Search

検索したいワードを入力してください

シニアマネージャーの役割4つ|マネージャーとの違いを紹介

初回公開日:2019年05月07日

更新日:2019年05月07日

記載されている内容は2019年05月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

シニアマネージャーという役職を聞いたことがありますか。シニアマネージャーとはどういった役割を担う仕事で、どのような立場の役職なのでしょうか。ここではシニアマネージャーの役割や仕事内容をみていきます。また、似たような役職名の仕事内容などもご紹介します。

シニアマネージャーの役割4つ|マネージャーとの違いを紹介

シニアマネージャーとは

シニアマネージャーという役職を聞いたことがありますか。最近では、会社の役職としてドラマなどでも聞くことがある「シニアマネージャー」とはどういった役職なのでしょうか。また、シニアマネージャーは年齢的にはどの年代の人が担うもので年収はいくらくらいなのでしょうか。

ここでは、シニアマネージャーについての仕事内容や役割、平均年齢や平均年収などをご紹介しますのでご参照ください。

平均年齢

シニアマネージャーの多くは平均30~50代で課長職の平均が45歳ということから課長よりもひとまわり若い人が担うことが多いです。シニアといわれると老人ととらえる人がいるでしょうが、実は結構若い世代の人が就いている役職です。ただし、シニアマネージャーには経験や実力が必要です。

シニアマネージャーは幅広い知識や経験により周囲をサポートできる人材で、多くは大企業から引き抜きで就いている人が多いです。

年収

シニアマネージャーの年収は平均で1,000万円程度です。シニアマネージャーはその経験や実績を買われ大企業からの引き抜きなどで就任しますので、転職前の給与基準に合わせた金額となる傾向にあります。

課長職でも平均年収が800~1,000万円程度ですので、シニアマネージャーはそれに匹敵するかそれ以上の高給取りであるということがいえます。また高い年収に見合うだけの実力が求められる役職だということもいえます。

シニアマネージャーの役割4つ

シニアマネージャーは働き盛りである30~40代で就く人が多い役職であり、統括やマネジメントを担うことが多いです。役職としては次長と課長の間となり課長より上位であるケースがありますが、実際には課長を補佐し円滑に仕事を進めることをおもな仕事とします。ここでは、シニアマネージャーとは具体的にどういった役割があるのかをご紹介します。

1:統括

シニアマネージャーの役割として挙げられるのが、部下が最高のパフォーマンスを上げられるように統括することです。シニアマネージャーは、その経験やスキルから、現場においての問題点を把握してそれに迅速に対応できるよう部下を統括する力が求められます。

また、シニアマネージャーは次長と課長の間の中間職として、上下を結ぶパイプラインとしての役割を担う責任があります。

2:指導・育成

シニアマネージャーの役割には新人などを含めた若手の育成や指導もあります。仕事に慣れていない者への指導や育成を経験豊富なシニアマネージャーが行います。指導や育成は、それ専門の担当者が行うケースもありますが、さまざまな経験や知識を持つシニアマネージャーにお願いするケースもあるからです。

シニアマネージャーは指導や育成も担うため、自分だけではなくどうすれば周囲が円滑に仕事を進められるかを考える仕事です。

3:意思決定

シニアマネージャーの役割として挙げられるのが意思決定です。シニアマネージャーは次長と課長の間の役職ですので課長以下を統括する役割がありますが、その際何か問題が発生したり方向性を決めなければならないときがあります。その際に周囲をまとめて意思決定を行う役割をシニアマネージャーが担います。

シニアマネージャーは指示や指導のほかにも、上下の仲介役や意思決定もしなければならない重要な役職ということがいえます。

4:現場の決定権をもつ責任

シニアマネージャーの役割には現場の決定権をもって、その責任を負うというものがあります。シニアマネージャーは課長と次長の間の役職であり、現場の責任者としての立場です。

何か問題が発生したり、他との調整が必要な場合には、会社の方向性を決めていく責任をもちます。シニアマネージャーは、その豊富な経験によって最適な方向に導く責任があるといえます。

