Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月09日

外資系企業の現状と将来性|メリットやデメリット各6つ

皆さんこんにちは、今回は「外資系企業の現状と将来性|メリットやデメリット各6つ」と題して、「外資系企業の現状と将来性」をピックアップする上で、外資系企業に就職する際のメリット・デメリットについて詳細にご紹介していきます。

外資系企業の現状と将来性|メリットやデメリット各6つ

そもそも外資系企業とは?

そもそも外資系企業というのは海外発信を理念においた国際企業であり、「英語能力」「実力主義の世界」などをイメージをはじめ、国際企業への転職に際する順応性が大きく問われます。たとえばTOEIC・TOEFLなどの資格取得による語学の充実は優遇されます。

外資系企業へ転職するために語学を充実させることは良いですが、これに加えてにその他の実務能力・コミュニケーション能力の向上も忘れないようにしましょう。

外資系企業の現状と将来性

次に「外資系企業の現状と将来性」についてですが、外資系企業の発展は最近でも目覚ましいものがあり、今後も非常に多くの企業分野で活躍する傾向・市場動向が見られるでしょう。特に日本発祥の外資系企業においては、従来からその成長ぶりが注目されています。

そのため、外資系企業へ転職する求職者の数もかなり増えてきており、外資系企業で求められる実務キャリアの積み上げにおいても、過去に比べて破格に伸びています。

外資系企業の現状

まず「外資系企業の現状」についてですが、外資系企業で働く人というのは非常にハイレベルな能力・実務キャリアの持ち主であると想定されがちですが、実際のところはそうでもありません。

つまり、外資系企業でも「その職種に適した能力を持ち合わせていればOK」であり、その点から見れば通常の企業へ就職・転職する場合と変わりません。外資系企業ではその上で給与が高いこともあり、将来設計を図る上でも非常に注目されます。

外資系企業の将来性

外資系企業の将来性という言葉は実にいろいろなビジネスシーンで認められますが、外資系企業の発展・縮小というのは「世界経済の盛衰」と大きく関係している場合があります。

外資系金融の動向から多くの企業がビジネス上での影響を受けることはもとより、外資系企業でも世界規模で展開される企業・職種の動向はそのまま利益に結び付きます。その上で将来性を反省する場合、比較的明るい未来がくると見られています。

外資系企業のメリット・デメリット各6つ

さて、ここからは「外資系企業のメリット・デメリット各6つ」と題して、外資系企業で働く人ならではのメリット・デメリットをご紹介し、今後の転職過程に大きく役立てられる情報をピックアップしていきます。

外資系企業で働く場合、そのメリットでは大きく「給与の破格の高さ」、「能力が認められれば昇給する」などといった、昇給にすぐ直結するビジネスシステムが設けられる点があるでしょう。多くの情報をストックしましょう。

メリット

外資系企業でもらえる年収は、通常の企業に比べて「1.5倍~2倍」程度高いと言われ、これは通常の企業でいうところの「ボーナス(賞与)」と同じレベルの金額と想定されます。

外資系企業で働く際にはこの給与システムを見る上で「実力が認められれば昇給する」といった個別能力への評価がはっきりしているため、その点でやりがいを持てる人は多くいるでしょう。実力主義により企業利益を大幅に上げることに専念されます。

1:給与・年収

先述でもご紹介しましたように、外資系企業で働く場合にもらえる給与は、日系企業で通常働く場合に比べて「2倍程度高い」と言われます。これは賞与に見られる給与率と同程度の金額となるため、将来設計を図る上でも非常に大きな利点・メリットとなるでしょう。

給与というのは、どの企業で働く場合でも「社員個別への評価」を見る上で絶対基準とされることが多く、この給与が高い点は誰にとってもメリットになります。

2:企業の意思決定におけるスピード感

外資系企業のもう1つの大きな特徴としてあげられるのは、「企業方針における意思決定のスピードが早い」という点です。近い将来を展望する場合に、その企業利益に直結する・しないをいち早く決め、すぐに企業運営を変更できます。

ただしこの場合、「早まって事業に失敗する」というリスクも見られることになるため、外資系企業が倒産しやすい理由・背景が薄ら覗けるポイントにもなります。

3:労働時間

外資系企業で働く人ならわかりますが、外資系企業というのはシフト体制を固定していない場合も多く、その点で言えば「労働時間があいまい」という点が覗けます。

たとえば学生でビジネス起業している場合もあり、その際にはフリーランスの形態で仕事に携わることも多く、企業利益に結び付けばそれでOKとなります。

このように日系企業では想定されないシフト体制・労働時間の偏差も多くの場面で見られます。

4:休暇制度

次に「外資系企業で働く場合の休暇制度」についてですが、これは日系企業で働く場合よりも休暇取得が増える傾向にあります。外国ではバカンスなどのビジネス上の休暇があることはもとより、それほど労働に婚を詰めるという働き方はあまり見られません。

