Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?

転職活動をする前には、企業選びをしたり、希望職種や希望業界を絞るなどの準備をする必要があります。このとき、人気が高いため、一般職を希望する人は少なくありません。ただし、一般職を希望するのであれば、事前に把握しておくべきことがいくつかあります。

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?

企業一般職ってどうなの?

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
転職活動をする前には、企業選びをしたり、希望職種や希望業界を絞るなどの準備をすることがスムーズな転職活動の流れを作るためにしっかりとしておくことがおすすめです。

このとき、一般職を希望する人は少なくありません。また、一般職は転職経験者や一般職の仕事をしている人からおすすめされることもあります。

仕事内容

一般職は基本的に事務職をする仕事で、営業などの他の人の仕事をサポートする役割です。なので、売上を表にしたり、資料を作成したり、電話に対応したり、受注や発注作業を行ったりなど、その仕事の範囲は非常に広いです。

また、多くの人と会社の仕事をサポートするため、会社の仕事内容や仕事状況を正確に把握したり、いろいろな部署との接点を持つため、幅広い分野の知識が必要になったりなどします。

労働環境実態

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
上記で述べた通り、一般職の仕事範囲は非常に広いです。しかし、仕事範囲が広いため、しっかりとそれぞれの仕事が区切られていて、仕事内容がある程度は固定されている企業もあります。

ですが、企業によっては一般職の仕事内容が区切られておらず、何でも困ったことがあれば一般職に頼んでしまうというところもあります。このような一般職の仕事範囲が正確にされていない企業では、一般職が激務となっていることもあります。

給料

一般職は他の社員の仕事をサポートする役割です。そのため、同じ社内でも総合職と一般職を比べると、その給料は一般職の方が少し低い傾向があります。しかし、給料が低いと言っても、近年ではその差も縮まってきています。

ただし、一般職は総合職と違い、年齢や勤続年数で給料が上がらないという企業もあるため、給料を上げていくためには専門的な知識を身につけたり、資格を取得することなどが必要になります。

一般職にもおすすめのホワイト企業6選

一般職は企業選びに失敗してしまうと一般職は激務となる可能性があります。ですが、実際に働いてみないと、その企業で一般職が激務であるかどうかは判断できない部分もあります。

一般職が激務である企業を避ける方法の1つとして、ホワイト企業に入社するという方法があります。ホワイト企業であれば、激務を避けたり、職場環境が整っていることが多いため、一般職が激務である可能性を下げることができるためおすすめの方法です。

おすすめのホワイト企業1:旭化成グループ

旭化成グループは1922年に創業された大手総合化学メーカーです。旭化成は化学メーカーですが、住宅、建材、医薬品など、幅広く事業を展開しています。

旭化成がおすすめの点は、化学メーカーでありながら文系の採用数が多いということです。そのため、一般職を希望しやすいのでおすすめです。

また、男性が育児休暇を利用している前例が多いことからもホワイト企業であることを知ることができます。

おすすめのホワイト企業2:荒川化学工業

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
荒川化学工業は製紙用の薬品や印刷インキ用の樹脂などに強みを持った化学メーカーです。2017年に工場火災がありましたが、逆にその火災をきっかけに現在は工場で働く人たちのために安全対策を重視していることから、社員を大切にしていることがわかります。

また、荒川化学工業は新卒採用者の3年以内の離職率が非常に低いです。このことからも、労働環境が整っていることがわかるため、おすすめのホワイト企業です。

おすすめのホワイト企業3:昭和シェル石油

昭和シェル石油は国内シェア3割を占め、業界でも2位の大手石油メーカーです。また、石油事業だけでなく、太陽電池や電力事業も行っています。2019年の4月から完全子会社となり、出光昭和シェルとなっています。

昭和シェル石油では文系と理系を区別することなく募集を行っています。そのため、学歴が文理で不利となることがないため、おすすめです。

おすすめのホワイト企業4:ブリヂストン

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
ブリヂストンはタイヤで有名な世界トップのシェアの大手ゴムメーカーです。タイヤのイメージが強いブリヂストンですが、ゴムの原材料を生産したり、小売りチェーン店を運営したりなども行っています。

ブリヂストンではフレックスタイム制、住宅補助、従業員向けの保育所など、従業員が働きやすい環境を作ってくれています。働きやすさを重視する人におすすめです。

おすすめのホワイト企業5:小林製薬

小林製薬は医薬品だけでなく、エチケット用品なども開発している大手企業です。これらの商品開発は全社員からのアイディアを募集する提案制度が導入されています。

このことにより、若い社員は単に上からの指示に従うだけの環境になりにくくなっています。なので、早期の転職を決断した人にとって、働きやすさを求める人におすすめの企業です。

おすすめのホワイト企業6:YKK

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
YKKは服やカバンなどに利用するファスナーを、その子会社であるYKK APはアルミ建材を主に取り扱っています。YKKのファスナーは国内と世界ともにシェア1位となっています。技術系だけでなく、事務系の職種も多く募集していることもあるので、おすすめの企業です。

一般職に就職する際の注意点

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
転職活動をする際に一般職を希望することもあれば、転職経験者やすでに一般職の仕事をしている人から転職するのであれば一般職が良いと進められることもあります。

しかし、先に述べた通り、一般職は非常に激務となっている企業もあります。そのため、企業選びは慎重に行う必要があり、どのためには企業研究をしっかり行う必要があります。また、一般職への転職を希望する場合、他にもいくつか注意するべき点がいくつかあります。

