Search

検索したいワードを入力してください

商社の営業の仕事内容とは?商社の営業がきつい理由15選

初回公開日:2019年04月22日

更新日:2019年04月22日

記載されている内容は2019年04月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

商社の営業の仕事内容とは?商社の営業がきつい理由15選をご紹介します。商社勤務希望の方も、商社から転職する方も、商社の勤務のきつい部分について理解して、メリットとデメリットを把握しておきましょう。商社勤務はきついけれどやりがいもあります。

商社の営業の仕事内容とは?商社の営業がきつい理由15選

商社の営業の基礎知識3選

昔から人気の企業である商社についてご紹介します。商社とは基本的に卸業務を行っており、自社で製品を作ることはありません。メーカーなどから製品を大量に購入し、ユーザーに小口として提供することが多いです。

また、商社から製品を購入して商社へ販売することもあります。まずは、商社の職務に関する内容の前に、商社の基礎知識を確認していきましょう。

商社の営業の基礎知識1:商社には総合商社と専門商社ある

商社と大きなカテゴリーでわけたとしても、商社の中には、総合商社と専門商社で区分されています。名前のとおり総合商社とは、商品のジャンルが多く取り扱いの幅が広いです。専門商社とはジャンルが選定されており、繊維、化学品といったように専門的に商品を取り扱っています。

専門商社であっても、ジャンルが特定されているからといって取扱商品数が少ないとは限りません。

商社の営業の基礎知識2:商社の営業は総合職

商社の営業がきついと言われる1つの理由として、営業といっても実際のところは、総合職のような仕事を行っています。商社の営業はユーザーに対する営業はもちろんですが、仕入先からの情報も必要となります。そのため、仕入や納期管理といった仕事もふくまれることが多々あります。

商社は自社の製品を扱うわけではないので、ユーザーに求められるメーカーの商品知識なども把握しておくことも必要です。

商社の営業の基礎知識3:商社の営業は語学力が必要

商社は海外の製品を取り扱うことも多く、語学力も必要であるケースが多いです。海外の仕入先と折衝ができるほどの語学力となると、TOEICであれば700点以上を求められることが多いです。

最近では、韓国や台湾、中国、インド、タイ、ミャンマーなどの海外との取引先も増えており、英語以外の外国語を要求されることも多いです。特に中国語ができれば有利になります。

商社の営業がきつい理由15選

商社の営業がきついと言われる理由をご紹介します。商社の営業がきついというと、デメリットに感じることもありますが、逆に考えるとメリットであることも多いです。商社の営業がきついと言われる要因には、仕事内容が多いということも多く、それは経験値をあげられるという見方もできるからです。

きつい仕事だからこそ、達成感ややりがいを感じることもできるため、商社の営業は安定して人気があります。

商社の営業がきつい理由1:仕事量が多い

商社の営業は仕事量が多く、とても忙しいです。仕事の内容が多く、自分できちんとプランニングして、自発的に仕事をすることが必要となります。基本的な仕事は仕入て販売するだけですが、仕入先との折衝も含め、ユーザーのヒアリングや求める商品に対する提案など多岐にわたります。

そのため、地道に泥臭い仕事であっても、根気よく仕事ができる人事が求められます。

商社の営業がきつい理由2:常に勉強が必要

商社の営業は、経済状況や時代の流れに対するニーズなども含め、常に勉強が必要となります。また、商品知識などに関しても、製品の仕様変更や、ユーザーに商品を紹介する際の専門知識なども、日々、勉強して高めることも求められます。

何かの試験や資格のように集中的に勉強を行い、合格を目指して勉強することとは異なり、日々、社会の変化に対応できるように勉強をする必要があります。

商社の営業がきつい理由3:一定の語学力が要求される

商社の営業がきついと言われる理由の1つが、語学力です。商社では、海外取引をする企業が多く、外国語での仕事をするケースがあります。英語は基本的ですが、中国語や韓国語やスペイン語など、その他の言語を求められることもあります。

商社では、商品の単価を下げる努力として海外からの仕入を積極的に行っており、外国語だけではなく、海外の文化や貿易の知識なども求められます。

商社の営業がきつい理由4:得意先との付き合いが多い

商社の営業は、仕事の一環として取引先とのお付き合いが欠かせません。休日であっても、取引先とのゴルフコンペや接待などをすることも一般的です。これを休日出勤と扱われることは少なく、取引先とのお付き合いはプライベートの扱いとみなされるでしょう。

お付き合いのゴルフであっても、人脈を広げたり仕事をする上で信頼や関係性を深めることができる場として、メリットととらえることもできます。

商社の営業がきつい理由5:海外に飛ばされる可能性がある

商社では、海外に支店をおく企業も多く、海外に転勤になる可能性もあります。個人的に海外への駐在を望む方であれば嬉しいチャンスですが、家族を持つと事情がかわるケースもあります。

家族は海外になれていないこともあり、一緒に海外赴任するにはきついと感じる方もいます。やむを得ず単身赴任する方もおり、家族と離れ離れになり家族にとってもきつい選択を余儀なくされることもあります。

商社の営業がきつい理由6:異動が多いのでライフプランが立てにくい

商社の営業は、配属先が移動となり転勤を伴うケースも多々ありますので、ライフプランが立てにくくきついと感じることがあります。恋人ができてもすぐに移動になってしまい、結婚が遅れるケースもあります。

結婚を視野に入れていても、転勤が多いとなると家族にとっても負担が大きくなり、きついをおもわせてしまうこともあります。きついと感じることなく、新天地を好む方が理想的です。