休暇というのはプライベート確保の重点的な指標となるため、この休暇を確保することは特に外資系企業で働く場合、日系企業よりも充実している傾向があります。

5:語学力の向上

これは外資系企業で働く場合に必ず問われる内容ですが、外資系企業で働く際には必ずと言ってよいほど外国人とのセッションが見られるため、そこで語学力が求められるのは当然のこととなります。

主に交渉面・取引面・連絡のやり取りなどで英語能力がどれだけあるかは確実に問われるため、そのための語学力向上は、外資系企業で働く以前に培っておく課題となるでしょう。転職サイトの活用時でも、この点は大きく求められます。

6:新たな文化との接触

外資系企業は先述のように「国際ビジネス」が主流となるため、日本国内で起業している外資系企業に従事していても、海外出張や外国からの労働者との接点は必ずあると見て良いでしょう。

その場合に「新たな文化との接触」は大きく期待できるポイントとなり、日本国内での経済市場・労働環境だけでなく、さらに手広く自分の活動分野を伸ばすことができるため、その点での人間力向上も期待できるでしょう。

デメリット

次に、外資系企業で働く際のデメリットについてご紹介していきます。外資系企業の特徴としてメリットになる部分がそのままデメリットになる場合もあるため、まずメリットの部分をデメリットに置き換えられる傾向に着目する必要があります。

外資系企業へ転職した場合には、まずそれまでの日系企業とのギャップを感じることもよくあり、その企業形態に馴れることが必要となる場合があります。

1:キャリアの安定性

外資系企業に従事する上で問われる「キャリアの安定性」ですが、これは就職・転職した職先・業種によって大きく変わってきます。

能力が認められなければ「即クビ」になるケースも普通に見られるため、転職後でも将来設計を安心して組めない点がいくつも見えてきます。完全実力主義の世界が外資系企業の大きな特徴となるため、その点を注意深く観察しておきましょう。

2:福利厚生

次に「福利厚生」の側面から見た場合ですが、外資系企業ではまず退職金制度がありません。これによって退職後の生活の安定性を計る場合でも「本当に将来の生活が充実するのかどうか」という疑問をはじめ、また外資系企業からの転職の必要性も想定されます。

福利厚生というのはビジネス上では切っても切れない関係の利点となるため、この点については就職前に必ず確認しておくべき項目になるでしょう。

3:社風・企業文化

これは先述しましたように、外資系企業と日系企業とのギャップに悩む形でのデメリットになるでしょう。社風や企業文化というのは、その国々におけるビジネス発展によって変わってくるため、この点から見て外資系企業の社風は大きく変わります。

それまでずっと日本国内で働いてきた人にとっては、「果たして今後において自分のキャリアを生かせるかどうか」が不快疑問になりやすいため、その点への配慮が必要です。

4:人間関係

外資系企業ではまず「残業への評価がなされず、会社全体で共同作業する」といった日系企業に従来から見られる「人と人との接点」といったものがほとんどありません。

つまり、「自分は自分、他人は他人」といったきわめて強い合理主義による分担作業がメインとなるため、その点で日系企業にそれまで勤めてきた人にとっては「冷たい感じ」を受ける例が非常に多くあるでしょう。

5:高い語学力が必須でない場合がある

せっかく語学力を鍛錬して外資系企業に入った場合でも、部署・業種によっては「まったくその語学力が必要とされないケース」もあります。

これは就職・転職前に調べておくべき項目になりますが、主に交渉・連絡のやり取り、企画に携わらない部署などでは決められた単一的な仕事に終れることが多いため、その点で語学力が一切不要となる場合があります。

6:採用条件が厳しい

すべての外資系企業において言えませんが、企業によっては「採用されるまでのフローが非常に長い場合」や、「それまでの活動実績・能力の蓄積」によって、非常に高いハードルによる採用条件が課される場合があります。

特に一流の外資系企業に就職する場合にはこのような「ハイレベルな採用条件」が課されることが多く、語学力はもとより、企画力、率先力、交渉力などといった、通常の採用条件では見られないノルマが課されます。

