Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴

入社後に活躍できる社員になるためには、どうすればよいのでしょうか。この記事では新入社員の方を対象に、入社後に活躍できる人の特徴を解説しています。また、活躍できなかった人の特徴についても併せてご紹介しているので、反面教師にしてみてください。

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴

転職後に不安を感じること

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
誰しも転職した後は、「新しい職場に馴染めるだろうか」「入社後に活躍できるだろうか」と多かれ少なかれ不安を感じることでしょう。

ここではまず、入社後に多くの人が不安に感じるであろうことを4パターンに分けてご紹介していきます。

入社後に抱きやすい不安をあらかじめ知っておくことで、「自分だけが不安なわけではない」と安心することができますし、それに適切な対処をすることもできるでしょう。

人間関係

入社後の不安としてまず挙げられるのが、新しい職場での人間関係です。転職するということはすでに人間関係ができあがった職場に一人で飛び込むということですので、上司や同僚に馴染めるか不安に感じるのは当然だと言えるでしょう。

とりわけ、前の職場を人間関係が理由で退職した人や、人見知りでコミュニケーションが得意でない人は、余計に入社後の人間関係について敏感になりがちです。

仕事で活躍できるか

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
仕事に早く慣れて活躍できるようになるかということも、入社後に不安に感じやすいこととして挙げられるでしょう。

特に前職とは異なる仕事内容を任されたり、全くの異業種に転職した人は新しい仕事に対するプレッシャーや不安感が強く、「果たして自分は入社後に活躍できるだろうか」とあれこれと考えてしまいがちです。

向上心が強い人は早く即戦力になって活躍したいという気持ちが人一倍強いので、なおさらです。

職場に馴染めるか

職場に馴染めるかというかとも、入社後に不安に感じがちなことのひとつです。企業研究をしっかりとしていても入社前は実際の職場の雰囲気がよくわからず、それがわかるのは入社後になってからですので、職場にすんなりと溶け込んでスムーズに活躍できるようになるのか不安に感じるのももっともなことでしょう。

「職場の人と上手くコミュニケーションが取れずに浮いてしまったらどうしよう」というのも、入社後によくある悩みです。

働き方

入社後に感じる不安として、働き方も含まれるでしょう。規定の勤務時間を超えて長時間労働を強いるような職場の雰囲気があったり、サービス残業が常態化するなどワークライフバランスが実現できない働き方だと、どんなにポジティブ思考の人であっても「このままこの職場で働き続けられるだろうか」と一抹の不安を感じてしまうはずです。

既婚者の場合には子供が病気をした時に早退をしにくい職場だと、余計に不安を感じるでしょう。

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
以上では、入社後に不安に感じやすいことについて解説してきました。誰しも入社後はこのような不安を多少なりとも抱くものですが、ポジティブかつ意欲的に仕事に取り組めばおのずとネガティブな気持ちも消え去り、新しい職場で活躍できることでしょう。

ここからは、入社後に活躍できる人と活躍できない人の特徴をそれぞれご紹介していきます。前者を参考にし、後者を反面教師にして、活躍できる人材を目指しましょう。

活躍できた人の7つの特徴

ここからはまず、入社後に実際活躍できた人に共通する7つの特徴をご紹介していきます。入社後に活躍できた人は総じてポジティブであり、能動的かつ主体的に仕事に取り組んでいます。

仕事で活躍できれば職場に溶け込みやすくなりますし、仕事もどんどん楽しくなって、大金成果を出しやすくなることでしょう。

以下で挙げる特徴を参考にして自分磨きを行い、ぜひ仕事で活躍できる社員になりましょう。

特徴1:明るい

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
入社後に活躍できた人の特徴としてまず挙げられるのが、明るい性格をしているということです。明るいということがポジティブな姿勢で仕事に積極的に取り組めるということであり、同時に人当たりがよく、職場に溶け込みやすいということでもあります。

明るい性格の持ち主ならば、新しい仕事内容や職場に慣れずに不安を感じたとしても「もう少し頑張ってみよう」「自分はきっと大丈夫、できる」と前向きな姿勢を維持できます。

特徴2:笑顔

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
いつも笑顔であるということも、入社後に活躍できた人の特徴として挙げられるでしょう。誰しもむすっとした表情の人よりも笑顔の人のほうに好感を抱くものですので、笑顔を欠かさない愛想のよい人は新しい職場から早々に受け入れられて円滑な人間関係を築きやすく、それによって仕事がしやすい状態を得ることができます。