商社の営業がきつい理由7:人間関係の悩みが多い

商社の営業は、仕入先や取引先などとの人間関係が広くなるため、お付き合いでの悩みが発生し、きついと感じることがあります。仕入先とお客様の間のポジションであるため、板挟みにあうこともあります。

一方では、自分の立場がお客様になることもあり、ユーザーにとっては自分が仕入先になる立場です。うまく立ち回りできるスキルが求められますし、交渉料力もアップするためメリットとも捉えらえます。

商社の営業がきつい理由8:メーカーとユーザーの板挟みになる

商社の営業は、メーカーとユーザーの板挟みになることが多く、きついと感じることがあります。ユーザーの希望とメーカーの対応が大きく異なることがあり、そこをうまくすり合わせることも商社の営業の仕事となります。

メーカーとユーザーの条件が異なるケースもたくさんあり、契約に結び付くまでにとても時間がかかることもあります。折衝を繰り返してもすり合わせがうまく運ばず、水に流れてしまうこともあります。

商社の営業がきつい理由9 :最終的な決定権がない

商社の営業はメーカーやユーザーや多くの取引先が関わるため、最終的な決定権がなく、きつく感じることがあります。決定権がないということは常に確認することが多く、連絡を小まめに行う必要があります。

言葉を崩すと伝言係に似た役割を担うことも多く、仕事が多いと感じることもあります。そうならないように、どのような質問がくるかと先読みをして行動することも求められます。

商社の営業がきつい理由10:社内の飲み会が多い

商社の営業は、情報の共有なども含め、飲み会が行われることが多くきついと感じることがあります。日々の仕事量を多いため、社内のコミュニケーションは飲みニメケーションで行われることも多々あり、仕事が終了しても自宅に帰る時間が遅くなうことも多いです。

飲み会が多くなると金銭的にもきついと感じることもありますが、社内のお付き合いを断れないことも十分考えられます。

商社の営業がきつい理由11:残業が多く終電を逃すことがある

商社の営業は残業が多く、気づいたときにには終電を逃すこともあります。終電を逃したときにはカプセルホテルで宿泊したり、社内で夜を明かしたりする社員もいます。タクシーで帰宅できる距離でない社員も多く、残業がひどいときついと感じることも多々あります。

特に繁忙期ともなると、とても忙しい日々が続き、定時に帰れることはとても少ないです。

商社の営業がきつい理由12:年数が経過すると格差が大幅に広がる

商社の営業は、成績により年数が経過すると格差が大幅に広がってしまうケースがあります。同期入社の同僚が、年数が経過すると上司になることも多々あります。肩を並べていた、同僚が上司になりやりにくいと感じることも多く、環境や人間関係できついと思う事も考えられます。

成果を残せなければ取り残されていくこともあり、自信喪失することもありますが、成績をだせばきちんと評価されるため、やりがいにつなげることもできます。

商社の営業がきつい理由13:一人前になるまで期間がかかる

商社の営業は臨機応変に対応することが求められ、知識やスキル以外にも一人前になるまでに時間がかかることもあります。一人前になるまでに時間がかかると根気や努力が必要で、途中で挫折してしまうことがあります。

商社の営業がきつい理由14:勤務時間が不規則

商社の営業は勤務時間も不規則なため、定時で勤務することは基本的にできません。勤務時間が不規則になると、体力面でもきついと感じることもあります。自己管理がとても大切で、接待などで外食も増えるため食事の面でも不健康になりがちです。

商社の営業がきつい理由15:体育会系の体質がある

商社の営業は、体育会系の体質が多くきついと感じることもあります。体育会系は元気が良く、体力も必要になります。学生時代から体育会系でなければ、ノリについていけずに苦痛に感じることも考えられます。

商社のきつい営業を緩和する方法4選

商社の営業がきついと感じたときには、考え方をかえることで緩和することができます。きついと感じた時に緩和する方法をご紹介していきますので、ぜひとも参考にしてくだい。

商社のきつい営業を緩和する方法1:独立の準備と考える

商社の営業できついと感じることは、全て将来のためと考えるとことでやり気につなげることができます。例えば、将来は独立したいという方であれば、総合職のような商社の営業はとてもためになります。

色んな仕事を経験できるので、万が一転職をするにしても有利になる経験値が豊富になります。

商社のきつい営業を緩和する方法2:修行と考える

商社の営業できついとおもうことは、修行と考えて自分のステップアップにつなげましょう。修業はきついものであり、楽してステップアップすることはできません。がんばった分だけ自分の身になります。

商社のきつい営業を緩和する方法3:コネクションを作る場と考える

商社の営業は人脈を広げることもできるため、きついと感じたときはコネクションの場と考えましょう。総合商社などいろんな業界の方と知り合うことができ、メリットもたくさんあり、学べることも豊富です。

商社のきつい営業を緩和する方法4:無料で語学の勉強ができると考える

商社の営業は海外取引も多く、語学力を活かせる場も豊富です。語学力を使うことで語学力の衰えを阻止することもでき、無料で語学を学ぶこともできます。仕事をしながら勉強ができるメリットもあります。

商社の営業はきついけどメリットもある

商社の営業の仕事内容とは?商社の営業がきつい理由15選のご紹介はいかがでしたか。商社の営業はきついこともありますが、それらは自分のためになりメリットになることも多いです。

商社の営業は、転職する際にも有利になることも多く、将来独立したい方にもおすすめです。学べることも豊富で、経験値をあげることもできます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related