シニアマネージャーの仕事内容

ここまで、シニアマネージャーの役割をみてきましたが、シニアマネージャーは具体的にどういった仕事を行うのでしょうか。シニアマネージャーは一つのことだけをすれば良い役職ではなくマルチな能力が必要とされます。それはシニアマネージャーの仕事内容が多岐にわたるからです。ここではシニアマネージャーの多岐にわたるその仕事内容についてご説明します。

1:課長のサポート職

シニアマネージャーの仕事には課長のサポートも含まれます。役職としてはシニアマネージャーは課長以上次長以下ですが実際に課長の補佐的な役割を担います。例えば、課長が働きやすいように周囲との連携がとれるようコミュニケーションをはかったり、課長を育てていく役割もあります。

しかし、シニアマネージャーという役職は、会社によってその意味合いが異なり、会社ごとポジションや仕事内容が違っているケースも多いです。

2:プロジェクトの進行や管理

シニアマネージャーの仕事にはプロジェクトの進行や管理もあります。シニアマネージャーの中にはプロジェクトが円滑に進行できるよう、スケジュール管理などを含め各方面と調整をする方もいます。

企業によっては課長がその役割を担う場合もありますが、シニアマネージャーが担うことにより課長の負担を減らすという目的もあります。また、シニアマネージャーは場合によってはリーダー的立場で現場を引っ張っていく役割も担います。

シニアマネージャーに求められるスキル

シニアマネージャーにはどういったスキルが求められるのでしょうか。シニアマネージャーは課長以上次長以下の管理職ですから、求められるスキルもそれ相応のものがあります。実際にシニアマネージャーになりたいという方は何についてのスキルを磨けば良いのでしょうか。

ここでは、シニアマネージャーに求められるスキルにはどういったものがあるのかについてご紹介します。

1:管理能力

シニアマネージャーには課長以下の部下を管理しなければならず、管理能力スキルが求められます。シニアマネージャーは次長と課長の間の役職ですが、実際は課長のサポート的立場も担うことから、現場では高いレベルで業務が遂行されることを管理しなければなりません。

シニアマネージャーには、そのように業務遂行のための高い管理能力が必要とされます。またシニアマネージャーは全体を見て判断するため俯瞰的に見る力も必要です。

2:高いレベルでの業務遂行能力

シニアマネージャーにはスキルとして高いレベルの業務遂行能力が求められます。シニアマネージャーは、課長以下の部下を管理するほかにも実際に業務に携わっている人たちといっしょに、その仕事を成功させなければならず、困難な状況においても部下たちが最大限の能力を発揮できるよう導くよう努めなくてはなりません。

そのため、シニアマネージャーが任務を遂行するには、高レベルの業務遂行能力が必要になるということです。

3:指導スキル

シニアマネージャーは新人や若手社員を育成したり、未経験者への手ほどきを行う指導スキルも必要になります。シニアマネージャーは、ただ部下を管理するだけでなく、業務遂行場面において部下たちを正しい方向に導かなくてはなりません。

また、まだ経験が浅いものへ指導も行うことがあります。経験豊富なシニアマネージャーはある時は社員のお手本であり、またある時は先生的立場も担います。

4:高いコミュニケーションスキル

シニアマネージャーには高いコミュニケーションスキルが求められます。シニアマネージャーは次長と課長の間の役職というように管理職ではありますが、現場と上層部をつなぐ役割を担っています。そのため、コミュニケーション能力は必須となります。

また、現場から上層部へ仕事内容に関する伝達も行う場合があり、伝える力が必要になります。シニアマネージャーには正確かつ具体的な伝達能力とコミュニケーション能力が必要だといえます。

5:明快かつ的確な報告力

シニアマネージャーには明快かつ的確な報告力が必要になります。シニアマネージャーは現場で業務遂行している人たちと上層部の橋渡し的役割を担います。しかし、ただ報告すればいいのではなく、本当に伝えるべきことをふさわしい言い方で明快にかつ的確に報告しなければなりません。

言い方を間違えると、正しい情報が伝わらないからです。そのため、シニアマネージャーには明快かつ的確な報告力が必要とされます。

6:状況に応じての提案力

シニアマネージャーのスキルには状況に応じての提案力も求められます。シニアマネージャーは部下を一つにまとめる統率力が必要であり、そのためにも状況に応じての提案力が必要になってきます。何か問題が発生した、意見が欲しいという場面で的確な提案ができる力がシニアマネージャーには求められます。

逆にいえば、そういった能力があるからシニアマネージャーという役職の意味があるということがいえます。

シニアマネージャーとマネージャーの違いは?