注意点1:一般職は難関

一般職は非常に人気が高いのですが、一般職の求人数は減少傾向にあります。一般職が減少傾向にある理由の1つとして、一般職の仕事をパートや派遣社員などにやってもらうという企業が増えてきていることがあります。

また、転職者には即戦力を求められることも多いため、一般職の経験者や、資格を持った人を優先的に採用されやすいこともあり、未経験からの一般職への転職の難易度は高めとなります。

注意点2:一生続けられるイメージがわくかどうか

一般職は総合職と比べると給料が少し低い傾向があります。また、総合職のように年齢や勤続年数などで給料が上がりにくいことがあるというデメリットもあります。

さらに、仕事の幅が広いため、常に多くの知識を身につけたり、資格取得をしたりどを意識しておかないと、一般職を続けることは難しいです。

そのため、一般職として転職をして、その企業で長く働くことができるイメージが湧かない場合には再度、転職を検討してみましょう。

一般職の常識

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
転職経験者やすでに一般職の仕事をしている人に、転職の相談をすると一般職をおすすめされることがあります。一般職をおすすめする人は、一般職の仕事の経験があるため、一般職に対しての知識や常識を持っています。

しかし、これから一般職に転職をしようと考えている人の中には、一般職の知識や常識を持っていない人もいます。なので、一般職のメリットやデメリットの両方を把握しておく必要があります。

常識1:大企業一般職には高学歴女性が殺到している

一般職は女性から非常に人気の高い仕事であり、おすすめの仕事でもあります。一般職が女性におすすめの理由として、基本的に転勤がないことや、仕事内容の幅の広さからやりがいを感じることができたり、スキルアップをすることができたりなどのメリットがあります。

さらに、大手の一般職であれば、給料も悪くなく、福利厚生も充実しています。そのため、高学歴の女性が大手の一般職を希望することも多いです。

常識2:会社をうまく使って一度きりの人生を楽しもう

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
先に述べた通り、一般職の仕事の範囲は非常に広いです。そのため、常に知識や経験を意識して積み上げていく必要があります。その知識や経験を積み重ねることで、成長を実感できる人もいます。

仕事のやりがいを求めて転職を決断するという人もいます。なので、仕事のやりがいを求める人にとっては一般職はおすすめの仕事でもあります。

常識3:一般職はやりがいを持って活躍できる

一般職は仕事にやりがいを求める人におすすめの仕事です。一般職では、常に自分を成長できる環境に身を置くことができます。

また、一般職は他の社員たちの仕事のサポートをするという役割ではありますが、一般職がいなければ仕事ができないという社員は多く、一般職がいなければ企業が成り立たないということも多くあります。なので、縁の下の力持ちとして、仕事にやりがいを感じるという人におすすめの仕事でもあります。

常識4:一般職内定はイバラの道

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
一般職は人気の高いおすすめの職業ですが、採用枠は減少の傾向があります。そのため、わずかな採用枠は奪い合いとなります。

また、企業は転職者に即戦力を求めることも多いため、未経験からの一般職への転職は、経験者と比べると厳しいものとなってしまいます。

また、大手の一般職は条件が良いため、高学歴の人と採用枠を争わなければいけなくなります。これらの競争に勝てる気がしないという人にはあまりおすすめできません。

一般職のおすすめ転職エージェント

転職活動では転職サイトを利用する人もいますが、転職エージェントを利用する人も増えてきています。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

そのため、一般職への転職という方針が決まっている場合には、その条件を満たしやすい転職エージェントを利用する必要があります。また、転職エージェントの中でも、おすすめの転職エージェントもいくつかあります。

転職エージェント1:マイナビ転職エージェント

ブランド力や認知度が非常に高いことから、就職活動や転職活動ではマイナビやマイナビ転職にひとまず登録するという人は多いです。また同様の理由から、転職エージェントも、ひとまずマイナビエージェントを選ぶという人は多いです。

また、マイナビには非常に多くの求人情報が集まります。そのため、一般職に絞っても十分な量の求人情報が得られるため、おすすめの転職エージェントです。

転職エージェント2:dodaエージェント

DODAはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、マイナビと同様に求人数が非常に多く、非公開求人の取り扱いも多いです。

さらに、DODAでは転職活動をする女性のサポートに力を入れています。そのため、一般職への転職希望の女性におすすめの転職エージェントです。

転職エージェント3:type転職エージェント

type転職エージェントは1都市3県の企業を中心にした転職エージェントです。地域が絞られているため、より詳細な企業情報を集めることができたり、他の転職エージェントが取り扱っていない求人を扱っていることもあります。

ただし、type転職エージェントはITエンジニア、営業職、企画職、メーカーへの転職に強いという特徴を持っています。なので、一般職の求人も探す場合にはあまりおすすめではありません。

転職エージェント4:ハタラクティブ

ハタラクティブは若い世代に特化した就職支援サイトです。また、若い世代だけでなく、フリーターや既卒、第二新卒などの就職支援にも力を入れています。

ハタラクティブの就職支援では、就活アドバイザーがマンツーマンで対応してくれて、転職活動を丁寧にサポートしてもらうことができるため、若い世代の女性が転職活動をする際におすすめとなります。

一般職だけでなく自分に合った企業を探そう

一般職でおすすめの企業6選|一般職の常識と転職方法とは?
転職を決断する人は増えています。また、一般職に希望を絞って転職活動を行う人もいます。ただし、一般職は人気があっておすすめではありますが、転職活動はできるだけ広く視野を広げて行った方がミスマッチを防ぐことができます。

なので、一般職と仕事を絞って転職活動をするのであれば、企業研究や企業選びもしっかりと行い、転職を成功させるようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related