また、笑顔を欠かさないのはけ心の余裕がある証拠でもあり、だからこそ仕事をスムーズにこなせるのでしょう。

特徴3:積極的なコミュニケーション

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
入社後に活躍できた人の特徴として、積極的なコミュニケーションを取っていたということも挙げられます。

受け身でいるのではなく、自分から積極的に職場の人や取引先とコミュニケーションを取れる人はそれだけ職場に馴染みやすく、新しい仕事内容をより吸収できるようになるので、活躍しやすいとでしょう。

つまり、人間関係における積極性は、仕事に対する意欲や積極性にもつながると言えるでしょう。

特徴4:話しかけやすい

話しかけやすいということも、入社後に活躍できた人ならではの特徴です。他者との間に心理的な障壁を作らず、フレンドリーで話しかけやすい雰囲気の人は、上司に可愛がられやすく同僚からも好感を持たれて仕事面でサポートを受けやすいので、仕事面での成長が早く、メキメキと頭角を現して活躍することができるでしょう。

具体的には、いつもニコニコと愛想がよく、コミュニケーション能力が高い人がこの特徴に当てはまります。

特徴5:仕事の飲み込みが早い

入社後に活躍できた人の特徴のひとつに、仕事の飲みこみが早いということも含まれるでしょう。

地頭がよくて教えられた仕事内容をすぐに理解し、そつなく仕事ができる人は総じて有能であり、間違いなく入社後に活躍できる人材です。

このようなタイプの中にはもともと優秀な人もいますが、教えられた内容を自分のものにできるようにメモをとって復習をしたり、積極的に質問をするなどして仕事の飲みこみが早い努力型の人もいます。

特徴6:ロジカルに話ができる

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
ロジカルに話ができるということも、入社後に活躍できる人の特徴でしょう。質問をする際も質問に答える際も要点をおさえてわかりやすく話ができ、伝えるべきことを明確かつ簡潔に伝えられる人は、往々にして仕事面でも優秀で、入社後早々に活躍することができます。

ロジカルに話ができるということは論理的かつ客観的な高い思考力をもっていることの証であり、だからこそ効率的に仕事ができるため、活躍できるのでしょう。

特徴7:自己成長意欲が高い

入社後に活躍できた人の特徴として、自己成長意欲が高いということも挙げられるでしょう。どんなに地頭がよく優秀な人材だったとしても、意欲がなければ仕事で業績を上げることはできません。

向上心や向学心が強く、現状に満足したり甘んじることなく常に目標に向かって努力できるからこそ、人一倍仕事で成果を出すことができ、入社後早々に活躍できると言えるのでしょう。

活躍できなかった人の7つの特徴

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
以上では、入社後に活躍できた人たちの見習うべき特徴について解説してきました。ここからは、反面教師としたい入社後に活躍できなかった人たちの特徴についてご紹介していきます。

以下でそれぞれの特徴を詳しく説明していきますが、活躍できなかった人は総じてネガティブ思考であり、主体性も社会人としてのマナーにも欠けています。

このような人にそうならないように、ぜひその特徴をチェックしてみてください。

特徴1:あいさつをしない

入社後活躍できなかった人の特徴としてまず挙げられるのが、挨拶をしないということです。挨拶は社会人としても人としても最低限のマナーですが、それを怠るということは常識がないということの証拠です。

当然ながら、挨拶もろくにしない新入社員に対して、新しい職場の人たちはよい感情を抱きません。その結果、職場で良好な人間関係が築けず、必要なサポートも受けることができなくなって、仕事面でも不調になることでしょう。

特徴2:仕事の飲み込みが遅い

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
仕事の飲みこみが遅いということも、入社後に活躍できなかった人の特徴として挙げられるでしょう。

地頭も要領も悪く、またそれを努力で補おうとする意欲もないため、何度教えられても仕事を覚えることができず、職場の人に呆れられたり迷惑をかけてしまいがちです。

仕事の飲みこみが遅いのならば、メモを取るなり帰宅後に復習するなりすべきですが、そのようなことも怠るからこそ、いつまでたっても仕事ができません。

特徴3:話を聞かない

入社後に活躍できなかった人の特徴として、人の話を聞かないということも挙げられます。新しい職場や仕事内容に馴染むためには、上司や先輩・同僚から教えてもらうことが必須ですが、人の話を聞かない人はせっかく教えてもらってもそれを自分のものにすることができないため、最低限の仕事さえまともにこなせません。

