Search

検索したいワードを入力してください

仕事の漠然とした不安とは?悩みの原因6つと対処法4つ

初回公開日:2019年04月19日

更新日:2019年04月19日

記載されている内容は2019年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仕事の漠然とした不安を抱え、常にストレスを感じているビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。この記事では仕事で漠然とした不安を感じてしまう原因や、その対処法についてもご紹介しています。対処法を知って、不安を早めに解消しましょう。

仕事の漠然とした不安とは?悩みの原因6つと対処法4つ

頑張っているのに仕事の漠然とした不安が消えない

仕事を頑張っているけれど、なんだか漠然とした不安に駆られてしまうというビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

漠然とした不安は、いったい自分が何に不安を感じているのかが分からず、それを解消するための手立てを講じることもできないため、余計にストレスを感じてしまうことでしょう。

この記事では仕事の漠然とした不安の原因やその対処法について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事に漠然とした不安を抱えてしまう原因とは?

そもそも、なぜ仕事上で漠然とした不安を感じてしまうのでしょうか。その原因を知らなければ、漠然とした不安を解消する方法を見つけることはできません。

ここではまず、仕事で漠然とした不安を感じる主な原因をご紹介していきます。何故だか分からないけれど漠然とした不安をいつも抱えているという方は、以下で取り上げる原因にご自身が当てはまっていないかどうかチェックしてみてください。

原因1:仕事の積み残し

仕事の漠然とした不安の原因としてまず考えられるのが、仕事の積み残しです。やらなければならないのにまだ手をつけられていない仕事が多くあると、そのことが常に頭の片隅に残ってしまうため、プライベートの時間もリラックスできず、漠然とした不安を抱えてしまいがちです。

漠然とした不安を突き詰めて考えると、「未着手の山積みの仕事を終わらせることができるのか」という不安であることがわかります。

原因2:睡眠不足

睡眠不足も、仕事で漠然とした不安を感じてしまう原因として挙げられるでしょう。睡眠不足だと心が整わず、いつも以上にネガティブ思考に陥ってしまいやすいため、本当ならば不安に感じなくてもよいことを必要以上に気にしてしまいがちです。

睡眠が足りていないと正常な判断ができず、心がいつもより過敏でデリケートになってしまうため、漠然とした不安に襲われた時には、まずはゆっくりと睡眠をとることが必要です。

原因3:無意識に情報を仕入れすぎている

仕事で漠然とした不安を感じてしまう原因のひとつに、無意識に情報を入れすぎているということも挙げられるでしょう。

情報過多の状態が続くと脳がそれらを処理しきれずに疲れ切ってしまい、正常な状態から不健全な状態へと陥り、漠然とした不安を感じやすくなってしまいます。

自分では情報過多のつもりはなくても、知らず知らずのうちに必要のない情報まで多く取り入れてしまっていることも多いでしょう。

1:テレビや新聞の情報

情報過多になってしまう原因としてまず考えられるのが、テレビや新聞の情報です。

天気予報や社会人として知っておくべきニュースに関してはきちんと仕入れておくべきですが、芸能人のゴシップニュースなどに多く接していると、知らず知らずのうちに情報過多になって脳がパンクしてしまうでしょう。

仕事のためにも幅広く情報を得ることは必要ですが、どれもこれも無制限に仕入れるのではなく、入手する情報は取捨選択するべきです。

2:SNS

SNSも、情報過多になってしまう原因のひとつでしょう。TwitterやInstagramなどを通じて知人や同僚のキラキラとした日常を垣間見ると、自分だけ取り残されているような気がして、漠然とした不安に駆られてしまいがちです。

また、よりよい自分を見せようとSNSに偽った自分や見栄を張った写真を投稿してしまう人も多いでしょう。仕事で漠然とした不安を感じるならば、まずはSNSをデトックスすべきです。

原因4:ネガティブ思考

仕事で漠然とした不安を感じる原因のひとつに、ネガティブ思考も含まれます。ネガティブ思考の人は将来に対する不安感が強く、自分から不安なことや気がかりなことを「発見」してしまうため、仕事に限らず常に漠然とした不安にさいなまれてしまいます。

また、このような人は総じて自己肯定感が低く、「自分はダメな人間だ」と自己嫌悪に陥っているので、余計に漠然とした不安に心を支配されやすくなるでしょう。

原因5:人間関係の不和

人間関係のトラブルも、仕事で漠然とした不安を感じる原因となるでしょう。

パワハラやセクハラ、社内いじめなどに遭っていなかったとしても、職場で良好な人間関係を築くことができず、「嫌われているのでは」と感じたり「嫌な対応をされた」と不満に感じることが多いと、漠然とした不安に包まれてしまいます。

また、会社に入りたてで職場の人に溶け込むことができていない時にも、同じように不安を感じてしまうでしょう。

原因6:金銭面の不安

仕事で漠然とした不安を感じる原因のひとつとして、金銭面での不安も挙げられます。低賃金で生活が安定せず、日々の暮らしで精いっぱいでろくに貯金ができないと、「この仕事を続けていって大丈夫なのだろうか」と将来が見えなくなり、漠然とした不安に駆られてしまうでしょう。

