Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

キャリア面談チェックシートに入れるべき4つの内容

「キャリア面談」とは、どのようなものなのでしょうか。また、どのようにして行えば良いのでしょうか。このぺージでは、「キャリア面談」をテーマにして、特徴や部下に対して行う際のポイント、チェックシートに入れるべき項目などについて、考察・ご紹介しています。

キャリア面談チェックシートに入れるべき4つの内容

キャリア面談とは

「面談」というと、学生時代の三者面談などを連想する方も多いと考えられますが、社会人になっても面談を受けたり行ったりする機会はあります。

「キャリア面談」は、将来的になりたいポジションや今後の働き方、また広い意味では生き方などについて考えるための面談だと言われています。

今回は、「キャリア面談」をテーマにして、キャリア面談の特徴やチェックシートに記入すべき内容などについて、考察・ご紹介していきます。

キャリアを作らせようとする関わり

キャリア面談は、部下や社員のキャリアや将来について、考えたり見直したりするために行われる面談だと言われています。

「キャリア」と一言で言ってもさまざまな意味や解釈がありますが、具体的には将来的にどのような仕事をしたいか、どんな役職やポジションを目指していくかといったことを考えるケースが多いと言われています。

また、会社だけでなく社会における自分のポジションや人生設計などについて考える場合もあります。

相手の希望を一旦受け止める

キャリア面談を受ける立場の場合は、自分の希望や目標などをもとに考えていけば良いと言われていますが、キャリア面談を行う立場になった場合、どのように行えば良いのか、戸惑う方も多いと考えられます。

キャリア面談を行う際に大切なのは、相手を拒絶したり否定したりせずに、まずは相手の希望や目標を受け止めることだと言われています。

仕事において何を大事にしているか

キャリア面談を行う際、どのような基準で行い、何を重視して面談をすれば良いのか、よくわからないという方も少なくありません。

キャリア面談を行う際は、面談の対象者が仕事において、何を大事にしているのかを重視すると良いと言われています。仕事において重視しているものを中心に面談を行うことで、面談の対象者に合った目標やポジションなどを見つけやすくなる可能性があります。

キャリア面談チェックシートに入れるべき4つの内容

キャリア面談の特徴やキャリア面談を行う際のポイントなどについて学んだところで、続いてはチェックシートの内容について、考察していきます。

キャリア面談を行う際、チェックシートを作成したり記入したりするケースが多く、チェックリストの内容をどのようにすべきか、悩んでしまう方も少なくないと言われています。

1:普段の仕事に関する内容

キャリア面談のチェックシートの記入する内容の1つとして、普段の仕事に関する内容が挙げられます。

普段の仕事に対する態度や取り組み方、評価などをチェックシートの内容に入れることで、面談の対象者の今現在の考え方や仕事に対する向き合い方などを知ることができます。

また、人生観や将来の希望なども、普段の仕事に関する内容から読み取れる可能性もあると考えられそうです。

2:給与や勤務状況といった処遇に関する内容

キャリア面談のチェックシートには、現在の仕事に対する内容だけでなく、給与や出勤状況などに関する項目も必要だと言われています。

給与や出勤状態などについて、キャリア面談で質問することで、面談の対象者が現在の処遇や待遇に対してどのように感じているのか、読み取ることができる可能性があります。

現在の待遇などに満足いているのか、不満を感じているのかによっても、部下の今後の目標などは変わると考えられそうです。

3:上司やチームメンバーとの仕事のやり方

キャリア面談では、面談の対象者の人間関係やコミュニケーション能力などについても、考える必要があります。キャリア面談チェックシートの内容にも、上司や同僚などとの関係や仕事における協調性に関する項目を設けた方が良いと考えられそうです。

上司や同僚などとの仕事における連携の様子などをキャリア面談で確認することで、面談の対象者の適性や将来的に目指すべきポジションなどが見えてくる場合もあります。

4:他部署との人間関係など

キャリア面談で配慮すべき人間関係は、上司や同じ部署・チームのメンバーとの関係だけであありません。他部署との関係性などについても、チェックシートの内容に加えた方が良いと言われています。

他の部署の人との人間関係について、キャリア面談で考えてみることでも、面談の対象者の適性のある部署やポジションが考えやすくなる可能性もあります。

部下との面談で押さえておくべきポイント6つ

キャリア面談で質問すべき内容やチェックシートに記入しておくべき内容について理解したところで、続いては部下に面談をする際、どのような点に気を付ければ良いのか、考察していきます。

気を付けるべきポイントを意識して面談を行うことで、キャリア面談がより有意義なものになる可能性があります。

ポイント1:傾聴の姿勢が重要

どんな人も、明らかに自分の話に興味がなさそうな人や話を聞く気がなさそうな人に対して話しをすることには、苦痛や不快感を感じます。話を聞く際に、傾聴の姿勢を示すことは、社会人としてのマナーだと言えそうです。

傾聴の姿勢は、キャリア面談でも重要だと言われています。部下も、自分の目標や本音を他人に話すことに、緊張している可能性がありますが、傾聴の姿勢を見せることで、本音を話しやすくなると考えられます。

ポイント2:成功体験を持たせる

人は誰でも、成功した経験や褒められた体験などがあると、自分に自信を持てると言われています。反対に、いつも失敗したり上司に注意されてばかりいたりすると、自信を失ってしまいがちです。

キャリア面談を行う際は、部下に前向きに将来について考えてもらうためにも、成功体験を持たせると良いと言われています。大きな成功経験でなくても、自信に繋がる可能性があるので、積極的に部下を褒めることも大切です。

