Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月13日

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い

HTMLやCSSといった言語を扱う、コーダーの仕事内容をご存知でしょうか。こちらの記事では、コーダーの知識や適性などについてご紹介します。コーダーの仕事に興味をお持ちの方に役立つ情報を集めましたので、参考になさってください。

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い

コーダーとは

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
コーダーとは、主にウェブサイトを構成する、HTMLやCSSなどを扱う仕事を遂行するスタッフを指します。コーディングについてのスキルと知識が試されます。

コーダーは、ウェブデザイナーの指定したデザインをコーディングに反映させ、クライアントの望むウェブサイトやウェブアプリケーションの形を具現化する役割を果たします。コンテンツ管理システム、ユーザビリティ、SEOの知識などの理解も必要とされます。

コーダーとプログラマーの違い

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
コーダーとプログラマーは、遂行する仕事の内容などが異なります。必要とされるスキルにも違いがありますので、コーダー職を目指される方は、プログラマーとの違いを覚えておきましょう。

コーダーは基本的にHTMLやCSS、JavaScriptなどを扱い、プログラマーはプログラミング開発言語全般を用い、システムエンジニアの設計書を実現化します。プログラマーの仕事の一環としてコーダーの業務を担うケースもあります。

仕事内容の違い

コーダーは、ウェブデザイナーの指定した設計に基づいてウェブサイトやウェブアプリケーションのコーディングを行い、プログラマーの業務内容は、コンピュータのソフトウェアや家電のプログラムなどプログラミング全般に渡ります。

コーダーに求められるスキルは、基本的にウェブに関係するコーディングが主となりますので、仕事として目指しやすい職業です。企業によっては、プログラマーをコーダーと呼ぶケースも存在します。

スキルの違い

コーダーの必須スキルはHTMLとCSS、JavaScriptがベースとなり、プログラマーに求められるスキルは必要に応じてC言語など臨機応変、多様な開発言語となります。プログラマーが業務の一環としてウェブコーディングを行うケースもあります。

HTMLやCSSは学習の間口が広く、比較的簡単に、独学でも習得できます。黙々とタグを打つことがお好きな方にぴったりの職業です。

年収の違い

コーダーの年収は、プログラマーの年収と比べ、少々低い数字となる傾向にあります。280万円から350万円前後の年収の方が多く、勤務形態やスキルに応じて額は変動しますが、実績のある方は、600万円前後稼ぎ出すといいます。

未経験採用のケースでは、まだ実績が伴いませんので、年収は低いところからのスタートとなります。懸命にコーダーの仕事と向き合い、昇給を目指しましょう。

コーダーに必要なスキル

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
コーダーに必要なスキルは、HTMLやCSS、JavaScriptなどがメインとなります。いずれも教本がたくさん市販されていますので、独学での習得も可能です。

また、CMSに対する理解、ユーザビリティ、UXデザインの知識、検索力も欠かせません。変化の速いウェブ界の展開について、どのようにでも対応できるように、日頃から情報を集めておく必要があります。コーダーとして、コーディングのプロを目指しましょう。

スキル1:HTML・CSS

HTMLとCSSは、ウェブサイトを構成する基本的な言語です。HTMLは「ハイパーテキスト・マークアップランゲージ」、CSSは「カスケーディング・スタイル・シート」の略となります。

HTMLはウェブサイトの基盤を構成し、CSSを用いてデザインなどを変化させることが昨今の主流となっています。広義ではプログラミング言語に属しますが、狭義では含まれないことがあります。

スキル2:JavaScript・jQuery

JavaScriptとjQueryは、ウェブサイトの構成に反映させることのできる記述言語です。JavaScriptはプログラミング言語、jQueryは、JavaScriptを簡単に書くことができるように作られたライブラリです。

JavaScriptやjQueryを用いると、ウェブサイトに動的なイメージを組み込むことができます。スライドショーを表示させるなど、活用範囲の広い、とても便利な言語です。

スキル3:CMSに対する理解

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
コーダーに求められる知識の一つに、CMS、コンテンツ管理システムの理解があります。CMSを用いると、HTMLなどの知識を必要とせず、ウェブサイトを運営することができます。

大人数による大規模なウェブサイト運営を行う際などにも、非常に利点が多く、各種企業に需要があります。コーダーとして、昨今のウェブサイトに関する動向、知識の一つとして、詳しい情報を集めておくことが大切です。

スキル4:ユーザビリティ・UXデザイン

ウェブサイトにおけるユーザビリティとUXデザインは、コーダーとして押さえておきたい知識です。ユーザーがあまりストレスを感じることなく、操作のできる構成に作られたウェブサイトはユーザビリティにおいて優れていると言えます。

ユーザーがウェブサイトからどのような印象を受けとるかを考慮し、構成されたウェブサイトは、UXデザインに配慮されていると考えられます。「UX」は、「ユーザーエクスペリエンス」の略です。

スキル5:SEO知識

検索結果上位にサイトをヒットさせる、SEO対策はウェブ運営に欠かせません。昨今では一昔前のような、SEOに対する、いわゆる裏技が効かなくなっています。

ユーザーが検索を行った際に、より的確に意義ある結果が得られるように、検索エンジンは進化しています。コーダーを目指される際には、適切なSEOの知識を併せて理解しておきましょう。ユーザーにとって実りのあるサイトを、最新のSEO知識に基づき、届けましょう。

スキル6:検索力

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
わからないことを、的確なキーワードを指定し答えを得ることのできる検索力は、コーダーの仕事を遂行する上で大切になる項目です。検索により知識を集めるスキルが高いことは、コーダーとしての業務にプラスの要素として反映されます。