金銭面で不安があるからと言ってすぐに仕事を辞めて転職をする決心もつかず、どうすればよいのか見通しがたたないのはとても辛いことです。

仕事上の漠然とした不安への対処法

以上では、仕事の漠然とした不安の原因についてご紹介してきました。では、もしも仕事で漠然とした不安に駆られた時、どうすればよいのでしょうか。

不安をそのまま放置しておくと神経がすり減って、仕事に対するパフォーマンスも低下してしまうでしょう。

ここからは仕事上の漠然とした不安への効果的な対処法を解説していきますので、不安に駆られた時にぜひ参考になさってみてください。

対処法1:時間が解決してくれることもあると理解する

仕事上で漠然とした不安を感じた時には、時間が解決してくれることもあると考えるようにしましょう。

特に入社したての頃は新しい職場にも仕事内容にも慣れず漠然とした不安を感じてしまいがちですが、時間が経てば自然と慣れるようになり、不安も解消していくはずです。

「もう少し時間が経てばきっとよくなる」と自分にポジティブな言葉を言い聞かせて、不安を和らげてみてください。

対処法2:漠然とした不安は無くならないと割り切る

よっぽど楽観的な性格をしていない限り、生きていれば多かれ少なかれ不安を感じるものです。だからこそ、漠然とした不安はなくならないものだと受け止め、割り切って考えるようにしましょう。

漠然とした不安を抱えているのはあなただけではありません。みんな、表に出さないだけで得体のしれない不安感を抱えながら生きています。

「人生に不安はつきものだ」と考え方を変えることで、気持ちが楽になるでしょう。

対処法3:漠然とした不安を感じている自分を否定しない

仕事で漠然とした不安を感じた時には、そんな自分を否定しないことも大切です。「こんなことで不安を感じるなんて自分は心が弱い人間だ」と自分を否定し、責めてしまっては心がすり減り、ネガティブ思考に陥って余計に不安を感じるという悪循環になってしまうでしょう。

まずは、不安を感じている自分を受け入れ、肯定することが必要です。心が弱っているから不安を感じるのであり、そんな時は自分に優しくしてあげましょう。

対処法4:漠然とした不安をすべてリスト化する

漠然とした不安をそのまま放置せず、リストアップしてみるということもおすすめの対処法です。

自分が何に不安になっているのかわからないと余計に不安感が強くなってしまうので、自分が不安に感じることや気にしていることを書き出してみましょう。

リストアップして客観的に見てみると、たいした問題でないことも多いでしょう。また、不安の原因が分かればその対処法を考えることもできます。

漠然とした不安と向き合うための仕事の6つのコツ

生きていれば不安はつきものですし、仕事をしていれば余計に不安を感じることも多くなるでしょう。ですが、不安と上手く向き合うことができなければ心が疲れ切ってしまい、仕事に対するエネルギーや意欲を損ねてしまいかねません。

ここからは、漠然とした不安と向き合うための仕事のコツをご紹介していきます。不安を感じやすいビジネスパーソンは、ぜひチェックしてみてください。

コツ1:適度に小休憩を入れる

まず大切なのが、仕事中に適度に休憩を入れるということです。朝から晩までぶっ通しで仕事をすると心身ともに疲れ切ってしまい、精神的に不安定で過敏になり、余計に不安を感じやすくなってしまいます。

このような状態を防ぐためにも、こまめに小休憩を取り、心と体をリラックスさせましょう。

コツ2:「漠然とした不安」は一旦放置する

原因がわからない「漠然とした不安」は、いったん放置するということも大切です。考えても理由がわからない不安を考え続けても何の解決策も生み出せず、非生産的なだけです。

また、それに思考を取られることでストレスを蓄積してしまうでしょう。考えてもどうしようもならない漠然とした不安は、割り切って放置することが必要です。

コツ3:単純作業で不安を取り除く

漠然とした不安と向き合う仕事のコツとして、単純作業を行うというのも効果的です。単純作業を行い、それに集中すれば余計なことを考えることもなくなるので、漠然とした不安に頭を支配されてしまうこともありません。

コツ4:タスクを最小限に分解する

タスクを最小限に分解してみるということも、仕事で漠然とした不安を感じた時におすすめの対処法として挙げられるでしょう。

何から取り掛かってよいのかわからない大きな仕事を抱えていると、「果たしてこの仕事をやり遂げられるだろうか」という漠然とした不安に駆られてしまうため、その仕事を完遂させるために必要なことを分解し、やるべきことを一つずつリストアップしてみるのがおすすめです。

コツ5:シングルタスクを心がける

仕事の漠然とした不安に向き合うために、シングルタスクを心がけてみてはどうでしょうか。

マルチタスクをしていると情報過多な状態になって脳が疲れ切ってしまいますし、一つの作業に集中できずにストレスを感じやすくなるので、シングルタスクに切り替え、目の前にある仕事に集中できる状態を整えましょう。

一つに仕事に集中することができれば、余計なことを考える時間もなくなり、不安にとりつかれずにすみます。

コツ6:仕事の優先順位を決める

仕事の優先順位を決めるということも、漠然とした不安と向き合うために必要です。複数の仕事を抱えている時は、何から取り掛かればいいのかわからないと頭の中がごちゃごちゃに散らかり、不安を感じてしまいやすいものです。

まずはやるべきことと後回しにしてよいことを分別し、仕事がやりやすいように優先順位を設けてみましょう。

対処法を知って漠然とした不安と向き合おう

今回は仕事の漠然とした不安について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。誰しも、仕事をしていれば多少なりとも不安を感じるものです。

漠然とした不安に取り込まれてしまうのではなく、その原因を突き止めて適切な対処法を試したり、不安と向き合うなどして、ネガティブな自分の気持ちと上手く付き合っていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related