最近目にするシニアマネージャーという役職ですが、シニアマネージャーという役職のほかにも最近ではいろいろな新しい役職が出てきています。シニアマネージャーと似た役職名にマネージャーという役職もありますが、これらはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、シニアマネージャーとマネージャーの違いをみていきます。

1:マネージャー

マネージャーとは役職でいうと課長と訳されます。シニアマネージャーは課長よりも上の役職で次長と課長の間ですが、マネージャーは課長と係長の間の役職になります。ただし、会社の取り決めによりマネージャーを課長より上の権限があるとしたり、課長より下の役職としているところもあります。

シニアマネージャーと比べマネージャーの方が格下となります。ただし、管理職であることには変わりなく責任ある役職だといえます。

2:シニアマネージャー

シニアマネージャーは、上級課長を意味し、役職としては次長と課長の間になります。シニアといっても年配の意味ではなく上級の意味で使われています。シニアマネージャーとマネージャーは、一般的に仕事ができて他の人のサポートにもまわれるという優秀な人材が担います。それゆえ、高いスキルに加えてコミュニケーションスキルや指導スキルが求められます。

シニアマネージャーに似た役職

シニアマネージャーには似た役職が存在します。ゼネラルマネージャーやプロジェクトマネージャー、CEO、チーフといった役職は、どこかしらで聞いたことがあるでしょうが、実際にどういった内容の役職で、どのような違いがあるか答えられる方は少ないでしょう。ここでは、これらのシニアマネージャーに似た役職の違いについてご説明します。

1:ゼネラルマネージャー

ゼネラルマネージャーとは、欧米で総支配人や総責任者というポストを意味します。ゼネラルとは「全体の」という意味で、スポーツ界でもチーム監督より上のポストとして使っています。

日本の職場におけるゼネラルマネージャーは、一般的には部長を意味します。シニアマネージャーが次長と課長の間であるのに対して、ゼネラルマネージャーはさらに上の立場の役職だということがいえます。

2:プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、あるプロジェクトを遂行するにあたり計画から遂行管理までの責任を担う役職です。プロジェクトマネージャーはプロジェクトに必要な費用や人員、物資確保まで全体責任を負う立場です。プロジェクト進行でスケジュール管理や状況による評価や分析を行い順調に進める責任を負います。

シニアマネージャーも同じ立場ですが、プロジェクトマネージャーは一プロジェクトに特化しているという点が違います。

3:CEO

CEOという役職は最近ではドラマなどでもよく聞く言葉で、最高経営責任者を意味します。似たような役職にCOOがありますがこれは最高執行責任者という役職で、事業運営に関わる業務執行を統括する立場です。

CEOはあらゆる業務の執行を統括する立場ですので、COOよりも全体を統括する、最も地位の高い立場となります。そのため、シニアマネージャーやゼネラルマネージャーよりもはるか上の役職だということがいえます。

4:チーフ

チーフはどのような分野の仕事でもよく使われている役職で、主任を意味します。部署の中でも小さなグループのまとめ役で、実際に実務にあたる従業員の中で熟練者がその役を担うことが多いです。

部署内ではその分野のまとめ役ですが、一般的に管理職にはあたりません。ただし、企業によっては係長の下の管理職としての立場でチーフという役職を置いているところもあります。

次長と課長の間にあたるポストのこと

いかがでしたか。シニアマネージャーとは上級課長であり、次長と課長の間のポストであるということがわかりました。シニアというと老人というイメージがありますが、実際にはシニアマネージャーは30~40代と比較的若い世代の方が就いていることが多いこともわかっていただけたでしょう。

シニアマネージャーは中間管理職としての重責もある一方で全体的な会社の活性化を担う立場です。その役割や立場をおぼえておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related