Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

転職市場の現状|彼女のために転職するメリット・デメリット3選

転職の理由はさまざまですが、交際している彼女との円満な生活を考えて転職を検討する人もいるでしょう。しかし、転職のタイミングやきっかけは自分の人生にとっても、とても大切なことです。今回は、彼女のために転職するメリットとデメリットについて調べてみました。

転職市場の現状|彼女のために転職するメリット・デメリット3選

転職市場の現状と将来性

私たちの生活の軸ともなる仕事ですが、最近はブラック企業や残業(時間や費用)の問題が浮き彫りとなり、また自分の幸福感の追求など、仕事への考え方も多様化している時代となりました。

終身雇用にこだわらず、色々な仕事を体験して自分の適性を知るためにも、転職を前向きに考える人も増えています。

それではまず、今の転職市場についてみていきましょう。

転職市場の現状

2019年の転職における求人倍率は2.17倍でした(3月時点)。これは2017年頃から予測されてきた2.0倍以上を超え、採用難、つまり売り手市場となりました。

そんななか、中途採用も含めて転職市場は動きがより活発になっています。

とくに、ITやメディカル分野の技術系や専門職に求人数の増加がみられ、今後も転職を考える人にとっては明るい見込みとなりそうです。

転職市場の将来性

転職市場は今後、2020年までは右肩上がりに求人が増えると言われており、転職を考えている人には朗報といえるでしょう。

しかし年齢や経験により希望する職種につける可能性はおのずと減っていきます。

転職を考えている場合には、仕事を辞める前から自分の希望する職種、働き方を模索し、転職活動を行うのが望ましいといえます。

彼女のために転職するメリット・デメリット3選

転職の理由は人それぞれさまざまです。その中で、彼女との毎日のために転職を考える人もいるいるでしょう。

そこで今回は、彼女のために転職をするメリット・デメリットを検証します。

メリット

彼女のための転職について、自分にとってもメリットとなることとは、どんなことが挙げられるでしょうか。メリットとしては、時間的メリット、経済的メリット、将来性のメリットが挙げられます。

1:彼女と過ごす時間が増える

シンプルに、仕事をしている時間が長ければ長いほど、自由な時間は少なくなります。その結果、彼女と過ごす時間にも制限がかかってきます。

また、自分と彼女で働く時間帯やエリアが異なる場合、なかなか会えないことで彼女との関係がギクシャクすることもあります。

転職をしたことで彼女と一緒に過ごす時間が増えれば、関係性がより深まり、より幸せで平和な毎日がくるといえます。

2:転職で給与が上がる可能性がある

仕事は生きがいや人生勉強ののためにもなるとはいえ、やはり給与をもらって生活の基盤とする目的があります。

転職をしたことで、彼女と過ごす時間のほかに給与が上がることもありえます。

そうすれば、生活においても少しラクになり、彼女とのデートにも使えるお金が増えて、彼女を喜ばせてあげることもできます。

3:将来設計がキチンとできる

転職によって新たな仕事を選ぶ際に、彼女のために転職するのですから、当然彼女の意見や希望も聞いて、相談することになります。

その結果、自分だけの希望ではなく、彼女のとの未来にも合った転職をすることになります。

その先には、将来的に彼女とどうするか、という話も出てくるでしょう。何年後にはこうなっていたらいいね、と話せるよい機会が訪れることもあります。

デメリット

それでは、彼女のために転職することのデメリットを考えてみます。デメリットとしては、転職自体のリスク、恋愛のリスク、経済的リスクの三つが挙げられます。それぞれ詳しく説明しますので覚えておきましょう。

1:転職にはリスクが存在する

彼女のための転職を考える前に、それまでいた会社にとどまって長く務めた場合を考えてみます。昇給や昇格があったり、ある程度の収入と既に慣れている仕事を確保することができます。

しかし、転職をするということは、未知の場所でほぼ1から自分の価値や立ち位置を作り直すことでもあります。また、転職した会社が予想と違ったり、業績不振になることも。

転職すること自体にそれなりのリスクがあることも、理解しておきましょう。

2:転職後も恋愛が上手くいく保証はない

彼女との毎日を考えて転職をしたのはいいけれど、男女の関係は一生続く保証があるわけではありません。

転職後に何らかの理由で関係性が変化したり、彼女と別れてしまう場合もゼロとはいえません。

転職をする際には彼女のことを考えつつも、基本的には自分の人生のための転職なのだと認識して、仕事を選ぶとよいでしょう。

3:経済基盤を支えるのは「男」である場合が多い

これまでの日本にもまだまだ残っている慣習として、男女において男性のほうが給与が高かったり、昇給昇格が早かったり、という状況があります。

その結果、彼女ではなく男性である自分が経済基盤を担う場合が多いのも事実です。

その場合、彼女のために転職をして時間や状況に余裕ができたとしても、彼女の経済基盤も支える可能性があることを認識しておいたほうがよいでしょう。

転職エージェントに相談してみませんか

自分で自分の適性が完璧に解っている人は、そう多くはないのではないでしょうか。また、とくに日本人は自己アピールをするのが苦手な人も多いです。

そこで転職エージェントに登録し、プロのエージェントにアドバイスやお仕事の紹介をしてもらうのも有効な手段といえます。

彼女に相談する前に、まずは自分でプロに相談してみるのもよいでしょう。

1:doda

dodaの特徴として、一度エージェントサイトに登録することで、1つのサイトで転職サイトと転職エージェントの両方が利用可能である点が挙げられます。

そのため、エージェントのサポートを受けながら、同時に自分の希望する案件を探していくことができます。

2:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材業界国内最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントです。