素直に人の話を聞こうとする姿勢に欠けており、変なプライドで意固地になっている人は活躍できないでしょう。

特徴4:話をしない

人と話をしないということも、入社後に活躍できなかった人ならではの特徴です。仕事をスムーズに行うためには職場でコミュニケーションを取ることが必須ですが、人と話をしない人は上司や同僚と最低限の意思疎通も図れないため、仕事を十分にこなすことができません。

人と話するのが苦手だからと言って報告・連絡・相談を怠ったり、勝手に自己判断して取り返しのつかないミスをしてしまうこともあるでしょう。

特徴5:声が小さい

入社後に活躍できなかった人の特徴に、声が小さいということも含まれるでしょう。声が小さいということは気が弱く物怖じしがちで、仕事に対しても対人面においても消極的な性格をしているということの表れです。

このような人は往々にして何事にも受け身の姿勢を貫き、自分から積極的に職場の人とコミュニケーションを取ったり、仕事に主体的に取り組もうとしないので、当然ながら仕事で成果を出すことはできません。

特徴6:プライドが高い

プライドが高いと、入社後に活躍することはまず難しいでしょう。プライドが高い人は総じて傲慢で上から目線であり、自分が新しい職場では上司や同僚から教えてもらう・指導してもらう立場にあることを受け入れようとしません。

そのため職場の人から嫌われやすいですし、何より素直に指導を受け入れようとしないので、いつまでたっても新しい仕事や職場に慣れず、ダメなままの状態で放置されてしまいます。

特徴7:その場しのぎの発言をする

その場しのぎの発言をして取り繕ってしまうということも、入社後に活躍できない人ならではの特徴です。

根本的な解決策や対処法をろくに考えようとせず、「とりあえず今がよければそれでいい」と仕事を甘く考えている人は、必ずと言っていいほど大きな失敗をしでかすでしょう。

その場しのぎの対処をしても問題は解決しておらず、それを放置しているうちにより深刻度が増し、職場に迷惑をかけてしまいます。

入社後の困りごとと解決法

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
入社後、多くの人が同じような悩みや困り事を抱えることでしょう。ここからは、入社後にありがちな困り事とその効果的な解決方法についてご紹介していきます。早く職場や仕事に慣れることができるよう、ぜひ参考になさってみてください。

仕事が覚えられない

入社後の困り事としてまず挙げられるのが、仕事が十分に覚えられないということです。誰しもすぐに仕事を覚えることはできないものですので、焦ったりネガティブにならず、まずは分からないことは放置せず、その都度きちんと質問をして疑問を解消していくようにしましょう。

また、教えられたことは必ず逐一メモを取り、帰宅後におさらいをするようにすれば、仕事を覚えやすくなるでしょう。

人間関係の築き方が分からない

職場で人間関係の築き方がわからないということも、よくある悩み事のひとつです。まずは笑顔を絶やさずニコニコと愛想よく職場の人と接し、挨拶をきちんとすることを心がけましょう。

また、職場の人の名前と顔を一致させることも円滑な人間関係を構築するために必要です。さらに、社内のイベントや飲み会に積極的に参加することも職場の人との距離を縮めるために大切だと言えるでしょう。

誰に相談してよいか分からない

入社後の困り事のひとつに、誰に相談すべきか分からないということも含まれます。まずはメンターや直属の上司・先輩に相談をするのが無難ですが、同僚と仲良くなり、同僚に「この相談は誰にすべきか」と尋ねてアドバイスをもらうとよいでしょう。

入社後は1日でも早く活躍できるように頑張りましょう

入社後に活躍できる人・活躍できなかった人の7つの特徴
今回は入社後に活躍できる人について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。前職でどんな業績を上げてキャリアを築いてきたとしても転職後の職場では「新人」であることには変わりないので、常に素直で謙虚な姿勢をもち、積極的にコミュニケーションを取ることで、転職先を自分にとって働きやすい環境にしていきましょう。

そうすれば仕事もスムーズに運び、活躍できる即戦力に成長できるはずです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related