外資系企業への就職活動にオススメのサイト・エージェント8選

先述では「外資系企業の基本的な内容」と「外資系企業で働く場合のメリット・デメリット」についてご紹介してきました。

ここでは「外資系企業への就職活動にオススメのサイト・エージェント8選」と題し、実際に外資系企業へ転職する際に実用的なサイトをご紹介します。

外資系企業に転職する場合には個別能力の確保と、企業情報の取得が必須になるため、理想的な情報源を確保しておきましょう。

1:キャリアクロス

「キャリアクロス」では主に日系企業への転職斡旋をはじめ、ビジネス規模を国際向けに拡大している企業への転職斡旋率が高く、その際に必要となる語学力・就活におけるハウトゥを十分教えてくれます。

外資系企業に就職する場合でも「ネイティブ感覚で仕事に就ける能力」は必要となるため、その実力を習得する点に配慮し、総合的な実力を支援してくれる点が魅力です。

2:ビズリーチ

外資系企業に就職する場合でも多くの求職者が集まる「ビズリーチ」ですが、ここでは実務キャリアに配慮した魅力的な自己PRの方法を教えてくれます。

外資系企業へ転職する場合には、現時点から将来的なビジョンを含むキャリアデザインを確認し、特定の外資系企業でニーズとして求められる能力補充を意識した上で、有効な斡旋を図ってくれるでしょう。

3:リクルートエージェント

リクルートエージェントでは外資系企業に就職する場合でも、「転職に必要なキャリアの形成の必要性」に注目し、その場合の個別スキルの活用法をはじめ、外資系企業で求められるニーズをいかに充足するかという点を徹底して教えてくれます。

外資系企業に就職する場合、まず企業ニーズに自分の能力を引き合わせることが重要で、そのための転職活動への尽力を充足できるだけの情報を提供してくれます。

4:dodaグローバル

外資系企業に関する非公開求人も豊富であり、「個別能力に適した支援」をもって定評のあるdodaグローバルです。個別能力・実績を上手く活用した上での内定率は高く、外資系企業に未経験・経験が乏しい求職者の場合でも積極的に支援してくれます。

外資系企業へ転職する場合、その個別状況に見合わせた上で「現時点で転職しやすい適職」を勧めてくれ、的確な転職斡旋に行き届いた支援が充実しています。

5:JAC Recruitment

JAC Recruitmentでは「求職者の個別スキル・状況」によって求人情報のピックアップが変わり、求職者個別の基準に合わせた転職斡旋が正確になされます。未経験・中途採用からでも常に安定して転職でき、その場合の転職成功率もかなり多いです。

外資系企業への転職でも個別能力に配慮しながら、幅広い採用情報を有益に活用し、求職者個別でスムーズな転職を斡旋してくれるでしょう。

6:外資就活ドットコム

一般的に外資系企業への転職専用のサイトとして定評のある「外資就活ドットコム」ですが、ここでは、仕事とプライベートを安定させた生活・仕事のサポートの両立を軸に、求職者個別で的確な転職斡旋をしてくれるでしょう。

まず「理想的な雇用形態」に着目する上で、外資系企業で勤続できる職種内容をピックアップしてくれる点が魅力です。自分のペースで活用できるサイトなので、ぜひ注目してみましょう。

7:Green

理想的な転職支援に定評のあるサイト「Green」のご紹介です。外資系企業への転職者数もかなり増えており、その上で「外資系金融業・IT企業への内定率」が格段に上がっている点が魅力です。

外資系企業への転職では「個別能力を即戦力に換えられる点」が求められるため、その点に配慮した求職者個別の転職支援が約束されます。

8:キャリタス就活

キャリタス就活では求職者の個別状況によって「サポート力のあり方」がいろいろ変わります。多くの外資系企業から「安定して働ける企業」をまず確認し、その上で個別支援が徹底される点が大きなメリットとなるでしょう。

外資系企業各種の平均年収などへの配慮もなされ、少しでも生活が安定するがための土台構成を充実させてくれます。

外資系企業の全容を理解し満足のいく就職活動をしましょう

いかがでしたか。今回は「外資系企業の現状と将来性|メリットやデメリット各6つ」と題して、「外資系企業の現状と将来性」をピックアップする上で、外資系企業に就職する際のメリット・デメリットについて詳細にご紹介しました。

外資系企業への就職・転職を成功させるためには、まず自分の能力がどれだけ求められるかを把握する点にあり、その上で勤続できる企業・職種を選定することが求められるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related