40年以上の歴史と実績を持っており、土日の対応もしてくれること、また拠点数が多いことが最大の特徴です。

また、面接対策のセミナーなども行っています。ちなみに支援の期間は3ヶ月限定となっているのでそこは留意が必要ですが、求人数の多さには定評がありますので、上手に利用しましょう。

3:Spring転職エージェント

Spering転職エージェントは、東京、名古屋、大阪を主な拠点としたエージェントで、人材派遣で有名なアデコグループが運営しています。

主に正社員向けの転職エージェントで、長期的にサポートをしてくれるのが特徴です。

また、4つの専門分野に分かれてそれぞれコンサルタントがおり、求職者の専門分野の市場価値も熟知しています。その分野に自分の希望職種が合致していれば、転職活動に心強い味方になってくれるでしょう。

4:ビズリーチ

ビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営する、テレビCMでもご存知のハイクラスの求人を扱うサイトです。

ビズリーチには、ほかのエージェントと大きく違う点がいくつかあります。

有料会員と無料会員があることや、スカウトやヘッドハンティングが直接舞い込んでくることです。転職回数や年収によっては難しい場合もありますが、マネジメント経験や保有している資格が多い場合には、利用してみるのもよいでしょう。

5:キャリアカーバー

キャリアカーバーは、リクルートキャリアが運営しているハイクラス向けの転職サービスです。前述のビズリーチと肩を並べ、日本でトップクラスといえます。

特徴として、600人ほどいるコンサルタントの中から自分で担当を選べる点があります。

また、4000件以上の求人案件を検索でき、スカウトを待つことも可能です。
ビズリーチに比べて求人数は少なくとも、コンサルタントを指名できるシステムは安心できるポイントです。

6:パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣サービスのパソナグループが運営する転職で、正社員を中心とした求人を扱っています。

求人紹介だけでなく、退職準備についてのアドバイスも受けられ、サービスはすべて無料です。

また、業界・職種・エリア別にそれぞれキャリアアドバイザーがいるため、業界に合ったアピール方法も教えてくれることでしょう。職種によっては求人が少ない分野もありますが、親身なサポートが売りのエージェントです。

7:エンエージェント

エンエージェントは、適性診断テストを踏まえた面談、入社後のフォローなど求職者のことを考えたサービスが強みの転職エージェントです。

営業・マーケティング、経営やIT・通信系など、全14職種にも分かれたキャリアアドバイザーが在籍し、より分野に特化したアドバイスが受けられます。

サービス開始が2013年と比較的歴史は浅いものの、手厚いサポートやアドバイザーの質の良さから、多くの利用者から高評価を得ています。

8:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国的に知名度も高く、就職情報業界大手の「マイナビ」が運営するサイトです。

総合型の転職サイトではありますが、キャリアアドバイザーは業界別の専任制で、各業界の出身者も多く、企業との強いつながりを活かした情報を提供してくれます。

求人数は少なめですが、クリエイティブ、第二新卒転職、ハイクラス、女性の転職など条件別の専門サイトも開設しており、自分に合った求人を探すにはオススメです。

9:WORKPORT(ワークポート)

WORKPORTは、IT系の専門の転職エージェントでしたが、現在は総合型の転職エージェントとして、色々な業種や職種の求人を取り扱っています。

求人に偏りがあるため、やはり利用者はプログラマーやシステムエンジニアが全体の約8割ですが、IT系に強いことを活かして、無料のエンジニアスクールを開催しています。

ITやゲーム業界に転職を考える人にはオススメのサービスといえます。

10:アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは、新聞折り込みやフリーペーパーなどで求人広告を手がけるアイデム(AiDEM)による転職支援サービスです。40年以上の実績やノウハウがあるのが強みです。

特徴として、他社のように担当のキャリアアドバイザーだけがサポートするのではなく、就職セミナーなどの講師も務めるカウンセラーの助言も受けられるところです。

関東・関西が中心で求人数も少なめですが、幅広い業種を扱っています。

11:type転職エージェント

type転職エージェントは、ITに強い転職サイトとして知られる@type(アット・タイプ)と同じ会社が運営しているサービスです。

得意分野はIT・Web系と営業系、企画・管理系で、そこに特化した専門的なアドバイザーが揃っているのも特徴です。

東京、神奈川、千葉、埼玉とサービス地域に偏りはありますが、「サービス実感No.1エージェント」を目指しているだけあり、丁寧にサポートしてくれることでしょう。

12:エリートネットワーク

エリートネットワークは、他のエージェントとは異なるこだわりを持ったサービスを行っています。

企業と求職者を条件だけでマッチングせず、アドバイザーがそれぞれと直接会って話をし、互いの相性を見極めます。

第二新卒から20~30代半ばくらいまでの一般社員や中間管理職、経営トップクラスに至るまで幅広い層をサポートしています。東京都の求人がほとんどですが、転職の必要性も含めて親身になってくれるエージェントです。

彼女のために転職を視野に入れましょう

毎日の生活で、仕事に費やす時間は多くの割合を閉めます。転職をするということは、環境と生活そのものがガラリとかわることです。

彼女との幸せを考えると同時に、自分の人生を考えながら、慎重に真剣に、転職について考えてみるのもよいでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related