ポイント3:課題やテーマに連続性を持たせる

キャリア面談では、部下に課題やテーマを出すこともあります。その際、思い付きで課題などを出すのではなく、連続性がある課題やテーマを出すことが大切だと言われています。

課題やテーマに連続性があると、部下もそれらをクリアしたりこなしたりする意味を見出しやすくなると考えられそうです。

ポイント4:自己評価とのギャップを認識させる

部下を褒めたり成功経験を持たせたりして、自信を持たせることは重要です。しかし、部下の認識などが誤っている場合は、それを正すこともキャリア面談を行う大きな目的だと言われています。

面談を通して、部下の自己評価が実際の評価とかけ離れている場合は、現実とのギャップを認識させることも大切です。

自己評価と他人からの評価のギャップを認識させることで、誤った方向性へのキャリア形成をせずに済む可能性もあります。

ポイント5:上司も話のネタを用意しておく

上司との面談となると、緊張している部下も少なくありません。部下に対して面談を行う際に、会話のネタなどを部下に丸投げしてしまうと、スムーズに話が進まず、部下も困惑してしまう危険性があります。

ですから、面談を行う際は、上司からも部下との会話をスムーズに進める努力をすることが大切です。話のネタや内容を、ある程度考えておくことをおすすめします。

ポイント6:面談することがゴールではない

キャリア面談の目的は、あくまでも部下にキャリア形成をさせたり、人生や仕事との向き合い方を見直させたりすることです。面談を行うこと自体は、過程や手段の1つであり、ゴールではありません。

ですから、キャリア面談を行う際は、面談を行うことで今後にどのようにいかせるのか、先のことまで考えることが大切です。

キャリア面談前にキャリアシートで自己分析させる

キャリア面談を行うことができる時間は、限られている可能性があるため、効率的に行う必要があります。そのためには、部下にも面談の時間を有効に使うために、自己分析などをさせることが大切です。

事前に部下に自己分析をさせることで、部下もキャリア面談の意味やキャリア形成について考えることができるため、キャリア面談をさらに有意義にできる可能性があります。

プロフィール

キャリア面談前に部下に自己分析をさせる際は、キャリアシートなどを配布して、キャリアに関する内容や面談に関係する内容について、あらかじめ部下に考えておいてもらうのが一般的です。

キャリアシートの内容として、オーソドックスなのがプロフィールの項目です。自分自身のプロフィールを部下に記入させることで、部下の自己評価などを確認することができます。

キャリアの指向性・自己認識

キャリア面談の大きな目的は、部下にキャリア形成させたり、人生設計について見直させたりすることです。ですから、キャリアシートの内容には、キャリアの指向性などに関する項目も設けた方が良いと言われています。

キャリアの指向性などについて、部下に自己分析させることで、部下のキャリアや人生に対する向き合い方や目標などが見えてくる可能性もあります。

過去の経験

将来を見据えてキャリア形成をしていくためには、過去についてしっかり振り返ることが大切です。そのため、キャリアシートの内容にも、過去の経験やこれまでにしてきたことなどに関する項目を設けると良いと言われています。

過去の経験について部下に考えさせることで、今後のキャリアの形成に役立つ強みが見つかったり、目標を達成するために足りないものが判明したりする可能性もあります。

学習歴

「キャリア」という抽象的な言葉を、具体的にする項目の1つに、「学習歴」が挙げられます。学習歴は、具体性があって分析しやすい項目の1つのため、キャリアシートの内容としてもおすすめです。

学習歴について部下に分析させることで、自分の強みや目標達成のために足りない知識などが明確になり、キャリア形成がしやすくなる可能性があります。

資格・免許等取得歴

「キャリア」という言葉は、抽象的な意味を持つ言葉のため、キャリア面談やキャリアシートと言っても、何についての面談なのかいまいちわからないという方も、少なくありません。

しかし、資格などの取得歴について分析させることで、キャリア形成を実現するためには何が必要なのか、具体性が出てきます。現在取得している資格などについて考えることで、キャリアを形成していく上で必要な資格や免許が判明する可能性もあります。

職業能力

キャリア面談では、人生に対する向き合い方を考えることも大切ですが、あくまでも仕事との向き合い方や働き方を見直す機会だとする見解もあります。

ですからキャリア面談では、部下が自分の業務をこなす能力についてどのように考えているのかについても、確認することが大切です。

キャリアシートの内容に、職業能力に関する項目も設けて、部下に自分の職業能力について自己分析させるのも、有効な方法だと言われています。

今後の目標

キャリア面談は、今後の働き方やキャリア形成、人生設計を見直し、将来に役立てるための面談です。

そのため、今後や将来について考えることが重要だと言われています。ですから、近い将来に達成したい目標や人生のテーマなどについて、キャリアシートで部下に尋ねてみるのも良いと言われています。

その他(自由記載)

キャリアシートに、部下が本音や意見などを自由に記入することができるスペースを設ける上司も、多いと言われています。

普段はなかなか主張することができない要望や意外な部下の本音などを聞ける可能性もあるので、キャリアシートの自由記載の項目は、なるべく設けた方が良いと考えられます。

キャリア面談を通して部下を成長させていきましょう

いかがでしたでしょうか。今回は、「キャリア面談」をテーマにして、キャリア面談の特徴や行う意味、キャリア面談を部下に対して行う際のポイントやチェックシート・キャリアシートの内容などについて、考察・ご紹介しました。

日々の業務を黙々とこなしているだけでは、部下は成長しないと言われています。キャリア面談をとおして、仕事における目標などを明確にすることで、部下も働く意味などを見直すことができ、成長に繋がる可能性があります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related