なめなものの、老舗ゆえに大手企業の取引先が多く、結婚のために一都三県の中で転職先を求めている人でしたら、魅力的な求人を見つけられます。

11:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、大企業から有名ベンチャーまでずらりと揃えたIT/Web業界専門の転職エージェントです。運営はレベレジーズ株式会社のグループ会社であるレバテック株式会社です。

正社員、派遣社員の他にフリーランス対象の業務委託案件も扱っているので、この点は特徴です。ゲームやデザインなども含めたIT/Web業界で活躍していた人が結婚のため雇用形態を変えようと思い立った場合に役立つエージェントです。

12:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s は、20代の第二新卒に特化した転職エージェントです。すべての求人が20代対象のため、効率よく求人情報を探すことができるので、対象年齢の方は見てみてましょう。

転職になれない人やフリーターであっても、プロのキャリアアドバイザーに無料で履歴書や職務経歴書の作成を手伝ってもらえます。求人の質も大手企業や有名企業の求人を多く扱うマイナビグループなので、安心して結婚のための転職先を探せます。

結婚のための転職はタイミングをしっかり見極めましょう

結婚のための転職はタイミングがとても重要です。自分が大切にしたいものは何かをきっちりと見極め、目的に合わせたタイミングで転職活動に挑まなくてはいけません。充実した仕事と幸せな結婚のためにも、ぜひ自分にぴったりの転職先を探していきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related