日頃からウェブを使う際に、意識して磨きをかけられるスキルです。コーダーを目指される方は、業務の遂行に備え、問題解決の術を高めてみてはいかがでしょうか。

スキル7:PHPの理解

コーダーとして理解しておくことがおすすめの知識に、PHPがあります。プログラミング言語の一つで、ウェブアプリケーション開発などにも反映させることができます。

人気の高いWordPressといったツールをPHPでカスタマイズすることも可能です。コーダーとして、増やしておきたい知識の引き出しの一つです。

コーダーに向いている人の特徴

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
コーダーに向いている方の特徴として、一人で黙々と作業をするのが好き、PCを扱うのが得意、といったものがあります。コーダーに要求されるものは、第一にコーディングの実力です。

趣味でウェブサイトを作っている方には、コーダーの仕事という選択肢も開けています。可能性の一つとして、検討なさってみてはいかがでしょうか。

特徴1:一人で黙々と作業するのが好き

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
一人で黙々と作業するのが好きな方は、その根気と集中力を含め、コーダーに向いています。アクティブワークが好きな方、たくさんの方々と動的に関わって仕事をするのが好きな方は、一人でひたすらコードを書く仕事は遠慮したいという場合もあるでしょう。

コーディングの仕事はコツコツとPCに向かう作業です。もちろんストレスはありますが、お好きな方は、やり甲斐のある仕事として打ち込めるのではないでしょうか。

特徴2:独学ができる

コーダーに向いた傾向に、独学ができるというポイントがあります。コーダーの仕事に就いてからも、学びは続きます。ご自分の意思で学びを深められる方には、より仕事の機会が開かれます。

ウェブの世界は日夜めまぐるしい勢いで変化し続けていますので、対応していくためには多くの知識を集め続けなくてはなりません。基本となるHTMLやCSSなども、独学で修めることが可能です。独学ができることは、素晴らしい長所です。

特徴3:PCを扱うのが得意

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
コーダーの仕事はPCなくして成立し得ない業務ですので、PCを扱うのが得意な方に向いています。PCがお好きな方は、趣味としてもたくさんの知識を集め、詳しくなっていることでしょう。

PCについて知り尽くしていたならば、コーダーの仕事を行う上で、細かなところで業務の理解を深められます。趣味の延長線上にあったPCスキルを、コーダーの仕事で試してみてはいかがでしょうか。

特徴4:面倒くさがり

コーダーは基本的にデスクに向かう職業であり、面倒くさがりの方に少し向いています。もちろん仕事上のさまざまな負荷が課せられますが、営業職の方などとは異なり、取引先の会社間を走り回るといったことがありません。

椅子に座って仕事をするのがコーダーの業務の基本です。あまり動き回りたくない方に、コーダー職はいかがでしょうか。適切にストレッチをしながら、コードを書く仕事です。

特徴5:細部に気がつく

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
見過ごしがちな細部に気がつく方は、コーダーに向いています。HTMLやCSSなどのソースコードは、わずか一文字の誤りがあるだけでも、適切な表示が得られなくなります。

細かなところ、たとえば不適切なスペースが一字空いていた、コードが一文字間違っていたなどの時に、よくよく注意をしてソースコードを点検できる方は、コーダーとしてとても適性があります。

コーダーになる方法

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
コーダーの仕事に就くには、必要なスキルを独学で学ぶ、学校や講座で学ぶなどの道があります。昨今では動画で学ぶという選択肢もあります。HTMLやCSS、JavaScriptなどの知識をご自身のスキルとして高め、コーダー職への応募に挑戦なさってみてください。

コツコツと続けた努力は、きっとどこかで実を結びます。もし最初は理解に至らず苦しんだとしても、必ず、だんだんとわかるようになってきます。

方法1:独学で学ぶ

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
コーダーに必要なスキル、HTMLやCSS、JavaScriptなどの知識は、市販のテキストなどからも独学で学ぶことができます。ウェブ上にも、専門知識を持つ方が書かれた、コーディングに関する知識がたくさん更新されていますので、参考にされてはいかがでしょうか。

HTML5の台頭など、コーディングに関わる知識は常に新しく変化しています。教本を選ぶ際には、最新のウェブ動向が反映された書籍を選びましょう。

方法2:学校や講座を受ける

コーダーになるために、IT系の専門学校や講座を受けることも、選択肢の一つとして検討されてみてはいかがでしょうか。受講の資金はかかりますが、優れた講師の方が丁寧に教えてくださるなど、メリットがたくさんあります。

講義を受ける他の生徒さん方と親しくなることも、コーダーの仕事に取り組む上での良い刺激になります。コーダーとして、他のスタッフの方と連携する上で大切な、コミュニケーション能力も高められます。

方法3:動画やサイトで学ぶ

動画や、コーディング知識をレクチャーされたサイトを閲覧するなど、コーダーに必要なスキルを学ぶ機会は広く開かれています。独学でテキストを読み込んでいる際など、わからないことも出てくるでしょう。そんなとき、たくさんのヒントがウェブには散らばっています。

動画を観て学び、サイトを読んで理解を深め、努力を続けたなら、コーダーとして仕事に打ち込む明日が見えてきます。頑張る姿は素敵です。

プログラマーを目指すためにはまずコーダーになろう

コーダーに重要な7つのスキル|プログラマーとの違い
プログラマーの職を目指される方は、まずはコーダーに必要な知識、スキルを身につけてはいかがでしょうか。HTML、CSSなどの習得は取り組みやすく、それらを学ぶ途上でプログラミングを行うための思考回路も備わります。

企業によっては、プログラマーの仕事の一環としてコーディングを任されるケースがあります。オールラウンドの活躍ができるプログラマーは重用されます。どんな言語にも対応される姿はとてもクールです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related